はじめに・ご挨拶

ご覧いただきありがとうございます。させぼシーサイドフェスティバル実行委員会と申します。
我々実行委員会は長崎県佐世保市で毎年8月の第一週の土日でお祭りを開催してまいりました。

昨今の新型コロナウイルス感染症の影響で普段の生活が一変し、多くの皆様が今年の夏は普段の夏とは違った過ごし方を余儀なくされました。

その中でも何かできないかと企画を練り直し、今回の新しい形での花火大会を実施する運びとなりました。そこで皆様のお力をお借りし、佐世保市内各所で花火を同時に打ち上げたいと思っておりますので、ご支援のほどよろしくお願い致します。




このプロジェクトで実現したいこと

新型コロナウイルスの影響により、日々の生活が大きく変わり、不安な生活を送られている方が多くいらっしゃるかと思います。緊急事態宣言は解除され10か月ほど経過いたしましたが、今でも再流行の不安もあるため、来場者の皆様の安全を第一に考えた結果、通常での祭りの開催を断念いたしました。

佐世保市のイベント等が中止となる中、我々実行委員会は、まちづくりはひとづくり、また途切れず繋げる為に幾度も企画を考え直してまいりました。

その中で、毎年祭りを楽しみにしてくださっている市民の皆様や県内外の皆様に何かできないかと考えた結果、佐世保市内各所で花火を打ち上げ、コロナの早期収束と鎮魂、悪疫退散の願いを込め、ご自宅から空を見上げていただきたいと思っています。


私たちの地域のご紹介

私たちが住む長崎県佐世保市は、長崎県北部に位置する人口24.3万人の都市です。

西海国立公園「九十九島」に代表される、豊かな自然に恵まれた街です。

かつて旧海軍の軍港として栄えた歴史をもち、現在は米海軍基地を有する、国際色豊かな港街でもあります。また日本最大級のテーマパーク「ハウステンボス」や「九十九島パールシーリゾート」、新鮮な魚介類、「佐世保バーガー」や「レモンステーキ」など観光とグルメの街としても知られています。


資金の使い道・実施スケジュール

皆様からご支援いただきました資金は、全て打ち上げ花火の資金として使用させていただきます。

実施スケジュールと致しまして、皆様の安全を第一に考え、密を避けるため場所非公開にて開催いたします。

令和2年12月20日 クラウドファンディング終了

令和2年12月26日 佐世保市内各所にて同時打上げ予定(打ち上げ時間については後日公表)


リターンのご紹介

【3,000円】

HPにお名前をご掲載させていただき、 お礼のメールを送らせていただきます。

【5,000円】

HPにお名前をご掲載させていただき、 お礼のお手紙と花火ポストカード3枚を送らせていただきます。 ※発送は1月下旬となります。

【10,000円】

HPにお名前をご掲載させていただき、 お礼のお手紙と花火ポストカード5枚、本年のシーフェスポスター1枚を送らせていただきます。    
※発送は1月下旬となります。



最後に

我々の生まれ育った佐世保の為、そして日本に元気を取り戻すために、皆様と協力して、花火を打ち上げたいと思っています!!ご支援のほどよろしくお願いいたします!!


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

お問合せ先

させぼシーサイドフェスティバル実行委員会
長崎県佐世保市干尽町2-5 観光交流センター2F Soup-UPさせぼ内
TEL:0956-46-6855 FAX:0956-46-6856
ホームページはこちらから

    このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください