本ページを覗いて頂きありがとうございます。
Grief care Tech株式会社 代表取締役 池田賢一です。過去の原体験から既存の「弔い方」へ違和感があり「喪失感とカラフルに向き合える時間」を模索しておりました。
そして、ふとした会話をきっかけに「DNAを引き継ぐ植物」のアイデアに辿り着きました。
自然に還る、「情報」を引き継いだ生命。
「愛でることで、芽出る。そして花が咲く」
このような体験を通して喪失感と明るく向き合える時間を提供していきたいです。
ペットも、ヒトと同様に、家族です。



クラウドファンディング終了後にリリースする

2つのサービス






悲しみから立ち直れず、悩み、苦しんでいる方々は決して少なくありません。


ペットオーナーさんからのメッセージ







DNAという情報のかたみをかたちにして「ある」から「いる」供養へ。







1. DNA保管サービス(クラウドファンディング終了後に開始)

・すでにDNAの抽出、保管の環境を行う準備は出来ております。
・DNA保管サービスは「存命中にDNAを抽出し、後にDNA導入植物 Yuishuをお届けすること」
 を目的としたサービスです。(※ご注意・火葬後はDNA抽出が不可能のため対応が出来かねます)
・クラウドファンディングでご支援頂いた方から優先的にお申込み頂けます。
・弊社では本事業にご協力いただける動物病院、ペット関連ベンチャー、 ペット保険会社の
 公式代理店様を随時募集しております。
・詳細はDNA4X公式サイトへ。


2.DNA偲びプロダクト Yueni

お預かりするペットの遺伝情報に基づいた、オーダーメイドの” 偲び” プロダクト。DNA 溶液の入った容器をクラフト作家が高い透明度のクリスタルアートリウム™の中へ美しく収めます。

リンフラワー(ドライフラワー)のシルバーデイジーがDNA入りのチューブから開花したような印象に仕上げ、DNAの容器はラボで一般的に用いられているエッペンチューブ(0.2ml)を用いることで精度高く抽出されたイメージも表現しています。(実際には抽出日とペット個体名のラベルが貼られます)
また、純粋に植物の美しさを楽しめるチューブのない仕様では、スケルトンリーフの本物の葉脈の美しさもお選びいただけます。

ラボから運ばれ、作家の手に受け継がれて丹念に手作りされた世界に一つしかないオリジナルオブジェ。手元に届くのが待ち遠しくなることでしょう。





1. 事業化(規制クリア *1)に向けて実験

※詳細はページ下部「規制クリア」をご確認ください

・「遺伝子組換え植物が、生物多様性に影響を与えない」証明レポート作成 (文献+実験)
・主務大臣に書類申請
・修正指示への対応
を行います。

※プロトタイプ開発時の様子


2. 容器の開発(クラウドファンディング終了後に開始)

遺伝子が導入された種「Yuishu」を大切に育て、その成長を見守るために作られた特別な植木鉢<POT.typeA>。
在りし日のペットの姿をそこはかとなく感じさせるユニークなプロポーションと、毎日の暮らしに馴染む清潔感を兼ね備えたデザインです。水やりのタイミングに光でお知らせするコミュニケーション機能も付帯しています。
また将来的には、磁器浮遊やUVライトを装備した神秘性のある機能的なアドヴァンスデザイン<POT.typeB>案の実現に向け鋭意検討中です。

※容器のデザイン・仕様は検討中のものです













我々の事業開発方針に「ユーザー様と事業を創っていく」という方針がございます。
「誰から頂いた活動資金なのか」
この問いを大事にしたい気持ちでクラウドファンディングという選択に至りました。
融資や出資とは違い、温かみのある資金で、弊社の事業との親和性も感じております。


「遺伝子導入植物で喪失感を癒す」体験は、現状、世界的にも当たり前ではなく、
新しい試みです。バイオアートのニュアンスではこれまでもこれからも類似概念が出てくるかもしれませんが、ビジネスとしての挑戦は調べた限りでは無いようです。
宗教観や死生観の違いから批判的な声も出てきてしまうかもしれませんが、「違い」は「間違い」ではないのでそのような声でブレーキを踏まず、まずは欲してくださるユーザー様と向き合いながら事業創造にアクセルを踏んでいきたいです。










YuishuというDNA組換え植物の研究開発は国から規制されており、「カルタヘナ法 第1種使用」の承認を得る必要があります。

カルタヘナ法:遺伝子組換え生物等の使用等の規制による、生物の多様性の確保に関する国際法。(153カ国が参加)

第1種使用:生物の多様性への影響がないと国から承認されたものを屋外で使用できる。


規制クリアに向けた3つのPointと解決策


規制クリア(カルタヘナ法第一種使用承認)までの流れ

1. 農水省の主務大臣に書類を申請
「第一種使用規程承認申請書」、「生物多様性評価書」、「緊急措置計画書」、「モニタリング計画書(必要に応じて)」
2. 学識者がチェック
3. 国民がチェック (パブリックコメント)
4. 適正使用規定 (必要に応じて)
5. 承認





カルタヘナ1種使用承認のための「研究開発費用」に充てます。

ex)
・ラボ利用料 : 30万円×24ヶ月
・植物インキュベータ : 170万円 (中古)
・試薬 : 30万円
・ラボ人件費 : 15万円×2人×24ヶ月

研究開発を2年とした場合、概算で前後するとは思いますが1,600万円程かかる見込みです。
その一部を皆様からの支援金で補填致します。

※民間企業や大学と共同開発となる場合は、資金の使用方法は異なりますが目的は同じです。

※活動レポートを通して法規制クリアに向けた動きを随時ご報告致します。 想定通りに進まない場合でも返金は致しかねますのでご留意ください。

※今回のクラウドファンディングは、規制クリアに向けた実験・申請・承認を目的としているおり、目標金額以上集まった場合は、 専用試作容器作成に充てさせて頂きます。

※Yuishu(ペットの遺伝子導入植物)実現のために、 法規制クリア等万全の体制で臨みますが、 現時点では商品化が確実ではないことをご留意ください。 法規制クリア後に、ようやくお客様のお手元に届けられます。





ペットと暮らされている方・亡くされた方・いなくても主旨にご賛同下さる方。 様々な支援者さまに向けたバリエーション豊かな返礼品をご用意しました。
(詳細はリターン品の説明本文をご覧ください)


DNA保管・予約優先権

弊社の遺伝子保管事業「DNA4X」の予約優先権をご提供。


「偲びプロダクト」シリーズ



Web広告モデル起用

あなたのペットを弊社Web広告のモデルとしてバナー等に掲載します。
(謝礼はございませんのでご了承ください)


オンライン交流会への参加ご招待

ペットを亡くされた、ペットロスが不安、など同じ悩みや体験をお持ちの 方々同士がオンライン上で思いを共感していただける場をご提供します。


オーダーメイドパラパラ漫画

代表作「14分の2の私の大切な思い出」、「あなたのようになりたい」といったパラパラ漫画を手掛けるアニメーション作家であるはちまるもんがペットとの大切な思い出を丁寧にパラパラ漫画化します。
本クラウドファンディングの紹介動画(パラパラ漫画)ははちまるもんが制作したものです。
動画のように、はちまるもんの優しいタッチと色使いで一緒に遊んだあの場所、わが子のしぐさ・・等々、思い出をパラパラ漫画として描いていきませんか?

※Zoomでのお打ち合わせもしくはチャットやメールで思い出をインタビューします。
※ペットの写真等、参考画像の提供が必要です。


動画:
・mp4形式(サイズ:1920×1080)
・動画尺:2分程度(8~10の思い出)
※フルオーダーメイドの為、インタビュー後半年程度お時間がかかる場合があります。


その他のリターン

・御礼メッセージ(全リターン共通)
弊社からささやかながらメールにてご支援の感謝の意をお伝えし致します。

・規制クリアに向けての進捗報告・事業計画一部の情報共有(全リターン共通)
事業を皆様と作り上げていくという理念から、規制クリア達成に向けた 活動やYueni新商品のご案内などをいち早くメールでお知らせ致します。

・SNSグループへのご招待(全リターン共通)
弊社と支援者様が繋がることができるFacebookやTwitter、LINE などのグループ交流のためのアカウント情報をご提供します。

・支援者さまのお名前・お写真を弊社HPへ掲載
ご支援の感謝を込めてお写真やお名前を弊社HPに掲載させて戴きます。 ※任意となりますので強制ではございません。

・Doghuggy クーポンコード
信頼できる個人のドッグホストが「あなたの愛犬をお預かりしてお世話する」サービス(Doghuggy)の割引クーポンコードを差し上げます。
※Doghuggyは1万泊以上の利用実績があるシェアリングエコノミーサービスです。




  • 2021/08/12 20:00

    報告が遅くなりましたが、先月17日、代表の池田が東海地方で最もリスナーの多いラジオ『ZIP FM』に出演しました!池田個人の話や、事業にかける想いを語ったようです。実際に聞いてくださった方々からの問い合わせもあり、会社としては今後もメディア露出を増やしていく方針です。クラウドファンディングにつ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください