はじめに・ご挨拶

ページをご覧いただきありがとうございます。「SHINAGAWA1930」事務局の清水麻里(しみずまり)です。縁あって「SHINAGAWA1930」を運営する事務局を立ち上げました!

今回再生する古民家群は、1930年(昭和5年)に建築されたとされています。その歴史を残すため,施設の名称に1930を取り入れ、「SHINAGAWA1930」と名付け、運営事務局を立ち上げました。

事務局は、現在、株式会社ユニアスと私が所属する株式会社Rバンクで構成されています。(今後、プロジェクトの拡大に伴い、メンバーは増えていく予定です。)

事務局メンバー(左:作田、中央:清水、右:山中)

そのままの状態で残された、貴重な物件を取り壊すのはもったいない!

Rバンクは、ビルや戸建住宅をリノベーションし、有効活用して、こだわりある暮らしや心豊かになる空間・コミュニティを創造している会社です。日々、色々な悩みをもった物件に出会いながら、どうしたら古いながらも魅力的な建物を再生できるのだろうかといつも考えています。
そんな中で、この古民家群に出会い、驚きました!昭和5年から、東京の空襲にも、何度も襲ってきた地震にも負けず、 平成、令和とその姿のまま佇んでいる物件。しかも5棟も残っているなんてなかなか出会えません。ちょうど、オーナーである京浜急行電鉄さんは事業性を検討していた時で、建物が取り壊される可能性が高いと聞きました。「なんとかこの貴重な古民家を残したい。そして、よりよいかたちで活かしていきたい。」と動き、運営事務局を一緒に立ち上げた株式会社ユニアスの山中さんと共に企画書を書き、熱いプレゼンをしました。

そして、京浜急行電鉄さんや近隣の住民の方々にも応援して頂き、「SHINAGAWA1930」として、建物を再生することができるようになりました!

リノベーション工事前の様子

「SHINAGAWA 1930」とは?

歴史を繋いてきた建物をできる限りそのまま生かし、品川の新しい拠点として、様々な場所から訪れる人と地域の人たちの交流を生み、発信していく施設を目指します!

5棟のうち、1棟は、国内外の企業や個人事業主,近隣にお勤め・お住まいの方,地方からの出張者などが利用できる「コワーキングスペース」に。1棟は、さまざまな本業を持つ店長たちが日替わりで店に立ち、交流の場とする「ソーシャルカフェ」として開業します。

施設名称は、1930年(昭和5年)に建築されたとされる建物の歴史を繋ぐという思いを込めて、「1930」を取り入れました。 

現在、株式会社ユニアスさんを始め、パートナーさんたちと共に、様々な企画を、どのように展開していくか、日々考えて奮闘しております。

施設ロゴ
交流拠点として「輪」「和」の意味を込めています

■建物詳細

住所:東京都品川区北品川1丁目21番地
アクセス:JR線・京急線「品川駅」から徒歩約10分、京急線「北品川駅」からは徒歩約4分
延床面積:約457.33㎡(登記簿) ※しながわ100景にも選ばれていた物件です
コワーキングスペースとカフェのオープン予定日:2020年12月末~2021年1月頃
※施設全体のオープン時期は、未定です。


人が交わる拠点として、ポテンシャルが高い品川

品川駅は、1日あたりの乗降客数がJRと京浜急行、バスを合わせて56万人以上と国内屈指のターミナル駅です。2027年にはリニア中央新幹線の始発駅として開業が予定されています!

このエリアの特徴は、品川インターシティや天王洲アイル付近にある高層オフィス・マンション群があることです。世界を代表するIT企業やものづくり企業、外資系企業に勤める方も多く、品川駅から徒歩1km圏内に平日は10万人以上が勤務しています。(参考情報:出展情報戦略局)

その一方で、隣接エリアには東海道五十三次の最初の宿場として栄えた品川宿があります。旧東海道沿いには今も多くの神社仏閣があり、伝統と歴史に裏打ちされた地域に、人々の暮らしが息づいています。まちづくりに積極的に取り組んでいる人も多く、毎年9月には「しながわ宿場まつり」が行われ、江戸の昔を呼び起こす江戸風俗行列やおいらん道中は多くの人で賑わいます。

新しい街と歴史が息づく町のちょうど間に、この古民家はあり、さまざまな人たちが交わる拠点にふさわしい物件だと感じています。

※手前にあるのが品川浦、現在は屋形船や漁船の停泊場となっている。その先にある2階建ての建物が古民家群(一部)であり、両端にはマンションが。さらにその先は、品川駅(港南口側)前の高層オフィス街・マンションが立ち並ぶ。


*どんなコワーキングスペースにしたいのか?

コワーキングスペースは株式会社ユニアスの山中さんが運営します。

事務局にも参加していただき、プロジェクトの当初より、建物の再生と、コミュニティ拠点にする誰よりも熱い思いで向き合ってきてくださいました。

※イメージ (写真は宮崎にある MUKASA-HUB 掲載許諾済)

◆運営者よりひとこと

ここでは、おとなのまなび社と協業して、「ローカル」や「おとなのまなび場」、「多様性」をテーマ(案)にしたコワーキングスペースを、今冬にオープンしたいと思っています。
地方と東京を繋げる拠点として、品川はとても便利な立地です。起業家やフリーランスの方たちには沢山使ってもらいたいと思っていますし、大企業の新規事業担当者、自治体、コミュニティオーガナイザーなども集えるようなイベントを開催して、まさに「CO-WORK」できるコワーキングスペースを目指します。
シェアオフィス・スペースとして場所を共有するだけでなく、ここに集う仲間が時にはお互いのアイデアやビジネスも共有し、それぞれのビジネスを支援したり、新しい自分達のプロジェクトを生み出して行く場所、そして、地方や海外からも新しい風を吹き込んでくれる存在の受け皿となる場に育てて行きたいと思っています。(株式会社ユニアス 山中資久)

私たち、おとなのまなび社は「まなびでおとなを覚醒させる」というミッションを掲げています。
多くのみなさんのように、おとなになればできることが拡がります。一方、当たり前の前提や習慣で、できなくなること(やらなくなること)も多く存在します。
私たちは、そのような当たり前の前提や習慣という”凝り”をほぐし(まなびほぐし)、多くのおとなを世界や変化に開かれた存在にしていきたい。そう、考えています。
北品川というこの場所は、それを実現させる「おとなのまなび場」です。みなさんと共にまなび、議論し、対話し、ワクワクしながら覚醒しましょう。(おとなのまなび社CEO:井上義彦)


*どんなカフェにしたいのか?

25人の日替わり店長が人と人とのつながりをつくっている、有楽町のソーシャルバー『PORTO(ポルト)』さんと一緒に、「ソーシャルカフェ」にチャレンジしていきます。

有楽町の『PORTO』では、外科医、美容師、歯医者、ゲストハウスオーナー、フリーランスのマーケター、大企業からベンチャーの会社員まで、様々な店長が集まり、月に一度、お店のカウンターに立っています。オープンから2年が経ち、店長や常連さん同士のつながりが増え、コミュニティとして育っていくことで、面白いコラボレーションがいろいろと生まれています。

北品川では、日中はカフェとして運営します。地域の方の憩いの場や、2階を貸し切って教室や、イベントスペースとして使ってもらいたいです。

夕方から始まるソーシャルカフェは、たくさんの新しい出会いが生まれる場になってほしいです!

左:cafeイメージ  右:1号店(有楽町)の様子

◆運営者より一言

「価値のあるつながりが生まれる場所」「いつでも安心して帰って来れる場所」をコンセプトに、港のような場をつくりたいという思いを込め、PORTOを立ち上げました。

お店を盛り上げてくれる店長や、お客さんたちのおかげで、多くの人にとって、大切な居場所の一つになって来たように思います。そんな中、より多くの人が自分の場を持てるよう、新たな店舗を構えようと思っていたところ、今回のご縁をいただきました。北品川という場所でPORTOがどのような化学反応を生めるか楽しみです。 (共同オーナー:喜屋武悠生、嶋田匠)


資金の使い道

みなさまからいただいたご支援は、古民家をリノベーションし、施設としてオープンするための費用に充てさせていただきます。

建物自体はオーナーにより改修工事が行われますが、施設をオープンさせるために必要な通り土間を整備したり、ライトアップしたり、看板を設置したりする費用は事務局が負担して行います。経費を抑えるために一部をDIYする計画ですが、それでも100万円近い予算が必要です!

また、各棟の運営者が、内装やキッチン設備、電気・照明・通信関連の設備、厨房機器などを取りそろえる必要があります。内装については、現在工事をしている最中ですが、この写真にある梁などを活かした内装にしたいと思っています。

最後に

今回は、価値ある木造建築を、異なる目的で訪れたさまざまな利用者の接点を生む拠点として魅力的に再生するための工事費の一部を是非ご支援いただきたいと思っています!!さらに、一部の外構はDIYで行うことも予定しておりますので、DIYなら任せて!という方のご協力もいただきたいです。

「SHINAGAWA1930」を共に盛り上げていただける方や応援いただける方とは、ご支援だけでなく、施設を活用していただいたり、イベントを共催するなど、是非ご一緒できることをお話させてください! どうぞ、よろしくお願いいたします。

※開業前につき、現地への取材はご遠慮願います。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/01/09 18:59

    「SHINAGAWA1930」にご支援頂きました皆さま、興味を持って下さった皆様、誠にありがとうございます!運営事務局の清水です。おかげさまで、目標金額を達成することができました。本当にありがとうございました。本日は、皆様にご支援いただいた資金で、漆喰塗りワークショップ&外構DIYを行いました...

  • 2020/12/23 15:00

    こんにちは。A棟/C棟の企画に関わっている、ユニアス代表の山中です。限られた予算内でリノベーションをしなくてはならない関係もあり、DIYを毎週末やっています。壁や窓枠を塗ったりしているのは全部素人です。漆喰塗は、ほとんどの人が初めてで、ワクワクでした。DIYに関わった最少年齢は5才です。11月...

  • 2020/12/16 12:11

    こんにちは。A棟1階にオープン予定のソーシャルカフェ「PORTO(ポルト)」共同オーナーの喜屋武(きゃん)です。先日、日替わり店長のみなさんに集まってもらい、店舗で提供予定のフードとドリンクの試作会を行いました!フードはメインのスパイスカレーを中心にホットサンド、ピザ、おにぎり茶漬けなどを試作...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください