はじめに・ご挨拶

皆さん!初めまして!

HIU(堀江貴文イノベーション大学校)の、演劇大好き"もも"(@moochiiiise)です!

昨年のミュージカル「クリスマスキャロル」をきっかけに、自分の人生を変えるためにHIUに入り、今年はミュージカルを絵本化するプロジェクトに携わらせていただいております!


ミュージカル「クリスマスキャロル」

ところで皆さん、堀江貴文さん主演のミュージカル「クリスマスキャロル」をご存じでしょうか?🎅🏼

原作は、1843年に出版された、イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの小説「クリスマス・キャロル」。その作品をもとに、俳優の湯澤幸一郎さんが脚本を書かれ、2010年に初めて公演されました。

年に一度のクリスマスという、心躍るシーズンに、「人生において大切なものは何か」、「お金なのか、愛なのか…」ということを深く考えさせられるストーリーになっています。

涙なしには見られない、大切な人と一緒に見たい、とても素敵な作品です。


そんな素敵なミュージカルを、今年は絵本にすることになりました!

2010年の初演から、2018年、2019年と続き、今年で4度目となるのですが、

今年初めて、ミュージカルを絵本化します!!

制作はすべて、HIU(堀江貴文イノベーション大学校)のメンバーで行っています。

一度舞台を見たことのある人にとっては、生で味わった感覚を追体験でき、見たことのない人にとっても、クリスマスをより楽しく過ごすことができるような作品を目指し、制作に励んでいます✨


📙絵本の特徴📙
文章そのものにこだわっています!

ミュージカルの脚本を元に文章を作成するのですが、

絵本にするとなると、子供たちでも読みやすいように文章を削らなければなりません。

文章量を減らしつつも、伝えたいメッセージがしっかりと届くように、プロの脚本家が練りに練って、土台となる文章を作成しました!

舞台を見たことのある方にこそ、ぜひ読んでみていただきたいなと思います。


キャラクターデザインはゼロ高生が考えました!

絵本の重要な要素となる、キャラクターのデザインゼロ高(堀江貴文さん主宰の通信制サポート校)の生徒がメインで手掛けています!


表情や動きなど細部にもこだわって絵を描いています!

ミュージカルを見たときと同じ感覚を絵本でも体感できるように、

動画や写真、実際に見た感想等を参考にして、細かい部分を再現しながら絵を作成しています!


最後に

今年は特に、コロナウイルスの影響で、クリスマスを例年通り祝うことのできない家庭もあるのではないかと思います。

この物語にもクリスマスに贅沢ができない孤児院の子供たちや、やむを得ない理由で収入が減ってしまった家庭が描かれています。

私たちは、実際にそのような子供たちやご家庭に、ミュージカル「クリスマスキャロル」絵本という形でお届けすることで、クリスマスに少しでも楽しい体験ができるようにしたいと考えています!


ただ読むだけでなく、歌ったり踊ったり、キャラクターになりきって演じたりして、みんなで楽しめるような作品を目指し、

制作チームのメンバー全員で案を出し合いながら制作しています!


舞台を生で見て得られる感動というのは何ものにも代え難いものではありますが、

舞台を見たことのある方にも、そうでない方にも、

舞台を見たときと同じぐらい、温かい気持ちに包まれるような、ハートフルな作品に仕上げています!

ミュージカルを少し違った形で楽しめるので、舞台を見たことがある方にもぜひ読んでみていただきたいですし、

舞台を見に行くことができないようなご家庭や子供たちに、クリスマスプレゼントとして、この心温まる最高の物語を届けられたらと思っております🎅🏼

応援よろしくお願いいたします!



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください