はじめに・ご挨拶 
Introduction ・ Greetings

はじめまして、福岡県久留米市で個人で保護猫ボランティア活動をすると共にボランティア団体のお手伝いをさせて頂いております花沢といいます。

全国では去年だけで約3万頭もの仔猫と成猫が殺処分されています。

その中には昨日まで家で飼われていたのに飼い主の身勝手な理由や、やむを得ない理由などによりいきなり保健所に連れて行かれ昨日までの生活が噓のように狭いゲージの中で恐怖に怯え大好きな飼い主さんも見つからず、命のカウントダウンが始りそしてガス室で苦しみながら死んでいくのです。

或いは野良に生まれたばかりに捕獲され保健所に送られる殺処分、事故や虐待にあって命を落とす子もいます。

私は一つでも沢山の命を助けたくて頑張ってきましがそれでも限界はあります、そんな時にクラウドファンディングの存在を知りました。

皆様のご支援があれば助けられる命が増えると思い挑戦する事にいたしました。

そしてこの挑戦は単に資金調達という目標達成だけではなく、皆さまに日本全国で無償で頑張っている保護猫ボランティアという存在を知って理解して頂くきっかけになればと願っています。

*設定している目標金額以上の支援が集まった場合はその後の猫達の医療費や維持費等に使わせて頂きますので是非ともご支援宜しくお願い致します。


Hi, my name is Hanazawa, and I am working as an individual volunteer to protect cats in Kurume City, Fukuoka Prefecture, and also helping volunteer groups. About 30,000 kittens and adult cats were slaughtered nationwide last year alone. Some of them were kept at home until yesterday, but they were suddenly taken to a health center for selfish reasons or unavoidable reasons, and their lives until yesterday were scared in a narrow gauge like a lie. I couldn't find my favorite owner, the countdown to life started, and I died suffering in the gas chamber.

Others die from slaughter, accidents and abuses that are just born in the field and sent to health centers. I've been trying hard to save as many lives as possible, but there are still limits, and at that time I learned about the existence of crowdfunding. I decided to take on the challenge, thinking that with the support of everyone, the lives that can be saved will increase. And I hope that this challenge will not only achieve the goal of raising funds, but also give everyone an opportunity to know and understand the existence of volunteer cat volunteers who are working hard all over Japan for free. 

このプロジェクトで実現したいこと 
What you want to achieve in this project

捨てられた猫やセンターに持ち込まれる猫達を殺処分になる前にレスキューして沢山の猫のシェルターを作ろうと思っています。その他にも地域のボランティアさん、遠方ボランティアさんでも構いません、その方達と連携をとり一つでも沢山の命を助け、里親様にバトンを渡せればと考えています。
そのための居場所を作りたいと思っています。

I'm planning to rescue abandoned cats and cats brought to the center before they are slaughtered and make a lot of cat shelters. In addition, local volunteers and distant volunteers are also welcome, and we hope to cooperate with them to save as many lives as possible and hand over the baton to foster parents. I want to make a place for that.

写真・初めてのミルクボランティアした子達の中の十兵衛が肩に乗ってきた時


私たちの地域のご紹介 
Introducing our area

私どもの住む福岡県は福岡市が去年は殺処分0を成し遂げました、沢山のボランティア団体もあり譲渡会も盛んに開催しています。

In Fukuoka Prefecture, where we live, Fukuoka City achieved zero culling last year, and there are many volunteer groups and we are actively holding transfer meetings.

プロジェクトを立ち上げた背景 
Background of launching the project

まず最初に5年前の出来事をお話しさせてください。
First of all, let me tell you what happened five years ago.

一匹の猫との出会い 
Encounter with a cat

5年前の秋、その当時住んでいたアパートの外に生後間もない一匹の野良猫の赤ちゃんが死んでいるかの様に横たわっていました。すぐに病院に連れて行きましたが脱水症状と栄養失調が酷く懸命の看病も虚しく一度も元気になることもなく4日後に虹の橋を渡りました。
たった4日の短い間でしたが妻の悲しみは深く泣いてばかりの日が続きました。

写真・初代ハチ公、たった4日間の家族でしたが、今があるのはこの子のお陰です。


Five years ago, in the fall, a newborn baby stray cat lay outside the apartment he lived in at that time, as if he were dead. I immediately took him to the hospital, but he crossed the Rainbow Bridge four days later without any illness due to dehydration and malnutrition. Although it was only four days, my wife's sadness continued to cry deeply.

どうにか妻に元気を取り戻して貰いたくて色々と調べると、私達の住んでいる久留米市の保護猫ボランティア団体の存在を知りました、そしてすぐに連絡して保護猫の譲渡会に参加させて貰うことになったのです。

After a lot of research to get my wife back on track, I found out about the existence of a volunteer group for protected cats in Kurume, where we live, and immediately contacted me to join the transfer of protected cats. I was supposed to get it. 

初めての譲渡会、そこは一般のお家(譲渡会の為に無償で開放されています)でしたがリビングに20匹ほどの保護猫が里親様を待っていました、妻はその中で一匹のハチワレを里子にする事を決めました、あの日アパートの前で倒れていた仔猫にそっくりな仔猫に。

写真・譲渡会で出会った時の二代目ハチ公


The first transfer party, which was a general house (opened free of charge for the transfer party), but about 20 protected cats were waiting for foster parents in the living room, one of them was my wife. I decided to make the hatiware a foster child, a kitten that looks just like the kitten that had fallen in front of the apartment that day. 

保護猫ボランティア団体の存在
Existence of protected cat volunteer groups

あの日助けてあげる事が出来なかった仔猫、しかしその事が始まりとなり、保護猫ボランティア団体の存在を知り少しでも沢山の保護猫を助けよと無償で頑張っている方々の存在を知り、微力ながらお手伝いなどをさせてもらう様になりました。
The kittens that couldn't be helped that day, but that was the beginning, and I learned about the existence of a volunteer group for protected cats and the existence of people who are trying hard to help as many protected cats as possible for free. I am now able to help you.

写真・うちに持ち込まれた乳飲み子達


今では地域のボランティアさんに色々と指導してもらい乳飲み子のミルクボランティア、少し大きな仔猫の預かりボランティアなどをしています。

Nowadays, we have local volunteers give us various guidance, such as milk volunteers for suckling babies and volunteers for taking care of slightly larger kittens.

写真・授乳の様子、乳飲み子には昼夜問わず3時間毎の授乳が必要です


そして現在は飼い猫が5匹、里親待ちの仔猫の預かりが2匹のお世話をしていますが先日さらに17匹の乳飲み子がダンボールに入れられて捨てられていると連絡をいただきました、他にも10匹近くの子も助けを待っているとも...
Currently, I am taking care of 5 domestic cats and 2 foster parents waiting for kittens, but the other day I was informed that 17 more suckling babies were put in cardboard boxes and thrown away. And nearly 10 children are waiting for help ...

写真・今では5匹の子達と保護している子が常時2~3匹います


今の住まいではこれ以上保護すると事は出来ない、でも何とかしたい、お世話ならいくらでも出来ますが場所がない、設備もない、お金もない。

そこでクラウドファンディングを通じて資金を集められないかと考えました。

I can't protect my house any more, but I want to do something, I can take care of it as much as I want, but I don't have a place, no facilities, no money. So I wondered if I could raise funds through crowdfunding.

これまでの活動
Activities so far

地域の猫達は放っておくと1年で80匹近く増えてしまいます、なのでその子達を捕まえ、不妊去勢手術をしてから元の場所に帰してあげるTNR(TRAP捕獲/NEUTER不妊去勢手術を行い/RETURN元の場所に戻す)を実施する事により、現状より増える事なく地域の人に愛される地域猫になってもらえるようにする。

写真・TNRするために捕獲した野良ちゃんです、手術も無事に終えて元の場所へリリースしました


捨てられた仔猫を保護し病院に連れて行き里親様が見つかるまで育てる。

乳飲み子なら3時間毎に夜もミルクをあげるなどの活動をしています。

If you leave the cats in the area, the number of cats will increase by nearly 80 in a year, so TNR (TRAP capture / NEUTER sterilization surgery) will be performed to catch the children, perform sterilization surgery, and then return them to their original location. By carrying out (return to the original place of RETURN), you will be able to become a local cat loved by local people without increasing from the current situation. Protect the abandoned kitten and take it to the hospital to raise it until a foster parent is found. If you are a suckling baby, you can give milk every 3 hours at night.

資金の使い道・実施スケジュール
Use of funds / implementation schedule

物件の取得費用 80万円
改装費 50万円
ホームページ制作費 20万円
猫の管理費用(御飯代・トイレ砂・トイレシート・医療費・光熱費) 50万円

プロジェクト達成時には総支援額からその17%+税 467500円

シェルターはふれあいの出来る保護猫と里親様の出会いの場に出来るようにと考えています、猫カフェのようなスタイルで保護猫達の維持費が出来る環境を構築していく予定です。

場所に関しまして、久留米市内で考えております。

リターンの特典となるチケット類をお送りする物には住所を明記できると思います。

*あくまでも目安で考えています、物件費用などは知り合いの不動産の方に相談したおよその金額となります。

Property acquisition cost 1 million yen Renovation fee 2 million yen Homepage production cost 200,000 yen Cat litter box, cage, etc. 200,000 yen Cat management costs (rice fee, toilet sand, toilet seats, medical expenses, utility costs) 1 million yen

リターンのご紹介
Introducing the return

〇お礼メール 3000円 
〇Thank you email 3000 yen

リターンは気持ちだけで良いよという方はこちらからお願いします(ご支援頂ける金額を上乗せ支援頂けると幸いです)

〇保護猫ボランティア団体のステッカー 5000円
〇Stickers for protected cat volunteer groups 5000 yen

〇保護猫ボランティア団体のカレンダー 8000円
〇Calendar of protected cat volunteer group 8000 yen

〇シェルター1時間無料券×3・ステッカー 10000円
〇Shelter 1 hour free ticket x 3 ・ Sticker 10,000 yen

〇シェルターの年間パス・Tシャツ 30000円
〇Shelter annual pass / T-shirt 30,000 yen

★シェルターは保護を必要としている猫の避難場所となりますが里親様へと繋いでいく役割も兼ねています。維持していくための維持費をシェルターで賄えるように猫カフェのようなスタイルで運営していくにあたり、シェルター1時間無料券 、シェルターの年間パスは入場料及び1ドリンク代のサービスを受けられるチケットとなります。


最後に
Finally

生まれてきた子は幸せになる権利があり、それを奪う事は誰にも出来ません。

もうこの先、不幸な命は絶対に作らない、全て助けたい!

魅力のあるリターンではないかもしれませんが、ご支援いただけたら夢に一歩近づく事が出来ます。

久留米発の殺処分ゼロへの第一歩にご賛同してご支援頂ければ幸いです。

A born child has the right to be happy and no one can take it away. I will never make unhappy lives in the future, I want to help everything! It may not be an attractive return, but with your help, you can get one step closer to your dreams. We would appreciate it if you could support and support the first step toward zero culling from Kurume.

写真・うちの末っ子のQ太郎です、この子も譲渡会で引き取りました

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

<All-or-Nothing方式の場合>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください