この度は、『COCOLOカフェ』のページをご覧頂きましてありがとうございます。

『COCOLOカフェ』は新宿2丁目にオープンし、20年を迎えるお店です。
東京の新宿二丁目は、日本でも指折りのLGBTQが活躍している場所として知られています。

ここで「COCOLOカフェ」は、
日本で最初のLGBTQフレンドリーカフェと言われ愛されてきました。

近年では二丁目は多様性の町として知られ、
観光スポットとして有名になり賑わいを見せていました。

日々の食事風景をメインに、同性カップルの日常を描き、
話題となったドラマ「きのう何食べた?」では
お店がロケ地として使われました。

また昼間は、オフィス街の方々の、
美味しいボリュームランチとしてもご好評いただいております。


2001年。
LGBTQの当事者だった初代経営者が
「個人のセクシャリティに関係なく、居心地よく過ごせる場所を作りたい」
との想いからお店をオープン。
現在、スタッフも、様々なセクシャリティを持った仲間が共に働いています。

これからの時代に、

セクシャリティはもちろん、
どんな人にも開かれたほっと落ち着くカフェを目指して。
また新宿2丁目の中心から、新しい文化の発信基地としての場として
活用して頂けたらと思っております。



♦リターンのご紹介

6つのリターンをご提案させて頂きます。

①【お気持ち支援!】¥1,000
「とにかく応援したい!」
という心優しい方はこちらからお願い致します。
ご支援してくださった方にはサンクスメールをお送りします。

②【ランチチケット】¥5,000
ランチタイムに使用可
¥1,000のランチメニュー 6食分

③【ドリンクチケット】¥5,000
世界のビール(瓶)
赤白ワイン・スパークリング(グラス)
を10杯分
※皆さん・グループでお使い頂けます。

④【おもてなしイベントに参加】¥7,000

11月21日(土)開催 
パーティの参加チケット。
皆さんとお会いできますこと楽しみにしております。

⑤【お店の来れない遠方の方へ】¥5,000
お店でも大人気!
厚切り牛頬肉の赤ワインとろとろ煮
2袋(約4〜5人前)をお届け。


⑥【スポンサーさん募集】¥10,000
お店に、お名前を入れたステッカーを貼らせて頂きます。
来店時には記念撮影を♪
入れるお名前をお知らせ下さい。

♦プロジェクトで実現したいこと

20年続いたお店を存続させる為の運転資金の確保です。
新宿2丁目のシンボル店として存続させてください。


♦資金の使い道

お店存続の為の固定費の補填→家賃及びスタッフの人件費補填等
皆様に喜んで頂ける、新メニュー提案やイベント開催に
使わせてください。


♦最後に…

人生の豊かさは、
「出会い」で決まると思っています。

人であり、
場所であり、
食べ物だったり…

このプロジェクトへの挑戦と、お店の存続が、
今まで出会うことがなかった
新しい「出会い」のキッカケになればと思っています。

どうか、皆さんのお力を貸してください。
ご支援のほど、心からお願い致します。


東京都新宿区新宿2−14−6 早川屋ビル1F
℡:03−5366−9899

年中無休 12:00〜22:00
(コロナ禍の影響のため、営業日・閉店時間は予告なく変更する場合がございます)

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13004296/

都営新宿線新宿三丁目駅C8番出口から 徒歩2分
新宿御苑駅から 徒歩5分

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/10/23 18:14

    今日の新宿はあいにくのお天気となりましたが、たくさんの皆様でランチは賑わいました。ありがとうございます。いよいよ、プロジェクトの終了が3日と迫って参りました。たくさんの皆様からの、ご支援とあたたかいメッセージ、本当にありがとうございます!今日も笑顔で、頑張ります。

  • 2020/10/07 07:21

    不安の中、始めたプロジェクトでしたが、皆さんの早速のご支援や反応。たくさんの応援コメントには、驚きと共に、とても感激しています。本当にありがとうございます。今日も、笑顔で皆様のご来店をお待ちしています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください