為末大、プロジェクト始動。「爲末大学、開校~議論出来る人間を育てたい」

集まった支援総額
¥1,810,500
パトロン数
270人
募集終了まで残り
終了

現在100%/ 目標金額1,800,000円

このプロジェクトは、2012/07/10に募集を開始し、270人の支援により1,810,500円の資金を集め、2012/08/12 23:59に募集を終了しました

▲本プロジェクトへの思いを為末本人が語っております。

爲末大学_01

去る6月、大阪で開催された日本陸上競技選手権大会兼ロンドン五輪代表選手選考競技会にて、壮絶なラストランの末、25年にわたる現役生活に自ら終止符を打った「侍ハードラー」為末大。
その姿はメディアでも多く取り上げられ、たくさんの人たちに強烈な印象を残しました。 そして、為末が現役を退いてはじめて本格的にプロジェクトを始動します。

爲末大学_02

■為末大が考える、次の展開。「議論出来る人間を育てたい」

為末大オフィシャルサイト「爲末大学」のスピンオフ企画として、
8/18(土)に「爲末大学、開校~議論出来る人間を育てたい」を開催します。
上記ビデオの中でも為末大本人が語っているように、
今回のプロジェクトは、ただ単に講演を聴き、教えを一方的に受ける、そういう内容ではありません。
為末の他、経済と医療の各分野の第一線で活躍するプロフェッショナル2名のスピーカーを迎え、講義を実施します。
その後、為末自らがファシリテーターとなり、講義の内容を踏まえ、
ご参加頂く皆さまと講師が共に議論を行い、理解を深めて頂くプログラムになっています。
また、そのプロセスを通じ、様々な角度から議論し合い、自分の言葉で議論することの面白さと難しさを学んで頂きたく本プロジェクトを立ち上げました。
為末本人の意向により、本プロジェクトに出資して頂くパトロンの皆さまへのリターンとして、感度が高いCAMPFIREユーザーの方々に「爲末大学」に参加して頂き、一緒に議論を深めていけると感じ、CAMPFIREとのコラボレーションという形で実現しました。

為末自身、
「各地での講演は今まで何回も行なってきたが、ファシリテーターとして議論を回していく、というのは僕自身にとっても初めての試み。当日参加して頂く皆さんと一緒に議論を通じて次の高みを目指していくことが、今から楽しみです」
と、大きな期待を寄せています。

爲末大学_03

■「爲末大学」講師紹介(敬称略)

爲末大学_04
為末 大
『侍ハードラー』の異名をもつ元プロ陸上選手。そして、日本では未だに破られていない男子400mハードルの記録保持者(2001年エドモントン世界選手権 47秒89)。
2010年、アスリートの社会的自立を支援する「一般社団法人アスリート・ソサエティ」を設立。現在、代表理事を務める。
現役中は、2007年に東京の丸の内で「東京ストリート陸上」を自らプロデュース。2011年、2012年は地元広島で「ひろしまストリート陸上」も開催するなど、陸上競技の普及活動に積極的に取り組む。
2012年6月、日本陸上競技選手権大会兼ロンドン五輪代表選手選考競技会にて現役活動に終止符。
この後の展開が大いに期待されている。
http://tamesue.jp/
https://twitter.com/daijapan
https://www.facebook.com/tamesuedai

柳川 範之
東京大学大学院経済学研究科教授。経済学者/博士 (経済学)
金融契約、法と経済学を研究分野とする。
法律や制度が経済活動に対してどのような影響を与えるかを中心に研究活動を進め、その研究成果は多数の著作通して発表。また、経済学、金融法務の視点から、東日本大震災の復興に関する提言も積極的に展開中。
その他、ゲーム産業やコンテンツ分野にも造詣が深く、イノベーションを促進させるための企業戦略についても研究を行っている。
http://noriyukiyanagawa.com/
https://twitter.com/#!/noriyanagawa
http://www.e.u-tokyo.ac.jp/finance-g/teacher/08.html

山本 雄士
医師。内閣官房医療イノベーション推進室 室長補佐 /ソニーコンピュータサイエンス研究所 リサーチャー / 21世紀医療フォーラム 代表世話人 / 慶應義塾大学医学部クリニカルリサーチセンター客員准教授 / 株式会社ミナケア代表取締役。
1999年、東京大学医学部卒業後、循環器内科や救急医療などに従事。2007年にハーバードMBAを日本人医師初として取得。
現在は、「医療からヘルスケアへ」をテーマに、人と社会をもっと元気にする医療=ヘルスケアの実現を目指し、ヘルスケア全体のシステムマネジメントを中心に、政策提言や講演活動を国内外で行う。また、教育活動として山本雄士ゼミを主宰。
http://yujiyamamoto.com/
https://twitter.com/Yuji_Ya

■「爲末大学」開催概要

日時:8/18(土)13:00~16:00
場所:国連大学 ウ・タント国際会議場
東京都渋谷区神宮前5-53-70
http://jp.unu.edu/about
※国連大学本部ビル内に駐車場はございません。当日ご来場の際には公共交通機関を利用下さい。
※本プログラムならびにアクセスに関する国連大学へのお問い合わせはご遠慮下さい。

爲末大学_05

爲末大学_06

タイムテーブル:
13:00-13:10 為末大によるキックオフスピーチ
13:10-13:50 柳川 範之氏講演
13:50-14:00 休憩
14:00-14:40 山本 雄士氏講演
14:40-14:50 休憩
14:50-15:50 為末大講義、ダイアログ。

柳川、山本両氏の講演内容を受け、為末大が経済や医療に関するレビューを行い、アスリート/スポーツビジネスとの関連性についてテーマやトピックスをアウトプット、それらを元に、為末がファシリテーターとして、講師を交えて参加者とのダイアログを実施。
15:50-16:00 為末大によるクロージングスピーチ
16:00~ 会場を移し、為末大、柳川 範之氏、山本 雄士氏参加の会食形式のアフターパーティ(限定20名)

■リターンについて

本プロジェクトに対する思い、支援やリターンについて、為末大がツイッターで発信します。
https://twitter.com/#!/daijapan
5,000円支援頂きますと、8/18(土)開催「爲末大学、開校~議論出来る人間を育てたい」にご参加頂けます(280名様限定)。
加えて、15,000円支援頂きますと、「爲末大学」イベント後に開催される、為末大、柳川 範之氏、山本 雄士氏を交えたアフターパーティにご参加頂けます(20名様限定)。講師3名と更に近い距離で直接議論を深めて頂けます。

爲末大学_07

また、300,000円出資頂きますと、特別協賛枠としまして、
爲末大学ウェブサイト http://tamesue.jp/
トップページに出資企業様のコーポレートロゴ/リンクバナーを1年間掲載いたします。
※ 掲載企業の選定にあたり、掲載ガイドラインによる審査がございます。
※ 審査結果によっては、掲載に至らない場合がございます。予めご了承下さい。