世界の"生き方"を届ける海外企画第2弾! 8月28日から1ヶ月間、オランダ・ドイツ・デンマーク・スウェーデンで、現地の企業やワーカーを取材します。 そこで日本との働き方やライフスタイルの違いをこの目で見て成長したい! そして日本で生き方に悩む同世代に共有し、アクションを起こさせたい!

プロジェクト本文

▼目標金額サクセス!ストレッチゴール100万円目指します!

プロジェクト開始1週間で、目標金閣の50万円サクセスしました!
ご支援いただいたみなさま、本当にありがとうございます!

そして新たにストレッチゴールとして【100万円】を目指します!
使用用途としては帰国後の【講演会費】やスタッフの【人件費】です。

詳しくはブログにも書いたので、ぜひご覧ください▼
【クラウドファンディング】目標の50万達成!それでも僕が100万円を目指す理由

引き続きよろしくお願いします!

▼はじめにご挨拶

ページをご覧いただきありがとうございます!
"プロ無職"という肩書きで活動しております、るってぃです。

働き方や生き方に悩んでる同世代に向けて、キャリア支援やブログを通じて情報発信してます。

詳しい自己紹介についてはこちらの記事をご覧ください▼
周りの目を気にする臆病な人間だった。プロ無職るってぃのプロフィール   

▼このプロジェクトをしようと思った経緯:昨年、シリコンバレーに行って「こんな世界があるんだ」ってことを知れた

昨年ひょんなことから、世界的な企業"Airbnb(エアビーアンドビー)"の創業者が会いに来てくれて、「世界で通用する人間になりたい」と感じました。

 

 

その時に「アメリカのシリコンバレー界隈ってどんな人たちがいるんだろう?」と気になり、無謀ながらクラウドファンディングに挑戦してみました。

お金もなけりゃ人脈もありませんでしたが、目標金額以上の支援をいただき、3週間かけてシリコンバレーで8企業・1大学を訪問し、取材することができました。

 

日本にいたら絶対に知ることができないシリコンバレーならではの価値観や考え方を現地で知ることができ、パワーアップできたと思います。

世界の情報なんてネットを使って自宅にいながら知ることができるけど、そんなものちっぽけだと感じるほど多くのことを知れました。本気で成長したいなら、現地に直接行って、この目で見て、肌で感じるしかなんいんだ!と。

 

 

▼現地で得た情報を共有することで、背中を押せる人・選択肢を増やせる人は全国にたくさんいる

帰国後、現地で取材した情報を生の声で1人でも多くの人に届けたいと思い、全国9都市で講演会を実施。高校でも特別授業をさせて頂きました!

 

 

合計で300人以上の方に足を運んでいただき、この講演をきっかけに、様々なプロジェクトやクラウドファンディングが発足しました。

 

常々感じるのは「僕たちはなんて狭い価値観で生きてるんだ」ということです。自分も2年前までそうでしたが、「自分の好きなことして生きたい!でも周りの目が気になるし、失敗したらどうしよう」と悩んでました。仕事を辞めて独立した時も、いろんな人から「成功するはずがない」「とりあえず3年働け」と散々言われました。

しかしそれは日本人の価値観でしかなく、シリコンバレーに行って別の考えや世界を知ることができました。

 

世界には国連加盟国だけで193ヵ国あります。
それぞれの国ごとの働き方や生き方があるでしょう。そして人それぞれ合った生き方があると思います。

僕は生き方の選択肢を増やしたい。例えば日本の価値観が合わなければ「アメリカに行けばいいじゃん」とか、「ヨーロッパはこうだったよ」とか。情報発信を通じて、働き方や生き方に悩む日本人に選択肢を増やしたいです。

そして行動を起こすことができるよう、若者が創るプロジェクトのサポートを行っていきたい。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

そして僕自身、まだヨーロッパに行ったことがありません。新たな世界を現地で知り、そこで得た情報を多くの人に共有します。

この旅を通じて、「こんな生き方や働き方がヨーロッパではありましたよ」という情報を、生き方に悩む日本人に届け、生きづらさを解消するサポートをしたいと考えています。 

 

この企画は前回の小さな第一歩(アメリカ)を一歩で終わらせないための二歩目です。

プロ無職だから時間も体力もあるし、帰国後も全国各地を回ることができます(アメリカのプロジェクトがそうだったように)。

①ネットにはない現地の1次情報を取材
②講演で全国の人に直接情報を共有する
③行動を起こすサポートをする

この3つを実現させる方法としてクラウドファンディングを使って、海外プロジェクト第2弾に挑戦することにしました。みなさまどうぞよろしくお願いします!

 

 

▼プロジェクト内容〜ヨーロッパで取材したいこと〜

まだ行ったことがないので、今回の海外企画の渡航先はヨーロッパに決めました。8/28〜9/29の1ヶ月間行ってきます。

そして訪問先の国は、タイミングやご縁があり、オランダ・ドイツ・デンマーク・スウェーデンを予定しております。すでにあるコネクションを活用して現地のスタートアップやワーカー、日本人移住者を取材したいと思ってます。

 

特に重点的に取材したい部分はこちら。

①国ごとの働き方の違い
②国ごとのライフスタイルの違い
③国ごとの文化や思考の違い
④国ごとの教育制度の違い
⑤ヨーロッパ諸国でのシェアリングエコノミーサービスの使われ方
⑥ヨーロッパで流行してるサービスやアプリ

 

九州とほぼ同じ大きさで、人口は東京より少し多い1600万人。それなのにGDPは世界17位のオランダ。売春・大麻・安楽死が合法。同性愛もいち早く認めた「自由」な国。日本の3歩先を行くという教育制度「イエナプラン」。そして日本人は自営業ビザを容易に取得し移住可能。

生産性の高い働き方をする、経済大国ドイツ。
教育費・医療費無料、手厚い高齢者福祉や年金制度が存在するデンマーク。
自然享受権という憲法が存在し、Airbnbに「国ごと」掲載した国スウェーデン。

日本人の常識では測れない世界があると思います。

 

そして、「クラウドファンディングを使って海外に取材しに行く」ことに意味があります。

クラウドファンディングを行うことで

①圧倒的に取材のアポイントが取りやすくなる
②自己紹介時にインパクトを残しやすい
③「クラウドファンディングを使って来たこと」をしっかり評価してくれる
④取材時に濃い情報を引き出しやすい

参考:クラウドファンディングを使って海外に行く4つメリット

 という、海外で取材を行う際のメリットが多いのです。

また、クラウドファンディングを使ってプロジェクトを行うことで、若者に「クラウドファンディングという選択肢がある」ということをPRできます。

 

前回のアメリカのプロジェクトを通じて、学生を中心に「るってぃさんのプロジェクトを見て、クラウドファンディングというものを知りました!」と言われることが非常に多かったです。

クラウドファンディングを若者に広めたいという想いもあるので、自分がクラウドファンディングを行うことで存在を広め、「お金がない」を言い訳にせずどんどんやってみたいことにチャレンジして欲しいと考えます。 

▼資金の使い道

今回のプロジェクトに必要な渡航・滞在費50万円をクラウドファンディングで募らせて頂きます。

費用:渡航費、ヨーロッパ内交通費、滞在費、取材費、生活費:保険費、通信費、その他備品・アメニティーなど必要経費

目標金額以上の金額が集まった場合、帰国後の日本全国で行う講演会の費用に使わせていただこうと思います。
少しでも多くのご支援をお待ちしております。

▼最後に

 

 

正直、行動力だけは抜群にあります。
海外で1次情報を取りに行って、自分の足で日本全国で講演活動を行いました。

 

僕の講演を見に来てくれた人の中で「るってぃさんを見て行動しようと思いました!」「クラウドファンディングに挑戦しようと思いました!」と言ってくれた人が何人かいました。 

講演会で話した内容はこちらから見れます▼
「世界で戦える人間になりたい」プロ無職るってぃがクラウドファンディングしてアメリカに訪問した理由

 

ただ、ネットに転がってるヨーロッパの情報ではなく、僕のフィルターを通じた情報や現地でのアクションを届けたいです。そしてもっともっと悩める同世代の背中を押したい!だからこのプロジェクトは僕じゃなきゃダメなんです。

 

みなさんの支援のおかげで、アメリカ、今回のヨーロッパ。そしてこの企画が第3弾、第4弾とさらに人を巻き込んで続いていけば、「世界に通用する人間になる」という目標に近づき、より多くのモノを社会に還元できるのでは、と本気で考えるようになりました。

結果として、支援者の方に"次の行動を起こさせるためのキッカケ”を与え、全国で多くのプロジェクトが発足すれば、もっと面白い世の中になるのかなぁと感じます。

その夢への、今回は第2歩目です。
このプロジェクトに共感頂けましたら、ご支援いただければと思います。よろしくお願いします。

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください