女子美大生が考えた森のキャラクターで間伐材をつかった商品をつくりたい!

現在の支援総額
¥168,000
パトロン数
12人
募集終了まで残り
49日

現在56%/ 目標金額300,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2017/09/14 23:59までに集まった金額がファンディングされます。

間伐・間伐材利用推進コンクールを主催するエコロジーオンラインは、女子美術大学とともに社会にやさしいキャラクターをつくる取り組みを実践しています。そのクラスで間伐材の活用を呼びかけるためにつくったキャラクターが「フォレストファミリー」です。そのキャラクターを活用して間伐材をつかった商品をつくります。

キャラクターを通して社会を元気に!NPO法人エコロジーオンラインと女子美術大学の取り組み

 

プロジェクトの目的

日本の森を守り、元気にするためには国産の木が売れるマーケットをつくる必要があります。

しかし、高齢化が進む日本の林業において、商品として人の目をひくデザインをするのは至難の技です。

今回、若くフレッシュな彼女たちのアイディアで考案されたキャラクターをモチーフに製作される間伐商品が、

間伐材活用の新しい道筋となり、森の整備事業に携わる団体や職人の方たちに資金が循環することを目的とします。

 
プロジェクトの概要

林野庁と協働して「間伐・間伐材利用推進コンクール」を主催するエコロジーオンラインは

昨年から女子美術大学ヒーリング表現領域とメディア表現領域の3年生を対象にした

『産学連携によるキャラクター開発プロジェクト』にコーディネーターとして関わっています。

そこで学ぶ学生たちが、林野庁の若手担当者と一緒につくったキャラクターが

「フォレストファミリー」です。

 

このキャラクターを活用して日本の森を元気にする

間伐材の商品づくりを手がけます。

女子美大生の感性を活かした、これまでにない親しみやすい間伐商品を製作し、

国産材が持つ香りや手触りを楽しんでくださる方に可愛がっていただき、

一般の人に間伐という言葉を身近に感じてもらうことで、

森で働く人々の元気を応援します。

 

 

間伐材をつかった商品をつくりたい!

 

彼女たちがつくったキャラクターを普及啓発活動に活用するだけでなく、

間伐材を使った商品に活用して森づくりに資金を循環させたい。

 

そんな思いに協力の手を差しのべてくれたのがHave some fun!です。

自らのブランドとして、親子の絆をテーマにした

「引っ越しできる柱のキズ〜me−mori」など、木材を活用した商品を

開発しているプランニングユニットで、me-moriのブランド名も、

「目盛り」と「メモリー(思い出)」さらに、「me(私)とmori(森)」

という意味合いを持たせ、森との関わりの大切さについても発信しています。

 

そのHave some fun!が、「フォレストファミリー」のコンセプトに共感し、

間伐材をつかってカワイイ切り株イスを提案してくれました。

 

Have some fun!

 

*切り株イスは自然の木からつくられるため、商品ごとに色が異なります。

安全などに配慮するため、デザインが異なる場合もございます。

 

この切り株イスの製作者は、福岡の木工職人 染原 良司さん。

熟練の技術やアイデアを生かし、一つ一つ全て手作業で

丁寧に製作してくださっています。

 

Have some fun! からは

「ウッドトマルタン切り株イス」の他にも、様々な商品企画が提案されています。

今後展開される商品の売り上げが、エコロジーオンラインが活動する

『Forest Good』を通して、日本の森づくりに活用されていきます。

 

本物の木に触れることは、心の安定や癒しにつながることが科学的にも証明され始めています。

作る側にも、使う側にも、そして森にも元気を与え、

木の良さに触れることにより、森への関心・間伐材の活用方法が増え、

森の整備事業が活性化し、私たちの環境を守る良い循環が作られることを願っています。

 

知って欲しい間伐のこと

 

 

フォレストファミリーが生まれた授業風景 

 

間伐とは?

*林野庁のホームページから抜粋

森林の持つ国土の保全や地球温暖化の防止などの公益的機能を高度に発揮していくためには、

森林を適切に整備・保全することが必要です。

特に、我が国の人工林は利用可能な資源が充実しつつあり、

間伐等の手入れを適時適切に進めていく必要があります。

 

 

 

間伐未実施で放置されている森林は…

林内が暗く、下層植生が消失し、表土の流出が著しく、森林の水源かん養機能が低くなる。

幹が細長い、いわゆる【もやし状】の森林となり、風雪に弱くなる。

 

 

真っ暗なヒノキ人工林(間伐未実施) 

 

根が浮き上がったヒノキ人工林(間伐未実施)

 

 

 

間伐が適切に実施されている森林は・・・

林内に適度に光が射し込み、下草などの下層植生が繁茂しているため、

水源かん養機能や土砂流出防止機能が高くなる。

幹が太く、生育が良くなり、風や雪にも折れにくくなる。

下層植生が豊かになり、多様な生物の生息を維持できるようになる。

 

下層植生が豊かな人工林(間伐実施)

 

Forest Good

 

  林野庁と協働して誕生したキャラクター「フォレストファミリー」

 

 

 

『地球温暖化防止などの役割を果たす森林は、都会で生活する私たちにも恩恵を与えてくれる。

しかし、普段の生活の中で森林を意識することは少ない。

そこで「Forest Good」、「間伐」というワードに注目し、森林がいかに身近であるかを伝え、

親子の興味と関心を促す為の親子のコミュニケーションの一環となるキャラクターを提案いたします。』

(「女子美術大学フォレストファミリー担当グループ」企画提案書からの抜粋)

 

 

 林野庁の若手担当者たちに日本の森の現状のプレゼンを受け、

数回にわたるワークショップの結果、こんな世界観を持ったキャラクターの提案につながりました。

さらにそれだけに止まらず、間伐を楽しく伝える「かんばつ体操」や、映像作品のアイデアも生まれ、

間伐の大切さを伝えるマスコットキャラクターが誕生しました。

 

 

「かんばつ体操」が林業の世界で話題に!

 

 

女子美術大学は1992年から

小児病棟を中心とした医療現場でのヒーリング・アートプロジェクトに取り組んでいます。

入院生活を送っている子どもたちにも親しまれるような

オリジナルキャラクターのデザインなどにも取り組んでおり、

そうした活動が今回のフォレストファミリーにもつながっています。

 

 

そんな彼女たちの経験から、スピンオフ作品の『ゴッドと踊ろう☆かんばつ体操』が生まれます。

子どもたちにも「間伐」を身近に感じてもらいたい。

そんな思いを持って彼女たち自身で体操や歌詞なども手がけました。

昨年末、農林水産省の消費者の部屋の展示や、

林業関係者が集まるセミナーでも元気に「かんばつ体操」を披露してくれました。

 

 

 

 

エコロジーオンラインと女子美術大学との連携のもとに生まれたフォレストファミリー。

このフォレストファミリーを成長させて

日本の森づくりを応援する活動に力をお貸しください!

 

<リターン案>

① 3,000円 フォレストファミリーからのThank You カード

② 5,000円 フォレストファミリーからのThank You カード+フォレストファミリーもっぷりバッジ

③ 10,000円 フォレストファミリーからのThank You カード+フォレストファミリーもっぷりバッジ&お面

④ 16,000円 マルタン切株イス1個+フォレストファミリーもっぷりバッジ

⑤ 30,000円 マルタン切株イス2個+フォレストファミリーもっぷりバッジ

⑥ 80,000円 マルタン切株イスファミリーセット(6個)+フォレストファミリーもっぷりバッジ

⑦ 100,000円 Forest Good 参加(エコロジーオンラインとともに森を守るForest Good活動に参加できます)

        &マルタン切株イス2個+フォレストファミリーもっぷりバッジ

⑧ 150,000円 マルタン切株イスカンパニーセット(12個)+フォレストファミリーもっぷりバッジ

⑨ 300,000円 フォレストファミリー会員参加(キャラクター使用権、ご活用方法の提案)&マルタン切株イス2個

        +フォレストファミリーもっぷりバッジ

⑩ 1,000,000円 フォレストファミリー参加(キャラクターとなってファミリーの一員に)&マルタン切株イス2個

         +フォレストファミリーもっぷりバッジ