はじめに・ご挨拶

「ア・ラ・カルト」は1989年プロデュース公演として青山円形劇場で始まりました。
「役者と音楽家のいるレストラン」というサブタイトル通り、お芝居の要素とコンサートの要素を併せ持った他にはない良質なエンターテイメントとして、そしてクリスマス、暮れの風物詩としてたくさんのお客様に愛されてまいりました。
ご存知のとおりコロナ禍の中、演劇、コンサート等エンターテイメント存亡の危機を迎えています。この窮状の中、文化の灯を消さず「ア・ラ・カルト」を引き続きお届けできるようにとクラウドファンディングに応募しました。
どうぞ、暖かいご理解をいただけますようお願い申し上げます。

このプロジェクトで実現したいこと

「人生は誰と食卓を囲むかである」をテーマに「ア・ラ・カルト」はレストランを舞台に人との出会いと人生を見つめて参りました。
今回の災禍はエンターテイメントの危機だけでなくレストランの危機でもあります。
こんな時だからこそ、いつもの「ア・ラ・カルト」以上に、苦労してレストランを開いているお店の側、それを応援しようと苦労して訪れるお客さん等にもスポットライトを当て、人と人との密接な出会いや付き合いを改めて見つめ、早くコロナ前の潤いのある生活を取り戻したいと切望する願いを届けたいと考えます。

<開催概要>

移動レストラン「ア・ラ・カルト」     
〜だったのですが、こんな状況なので今年は「僕のフレンチ」を     
配信させていただきます。 by高橋 〜

公演形式:オンライン生配信

演出:吉澤耕一 台本:高泉淳子 音楽監督:中西俊博

出演:高泉淳子 山本光洋 釆澤靖起
   中西俊博(vl) 竹中俊二(g) Patrick Nugie(vo/acc) Brent Nussey(b)

日替わりゲスト(50音順)
   春風亭昇太 ダイアモンド☆ユカイ レ・ロマネスクTOBI ROLLY

日程:2020年12月21日(月)、22日(火)、26日(土)、27日(日)
   21日(月)19:30開演 ゲスト:レ・ロマネスクTOBI
   22日(火)19:30開演 ゲスト:春風亭昇太
   26日(土)18:00開演 ゲスト:ダイアモンド☆ユカイ
   27日(日)18:00開演 ゲスト:ROLLY

会場:LIVING ROOM CAFE & DINING    

プロジェクトをやろうと思った理由

本来であれば、なんとか生の舞台でこの作品を続けたいというのが正直な気持ちですが、何よりもお客様が本当に安心して生の舞台を楽しんでいただける状況にはまだまだ時間がかかるのではというのが現段階の結論です。
そこで、今回の公演は無観客オンライン生配信に挑戦しようと考えています。
今まで生の舞台をお楽しみいただいたお客様に受け入れていただけるかどうか、皆さんが配信というメディアについてきていただけるかがわかりません。また、そもそも情報がちゃんと行き届くかどうかの不安もあります。
そうなると、制作の規模も縮小しないといけなくなります。
かといって規模を小さくして出演者、ミュージシャンを少なくしての「ア・ラ・カルト」はできれば避けたいです。むしろオンライン生配信であることで今までできなかった「ア・ラ・カルト」の見せ方に挑戦する、そういった攻めの姿勢の「ア・ラ・カルト」を是非実現したいと思い立ちました。
また、遠方のお客様にも楽しんでいただけるというオンラインの特性も今までになかった魅力です。
そこで、クラウドファウンディングで皆さんのお力をお借りして、オンラインでもいつもの規模で更に新しいチャレンジとしてステージの使い方や、カメラワーク等にも演出を加えた「ア・ラ・カルト」にチャレンジしてみようと思いました。

これまでの「ア・ラ・カルト」の活動

劇場:こどもの城 青山円形劇場
1989年「ア・ラ・カルト〜役者と音楽家のいるレストラン〜」→2008年まで
演出:吉澤耕一 構成:白井晃 台本:高泉淳子 音楽監督:中西俊博
 1989年 レストラン「ア・ラ・カルト」開店
 1993年 開店5周年記念
 1998年 開店10周年記念
 2003年 開店15周年記念
 2008年 開店20周年記念
2009年以降演出:吉澤耕一 台本:高泉淳子 音楽監督:中西俊博
2009年「おしゃべりなレストラン 〜『ア・ラ・カルト』オープン準備中〜」
2010年「ア・ラ・カルト2〜役者と音楽家のいるレストラン〜」→2003年まで
2014年「ア・ラ・カルト アンコール!〜役者と音楽家のいるレストラン〜」

会場:モーション・ブルー・ヨコハマ
2015年「ア・ラ・カルトLive Show」

劇場:東京芸術劇場 シアターイースト
2016年 移動レストラン「ア・ラ・カルト〜美味しいものは心を動かすところにある〜」
会場:モーション・ブルー・ヨコハマ
2017年 移動レストラン「ア・ラ・カルトLive Show」

劇場:東京芸術劇場 シアターイースト
2018年 移動レストラン「ア・ラ・カルト〜美味しいものは心を動かすところにある〜」

会場:LIVING ROOM CAFE & DINING
2019年「俺× 僕のフレンチ 〜ア・ラ・カルト公認レストラン〜」

資金の使い道

いただいた資金は全て「ア・ラ・カルト」の製作費に充てさせていただきます。
クラウドファウンディングがなかったら、公演が終わるまで、どれくらいのお客様がご覧になってくださるのか全くわからないまま、すなわち収支が全くわからないまま作品作り、稽古をして本番を迎えるということになるところでした。クラウドファウンディングでどれくらいのお客様が後押ししてくださるか、手応えがわかると安心して作品作りに没頭できることになります。

リターンについて

(1)5,000円
当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/当日の舞台・オフショット写真をメールで送ります。

(2)10,000円
12月21日(月)の視聴券/当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/当日の舞台・オフショット写真をメールで送ります。

(3)10,000円
12月22日(火)の視聴券/当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/当日の舞台・オフショット写真をメールで送ります。

(4)10,000円
12月26日(土)の視聴券/当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/当日の舞台・オフショット写真をメールで送ります。

(5)10,000円
12月27日(日)の視聴券/当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/当日の舞台・オフショット写真をメールで送ります。

(6)20,000円
12月21日(月)&22日(火)の視聴券/当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/各公演の舞台・オフショット写真をメールで送ります。

(7)20,000円
12月21日(月)&26日(土)の視聴券/当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/各公演の舞台・オフショット写真をメールで送ります。

(8)20,000円
12月21日(月)&27日(日)の視聴券/当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/各公演の舞台・オフショット写真をメールで送ります。

(9)20,000円
12月22日(火)&26日(土)の視聴券/当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/各公演の舞台・オフショット写真をメールで送ります。

(10)20,000円
12月22日(火)&27日(日)の視聴券/当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/各公演の舞台・オフショット写真をメールで送ります。

(11)20,000円
12月26日(土)&27日(日)の視聴券/当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/各公演の舞台・オフショット写真をメールで送ります。

(12)30,000円
12月21日(月)&22日(火)&26日(土)&27日(日)の視聴券/当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/各公演の舞台・オフショット写真をメールで送ります。

(13)50,000円
12月21日(月)&22日(火)&26日(土)&27日(日)の視聴券/当日のお芝居に出てくるワインリスト、メニューの紹介/各公演の舞台・オフショット写真をメールで送ります。LIVING ROOM CAFE & DININGの食事券を提供します。

実施スケジュール

10月30日 プロジェクトスタート
11月24日 プロジェクト終了
12月中旬以降 リターン発送開始

最後に

1989年、平成元年青山円形劇場で始まった「ア・ラ・カルト」。時代と供に毎年12月にこの作品は上演され、2018年平成最後の年に池袋の東京芸術劇場で30周年を迎えました。
10代から80代まで沢山の観客に愛され、30年ものロングラン。その要因はどこにあるのでしょうか。それは…、レストランに訪れるお客の会話が日常に溢れ聞く言葉であり、恋人同士、老父婦の物語が、いつか見た風景、家族を想わせるからではないでしょうか。そして何よりもそのお話に寄り添うように奏でられる音楽が、まるで映画のワンシーンを観ているような気分に浸わせてくれるからではないでしょうか。2020年コロナ禍という想像もしなかった事が私たちに降りかかりました。学校、仕事場、病院、日常生活が一変してしまった。毎年楽しみにしているお祭りもすべて中止になってしまった。演劇、コンサートも未だに厳しい状況です。感染防止の事を考えると、私たちも公演をするべきかどうか悩みに悩みました。
そしてこのような決断をしたのです。苦しい年だったこの年末、心暖まるお話と音楽を、いつものクリスマスの風景を、多くの人たちの元へ配信でお届けしたいと。30年間心躍らせる作品をプレゼントしたいという一心で、どんなときも年末に上演してきた、私たちの決断です。どうかこの試みが実現できますように応援して頂けたらと思います。

このプロジェクトはAll-In方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

皆さんの暖かいご支援を心よりお願い申し上げます。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください