はじめまして、「命の相談プロジェクト」代表の天野剛子と申します。

この命の相談プロジェクトは、介護疲れの方や、うつ、いじめ、DV、認知症、引きこもり、子育て、養育、コロナなどで心の悩みをお一人で抱えている方に対して、全国のボランティア・アドバイザーがお悩みを抱えているお一人お一人様に寄り添い、様々な対応(主に心のケア)を行っていくプロジェクトです。

▼ プロジェクトオーナー 天野剛子


心のお悩みは他の方には相談しにくく、一人で抱えがちです。
現在はコロナ禍の影響もあり、多くの方が心のお悩み・ストレスを抱えていらっしゃいます。

TVからは芸能界の方々のご不幸も流れてきて、多くの方々が深い悲しみに包まれました。

当プロジェクトはそんな一人で悩みを抱えている方々を救いたい!
少しでも心が軽くなるようにお話をお聴きしたいと思い結成されたサポートチームです。


私達はフラワーアレンジ、アートフラワー、プリザーブドフラワー、フラワーセラピスト養成講座等のお花関連の教室を運営しています。新型コロナウィルスで緊急事態宣言等の前後数ヶ月は教室を閉じておりました。宣言が解除された後も、生徒さんが高齢であったり、お子様が休校の為家に居る等の様々な理由で、レッスンを再開される方もまだまだ少なく、月2回のレッスンを1回にされたりと、元の人数には戻っておりません。

プリザーブドフラワーアレンジや、アートフィシャルフラワーアレンジの販売もしておりますが、ブライダルやイベントの激減で販売もかなり減り、制作した作品や材料が在庫になっています。

私達もコロナでこういった影響がありましたが、同様に多くの方が被害を受けたと思います。

少しでも皆さんのお力になりたいと思い、今回のプロジェクトを立ち上げました。


私も2人目の子供が2才の時に母が脳梗塞で倒れました。
主人も仕事があり、上の子も小学生、下の子を1人で家に置いておく訳にはいかず、子供の保育園の送り迎え、母の病院での世話等、1人で大変な期間が長くありました。

そんな生活を続けているうちに、義母も身障で更に認知症になり、2人の身障者と家族の世話をすることになりました。

母は30年の介護、認知症の義母は19年看ました。介護保険や兄姉妹がいないので、子供の危険なく見て下さる方や、その中、初めのころは介護保険もなく、関東に住む弟も子供が生まれたところで、嫁も子育てで忙しく、弟も会社での働きがあり、子供を危険なく見て下さり、夜中の母の面倒を少しでも看てもらうなり誰かに料理、洗濯、掃除などの最低限の家事を手伝って頂ければ10分だけでも寝れるのに。。。などと思っておりました。

介護保険や兄姉妹がいないので、子供の危険なく見て下さる方や、夜中の母の面倒を少しでも看てもらうなり誰かに料理、洗濯、掃除などの最低限の家事を手伝って頂ければ10分だけでも寝れるのに。。。などと思っておりました。

ただ、家事を手伝っていただいても、それだけでは心のどこかで物足りなさを感じており、誰かに愚痴を聞いてほしい、頑張っている私をねぎらって欲しいという思いがありました。

体力もふらふらになり間違いを起こしてはいけないと思うが、寝ていないのでまともに考えられなくなる事もありました。


そんな生活を続けているうちに、義母も身障で更に認知症になり、2人の身障者と家族の世話をすることになりました。
お花の仕事も続けておりましたが、自分が思うように動けないため、規模を縮小したり、他の方に任せたりで、それもストレスのひとつとなりました。

当時を振り返ると、誰かに少しでも、親身になって話を聞いて頂ことが出来れば、気が紛れて、心も軽くなったと思います。もちろん、周りの方に助けられて今の自分があるといつも感謝をしております。

その周りの方に助けて頂き、今があります。
私もその感謝の気持ちを胸に多くの方々のお手伝い、心のケアを行っていきたいのです。


▼兵庫県立芸術文化センター管弦楽団様へマスクのご支援を行いました。


▼神戸市医師会様へマスクのご支援を行いました。

▼感謝状を頂きました。


▼西脇市多可郡医師会様よりマスク寄附の感謝状を頂きました。


日本では、自然災害や人的災害、ネグレクト、全国のいじめ、DV、自殺など問題が起こらない年はありません。コロナの時代が終わっても、また新しいウイルスや病気で心痛めることが起こるでしょう。

身体の不調、病気は医学で治せても、心の健康は医学的にはなかなか取り戻せません。人と人との心の触れ合いによって癒されていくものだと思います。

神戸の復興も街並みは戻りましたが、心の回復はなかなか出来ていません。

私達は悩める方々が少しでもそのお悩みをアドバイザーに話すことにより、心が軽くなるように寄り添いサポートしていきたいと思います。


▼フィリピンの大学生との交流も今年はコロナ禍で出来ませんでしたが、続けております。日本の労力になる様に、ミンダナオ国際大学の生徒さんをお呼びする事もコロナ終息後ですが実行いたします。

ミンダナオ国際大学の学生さんたちは日本語を勉強され、日本での就職を希望されている方も沢山いらっしゃるので、コロナ終息後にはぜひ就職のお手伝いをさせて頂き、日本の労働力の不足を支えてもらおうと思います。

道筋はつけましたので、日本人と同じ程度の給与で働いて欲しいものです。英語も堪能で、自国語、日本語、3か国語話せます。


皆様のご相談をお聴きする方々(アドバイザー)は「アドバイザーの道・命の相談プロジェクト」のテキストで勉強を行い、アドバイザーに認定された方々です。

また中にはフラワーセラピストの資格も保持しているセラピストアドバイザーも在籍しておりますので、お花を使った香り、色、心理のセラピーを使い心の相談を受ける事も可能です。

また、ご相談頂いた内容は、守秘義務、インフォームドコンセント、アカウンタビリティを必ずお守り致します。


※インフォームド・コンセントとは、「説明を受け納得したうえでの同意」ということ
※アカウンタビリティとは、「説明責任や説明義務」のこと
※医師や税理士、弁護士に相談の場合は必ず、相談することを申します。又、その情報はクライアントに返します。終わればその内容は決して外へ漏らしてはいけません。

まず相談者様から拠点となる本部(神戸本部)へメール、SNS、FAXにてご連絡をいただき、相談者様よりチェックシートを頂くようにします。(折り返しチェックシートを頂いた方のご相談をお伺いするようにいたします。)

そのご相談内容や地域によりご担当させて頂くアドバイザーを決めさせていただきます。
(アドバイザーにより、得意分野や地域が違うため。)

◯アドバイザーの各拠点場所
・神戸本部
・北海道、宮城県、茨城県、東京都、長野県、愛知県、奈良県、大阪府、山口県、福岡県、熊本県
上記拠点からアドバイザーを出向致します。

また初回は対面でのお悩み相談は行わず、メールなどで行います。
2度目からはご相談者のご希望により、オンラインや対面でのご相談を行います。

またご希望があれば、複数の相談員での対応も可能です。

▼ご依頼の流れ


2021年始めにアドバイザーの資格本を出版します。

「内容」
ボランティア・アドバイザーとして、心のサポートやちょっと話を聞いてほしい方への傾聴、障害をお持ちの方や高齢者への介護等のアドバイス、子供のいじめや家庭のDV等の気づき等、人に寄り添い、お互いを支え合う心を育て、協力し合う世の中になる様、微力ながらこの本を作りました。
介護のお仕事や息抜きに役立つアートフィシャルフラワーのテキストも付いています。


一人でも多くの方に心の安らぎ、癒しを感じて頂き、人と人が寄り添いながら、協力し合い、住みよい町にしたい、市町村、都道府県と広げながら、人として皆が助け合う心を持つ日本にして行きたいと思っていらっしゃる方はぜひ資格本をご購入頂き、お力をお貸しください。

ぜひ私達と一緒に活動しましょう。


◯資金の使い道は主に運営費用とさせていただきます。
またその一部にはアドバイザーが皆様の心のお悩みのご相談を受けた時などにお支払いするお気持ち代などにも利用させて頂きます。

完全なボランティアで皆様のお悩みのご相談をお聴きしようとも考えたのですが、ボランティアが続くとアドバイザーの方々の生活があるため、ボランティアの皆様にお気持ちをお支払いさせて頂きたいと考えております。

アドバイザーが皆様の心のお悩みの相談を受けた時の費用などを今回のクラウドファンディングでご支援頂きたいと願っております。

沢山のご賛同をお願い致します。


◯御礼のメッセージとお手紙
当プロジェクトにご賛同頂いた方。頑張れと応援してくださる方。
感謝の気持ちを込めて御礼のメッセージとお手紙をお送り致します。


◯【ボランティア・アドバイザーへの道】サイン本
著・監修 天野剛子のサイン入り書籍
ボランティア・アドバイザーとして、心のサポートやちょっと話を聞いてほしい方への傾聴、障害をお持ちの方や高齢者への介護等のアドバイス、子供のいじめや家庭のDV等の気づき等、人に寄り添い、お互いを支え合う心を育て、協力し合う世の中になる様、微力ながらこの本を作りました。
介護のお仕事や息抜きに役立つアートフィシャルフラワーのテキストも付いています。


◯【癒しの花、アレンジフラワー】
サイズ:小
大きさ:ケース12cm × 12cm × 16cm
心を込めて癒しの花、アレンジフラワーをお作りし、お届け致します。


◯【癒しの花、アレンジフラワー】
サイズ:大
ケース15cm × 15cm × 20cm
心を込めて癒しの花、アレンジフラワーをお作りし、お届け致します。


◯播州織ストール
白系、赤系、青系、黄系、ピンク系からお選びください。


◯軽井沢でのアドバイザー講習会

この度、毛利先生の不履行がありましたので、今回の講師には採用できなくなりました。
新しく立派で優秀な竹田先生に変わります。
何卒ご理解の程宜しくお願い致します。


細川護光先生 陶芸
毛利涼子先生 味噌作り
天野剛子先生 フラワーアレンジ

・細川護光先生
昭和47年生まれ三重県土楽窯、神奈川県湯河原不東庵を経て、平成17年熊本にて開窯。
粉引、井戸、唐津、信楽、楽焼等を手がける。
各地の土を使い、食器、茶器、花入れ等を中心に制作している。
京都思文閣ギャラリー。日本橋三越、新宿柿傳、博多三越等各地で個展を開催。

・竹田典(たけだ ふみ) 先生
☆NTF認定校
プリザーブドフラワースタジオF (平成18年 2006年3月)主宰
☆フラワーセラピー普及協会認定校 (平成20年2008年間3月)フラワーセラピーF主宰
☆タカコアートスクール
梅田校 (平成21年~)心理担当
☆日本アロマ環境協会アドバイザー
☆A・F・T3級色彩コーディネーター
☆日本交流分析協会
子育ち支援士
インストラクター
TAカウンセラー
TA八尾カレッジ開校

近畿大学院総合文化研究科 心理学専攻 修士課程 在学


◯【癒しの花、アレンジフラワー】
サイズ:大
天野が心を込めて癒しの花、アレンジフラワーをお作り致します。
材料はプリザーブドフラワーを始め、播州織等で制作したアーティフィシャルフラワーや自身で制作したアンティークフラワーが入ります。
大きさは、40~50㎝×40~50㎝×60~70㎝ぐらいで作品により変わります
(ケースには入りません)。
また作品には色紙にご希望のお名前を入れ、天野のサインを添えてお送りいたします。
※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。


◯リターン品追加致しました。

【焼きドーナツ10個入り】
プレーン、ココア、レーズン、ナッツ、あんず 各2個入り

【ドーナツ詰め合わせ】
◯焼きドーナツ10個 5種類(プレーン・ココア・レーズン・ナッツ・あんず)2個ずつ
◯クッキー2種
◯紅茶ティーバッグ(7パック入り)

賞味期限:製造より3週間(21日)

神戸北野町から海を見晴らす高台に「KOBE北野FOODSTUDIO」「レストランDelys」があります。
この厨房で一つ一つ心をこめてドーナツやクッキーを焼いています。

当店のドーナツは、油で揚げずオーブンで焼き上げたヘルシーな焼きドーナツです。
材料を吟味し余分なものは使用していませんので安心してお召しあがりいただけます。

焼き立て熱々のドーナツにそれぞれの種類に合わせたリキュールシロップをしみこませて仕上げていますので、お召し上がるときにオーブントースターなどで温めて香りも一緒にお楽しみください。

皆様に、“ほっとする”ひと時をお届けできますように。


【タッチペン付シリコンDXボールペン1本】

ロゴに “命の相談プロジェクト”あなたにエールを とタカコアートスクールのHPのアドレスを入れたボールペンです。スマートフォンの操作に便利なタッチペン付で、軽くて便利なボールペンになります。


【癒しの花 アレンジフラワー】

心を込めて癒しの花、アレンジフラワーをお作りし、お届け致します。



▲第十四代今泉今右衛門様(陶芸家・人間国宝)




▲細川護光様(陶芸家)





▲大山一也様(株式会社トライブホールディングス社長)
コロナ禍で、経済的に個人の生活や経営が逼迫している中、素晴らしいプロジェクトの発案ありがとうございます。
弊社では、セフティーネットとして不労所得を保険と同じ気分でためていくことも大切と感じます。
コロナ感染拡大で出かけられないなど、不測の事態に備えて、家の中にいてもセーフティーネットで利益を得られる投資も考慮していく時代だと考えます。



▲新里佳子様(上閉伊酒造株式会社 社長)
天野剛子先生のクラウドファンディングプロジェクトを応援致します。
天野先生は日頃より、大変エネルギッシュで、このコロナ禍でも、播州織でマスクを製作して医師会などにお届けして、世間を明るくしてくれます。
この度も普通の人なら気が付かない、心の悩みやストレスを持った方々のために立ち上がろうとしてくれています。
アドバイザーの教育には、天野先生の指導を受けた方々が当たるとお聞きしておりますので、優れたアドバイザー が沢山育ち、悩める方々の心が少しでも軽くなる世の中にして頂きたいので、応援していきたいと思います。



▲村上啓治先生(医療社団法人 村上内科理事長)
現在、世界の人々は新型コロナ感染の流行により、それまでの平安な生活から、心の安寧さえも失いそうな日々を過ごしています。
私が少年の頃に、結核から生還した母と一緒に植えたスイトピーの甘い香り、復帰前の沖縄の石垣島の浜辺で、少女から腕一杯の野生のテッポウユリの花束を戴いた感激、白山連峰のクロユリ群落の青年期の想い出。
人生において、花々は心の奥深くに感動として今も残り、人生を、そして心を豊かにしてくれました。
このような現在であるからこそ、心の癒しとして、そして希望として、花は我々と共にあるのでしょう。




▲上山茂充先生(うえやま内科クリニック医院長)
天野剛子さんとは長いお付き合いになりますが、どんどん新しいことにチャレンジされ、私も刺激を受けています。 そしてタカコアートスクール校長、フラワーセラピー普及協会では理事長として人望も厚く、いつも忙しい忙しい と言いながら、仲間と楽しそうに仕事をしている姿が印象的です。
そんな天野さんだからこそ出来るプロジェクトに大いに期待しております。


宮崎金治様(美学研究者 株式会社アートサロン宮﨑代表取締役社長)

《美学による頭の体操》
幼児(3歳~5歳)には本人の性格が誰の影響も受けない時期で、特に好きな色・好きな形などに個人の性格が純粋に現れます。
またそれは小学校・中学校・高校・大学と進むにつれて複雑に変わっていきます。
教育の一環として指導を受けた芸術論+本人が持っている個性を加えたものがその方の美学を形成していきます。中学生あたりには子供と大人の境目になり難しい世界が要求されます。
その後は技術をもって表現をする事、好き嫌いを持って選別していく時期となり、各々の表現方法が現れます。
有名作家の作品を鑑賞して影響を受ける事や、物造りをしたいと思う創作意欲が無意識のうちに頭を使っての体操をしている事になっています。
この度の天野剛子先生のプロジェクトは、心の悩みに苦しむ方々を救うボランティア活動です。先生の高度な美学は注目の的です。
神戸を母体にアート・スクールとして全国展開をされている偉大な教育者です。
先生にはご苦労が多い事とは存じますが、是非一日も早くご開設をされることを念じて挨拶に変えさせていただきます。


▲天野昌彦先生 (医療法人社団天野内科医院医院長)




▲市野雅彦先生(陶芸家) 


※応援メッセージはお名前を頂いた順に掲載をさせて頂いております。


私は身障者の母と認知症の義母のお世話が一段落した頃に、神戸で阪神淡路大震災に見舞われました。

家は無事でしたが、教室があったビルがすべて倒れたり、避難所での罹災者さんたちのお世話で、心が折れそうになって毎日涙ばかりでした。

PTAでのトイレ掃除や、地域連合での炊き出しのお手伝い、FM放送での元気を出そうとエール送りをしていた時にも良い方法は無いかとずっと思っていました。

当時を振り返ると、花の香りや姿で心が強くなり、沢山の友達や生徒さん達が泣いている私に水を持って来てくれたり、お風呂を貸してくれたりしてくれたことが、本当に心も晴れる思いで助かりました。

その時もガス、水道が止まっておりましたが、物はあっても心はふさがっていましたが、皆の助けで頑張ろうと目が覚めました。

 

心に悩みをもったまま苦しんでいる方がいれば、私たちが少し手を差し伸べることによって、皆様が笑顔で健康に過ごして頂き、元気でこの後の人生を過ごし、またその方が、どなたかの悩みを聞いて差し上げ、笑顔を取り戻して差し上げるという、人と人との寄り添い合い、信頼の連鎖が生まれれば、こんなに幸せなことはありません。

どうぞ皆様ご支援・ご協力の程何卒宜しくお願い致します。



天野剛子

有限会社アートスタジオタカコ 取締役社長
タカコアートスクール 校長
フラワーセラピー普及協会 理事長
日本トータルフラワー協会  理事長

東京都世田谷区田園調布で生まれ多摩川奥沢で育ち、6歳から華道を学び、高等学校時代に草月流師範華春習得。松蔭女子大学時代、田中千代服飾専門科時代に、フラワーデザイン、造花(布、ビーズ、ナッツ)服飾を学ぶ。

1966年タカコデザインスクールを設立。
独自のデザイン製法で新しい分野を開拓、フラワーデザインを手掛ける。
1971年からロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、ハワイ、カナダで研修。
1979 年デザインフラワー用素材の製造方法の特許取得。

ドイツのヴァイエンシュテファン国立学校ルードヴィッヒ・オットー氏、グレゴール・レリッシュ氏、ダニエル・オスト氏、ギィ・マルタン氏、レン・オークメイド氏、ジル・ポティエ氏に師事。

多数のイベントに出展、「兵庫県フラワー装飾技能顕功賞」等多数受賞。
現在、展示会、イベントを多彩に開催、各教室での指導、花の館企画運営等幅広く活躍中。

元神戸ラン展審査員、元全国手工芸協会審査員、アビリンピック(2009年長野県)審査員等を歴任。
日本生命、そごう、大丸、P&Gなど、多数の企業にもスクールの講師と共に講習会を開催。NHK、神戸新聞文化センター等のカルチャーセンターにてフラワーアレンジ、アートフラワーの教室を持つ。
フラワーセラピー普及協会設立時より、理事長就任。
フラワーセラピスト養成講座は認定校を全国に展開中。
韓国、フランス、ベトナム、デンマーク、フィリピン等、海外との文化交流も意欲的にこなす。
名古屋フラワードーム、癒しフェア大阪、警察互助会、医療系セミナー(生活習慣病予防セミナー)等講演会も多数行う。

その他、不動産投資や施設開設など。


今後は陶芸家、人間国宝十四代今泉今右衛門先生(2020年10月17日)、細川護光先生(2020年11月20日)等の作品に芸術化されたアートフィシャルフラワーを播州織で制作して、花の世界を芸術の世界へと広げていく活動を行う。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


◯お問い合せ先
会社名有限会社アートスタジオタカコ

  • 2021/06/04 11:46

    有限会社アートスタジオタカコでは命の相談プロジェクトの他にもお花関係のレッスン、販売をしています。まだまだ続くコロナ禍で、家に花を置くことにより心落ち着けて頂ければなぁと考えております。今回はリターン品にも使わせていただいたプリザービングフラワー作品を特別にこのクラウドファンディングをご覧いた...

  • 2021/04/20 11:53

    5月3日に予定しておりました軽井沢の家オープンイベントはコロナ感染拡大により緊急事態宣言が発令されると言うことになりましたので9月19日に延期させていただきます。内容は5月と同じ内容を予定しております。参加をされる予定の皆様、開催にご協力いただいている皆様には、大変申し訳なく思っております。秋...

  • 2021/04/06 16:54

    本部にテキスト本の購入についてご相談を頂きます。直接アマゾンにて購入する場合は下記のURLよりお入りくださいアマゾンのURLhttps://www.amazon.co.jp/gp/product/B08XXVNPJWアマゾンで購入できない方は、花の館(info@takako-art.co.jp...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください