◆はじめに・ご挨拶

はじめまして。0歳7ヶ月になる「ココちゃん」と暮らしている岩川と申します。

11/8にFIPと診断されました。余命1ヶ月で、長くても2ヶ月と言われています。生まれて間もないココちゃんの命をどうにか繋ぎ止めたく、みなさまにご支援の呼び掛けをさせていただくことにしました。

◆このプロジェクトで実現したいこと

致死率の高いFIPを新薬で完治させて、ココちゃんを元気にしてあげたいです。

FIPは、致死率がほぼ100%の恐ろしい病気で、現在、日本には有効な治療法がありません。延命治療はあるものの、日に日に痩せ細っていくばかりです。

発症の原因は、ほとんどの猫の体内に存在する「猫コロナウイルス」が、ある日突然変異を起こすことだと言われています。

進行がとても早く、食欲不振、下痢、発熱、嘔吐等により、著しい体重減少をもたらし、1から2ヶ月で死に至ることが多いです。日本では完治させる治療法は無く、回復は絶望的です。


ココちゃんの症状は、ウエットタイプとドライタイプの両方が生じる混合タイプです。

具体的には、極度の食欲不振、嘔吐、下痢、発熱の症状があり、日に日に痩せ細ってきています。また、ウエットタイプ特有のお腹に水が溜まる腹水や、ドライタイプ特有の内臓の炎症による腫瘍を併発しています。

完治させる方法についてですが、【MUTIAN】という海外の新薬が大変有効で、回復率は80〜90%と言われています。ただし、海外の新薬で保険適用外のため大変高価な薬となります。

でも、ココちゃんの小さな命が助かる可能性があるのならこの新薬かけてみたいです。

ココちゃんをどうしても救いたい!

皆さまのご支援ご協力をどうかお願いできませんでしょうか。


資金の使い道

MUTIAN】という新薬は、100mgの錠剤で1錠あたり2,400円します。

ココちゃんの体重の場合は、1回(1日)あたり3錠の投薬が必要となります。

完治させるためには、3ヶ月間、毎日投薬させ続ける必要があるようです。

単純計算で、

2,400円×3錠×84日=60万4,800円かかります。

回復に伴う体重増加に合わせて、投与錠数も増加する見込みです。

さらに、隔週での経過観察費用、エコー等、その他サプリメントの費用も加わり、概算にはなりますが、トータルで75万円以上かかる見込みです。

↑MUTIAN同意書


↑一回目の診療費明細書


海外の新薬で保険適用外のため大変高価な薬ではありますが、ココちゃんの小さな命が助かる可能性があるのならこの新薬かけてみたいです。

どうか皆さまのご支援をお願いいたします!!

 

◆リターンについて

リターンはお気持ち程度しかできなくて申し訳ないのですが、療養の活動報告、ココちゃんのポストカード・写真データ・回復後の元気な動画・お礼の直筆手紙等を、心を込めてお返しさせていただきます。


最後に

ココちゃんは、大切な大切な家族です。

まだ0歳7ヶ月の小さな命です。

みなさまのお力をお貸しください!!



※考えたくはないですが、新薬の効果も100%ではないため、万が一ココちゃんの体調に急変があった場合も、ご支援いただいたお金を返却することはできません。

※MUTIANは、日本において動物医薬品として承認されていません。

ココちゃんの飼い主として、個人的な自己責任と判断のうえで投薬が必要と決断しました。

添付画像の同意書にも記載されているように、全てのFIPの猫にMUTIANが有効となる趣旨ではありません。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、投薬計画を実行し、リターンをお返しさせていただきます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください