はじめに・ご挨拶

初めまして、千葉県成田市在住の「中国発酵料理と日本ワイン SABOTEN」という中華料理店を営んでいた石曽根 禎宏(いしそね ただひろ)と申します。

麺や福一は私の父が経営するラーメン屋です。

私のお店は旧麺や福一店舗を改装し2019年の1月にオープンしました。(麺や福一の隣)

2019年4月 SABOTENは東京の大イベント「四川フェス」にも参加させていただきました。

お店が作られた背景

2001年8月 「麺や福一」はオープンしました。

当時は、フレンチレストランを経営する傍ら麺や福一の仕込みから営業までこなすとてもタフな父親でした。

プロジェクトに至った経緯

2020年9月8日ボイラー室付近からの出火により麺や福一は全焼し、全てを失いました。

不幸中の幸い、営業時間中ではなかった為、人の被害はありませんでした。

とはいえ、父親がラーメン一本で私を含め家族をここまで育ててくれた大切な思いのあるお店が一瞬にして燃えてしまった事は、本当に無念としか言いようがありません。

今までに見たこともないほどの大量のメッセージがメールやSNSを通じて私のもとに届きました。返信をする気力すらなく、ただただ現実逃避。でも、きっと私以上に父は辛いです。そんな父を励ます意味も込め、幸い燃え広がらなかった私の方の店舗で麺や福一を復活させる提案をしました。

父親は、当然反対しました。それは同時にSABOTENを閉めることになるから。ですが、父親には持病があり週に3回4時間ほど、透析をしに病院へ行く必要がありお店を閉めます。当然新たにお店を建てたり借りたりは、もう出来ません。このまま引退を考えたりする父親ではない事は誰よりも1番私がわかっています。こんな事で恩返しをしたとは、全く思いませんが、一緒に「麺や福一」を復活させようと私は決心しました。

だがしかし、復活への道はそう容易いものではありませんでした。電気、水道、ガス全てのライフラインが火災により壊れてしまっていたのです。同時に調理器具や食器など営業をする為に必要なものは全て灰になってしまっており、膨大な資金が必要でした。

そんな中、知り合いの料理人の方からクラウドファンディングを立ち上げたらどうかという提案でした。

私の拙い文章でどこまで伝わるかはわかりませんが、出来ることがあるならば何でもしたい。そういう気持ちです。

鶏の旨味がたっぷり詰まった、まろやかな鶏白湯ラーメンは「麺や福一」の人気の一杯です。

「業界最高権威 TRYラーメン大賞2016〜2020」において1位4連覇を達成し記念に全国販売された「麺や福一」のカップ麺。

プロジェクトで実現したいこと

調理器具や食器など営業再開に向け必要なものを購入し、もう一度「麺や福一」を取り戻すこと。さらにパワーアップしてリニューアルをしたいです。


資金の使い道・スケジュール

2020年11月プロジェクト終了
2020年12月上旬 再オープン予定

プロジェクトで集まった支援金は設備費として利用させていただきます。


最後に

火災という本当に辛い現実に向き合い、いっときは全てを投げたくなりました。

神様は乗り越えられない試練は与えないとはよく言ったもので、本当にそうだなと思います。

父親と一緒にラーメン屋をやるなんて、こうならなければ考えたことすら無かったです。私には沢山尊敬する先輩方がいらっしゃいますが、私をここまで育て上げてくれた父親を誰よりも1番尊敬してます。カッコいいです。

最後になりましたが、もう一度皆さまのお力添えで「麺や福一」を復活させてください!!よろしくお願いします!!



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください