はじめに・ご挨拶
〜この日記は、生後3カ月の子猫を保護→手術→退院→その後の経過を描いたノンフィクション物語です〜

奈良市内にて「旬魚と地場野菜の創作れすとらん」を営んでます、オーナーシェフの林です。

生後3ヶ月子猫が店の勝手口に迷い込み、物語りは始まりました‥

このプロジェクトで実現したいこと

子猫の手術費や、避妊手術費、また生後6ヶ月までの雑費(エサ代等)を支援して頂きたいです。


プロジェクトをやろうと思った理由

早く手術しないと、折れた周辺の肉(繊維)が固まり、手遅れになる為。

これまでの活動
10月21日(水)

2月末日からの「新型コロナウイルス」の影響で、一時は前年比の50%ダウンする月もありましたが、徐々に回復し、久々の団体様(ご近所の6名様)を迎えてのディナー営業終了後の事でした。

店舗と勝手口を挟んで自宅があり、少し用事があったので、家に入り、同じ扉から出る時でした…

目の前に小さい鼠色の生き物が見えたので、直感で「ネ○ミ」だと思い、ドアをすぐ閉めました!

5秒ほど考え、恐る恐るドアを再度開けると、そこには「キジトラ模様の子猫」がちょこんと座っていました。

周辺は田んぼや民家が多く、野良猫もウロチョロしています。

たまに店の玄関先や裏で鳴いてる事もあります。

今回もその類いと思い、最初は「あっちいけよ〜」と追い返そうとしてました。が、ちょっと歩き出すとかなり不安定で、よろめき転けます。おまけにガリガリでした。

よく見ると、「右前足がプラプラで腫れており、右後ろ足もびっこを引いた感じ」でした。

その時頭に過ぎったのがお昼の出来事でした…

実は店舗の前の車道で、「成猫が車にひかれていました」即死状態で、遠巻きから見ても「あ〜…可哀想やな…」と言う状態。15分後には役所?!業者?!関連の方々が、拾って掃除してくれてました。

そうです。もしかして、ひかれたのはこの子の親猫…?

とりあえず自宅で飼ってるイヌのエサを水でふやかし、あげました。

やはりお腹が減ってるのか凄い勢いで、平らげました。嫁さんが抱っこしようとするとかなり警戒してるのか、噛みつきにきます。(一回おもいっきり噛まれてました)

よくここまで、この状態で来たな…と思いながら、その日の晩は段ボールに毛布をひき、寝床を作り、見られると寝れないと思い一旦静かにし、様子を見る事にしました。

実は3年程前まで、同じキジトラの保護猫を13年ほど飼っており、最後は腎臓を悪くして亡くなってしまいました。

家族構成は、昨年5月に次男が生まれ

(長男10歳・長女7歳・次男1歳)

奥さんも美容室を経営しており、普段はおばあちゃんが15年飼ってます、チワピン(チワワ✖️ミニチュアピンシャー)と家にいます。

(あっ!ちなみにマスオさんです😬)

何かとお金が掛かる時期なのと、やはり「コロナ」の影響で、お互いの店舗も大打撃を受けました。なんで、また新しく動物を飼うと言う選択肢は「この時は」ありませんでした。

とりあえず明日、子猫用のエサは買うが、「保護猫を支援してる団体にも連絡しよう」と思い、寝床につく。

              つづく

10月22日(木)

朝起きて様子を見ても、まだ少し警戒心がありあり。(勝手口のスペースで寝床を一時的に確保)

とりあえず店の買い出しがてら近所のスーパーの犬猫コーナーに行くと、「まーなんと言う事でしょう✨」

22日は「にゃにゃんデー」で猫関連の商品が特売だそうです。

………

買う予定が無かった、ペットシーツも購入し、戻りました。ちなみにエサは、店が「旬魚のれすとらん」なんで、「マグロやお魚ミックスのカル○ン」を購入!肉は買わないぜ。

やはり、カル○ンは凄いです。秒で無くなりました。で、就寝。とりあえず体力が戻らないとどこにもいけないし、2、3日はこの状態かと「この時」は思いました。

保護猫団体にも、経緯を説明し

メール待ち。        つづく

10月23日(金)

この日の夜に大きく物語りは動きました。やはり、足が痛々しいので、嫁さんの知人が、働いている「動物病院」に連れて行く事にしました。(僕は仕事の為、嫁さんと子供2人で)

結果は…

「右上腕部末端(肘)骨折」

「右後ろ大腿骨(付根)骨折」

2箇所が骨折していました。

それ以外のキズや臓器系、病気などは無く、強い衝撃が生後間もなく右半分に当たり、骨折したものだと、先生がおっしゃられていました。

現在は3カ月ぐらいで、時間の経過と共に骨折した周りの肉(繊維)が固まってきているとの事です。(一度固まった肉を削いで、骨を戻し、金具を入れる)

手術費と入院費を合わせ、約20万円ほど…幾ら保護猫割りがあっても高額な金額です🙀(その日の検査代も1万円ほどでした…)

その内容を聞き、一晩考えました。保護団体からもメールが入っており、「子猫を保護されたということで、病院で診察していただきましたでしょうか?

ご自宅で飼えないということですので、里親さんを探してはいかがでしょうか?

まずは知り合いの方全員に声をかけてみて、もし見つからないようでしたら、インターネットの里親募集サイトに登録することをおすすめします。

子猫であれば、比較的お申込みがあると思います」

と言う内容。探すにしても時間がかかるしまして、大怪我をしている猫を誰がひきとるのか…お金の余裕も無いし、現状では家でも飼えない…と色々な事を考えましたが、この考えてる時間の間でも、肉が固まって手術がしにくくなる。とりあえず手術。手術しないと先に進めない…

そうだ!持続化給付金があるじゃないか!それを使って、後からクラウドファンディングしよう!と、自分に暗示をかけ、次の日「11月2日(月) に手術」が決まりました。            

                                      つづく

10月24日(土)〜11月1日(日)

手術日が決まり、それまでの約一週間でだいぶ体力も戻ってきました。食事は勿論、自分で歩いてトイレもできるようになりました。

ある日、ランチ終わりに寝床を覗いてみると、「にゃん吉」がいません。「あっ、書くの忘れてましたが、嫁さんから「オス」と聞いてましたので、とっさにつけた名前です…」

近隣も探しましたが、どこにもいません。もしかしたらお母さんを探しに行ったんだろうか…と思い、夕方再度、寝床を見に行ったらエサを食べていました。

そう言う日が何日もあり、余り気にしなくなった秋晴れのランチ前、窓から店の庭を見ると…「まーなんと言う事でしょう」

にゃん吉」が気持ち良さそうに日向ぼっこをしているのです。もしかしたら、今まで庭にいたかもしれませんが、色が同化しすぎて気付いて無かったかもしれません…恐るべし忍者ネコ

それが「彼」のルーティン

そして、「手術日」当日の朝を迎えました…  

             つづく

11月2日(月)
〜手術日前半〜
9時 診察→手術の説明→引き渡し

再度診察の結果、「右上腕部末端(肘)」が、折れた骨の周辺の肉(繊維)が固まってきており、神経が多く通ってる箇所なんで、逆に傷つける恐れがあるとの事で、今回は見送られました。徐々にですが体重もかけれるのと、後ろが治れば負担も少なくなるとの見解です。

右後ろ大腿骨(付根)」は肉を剥がして奥まで入った骨を戻し、固定の金具をつけます。

午前中で手術は終わりますので、また夕方来て下さいとの事でした。頑張れ〜 にゃん吉〜(尚、手術後に先生から衝撃発表がありました…)

          後半へつづく


〜手術日後半〜

夕方、長男と再度病院へ訪問。自宅から小一時間かかる距離なんで2回行くとなかなかの時間を取られます。

先ずは面会。やはり手術後なんでぐったりしてましたが、体温は戻ってきて安静してるとの事。3日〜4日入院の予定と聞きました。

そして術後の説明。ここで、先生からの衝撃の一言。「麻酔して、あれっと思ったんですが…「にゃん吉♂」さんて名前付けて頂いてるのですが…この子「メス♀」なんです。はい。にゃん吉は「くノ一」でした🙀で、気を取り直して説明なんですが、ここでも衝撃的画像!手術した鮮明な画像を見せて頂きました…内容は文章にすると、ちょっとエグいので、簡単にまとめると、「肉を削いだ下から骨が見えてる画像」です💀

僕は職業上、魚の内臓等を良く見て処理するので、あまり動じませが、長男は一瞬固まって、目を背けてました。

次に金具を入れて固定した画像。The 骨折画像と比べると、本当に綺麗に固定されていました。でもまあ、よくこんな折れた状態で店まで、歩いてきたなと。

1.昼間に親猫(たぶん)がひかれる。

2.久々の団体様で普段より遅くまで営業して夜に猫を保護する。

3.次の日は22日のにゃんにゃデーでエサ等が特売。

4.持続化給付金のお金がある。

5.整形の名医に当たり、診察・手術もトントン拍子で進む。

これは偶然なんでしょうか?それとも必然なんでしょうか…?

このピノコは運を持ってる「招き猫」なんでしょうか?(あっ、名前が変わりました。嫁さんがブラックジャックからつけたみたいです)

まぁーなにわともあれ、手術が無事成功してホット一段落と同時に、このクラウドファンディングを作成する為、頭を悩ませています。

次の日の面会では、多少元気も戻っていました。次回は最終回。

家族会議編」です😺

            つづく


11月3日(火)

最終回の家族会議は、夕飯の鍋を食べ終った直後に行われました。

先ずは、今までの経過を説明。なぜ保護して、手術までしたのかを。

で、今後「ピノコ」が退院した後どうするか?

次に今回の「クラウドファンディング」を使用した説明。これは今後、子供達が夢を叶えたい時に「資金」の壁に絶対ブチ当たるからです。僕は場所の提供や色々なツール(やり方)は教えるけど、お金は出さないと伝えてます(学費とかは別)

子供達が大人になる頃には、銀行からお金を借りる事がナンセンスだからです。(借りる理由にもよりますが)

僕は今の店舗を構える時、熱意だけで銀行に相談し、撃沈しました…😵

しかし、時代が違います。熱意誠意さえあれば何とでもなる世の中だと思います。

そう言う想いも込めて、家族会議が終了しました。

ピノコ」についてはとりあえず残り3ヶ月の生後半年まで様子を見る事にし、子供達が協力できるか見守っていきたいと思います。もし、それでも無理な場合は里親を探したいと思います。

資金の使い道

現在生後3ヶ月です。生後6カ月の避妊手術が終わるまでの経費を計上致します。

1.診察代  約1万円

2.手術&入院代  約15万円

3.今までのエサやトイレ、雑費代 約1万円

4.これから生後半年までのエサや雑費代約1万円

5.生後半年までの検査やワクチン、避妊手術代  約5万円

6.CAMPFIRE 手数料 約5万円

7.リターン品 約2万円

リターンについて

お店のリーフレットの表紙でもお世話になった、切り絵作家の「中村あい」さんにポストカードのデザインをお願い致しました。彼女も又、保護猫を授かり生活しています。今回の依頼も快く賛同頂きました(謝礼も結構との事です)

サカナヤ、保護猫、強運、コロナetc…色々なキーワードを元に考えたたのが、「フグ(福)を招く(猫)」です😃

今年は暗いニュースが多かったですが、来年こそは「笑顔」で、良い年でありますよに…と願いを込めた祈願ポストカードです!現在作成中です。


「支援して頂いた資金は、適切に使用した事を、「活動報告」として、随時掲載していきます」
実施スケジュール

10月21日 子猫を保護する

10月23日 病院で検査

11月2日  手術

11月6日  退院

11月15日 クラウドファンディング開始予定

12月15日 クラウドファンディング終了

2021年 1月初めリターン品郵送

(15日までには全て郵送)

最後に

今回、このような場を設けて頂き、本当に有難うございます。「コロナ鍋」で普段の日常から遠ざかってた時期もありましたが、皆様に支えられ何とか店舗も持ち堪えています。次は自分が恩返しする番です。偶然にも保護した子猫を通じ改めて、「命の尊さ」を知る事ができました。来年、より良い年を迎えれる様、精進して参りたいと思います。ヨロシクお願い致します。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/02/02 20:54

    本日2月2日は節分です。ピノコにも福が来ますように…で、2月22日の「ニャンニャンニャン」の日に避妊手術が決まりました!保護して3ヶ月が経過し、現在生後半年になりました!今後も大事に見守っていきたいと思います。

  • 2020/12/14 21:10

    明日、15日の23時59分をもちまして、今回のクラウドファンディングが終了致します。支援して頂いた方々、観覧して頂いた方々、本当に有難う御座いました。先程、2回目のワクチンを打ちに病院へ行きまして、最近の様子を聞かれた所「夜中に大きな声で鳴いたり、ちょっといつもと違う動きをします」と話した所、...

  • 2020/12/11 08:09

    体もだいぶ大きくなり、手術の時に剃った毛の部分も生えてきました!最近ではよく走りまわり、飛び跳ねたり、活発になり2か月前の事を思うと、見違えるくらい元気になりました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください