はじめに・ご挨拶


一般社団法人 日本アートセラピー協会代表理事 

開運未来アカデミア代表

1976年生まれ

ひっこりひょうたん島の舞台美術を担当していた父、デザイナーの母のもと生まれ、父の経営する絵画教室『アトリエ星の子』で幼いころからアートを学ぶ。


イキイキしている子どもたちがたくさんいる環境の中で育ちました。


私は高校卒業後、アートの道に進もうと、美大受験を試み、絵の技術には自信があったが、画一的な受験スタイルに合わせることができず、自画像では口からUFOを出し、静物画(レンガ、アルミホイル、うどん)などには小人を描いたりしたためかすべての美大に落ちる。


日本はダメだ!と思い海外留学を決意し、観光雑誌で住みたい街を選んでから美大を探すことに。

ヨーロッパ、オーストリアのウィーンの町並みに惹かれ、3ヶ月後急遽移住後、ウィーン国立美術大学を受験。


絵の実力は一切変わっていないのに関わらず、名門美大にトップ入学を果たす。


現在は生徒さん数3000人のアートや占いの学校を運営しています。


今の社会の常識のように、みんな一緒がいい、同じように成長しなさい、、好きなことで生きていけるわけがない、こんな風に言われ続けていると、本当の好きなこと、自分らしいこと、豊かに幸せに生きようなんて一切考えなくなってしまいます。


私はみんながスター、星の子だと思っています。


褒めること、アート、占いを通して活動してきましたが、これからはまず子供がいきいきと学び育つ環境を作っていきたいと思っています。


ぜひご賛同ください。


著書に

ベストセラー「褒め活」

ミラクルが起きる素敵な本

ツイてる人になる魔法の言葉


がある。



このプロジェクトで実現したいこと

今まで、いろんな夢を叶えたり、叶わなかったり、

でもそこで素晴らしい出会いや、人生の転機があったり。

人は興味が出たこと、やりたいなと思うことを、うまくいくかはさておき、

全部まずやってみるというのが大切ですね。

今、大きな計画があり、毎日とてもわくわくしています♪

昔から、自由な学校を作りたいと思っていましたが、モデルとなる素晴らしい学校がありました。

テレビでも放映されていたのですが、オランダの教育の素晴らしさ。

これを日本にそのまま持って来たいという計画です☆☆

オランダの教育は、

☆チャイムなし

☆宿題なし

☆テストや成績表がない

☆その日何を学ぶか自分で決める

☆興味のある専門的分野を実際プロとして活動している人から直接学べる

☆異年齢学級(年齢が違う3学年と日々交流)

☆一斉授業ではなく、小さなグループで教え合う授業

☆コミュニケーションを学ぶ時間が毎日ある

☆社会参加型のレクリエーションがふんだんにある

☆中学年以降は自習がメイン

☆私立も公立も学費無料

☆校区なしで、行きたい学校を自由に選べて、その交通費も全額国が負担

などという天国のようなところなのです。

そんなに自由だったら学力は?

と思うかもしれませんが、日本よりもはるかに高く、

世界でも

オランダ3位

日本19位

ということなのです。

暗記するだけの学校のテストの点は、将来なんの意味もない。

 

その勉強が社会で何に役の立つか、将来生きていく上で大切な考え方や、コミュニケーションのスキルの向上をとても大事にする教育方針なのです。


学年も


「低学年」(4~5歳)

「中学年」(日本の小学1~3年生)

「高学年」(日本の小学4~6年生)


と3つに分かれていて、一緒に学び、授業はほぼ自習。

年上の子が年下の子に教えるというすごいシステムなのです。


教えたり、教わったりを3学年繰り返すので、これも素晴らしい人間関係の勉強になり、いじめがない理想の学校が現実になっています。


年齢も個性お違いがあるのが当たり前。それにより、障害も持った子も同じ場所で学ぶことができるのです。


子供の幸福率もオランダは世界1位、上位はすべて北欧です。

好きなことを仕事にするというのが一般的で、その結果、労働生産性は日本の1.5倍あります。


人口の多さで快適性は違うと思いますが、ここ近年の大人の幸福率もオランダは世界1位~4位、日本は43位~90位(先進国で最下位)です。


点数だけで評価されがちな日本の教育では、学校の勉強ができないと、自分はダメなんだという劣等感を感じやすい傾向にあるかもしれません。


競争させられるわけではなく、何を学ぶか自分で決めた時、素晴らしい自主性が生まれ、勉強が楽しくなるのではないでしょうか^ー^


ちなみに、誤解が多いのですが、

義務教育とは、


子供は全員、必ず学校に行かなくてはならない

という意味ではなく、


学校に行きたい意思のある子を、親は必ず行かせなくてはならない

という意味なのです。


昔は商売や農家をしている親が、家の手伝いをさせるために、「家のことでいっぱいなのに学校なんか行かせない」という親の考えを防ぐためにできた法律です。


行きたくない子に行く義務は本来ありません。


オランダのような自由な学校を、ぜひ日本で実現に向けて進んでいます♪


ただ、ここで大事なのは、とっても素敵で魅力的な学校を作るということです☆☆

学校に行けなくなった子が仕方なく通うスペースではなく、とても素晴らしくおしゃれな北欧デザイン的な建築で、施設もインテリアも制服?もセンスが良く、給食もオーガニックで、通っている子が憧れられる、クールだと思ってもらえるような学校を作るつもりです。

ここで、もし、子供がみんな幸せで、人間力、問題解決能力も身につき、学力も高く、センスも素晴らしい学校が実現できたら、だんだんと日本の教育も変わっていくのではないかなぁと思います^ー^


コロナ渦でいろいろ練っていた中、

拠点を東京とし、まずはオンラインをメインとするイエナプラン校を元にした学校を作ることになりました☆

 

とは言いましても生徒さん同士のリアルでの集まりも月に2、3回もうけ交流もできる学校となっています☆

 

東京、大阪をメインに、生徒さんの数によっては各地域でリアルな集まりもできるようにいたします♪

 

オランダのイエナプラン校とは、こどもの教育に最も優れたプログラムということで、近年脚光を浴び始めています。

 

生徒の自由を尊重しながらも、自立した学びができる素晴らしいシステムなのです♪


ときどきゲストで、

画家になりたい子がいれば、世界で個展をするアーティストに来てもらう♪

音楽家になりたい子がいれば世界で活躍する音楽家に来てもらう。

個人で楽しい仕事をしている人を毎週講師としてお話してもらう♪


子供達に、楽しい大人がたくさんいるんだと、体感してもらいたいのです^ー^

そんな楽しい学校を作ろうと思っています☆☆

ぜひご協力ください。


私たちの地域のご紹介

東京、大阪校を作る予定です。


プロジェクトを立ち上げた背景

日本の教育は素晴らしいが、より心を育てる教育にシフトして行かせたいと思っていたため。


これまでの活動

全国でイエナプラン校についての講演をのべ1000名以上の方々にしてきました。


資金の使い道・実施スケジュール

小さいながらもまずは東京、大阪に教室を作り、直接通えない子にもオンラインで対応できるシステムを作る。 

2020年11月 クラウドファンディング終了

2021年2月中旬 物件契約
2021年2月上旬 HP開設
2021年4月8日 開校


(プレ開校は3月中旬となります)

実施は確定しています。


すでに問い合わせ多数いただいていますが、12月から生徒さんを募集します。

リターンのご紹介

1万円  特典 会報を毎月メールにてお届け♪

5万円 特典 会報を毎月メールにてお届け♪ オンラインサロン無料ご招待

25万円 特典 会報を毎月メールにてお届け♪ オンラインサロン無料ご招待 学校運営のオンライン会議に出席できる


最後に

不登校の子が歴代で最多となっています。

これは日本の教育システムに限界が来ているのと、子供の感性が本質を見るようになったためだと思っています。

子供が幸せになる社会は大人も幸せにします。

ぜひ、出来る限りの応援をお願いいたします。

こども達が幸せに、笑顔になるよう精一杯楽しく活動させていただきます。


<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください