ごあいさつ

数あるプロジェクトの中、私たちのページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

私たちヌーヴォー ・シルク・ジャポン推進協議会は、四国を舞台に日本の「伝統文化」と世界の「現代サーカス」を組み合わせた新しいエンターテイメントを目指しています。

昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの文化芸術イベントが公演中止に追い込まれ、危機的状況にある文化芸術・エンタメの再興を目的に発足されました。将来的には、「徳島の阿波おどり」や「高知のよさこい」などの四国の祭りや伝統芸能と、現代文化芸術・エンタメとの融合を図り、四国四県での巡業開催を目指します。


我々のパフォーマンスを通じて、「現代サーカスの魅力を知ってもらうためにこのプロジェクトを立ち上げました。 

日本を代表するエンターテイメントを目指す

「現代サーカスという言葉を初めて知った」という方も多いと思います。

1970年にフランスで始まった新しい形式のサーカスで演劇やダンスや美術など、あらゆるアートを取り込んだ総合芸術です。

瀬戸内サーカスファクトリー提供


「ヌーヴォー ・シルク・ジャポン」はフランス語で「日本の現代サーカス」という意味であり、日本を代表する現代サーカスのエンターテイメントを目指しています。

初の試みである今年は、香川県高松市にてシルク・ドゥ・ソレイユの日本人パフォーマーと和太鼓集団「鼓童」のコラボを実現させます。


文化芸術の灯を絶やしたくない

皆様もご存知の通り、新型コロナウィルスの影響で国内外の多くの文化芸術イベントが公演中止に追い込まれました。6月末には世界的に有名なサーカスエンターテイメント集団である「シルク・ドゥ・ソレイユ」が経営破綻するなど、世界的に文化芸術の衰退が危惧されています。

シルク・ドゥ・ソレイユには多くの日本人パフォーマーも所属していましたが、経営破綻に伴い出演の機会を失っているのが現状です。

本来であれば、国際ツアーで世界中を飛び回っているはずだった現代サーカスのパフォーマーたちと共に「今、この状況の中で見せられる最高のパフォーマンス」を目指しながら11月の本番に向けて準備を進めています。

瀬戸内サーカスファクトリー提供


シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーと和太鼓の夢のコラボ

今年11月にはシルク・ドゥ・ソレイユで活躍する予定であった日本人パフォーマーや、世界的ダンサーである柿崎 麻莉子氏を、日本有数の文化財庭園「栗林公園」に招聘して、秋のライトアップ期間中の最高の舞台でパフォーマンスを行います。

我々は「四国でしか体験できないエンターテイメント」を生み出すと共に、一人でも多くの方に現代サーカスの魅力を届けていきたいと考えています。

鼓童 提供


高松にまだ来れない人たちに映像で知って欲しい

10月1日から東京がGOTOキャンペーンの対象となりましたが、すぐに四国に遊びに来ていただくことが難しいと思います。

ヌーヴォー ・シルク・ジャポンは来年以降も毎年開催を目指しますが、今はまだ来れない皆さんに「いつか観に行きたい」と思って頂くためにも私たちが考えたパフォーマンスを映像として届けたいと思っています。

そこで、今回のクラウドファンディングの資金を活用して実際のパフォーマンスの様子を映像で収め、配信することで魅力を伝えていきたいです。

この映像を通じて一人でも多くの方に「現代サーカスって面白い」と思っていただければ幸いです。


資金の使い道

今回のクラウドファンディングで集めた資金を基に我々の活動の記録が残るプロモーション映像を制作し、我々の存在意義と現代サーカスの魅力を世界に届けます。

日本でしか実現できない現代サーカスの魅力を発信しながら、日本を代表するエンターテイメントに育てていければと考えています。

【経費の内訳】

・10月〜11月の準備風景の撮影

・11月の本番のパフォーマンスの様子の撮影

・動画編集作業


リターンについて

すでに当日鑑賞券は完売となっていますが、今回このクラウドファンディングのために特別な鑑賞席を用意させて頂きました。また、当日にご来場いただける方はもちろん、今はまだ高松を訪れることが出来ない方にもオンラインを通じて新感覚でサーカスを楽しめる機会を提供します。

【リターンメニュー 紹介】

■360°アーカイブ映像の配信招待

■ヌーヴォー ・シルク・ジャポン限定奉公さん飴とサンキューレター

■ヌーヴォー ・シルク・ジャポン限定高松張子とサンキューレター

■当日DVD動画とパンフレット

■当日鑑賞券                など

 

 

実施スケジュール

10月初旬:クラウドファンディング開始

10〜11月:練習風景の撮影

11月20日:オンライン配信のためのリハーサル(予定)

11月21日〜25日:本番の様子を撮影

12月中旬:動画編集作業

1月初旬:支援頂いた方々へDVDをお届け

 

最後に

今年のパフォーマンスの舞台は香川県高松市にある国の特別名勝・栗林公園。物語は高松では有名な「奉公さん」です。

病気のお姫様を救うため、お姫様の病を自らに移し、ひとり島に渡っていったという健気な少女、マキの物語です。

10歳くらいの幼女が、大切なひとを救いたいという純粋な思いだけで、奇跡を起こすのです。マキは島に渡って、どうなったのでしょうか?そんな不思議な世界を表現します。

本来ならば国際ツアーや、出演オファーに飛び回っていたはずの2020年。

全てがキャンセルになった今、香川で、この作品を送り出すことに心ひとつにしています。

 

 

この活動を通じて日本から、四国から、高松から世界にむけて希望のメッセージを発信していきます。是非皆様のご協力をお願い致します。 

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください