はじめに・ご挨拶

初めまして、豊橋技術科学大学ロボコン同好会(とよはし☆ロボコンズ)です。

私たちは1993年に発足し、NHK学生ロボコンに出場、優勝し世界大会であるABUロボコンでの世界一を目標に日々活動しています。私たちは「技術を極め、世界に挑む」を基本理念として、部員個人が持つ奇抜なアイデアと知識を組み合わせ、圧倒的安定性と速度での競技課題達成をこなし勝つためのロボットを製作しています。それらは、大学・高専で学んだ知識と技術を基礎としています。 ロボコンは私たちにとってチームマネジメント、論理的思考、専門知識を養うことの出来る最高の機会だと考えています。

私たちは「どうしたら優勝に近づくか」を常に考えながら、ロボット開発に学生生活を捧げています。


2020シーズンの集合写真

NHK学生ロボコンについて

NHK学生ロボコンとは、NHKエンタープライズが主催するロボットコンテストです。数あるロボコンの中でNHK学生ロボコンの特徴は、毎年ルールが変わることです。そのため、毎年求められる機構や、アイデアが変わります。それがNHK学生ロボコンの醍醐味です。また、この大会で1位(2位)になると、世界大会であるABUロボコンの出場権を獲得することができます。

過去の大会の様子

NHK学生ロボコン

ABUロボコン

これまでの活動


私たちは、NHK学生ロボコン優勝を目指して日々活動をしてきました。その結果を表としてまとめたので、ご覧ください。

学生ロボコンの実績

東海地区交流ロボコンの実績


昨年度のNHK学生ロボコン2020は、新型コロナウイルス感染拡大防止の為中止となり、その代替として「オンライン!学ロボFESTIVAL」が開催されました。そこで、私たちのロボットが評価され準優勝することができました。

オンライン!学ロボFESTIVALの結果

ABUロボコン2020はNHK学生ロボコン2020同様に、オンラインで行われました。そこで私たちは世界3位に選ばれました。

世界大会結果表

世界3位という結果は、とても嬉しく感じました。それと同時に、優勝できなかった悔しさもあり、今ではそれを糧に活動に邁進しております。

2020年度のロボット

競技動画

この動画が入賞の決め手となりました。是非ご覧ください。


PR(パスロボット)


TR(トライロボット)


その他活動

年に約3回地域のイベントに出店しています。(写真は2019年度のものです。)
そこでは子どもたちにロボットの操縦体験や、実際に大会へ出場したロボットの展示を行っています。
子どもたちにとって、ロボットへの興味を抱く貴重な機会となっています。

イベントの様子


NHK学生ロボコン2021について

NHK学生ロボコン2021のルールは、主催国の中国の文化に基づいたものとなっています。
具体的には、古代中国の矢をポットに入れる伝統的な儀礼、ゲームをモーチフしたものとなっています。下記に参考動画を載せたので、是非ご覧になってください。


ロボット作りの様子

ロボット作りは、機械班、回路班、制御班に分かれて作業をしています。

機械班のタスクは、ロボットの設計、加工、組み立てです。
チームが決めた最強のロボットをCADで設計します。
その後、工作機械を用いて加工し、組み立てます。

ロボットのCAD図(2020年度)

メンテナンスの様子

回路、制御班のタスクはロボットを動かすことです。
機械班が設計したロボットを、優勝を目指して制御します。


デバッグの様子

回路作成の様子

このように、各々が自分の役割を担い、チーム一丸となって活動しています。
また技術面だけではなく、チームマネジメントにも力を入れています。毎日進捗報告、週に1度のミーティングを行いながら、各々のタスク管理と課題点の共有をしています。


プロジェクトをやろうと思った理由

この度、私たちがこのプロジェクトを立ち上げた理由は、「部内の財政が乏しく、ロボット作りが困難になりつつあるから」です。

ロボット作りには多額の資金が必要です。
具体的には、年間ロボットの開発費は約150万円、フィールド制作費は約30万円かかります。その他に、大会遠征費が約70万円かかります。

しかしながら、私たちには十分な資金がありません。
2021年3月25日時点での残高が-145,743円であり。例年の財政から計算すると、2021シーズン終了時に40万円以上の赤字が想定されます。
残高がマイナスになっている理由は、電子回路の新規開発を行ったからです。
本来2020年10月にプロジェクトをスタートする予定でしたが、大学としてクラウドファンディングが初の試みであったので時間を要しました。マイナス分は部員たちが立て替えています。

ロボット作りができないと、チームマネジメント、論理的思考、専門知識を養う機会を失うことになります。
ロボット製作を続けるために、皆様のご支援を頂けたら幸いです。


資金の使い道

皆様のご支援を、ロボット開発費とフィールド制作費、電子回路の新規開発費に充てたいと考えております。
ロボット開発費には、アルミ材、センサ、アクチュエータが含まれます。
フィールド制作費とは、大会へ向けて練習するフィールドを作る為に発生する費用です。
ロボット開発費に約20万円 、フィールド製作(半面)に約30万円、電子回路の新規開発費に約15万円充てる予定です。

目標金額より多く資金を頂けた場合は、来年度の予算へ繰り越します。


基板図

作成予定のフィールド


リターンについて

このプロジェクトを成功させるべく、支援いただいた方々へのリターンを考えました。

①【1,000円】応援コース

「リターン品は望まないのでお気持ちだけ...」の枠となっております。
支援いただいた方にはお礼のメールをいたします。


②【3,000円】公式ホームページにご芳名、メッセージ記載(2021年度のみ)

homepage

※備考欄にご希望記載名、メッセージをご入力ください。
※公序良俗に反する場合は、ご希望に添いかねる場合がございます。


③【4,000円】オリジナル定規

とよはし☆ロボコンズのメンバーが製作した回路定規です。
寸法:100mmx20mm


④【4,000円】オリジナルクリアファイル

2019年度ロボット「グレート・ウルトゥー」グレート・ウルトゥー

グレート・ウルトゥー(幻のMR2.ver)

ROBO RUGBY 7s

とよはし☆ロボコンズのメンバーがデザインしたクリアファイルです。
以下、4種類のデザインがございます。

・グレート・ウルトゥー
・グレート・ウルトゥー(幻のMR2.ver)
・ROBO RUGBY 7s
・投壺

お好きなデザインをお選びください。

※デザイン「投壺」に関しまして全国大会を控えている為、デザイン開示は全国大会以降となります。
※リターン品の納期が大会の延期により遅れる場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いします。
※デザインに変更がある場合がございます。


⑤【6,000円】2021年度活動報告書

とよはし☆ロボコンズの大会までの活動、ロボットの仕様、工夫点や動画リンク付き画像等持ち込まれております。電子データでお送りいたします。

※リターン品の納期が大会の延期により遅れる場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いします。


⑥【6,000円】オリジナルマグカップ2021


とよはし☆ロボコンズ特製マグカップです。

※デザインは現在開発中(2021年度)のロボットとなります。
※リターン品の納期が大会の延期により遅れる場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いします。


⑦【10,000円】オリジナルポロシャツ


ポロシャツ表

ポロシャツ裏

とよはし☆ロボコンズ伝統のポロシャツです。
サイズ:SS~LL
カラー:ブルー


⑧【12,000円】とよはし☆ロボコンズ応援Aセット


・2021活動報告書
・オリジナルマグカップ
・定規

とよはし☆ロボコンズの応援グッズセットです。
個別の購入よりもとてもお安くなっております。

※リターン品の納期が大会の延期により遅れる場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いします。


⑨【24,000円】とよはし☆ロボコンズ応援Bセット


・2021年度報告書
・ポロシャツ
・クリアファイル(1種)
・マグカップ
・定規

とよはし☆ロボコンズの応援グッズセットです。
個別の購入よりもとてもお安くなっております。
クリアファイルのデザイン、ポロシャツのサイズをお選びください。

※リターン品の納期が大会の延期により遅れる場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いします。


⑩【100,000円】足回りユニット+開発詳細書類

【足回りユニット+開発詳細書類(2021シーズン)】
2021シーズンで開発した足回りユニット1つお送りします。また、設計等の詳細書類と共にご送付いたします。
DRとTRの足回りどちらかお選びください。
(モーター、センサは3Dプリンタで代用いたします。)
※写真は2020の物です。

※リターン品の納期が大会の延期により遅れる場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いします。


最後に

最後まで記事をご覧になり、ありがとうございます。
NHK学生ロボコン2021、ABUロボコン優勝の為に、ご支援よろしくお願いします。

大会が新型コロナウィルス感染拡大防止により、中止または参加できない状況になる場合がございます。ご了承ください。その場合でも、リターンを遂行いたします。また、リターン品の納期が大会の延期により遅れる場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いします。
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


(※寄付型クラウドファンディングの税制優遇について)

「本プロジェクトへのご寄付は、国立大学法人豊橋技術科学大学への寄附となり、弊法人が寄附金の受付及び領収書発行を行います。

このプロジェクトの寄附は寄附金控除の対象になります。「寄附金控除」をお受けいただくためには、確定申告の際に、国立大学法人豊橋技術科学大学が発行した領収書をもって確定申告をしていただく必要がございます。

領収書は12月頃の発送を予定しています。

※領収書はCAMPFIREではなく国立大学法人豊橋技術科学大学が発行・郵送いたします。

  • 2021/04/30 19:32

    お世話になっております。とよはし☆ロボコンズです。この度は、目標金額の100万円に達したことをご報告いたします。ご支援のほど誠にありがとうございます。弊部一同、目標金額を達成することができ大変嬉しく思っております。今後とも、とよはし☆ロボコンズをよろしくお願いします。

  • 2021/04/29 08:00

    お世話になっております。とよはし☆ロボコンズです。この度は、目標金額の9割である90万円に達したことをご報告いたします。ご支援ありがとうございます。優勝できるロボットを開発するので、応援のほどよろしくお願いします。

  • 2021/04/25 16:35

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください