※お支払い方法の各期限について

キャンペーンも残り僅かですが各支払い方法で最終期限が異なっております。

特にコンビニ支払い、銀行支払い(pay-pal)利用を考えている方は下記から詳細をご確認ください。


CAMPFIREヘルプページ


12/22日追記


こんにちは。ZEUSです。


「MY ZEUS」プロジェクトがスタートしてすぐに目標金額であった100万円をクリアし、

現在なんと達成率220%を超えています。

この予想を上回る順調な伸びを素直に喜びつつ、何か新たに、この感謝の気持ちをカタチにしなきゃ、とチーム一同話し合いました。


結論からいうと、MVをもう一本作ることになりました。


予定していた「この曲」だけでなく「あの曲」も映像化されて、たくさんの人にガンガン観てもらえたらな、という秘かな願い。

それが、ここにきて実現しそうで嬉しい限りです。


また、今回すでにクレジット参加を希望していただいてる方には、お礼も兼ねて、

2本目のMVにもしっかりとクレジット参加してもらえるようにいたします。

もちろん、これから参加していただく方に関しても、両方に記載させていただきます。

 ※制作の都合上、1本目と2本目のMVのクレジット名は同じものになるとのこと。ご了承下さい。


この先の見えない世の中にあって、新人ZEUS、まさかのMV2本撮り。

ひとえに支援してくださってる皆さまのおかげです。恵まれてるゼ!


引き続き「MY ZEUS」をあたたかい目で見守っていただければと思います。

よろしくお願いいたします。


ZEUS 奧田健介

      

一部グッズのデザイン案が決まりました!
(あくまでもデザイン案なので、ここから変更があるかもしれません)


● 「ZEUS」魔除けステッカー


※実際の魔除けの効力の保証はないのでご注意ください


  • ● クラウドファンディング特別限定T-シャツ
  • ⇒「My ZEUS」ロゴ

    白地に紺色プリント予定

    フロント部分だけでなく、袖にもプリントあり

    神話のゼウスが白鳥に変身したというエピソードより

    白鳥をかたどったイメージのデザイン予定


  • ● クラウドファンディング特別限定 ロゴグラス  


⇒窪んだ形状のグラス予定は、ZEUSの好み

スペシャルな金色ロゴプリント仕様


こちら【ZEUSが選ぶ「神コード進行」トーク】を


●【ZEUSが選ぶ「神コード進行」トーク】

出演:ZEUS 聞き手:入江陽


に変更し、正式タイトルとしたいと考えています。

ゲスト: 入江陽

 

シンガーソングライター、映画音楽家、文筆家、プロデューサー。『装苑』『ミュージック・マガジン』にて連載中。映画音楽の最新作は「タイトル、拒絶」「街の上で」。


また、視聴方法について教えて欲しいという問い合わせをいただきましたので改めて記載させていただきます。


視聴方法について

プレミア公開についてYoutube上で「映画やテレビ番組のプレミア上映のように投稿者と視聴者が楽しめる機能です。」ZEUSと視聴者が動画を同時に観て楽しめます。この機能は、映画やテレビ番組のプレミア上映のようなものです。

プレミア公開ではチャットを使ってリアルタイムな意見交換ができます。ZEUS本人もチャットに しっかり参加しますので、内容について質問したい方は、ぜひ気楽にどうぞ!


手順

プランに参加していただいた方にプレミア動画のURLをお送りいたします。そのURLを当日、お持ちのPCやスマホで観覧して頂けます。Youtubeのアカウントは観覧だけなら不要です。ただ、上記にあったチャット参加を行う場合は事前にYoutubeのアカウントを作成していただければ幸いです。


上の写真の右のチャット欄にアカウント名とコメントが表示されます。


※アーカイブ対応について


プレミア公開後、改めて限定公開にてアップしまして、URLをお送りいたします。期間は〇〇月までアップをいたしますので、それまでに観覧頂けたらと思います。(当日のチャット欄は観覧できなくなるので予めご了承ください。 )


はじめに・ご挨拶

ZEUS a.k.a.Kensuke Okuda(NONA REEVES)


1974年福岡生まれ、滋賀県大津育ち。早稲田大学商学部卒。
ノーナ・リーヴスのギターを担当し、曲によりキーボード、ボーカルも担当する。幼少時より始めたピアノによって身につけたカラフルな和声感覚と、60's~現代のブリティッシュロックやブラックミュージックに対する愛着に基づいた、ソウルフルなギタリストとしてのアプローチで、バンド内におけるアレンジ面の中核を担っている。近年はレキシ、堂島孝平、坂本真綾、一十三十一、空気公団、等のライブサポートやレコーディング参加、土岐麻子、南波志帆、花澤香菜をはじめとする他アーティストへの楽曲提供・プロデュースなど、多岐に渡って活動中。2020年9月よりZEUS名義でソロ活動開始。


プロジェクトをやろうと思った理由

NONA REEVES奥田健介です。ZEUSです。


2020年は自分にとって特別な年でした。

まず、かねてからの希望であったソロ作品の制作がスタート、先行3曲を配信という形でリリースできたこと。これは僕に、大きな自信と今後の音楽人生への豊かなモチベーションをもたらしてくれました。


もうひとつ、誰もが無視できない出来事として、新型コロナウィルスの世界的蔓延があります。程度の差はあったとしても、多岐に渡る業種の人々がいまだ、その影響下の生活を送っています。

僕個人とて例外ではなく、今回のソロアルバムの例だけとっても、スケジュール面・予算面において、当初の想定とは違った歩みをたどっている面が少なからずあります。


今回、来春発売予定の1stソロアルバムを制作するにあたって、頭でっかちにならずに、今の自分にできることをなるべく素直にアウトプットしていこうと心掛けています。そして「アルバム」という形で完成した暁には、この作品の存在を様々な方法で世に伝えていきたいと思っています。当然ですが、「ただ出す」だけでは終わらせたくないということです。


MV制作もそのひとつであり、限られた予算や条件の中で、悪く言えば「ただ作る」ことは可能ですが、果たしてそれが僕たち作り手にとって、また受け手であるお客さんにとって、幸福なことなのか。

生まれたアイデアに対して妥協することなく納得できるものがもし作れたら、それが本当に「作品を広げる」ことにつながるのではないか、という確信は、日を追うごとに強まってきました。


そんな中、チームから出てきたアイデアが、クラウドファンディングです。
言葉自体はもちろん知っていましたし、いくつか参加したこともあります。
ただいざ自分のこととなると、まず「えっ、俺が?」と思ってしまったのは事実です。あまりにも未知の領域すぎて、「そんなタマじゃない」と感じたというか。
これまで応援してくれたファンの人たちを少しも戸惑わせたくない、という気持ちも大きいです。


ただ今回、初ソロという完全に「新しい」試みを理想的に進めるにあたって、この自分にとって「新しい」方法論がすごくしっくりきたのは確かでした。タイミング的にも情勢的にも。直感レベルのことですが。

迷った末、、、「やりましょうゼウ!」と答えました。「やるからには本気で楽しみましょうゼウ」と。

それからは定期的にスタッフとZOOMミーティングを重ね、楽しんでもらえるリターン内容を頭をひねって皆で考えていきました。


プロジェクト名は「MY ZEUS」。言い換えると、あなたのZEUSということです。参加してくれた人全員に満足してもらえるように全力を注ぎたいと思います。


このクラウドファンディング企画を通じて、ソロとしての初MVを制作し、より多くの方に楽しんでいただくための追加資金のご支援を、皆様にお願いすることになりました。

どうかよろしくお願いいたします!


ZEUS 奥田健介


これまでの活動

今年デビュー24年目となるNONA REEVESは、6月にタワーレコード内にレーベル・daydream park recordsを設立。現在17枚目となるオリジナルニューアルバムの制作に着手。

ソロとしては、ZEUS名義で配信シングル「Little Bit Better with BONNIE PINK / ホライズン」を9月15日にリリース。この日が実質的なデビュー。11月18日には、第3弾となる配信曲「それは、ウェンズデー」をリリース。

2021年春のZEUSフルアルバムのリリースに向けて鋭意制作中。


資金の使い道

ご支援いただいた資金は下記の制作費に充当させていただきます。

○ MV制作費及びそれにかかる諸経費
○ 制作するに辺りコロナ対策費
○ 各リターンアイテムの制作費、発送費
○ アーティスト活動費


リターンについて(一部抜粋)

○魔除ステッカー

こちらは当初クラウドファンディング限定でデザインされた通常のステッカーを考えていたのですが、どうせならZEUSに因んだ遊び心のあるものがいいのではと神の一声があり魔除ステッカーというものになりました。(実際の魔除の効力の保障はないのでご注意ください。)

○ MV掲載クレジット

こちらは公式のMVの終了後に映画のクレジットのように最後しっかりと掲載するようになっております。皆さんの名前がしっかり確認できるように掲載するので視聴後に自分の名前があるのを楽しんでもらえれば嬉しいです。

○ 支援者向け活動報告

こちらはMVの制作の過程、リターンの過程、アルバム制作の過程などをCAMPFIRE上に掲載致します。一般公開では全員が見れるようになりますが、一部支援者向けは限定公開という形で支援して頂いた方達に楽しんでもらえればと思います。

○  ZEUSが選ぶ「神コード進行」オンライントーク

こちらはZEUS本人がセレクトした、長年に渡り偏愛する楽曲の「構造」を中心に、マニアックに掘り下げて語るトークショーになります(聞き手は選定中)。楽器片手に、気分次第ではエンドレスな盛り上がりになる可能性もあるので、オンラインにて各自ゆったりと観覧していただければと思います。アーカイブもあるので分けて見ていただいても大丈夫!

○ 2021年春発売 初ソロアルバムにSpecial Thanksクレジット記名

こちらは、MVとは別にアルバムにSpecial Thanks(名称は変更の可能性あり)という形でクレジットを掲載させて頂きます。

○ ZEUSが大学時代~ノーナ初期に愛用していたフェンダージャパンのジャズマスター

こちらはNONA REEVES「FORTY PIES」~「LOVE TOGETHER」あたりの時期のほとんどのMVに映っている初期のメインギター。ある時雲隠れし、「Little Bit Better」レコーディングの際に偶然「発掘」されました。まだまだ調整すれば使えるのでは、とのこと。ZEUS曰く「これも何かの思し召し。むしろ誰かの手に渡って、きちんと弾いてもらいたいゼウ」。

…というわけで何と、本人たっての希望で、今回これを大放出しちゃいます!なお「別れの儀」として、ZEUSの初MVでも使用する予定です。


LOVE TOGETHER


STOP ME


WARNER MUSIC




最後に

このコロナ禍という未曾有の状況の中でソロ活動を開始し、順調に制作と配信リリースを進行できているのは、本当に幸せなことだと思っています。ひとえに応援してくださるファンの皆様のおかげです。

今回こちらの都合で初MV制作の支援を募るのは、心苦しい気持ちもあるのですが、必ず満足してもらえるものを作りたいと思います。

このクラウドファンディングを全力でハッピーなものにしたいと考えています。一緒に楽しみましょう。

なお、リターンの下の方のコースは、ZEUS流「ド本気のシャレ」だと思って、薄目で直視してください笑


ご支援よろしくお願いいたします!




本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


Q&A

Q.MV掲載のクレジット記入について

A:MVクレジット記載が含まれているプランを支援してくださる方は、購入手続きにある備考欄にてクレジット名の記入をお願いいたします。(備考欄は、必須になっておりますのでもしクレジット記載を希望しない形は「希望しない」とご記入をお願いいたします。)


Q:送料はかかりますか?
A:リターンの金額に、送料も含まれております。

Q.リターンの発送はいつ頃になりますか?

A:2021年3月頃からの順次発送予定になります。一部イベントなどは4月を予定しております。

Q.支援方法について

A:クレジットカード払い(VISA,JCB,MASTER,AMEX,Dinners)、コンビニ支払い、銀行振込(Payeasy)、携帯キャリア決済(docomo、au、ソフトバンク)、PayPal、Fami-Pay、PayPayが御座います。詳細はCAMPFIREヘルプページをご覧下さい。(デビットカードはサポート外となります。)

Q.支援後のキャンセルやプランの変更はできますか?

A:サイトの仕様上、支援後のキャンセルやプランの変更はできません。よくご検討の上、ご支援ください。支援金額に対して、金額を上乗せできる「上乗せ支援」も可能ですが、支援いただいたリターン以上のお届けはございませんので、ご注意ください。

Q:配送先の住所変更はできますか?

A:住所変更の受付はプロジェクト終了までとさせていただきます。配送先の住所変更は「マイページ(右上のアイコン)>支援したプロジェクト>詳細を表示する>お届け先の「変更する」を選択>更新」で行うことができます。それ以降の住所変更については本プロジェクトページにある「メッセージで意見や質問を送る」というリンクから直接ご連絡ください。


その他、クラウドファンディングに関わるご質問につきましては、
CAMPFIREヘルプページをご覧ください。
https://help.camp-fire.jp/hc/ja


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください