はじめに・ご挨拶

『埋もれた古代史を発掘して映像化するプロジェクトチーム』による映像です。この映像はシリーズ2作目となります。日本の歴史の定説といわれるものの裏には、すっかり埋もれてしまった歴史、あるいは隠された歴史がたくさんあります。それを映像化して、より多くの人に広めていこうというのがこのプロジェクトチームの目指すところです。


このプロジェクトで実現したいこと

日本の製鉄は出雲、九州、その他西日本からはじまったというのが常識とされてきました。しかしこの常識は本当に正しいのか?最新の国内外の考古学的発掘・発見をベースに大胆に推理した結果、驚くべき真実が浮かび上がってきました。それを映像によりご提示いたします。


プロジェクトをやろうと思った理由

日本史の定説は必ずしも正しいものばかりとは限りません。特に、日本の製鉄の開始に関連する最新の国内外の考古学的発掘・発見は、従来の常識を大きく揺さぶっているのです。そこからさらに推論してみたら、いままで考えもしなかった新たな歴史的真実が見えてきました。それを映像化してたくさんの方に見ていただきたいと考えました。


これまでの活動

『埋もれた古代史を発掘して映像化するプロジェクトチーム』 による最初の映像作品は、『鬼がつくった日本刀』です。日本刀のルーツは実は東北にあったのです。そして古代東北刀鍛冶は「俘囚」として全国に移住を強制され、全国各地で日本刀を作ったというのが真実です。それを数々の証拠を提示しながら、わかりやすく解説したのが前回の映像でした。


資金の使い道

映像制作資金に充当したいと考えております。


リターンについて

① DVD『奪われた古代鉄王国』 1本

② 『奪われた古代鉄王国』 上映会招待(三鷹市・東大和市のいずれかの上映会場)

  * なお、『奪われた古代鉄王国』 上映会では、先行して、前作『鬼がつくった日本刀』も上映しま

    すが、その上映にもご招待いたします。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


実施スケジュール

① 『奪われた古代鉄王国』 映像完成 2020.10月中旬

② 『奪われた古代鉄王国』 DVD完成 2020.10月末

③ 『奪われた古代鉄王国』 ー【上映会スケジュール】

  イ)東大和市民会館ハミングホール 「小ホール」

    (〒207-0013 東京都東大和市向原6-1) 西武拝島線「東大和市駅」より徒歩7分

    2020年11月7日(土) 開場18:30 上映開始18:50 終了21:00 (150名定員)

  

  ロ)三鷹産業プラザ 7F 701会議室

    (〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-38-4 ) JR三鷹駅より徒歩7分

    2020年11月28日(土)  開場13:30 上映開始14:00 終了16:20 (定員70名)

 

  いずれの会場でも『奪われた古代鉄王国』と『鬼がつくった日本刀』の二本を連続で上映します。

  上映時間: 約2時間 途中休憩あり  全席自由席 先着順

  * 現在、両会場では新型コロナ対策として、マスク着用、換気、万が一のための連絡先記入等の

    ご協力をお願いしております。よろしくお願いいたします。

④ DVD発送―2020.11.10から一週間以内に発送いたします


最後に

長い間、日本の製鉄の始まりは出雲、九州、その他の西日本といわれ続けてきました。しかし、この常識がこの映像で覆ります。そこに至るまでの、埋もれ、隠された、驚愕の歴史も次々に登場いたします。ぜひ、この真実をたくさんの方々にお伝えしたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください