急速充電をもっと身近に!iPhone、AndroidだけでなくMacBook Pro、Switch等にも対応した65W充電器を格安で!

PD(Power Delivery)3.0に対応した、窒化ガリウム半導体(GaN)を利用した次世代型65W充電器。

余計な機能を排除し、パッケージも最低限にして大量生産することによって、最小、最軽量、最安値を目指します!

充電器もケーブルも、1個1個2重の検品体制によって品質を保証します。

USB Type-C to C、またはType-C to Lightningのケーブルとセットでお送りします。もちろん、ケーブルもPDに対応しています!

※本製品はモバイルバッテリーではありません。

PD3.0って何がすごいの?

PD(Power Delivery)3.0は最新のUSB電力供給規格で、1つの端子から最大100Wもの電力を供給できます。

さらに、eMarkerとC-AUTHによって、接続されている機器が最大何Wを利用できるのか、最適なWはいくつなのかを判断し、最適な電圧電流を提供します。これらの技術により、ケーブルの発熱や、電池の過充電を防いでいます。

PDを利用することにより、今まで専用の充電器を利用していたノートパソコン等も、スマホと共通の充電器で稼働させることができるようになりました。


窒化ガリウム(GaN)

現在、LEDやCPUなどに使われている半導体は、一般的にシリコンでできています。シリコンは地殻に26.77%含まれており、入手しやすく、かつ安定した半導体の材料です。しかし、近年ではデバイスの小型化が進み、発熱の問題などがでてきました。

そこで、最近採用されるようになったのが、窒化ガリウムを用いた半導体です。

窒化ガリウムは他の半導体と比較して、

・熱伝導率が大きく放熱性に優れている

・高温での動作が可能

・電子の飽和速度が大きい

・絶縁破壊電圧が高い

などの優位性を持っています。これらの特性により、パワー半導体、電力用半導体素子として特に大きなメリットを持っています。窒化ガリウムを用いた半導体を電力制御に利用することにより、従来のシリコン半導体よりも、高電圧、大電流、高周波で利用でき、発熱しても正常に動作させることができます。全体の性能指数でいうと、シリコン半導体の1130倍の性能を持ちます。

なのに、なぜ今まで採用されてこなかったかというと、精製する難易度によるコストの問題です。ここ数年でようやく、急速充電器や、LTE基地局などに窒化ガリウムを用いたパワー半導体が必要となったことにより、コストダウンが始まりました。

この急速充電器も、2年前に製造していたら、1個20000円くらいしていたと思われます。科学の発展ってすごいですね!


実際に充電してみる

PD3.0対応モバイルバッテリー

残電力30%の30000mAhモバイルバッテリーにUSB Type-C to Type-Cケーブルを利用して充電開始。

20V 3A (=60W)で充電開始。わずか10分で残電力が50%に。30分後には、残電力が80%。

そのあとは、安全装置が働いて、5V2Aでの充電に切り替わりました。


Android

残電力30%の5000mAhのZenfone6にUSB Type-C to Type-Cケーブルを利用して充電開始。

9V 2A (=18W)で充電開始。その後、9V1.6Aに変化。わずか10分で残電力が50%に。30分後には、残電力が80%。

そのあとは、安全装置が働いて、5V2Aでの充電に切り替わりました。


iPhone

残電力30%の2700mAhモバイルバッテリーにUSB Type-C to Lightingケーブルを利用して充電開始。

9V 1.6A (=14W)で充電開始。わずか10分で残電力が50%に。30分後には、残電力が80%。

そのあとは、安全装置が働いて、5V2Aでの充電に切り替わりました。

50%以上で充電を開始したときは、最初から5V2Aでしか充電しなかった。

これらの実験により、どの電子機器も残電力80%以下の状態で急速充電を用いることにより、30分程度で80%の状態に持っていける仕様になっていると思われます。


■ 特定商取引法に関する記載
◯ 販売事業者名: 株式会社AIMS

◯ 事業者の所在地:〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-7 桜門会ビルⅡ4階

◯ 事業者の連絡先:Tel: 03-6459-0333 メール: ec@ai-ms.co.jp
 ※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり

◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり

◯ 代金の支払時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。All-in方式の場合は即時で決済されます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、Paypayは各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。

◯ 支払方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/Paypay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。

◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。

◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください