●挨拶

はじめまして、ご覧いただきありがとうございます。愛猫[はに丸]の飼い主です。

去年12月末に我が家にやってきた[はに丸]は元気で少しおっちょこちょいな愛らしい我が家の末っ子です。

今回初めてのプロジェクトです。

まだ診断を受けて約一か月になります。知識の足りない部分、至らない点もたくさんあると思いますが、読んでもらいやすいように、わかりやすいように作りました。どうか温かい目で見守って頂けると嬉しいです。宜しくお願いします。


●プロジェクトをやろうと思った理由

〔はに丸〕は今年9月2日、FIPと診断されました。

FIPは致死率100%の難病です。

そして現在、唯一の治療薬の未承認薬を服薬しています。


この未承認薬は84日間の投薬が必要です。
そして非常に高価(100万円以上)な薬です。

初期の治療費は何とか工面できましたが、必要な合計費用の準備が難しい状況です。
皆様の温かいご支援ご協力を頂きたくこのプロジェクトを立ち上げました。


●このプロジェクトで実現したいこと

FIPは病原性の低い猫腸コロナウイルスが最強最悪の猫伝染性腹膜炎ウイルスに突然変異して起こる原因不明の病気です。

現在日本には完治する治療法や治療薬がありません。

進行がとても早く、発症すると数日から数か月ほどで亡くなります。


平均生存日数9日間、一年後の生存率は5%です。

そんな中、一つだけ海外で開発されたサプリメントが猫伝染性腹膜炎のウイルスに対して高い効果があるといわれています。

服薬すると生存率が80~90%になります。

現在、この未承認薬でたくさんの命が救われています。また日本では未承認薬ですのでサプリメントとして登録されています。購入、服薬は違法ではありません。


1年前まではこの未承認薬はなく、FIPは延命治療、対処療法のみでした。この病気で大事な愛猫を亡くした方がたくさんいます。実際に飼い主さんから、


「うちの子は同じ病気で亡くなりました。今だからこそ救える命です。頑張ってね。』


というメッセージをもらいました。
何とかしてあげたい、でもできない経験を私も体験しました。あの時の感情に耐え、最期を看取った飼い主さんたちの気持ちを考えると胸が締め付けられます。現在、[はに丸]は服薬し瀕死状態から回復しています。いつかFIPが効果のある承認薬で負担なく治せる病気になってもらいたいと切実に思います。



そんな私がこのプロジェクトで実現したいことは2つあります。

・[はに丸]を84日間服薬し寛解すること

・FIPを少しでも多くの飼い主さんに知ってもらうこと
私自身FIPクラウドファンディングプロジェクトでこの病気と薬の事を知りました。そのおかげで[はに丸]は早期発見早期治療に至ります。 また寛解しました、服薬終了後の経過観察中です、そんな元気な愛猫ちゃんたちの報告にとても勇気づけられました。 ありがとうございます。
病気や薬の事だけでなく、負担軽減に着目して、FIPに対応するペット保険に関する情報を発信していき、FIPへの負担と不安の軽減になればと考えています。


●これまでの経緯

八月中旬頃から〔はに丸〕の様子が変わってきました。
・餌を残すようになりました。・背骨が浮いたようなやせた印象。・遊んでいてもすぐに疲れて寝てしまう。

『夏バテかな?』と思っていましたが、日がたつにつれ症状は悪化しました。
・餌を全く食べない。・ゲージの中やベッドの下で一日中ずっと寝ている。・おもちゃに反応しない。・走らない。・毛がぼさぼさした印象。・体が熱い。

[2020/8/29]通院、熱が40度以上ありました。
抗生物質の注射をしました。(皮下注射で水分補給もしました)

『熱なら抗生物質の注射ですぐに熱が下がるだろう』と無知な私がいました。先生から「FIPじゃなかったらいいけど」と言われても気に留めていませんでした。

[2020/8/30]抗生物質の注射をしました。熱は下がりませんでした。

[2020/8/31]ステロイドの注射を打ちましたが症状変わりません。

この日私は初めてFIPについてきちんと調べました。
○症状…意欲軽減、発熱(抗生物質が効かない)、食欲不振、嘔吐、下痢、体重減少、黄疸、お腹の膨らみ、ぶどう膜炎、ふらつき等

○発症リスク…3歳未満10歳以上(1歳未満が多い)、純血種の猫、多頭飼育、ストレス

○腹水がたまるウェットタイプ、炎症が起こるドライタイプ、混合タイプがある。

これらの事例を読み[はに丸]はFIPだと、どうしよう、混乱し泣きながら一晩中情報をかき集めました。

[2020/9/1]この日は休診日でしたが通院し、インターフェロンを注射しました。

[2020/9/2]通院しエコーを撮りました。腹水がかなり溜まっていました。腹水検査後FIPで間違いないだろうという、診断でした。胸部にリンパのしこりもあり混合タイプでした。


先生からは「対処治療しかできません」、「未承認薬は当院では処方は出来ない」と言われました。つまり【死の宣告】です。


皆様ならどうされますか?
選択肢は死を受け入れるか、高額な未承認薬の服薬です。


私たちは助かる可能性があるのなら、何よりも一刻も早く目の前で苦しんでいる〔はに丸〕を助けてあげたい。その一心で未承認薬を服薬することを決めました。

その日の午後この未承認薬の協力動物病院に連絡し受診しました。

[2020/9/3]未承認薬2週間分購入し服薬を開始しました。

[2020/9/4]下がらなかった熱が下がりました。(1日目)

[2020/9/5]全く飲もうとしなかったお水を自ら飲みました。(2日目)

[2020/9/6]ふらふらしながらゆっくりと歩いていた[はに丸]が小走りしました。(3日目)

[2020/9/8]ジャンプしました。(5日目)

[2020/9/9]食欲が出てきました。(6日目)

1週間前は熱が下がらず日に日に腹水が増え、みるみる弱っていく〔はに丸〕を見て『誕生日を迎えることなくこのまま死ぬんだ』と思っていましたが、
[2020/9/10]お誕生日を迎えることが出来ました。(7日目)


[2020/9/7]猫コロナ検査結果がでました。陽性でした。※進行が早いため服薬は、検査結果が出る前に開始しています。

[2020/9/10]エコーを撮りました。腹水も少なくなり、リンパのしこりも3㎝から1㎝に小さくなっていました。

[2020/10/現在]発症前の[はに丸]と、体重、食事量戻りました。元気いっぱい走り回っています。

このように服薬直後から顕著に症状が良くなるのがみられました。元気になっていく[はに丸]に、家族一同安堵しました。

しかしこの未承認薬は84日間の服薬が必要です。

2週間分が174,240円(税込)、現在4週間分の348,480円支払い購入しました。

右側は発送してもらいATMにて送金しました。2週間分を計6回購入で84日分となります。単純に計算しても174,240円×6=1,045,440円必要になりますまた体重増加で薬の量も比例するので薬代は増額すると考えられます。
そこに診察代や検査代も上乗せされます。8/30¥18,370、8/31¥5,060、9/1¥6,930、9/2¥13,310、9/3¥14,080、9/4¥935、9/6¥9,625、9/10¥3,850、9/3協力動物病院にて¥2970、9/17¥9,900 10日分合計85,030円の診察、検査代を支払いました。 これらの多額の治療費とこれからの治療費に「自分たちで何とかしなくては」と頭を抱え、厳しい現実に精神的にも追いつめられ、家族内で些細なことで衝突もありました。

そんな中、FIPの治療費で悩んでいる飼い主さんがこのクラウドファンディングで温かいご支援をいただいて助けてもらっていると教えていただきました。

と同時に私は不安な気持ちにもなりました。皆様のご協力を募ることにご不快に感じられる方もいらっしゃることを理解しているからです。心置けない友人に相談すると、「詐欺みたいな話」「ペットに高額な薬?」とはっきりと言われました。

しかし「同じ状況なら迷わず同じ選択(服薬)をするよ」「クラウドファンディングはおかしいことじゃない」「応援するよ、頑張りんさい」とも言ってもらい、その言葉に後押しされ、腹をくくりました。

『私たちもお願いして助けてもらおう、そして[はに丸]を寛解させよう。

そして、準備に準備をかさね現在に至ります。

●資金の使い道

服薬増額分、診察代検査代は私たちも出来る限りしていきます、どうしても難しい服薬代のご支援をお願いします。 金額設定は、820,000円としました。なおキャンプファイヤーへの手数料12%決算手数料5%計17%を引かれることを加味し、設定させていただきました。
ご協力いただきました金額は主に薬代に充てさせていただきます。診療の際は経過報告を必ず行い、どのように資金を使用したかについて報告させていただきます。


●リターンについて

心ばかりではありますが、喜んでもらえればと考えました。また、縁のある方にお願いして[はに丸]の為にリターン品として使用することを快く承諾していただきました。

1⃣インスタグラムで偶然出会った[はに丸]の兄弟。この度ご厚意でお写真を使わせてもらうことになりました。[はに丸]と茶々丸とこてつ兄さん2021コラボカレンダー(以下❝ハニコテチャチャカレンダー2021❞)が出来ました。写真サイズ1年分12枚入りを準備しています。

2⃣デザイナーの【_namakemono_】さんのイラストを使った、❝ダブルはに丸❞グッズを準備中です。
3⃣染色&デザインの【あぐらや】さんの[はに丸]モリモリの型染❝型染はにもり❞グッズを準備中です。TシャツはサイズS,M,Lサイズから選んでいただけます。備考欄に記載してください。なお型染は一点一点手作業で行う為お時間を頂く場合があります。

グッズは準備中のものもあります。進行状況をこのサイト内の活動報告で報告します。

12月~翌1月までに準備が出来次第、順次お届けさせていただきます。

4⃣郵送での品物のお届けが必要ない方は、1番最初の500円の【お礼のメール】から ご支援いただけます。なおそこで金額変更も可能です。メールにてお礼と、サイト内での活動報告をお届けさせていただきます。

5⃣メール・リターン品が必要ない方はペイペイ口座HONEYMARU910FAM[ID:hm910]にて募金活動もしております。どうぞ宜しくお願いします。

●実施スケジュール

投薬開始9/2~11/25に投薬終了の予定です。(毎日19時に投薬)

投薬終了後、3か月の経過観察となります。(投薬期間中、定期的な血液検査を実施予定)


●最後に

ペットは飼い主よりも早く死んでしまいます。

そして別れはとても辛いです。

今元気な姿を見せてくれる[はに丸]。9月24日の検査結果は経過良好でした。しかし胸部リンパのしこりが、まだ0.5㎝残っています。2000以上だった[猫α1AG]の数値も減少傾向ではありますが、1373(参考基準範囲0~736)と基準範囲を上回ります。

投薬をやめると再発し、死んでしまうかもしれません。

84日間服薬させてあげたいです。


ペットも家族です。大切な家族とご一緒の方、闘病中の方、お別れしてしまった方、最善を尽くし、この子を守りたい。その気持ちは一緒です。

どうか皆様の温かいご支援ご協力、どうぞ宜しくお願いします。


※この未承認薬は日本において動物医療薬品として承認されていません。〔はに丸〕の飼い主として、個人的な自己責任と判断の上で〔はに丸〕にとって投与が必要と考えていますが、全てのFIPの猫にこの未承認薬が有効であるという趣旨ではありません。




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください