はじめまして!

本作の企画者であり、監督と脚本を務めます、小池と申します。

本作の成り立ち

脚本を書いたのは今から5年前。

大学生だった私は、ある日、友人で看護学生の女性から、彼氏との関係について相談を受けました。

ラインを送っても既読無視、デートの約束より趣味を優先する彼氏に憤りを感じていた彼女。でも、一緒にいると楽しい、と言います。

楽しいなら、ちょっとルーズでも別にいいんじゃない?と告げた私に、彼女は「愛し合いたいんだよ、周りの彼氏彼女みたいにしたい」と答えました。

上手く返事ができなかった私は、彼女とその彼氏を主人公にした物語を描いて見せることで、彼女の悩みを解消しようと考えました。

その時完成した脚本が本作でした。

本作の意気込み

幼稚園児だったころの私の夢は「映画監督」でした。

ずっと映画が好きで、絶対に映画監督になると決めていました。

そして。大学に入学。並行して映像会社でアルバイトを始めました。

そこで待ち受けていたのは、パワハラとセクハラが横行する、劣悪な環境。若手は台本で叩かれ、現場でミスをしたら飲み会でバリカンで坊主にされる。女性スタッフは胸を揉まれ、先輩スタッフは他人の悪口ばかり。

「石の上にも三年」という言葉を信じ、アルバイトを続けました。

三年後にはそう言った目に遭うことは減りましたが、代わりに自分が「パワハラ側」に回らないといけない立場になりました。

絶対にやらないと固く誓い、それを行うスタッフを制することを試みましたが、「習慣」として当たり前のように存在する「環境」に、私は為す術もなく、結果、アルバイトは辞め、卒業後も他業界へと就職しました。

映像業界に進んだ友人に聞く限り、この状況は現在も変わらないようです。もちろん会社によるんでしょうが、「悪しき慣習」が未だ根強い業界なのは間違い無いでしょう。

私は一度、パワハラを行うスタッフに、どうしてそんなことをするのか?と聞いたことがありました。彼は私のケツを蹴り上げ、こう言いました。

「こうやってウサ晴らさないと、作品なんて作れないんだよ。みんなが笑って楽しく、なんて、遊びの世界。こうしないと良いものは作れない」

絶対に違うと思いました。でも、言い返せなかった。

今回、私は「ホワイトな現場を作る」ことを目標に掲げています。それが、彼らへの、そして、映像業界への復讐だと思ってます。


本作について

▼キャッチコピー
・時空を超えた、看護が始まる。
・入院患者は、未来の私。

▼あらすじ
看護学生の岩本ユミは、実習で担当になった40代女性の患者から、『未来の私』であることを聞かされる。 ユミは未来の私から人生指南を受けながら、破綻した彼氏との関係の修復など、恋に仕事に奔走する。 しかし、親友のカナがユミの彼氏と浮気していることが発覚したことで、事態はさらに悪化する。


▼特報映像公開中!



キャスト


主人公:岩川悠美役 近藤珠理

女優や被写体モデルとして活動中。
みかんが大好き。

Twitter @mknhsin200
Instagram @mkntbti30

【 最近の出演歴 】
・革命アイドル暴走ちゃん×松竹株式会社コラボ公演『暴走ちゃんの暴走」』(会場:花まる学習会王子小劇場) 出演
・映画版『百物語一夜行』(原作:芳村梨絵 監督:渡邊豊) 出演
・京都大学公認自主映画制作サークル雪だるまプロ 映画『それでも星は美しいか』 ヒロイン
・時事ネタ劇団 笑の内閣(わらいのないかく)『ただしヤクザを除く』(会場:こまばアゴラ劇場、THEATRE E9 KYOTO)
ヒロイン・店長役

【 今回への意気込み 】
今回、この企画に参加できることがすごく嬉しいです。
たくさんの人に愛される映画に、愛される人間になれるよう頑張ります!




悠美の親友:芝浦カナ役 稲荷ここ

女子大に通う現役大学生。大学生活最後に、ずっと挑戦してみたかったが自信がなくできなかった演技に初挑戦。

【 本作への期待や意気込みについて 】

きっかけは何であれ、自分を見つめ直すことでその後の人生は大きく変わる。まさにこの言葉を具現化した映画です。ハラハラ・ドキドキ・ワクワクが詰め込まれていて幅広い方に楽しんでいただける作品です!

近澤 智 (糸田康平 役)

俳優/アーティストとして活動。趣味はサウナ。ヴィスカエンターテイメント所属。

悠美の彼氏。悠美とは「一緒にいて楽しかったらそれでいい」という楽観主義的な考え方。顔がいいため割とモテる。

【キャストより一言】
ダサくて不器用な、でも真っ直ぐに生きる康平と向き合って、楽しみながら演じていきたいと思います。愛されるキャラクターになれますように。
完成を楽しみに待っていただけると嬉しいです!



久保 宏貴(三上智弘 役)

カナの彼氏。IT企業で働きながらバンドをしている。

【出演作】
キテミル川越ショートフィルム&SSFF ASIA2019「とおりゃんせ」、webムービー 「Eisai」、TV-CM「牛角」(’19)など。

【キャストより一言】
今、大きく社会情勢が変わる世の中で、様々な不安を抱えている方は多いと思います。
エンターテイメントの力で、ご覧頂きました皆様の心を明るく、前進していけるような作品にしていきたく思っております。




井場 景子(糸田悠美 役)

未来の岩川悠美。あることが原因で自己否定を繰り返しており、患者として悠美の病院へ運ばれる。

特技は、土佐弁、関西弁、書道(二段)、落語。

出演歴
【舞台】  
・座・東京みかん『金子みすゞの世界』富山県民会館(とやま世界こども舞台芸術祭2016参加)
・ラビット番長『ギンノキヲク』(主役)シアターグリーンBOX in BOX THEATER(池袋演劇祭大賞受賞)

【アニメ】
Netfrix『スパイキッズとくべつミッション シーズン2』レギュラー・ガブレット役

など多数

【キャストより一言】
資料を頂いた時に、これは見たことがないタイムスリップコメディ映画になるのではないか、とワクワクしました。今から大阪に行くのが楽しみです!
「未来の私」が「私」にどう関わっていくのか、果たして未来には帰れるのか、乞うご期待ください!



栗田 惠子(荒島久美子 役)

悠美やカナの研修指導看護師。

演技の勉強がしたくて英語ができないまま2年間 イギリス Northbrook College FD TheatreArts DramaコースをDistinction(優秀生:コースでは首席)で終了。この間舞台経験を積み、昨年New York Film Academy の8-week Film Acting Workshopへ海外監督のショートフィルムに出演経験を経て、現在に至る。

【キャストより一言】
ストーリーを拝見した時に、「あ、これ私の役だ!」と思ってしまったぐらいやってみたい荒島先生役で少々興奮しています。
いつもはいいお母さん的な役が多かったので、楽しみながら厳しくも温かい先生として悠美たちを見守り指導していきたいと思います。ビシビシと!


▼公式Noteはこちら

▼メイキングも公開中!


メイキング①


▼監督:小池太郎について

映像制作の他、イラスト、デザイン、漫画執筆など、創作活動を行っている27歳。

今回、自作漫画「ナーストゥザフューチャー」が発端となり、映画化企画がスタート。


本作の目標

・2021年5月の映画完成

・各映画祭への出品

資金の活用内訳

・小道具代、大道具代、衣装代

・貸しスタジオ代

・各映画祭への出品費

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください