追加 目標金額について 1/7

お薬20日分を追加購入し、お薬のみ総額674059円になりました。目標額100万円と設定させていただきましたが、お薬の総額が80万円以内で収まりそうで、30万円程のお支払いができましたので目標設定を60万円に変更させて下さい。自分でどうにか賄えた分のご支援をいただくことは出来ませんので、情けないですが自分ではどうにも出来ない費用のご支援をよろしくお願いいたします。たくさん応援していただいていたのに、今になって変更させていただき申し訳ありません。今でも充分すぎるくらいにご支援いただいていますが、治療継続のためぽっちゃんの治療費のご支援を少しでもいただけると幸いです。これからも応援よろしくお願いいたします。

はじめに・ご挨拶

はじめまして。私、夫と子供2人とぽこちゃんと暮らしている青山と申します。数あるプロジェクトの中からご観覧いただきありがとうございます。

ぽこちゃんは生後6ヶ月の時に私たちの家族になりました。初めの頃は、人を怖がって隅という隅に隠れて出てきてくれませんでした。

徐々に慣れてくると少しツンデレですが、一緒に遊んだり、かぶりついてきたり、たまーに一緒に寝てくれたり、帰りを待ってくれていたり愛らしいぽこちゃんでいっぱいの毎日でした。そんなぽこちゃんに家族みんな癒され笑顔で過ごしていました。

ですが、ぽこちゃんが8ヶ月になるまで、約2ヶ月の間お腹の調子が悪く、血便、軟便が続いていました。

それから高熱、腹水が溜まる、脱毛などの症状が出始め11月に入ってからは少しずつ元気がなくなり、ご飯の量も減っていき、寝てばかりいました。

何度か自宅近くの病院に行っておりましたが、全く症状が良くならず症状が重くなる一方でおかしいと思い、違う病院に行きました。そしてたくさんの検査をしていただくと、FIPのウェットタイプと診断されました。お腹のエコーをして貰うとかなり腹水が溜まっている状態でした。


FIPは治療法がなく、ほぼ100%の確率で亡くなってしまうといわれている恐ろしい病気です。

FIPはウェットタイプとドライタイプの2種類あり、ウェットタイプは腹水が溜まってお腹が膨らんで大きくなります。ドライタイプは神経に症状が出て、歩けなくなったりします。

(協力動物病院での説明)

FIPと診断していただいた病院ではFIPの治療は延命治療しかできないとのことで、SNSなどで何か出来る治療法がないかと必死で調べました。

すると、ここ数年で新薬が登場し良くなっている猫ちゃんたちが沢山いると知り、これしかないと思い、自宅から3時間ほどで行けるところに新薬を取り扱っている協力動物病院があったのですぐに予約をとりました。この時は後先考えずにただ、早く病院に行くことだけを考えて動いていました。

翌日、協力動物病院でぽこちゃんの診察をしていただくと、A/G比、猫コロナウイルス抗体価、症状を見る限りFIPと診断されました。簡単な計算法でa/g比を出していただくとa/g比0.28と低すぎる結果でした。

(a/g比とは血中のアルブミンとグロブリン濃度の比です)正常な猫ちゃんは0.8以上の数値になるようです。

(協力動物病院での説明)

なので、すぐに新薬を試したほうがいいと新薬を2週間分処方していただきました。後先考えずに病院に行ったので、お薬が高額すぎてびっくりしました。

ぽこちゃんは幸いな事に、早く病気が見つかったので投薬は通常量です。


新薬は

①84日間続ける

②同じ時間に投薬(投薬前5〜6時間空腹)

③投薬後1時間ご飯を与えない

3つの約束です。

※このお薬は日本において動物医薬品として承認されていません。

ぽこちゃんの飼い主として、個人的な自己責任と判断のうえでぽこちゃんにとって投与が必要と考えていますが、
全てのFIPの猫に新薬が有効であるという趣旨ではありません


プロジェクトをやろうと思った理由

未承認薬を使った治療を、84日間必ず続けなければ寛解しませんが、未承認薬はかなり高額な為私たちの力だけでは、治療を続けていくのが困難です。今のところ貯金を使ったり、借りたりしてなんとか治療できている状態です。本当にお恥ずかしい限りですが、プロジェクトを立ち上げる以外にどうしようもありませんでした。

本来は自分でなんとかするべきですが、皆様のお力を貸していただけると大変有り難いです。

これまでの活動と費用について

11月6日

猫伝染性腹膜炎(FIP)の疑い

沢山検査していただいたので43230円でした


11月12日

腹水検査へ行きましたが、猫コロナウイルス抗体検査の結果が出てmaxの数値で、先生は腹水を検査するまでもなくFIPだろうと診断

(猫コロナウイルス抗体価が高く針をお腹に刺して腹水の検査をすると身体に負担がかかるし、辛い思いをするだけなので、結果は分かっているのに検査しなくてもいいのではと勧められ腹水検査を辞めました)

追記

キャンプファイヤー申請後、いただいた生化学検査の結果です。こちらが正しい数値なので追加させていただきました。

11月13日 新薬協力動物病院にて

FIPについて薬について丁寧に教えていただきました。

お薬2週間分とその他で145750円でした。

投薬1日目 100mgカプセルを3つ

投薬2日目 100mgカプセルを3つ

なんと、おもちゃで遊んでくれました!

11月24日

5日分追加購入 52250円

個人輸入、200mg×20、100g×20

143275円でした。

11月19日までの総額393635円


投薬1ヶ月目 血液検査

お薬追加 個人輸入

段々と治療費は増えていきます。


資金の使い道

皆様から頂いたご支援金はぽこちゃんの治療費、キャンプファイヤー掲載手数料17%+税に使わせていただきます。

上記画像(請求明細書)に価格記載

体重1キロに対して100g(1カプセル)

100g(1カプセル)=単価3000円

ぽこちゃんは現在、2.5kgで1日3カプセル投薬しなければいけません。単純計算ですが、

1日3カプセル9000円×84日=756000円+税

※体重が増えるとお薬を増やさなければいけません。

体重が増えるとお薬が増えてしまうので、多めの目標金額に設定させていただきました。

その他検査代など出来る限りは自分たちでどうにかしたいと思っております。

追記

個人輸入に切り替えました。

200mg 10カプセル  $440.00

100mg 10カプセル  $220.00

50mg 10カプセル  $110.00

価格が変動するのでその都度、活動報告機能にてご報告いたします。


リターンについて

ささやかではありますが、お礼のメールや、オリジナルグッズを作成して感謝の気持ちをお返しいたします。

皆様からのご支援金を適切に使用させていただいた明細書など、治療経過をこちらの活動報告機能にてご報告させていただきます。


実施スケジュール

11月13日 投薬開始

12月13日 血液検査

1月13日 血液検査

1月29日 投薬終了1週間前検査

2月4日 投薬終了

2月5日〜経過観察


最後に

ぽこちゃんは私たちの大切な家族です。これからも私たち家族とずっと一緒にいて、生きていて欲しいです。ぽこちゃんがいなくなるなんて考えられません。

勝手で図々しいお願いで、不愉快に思われる方もいると思いますが絶対に諦めたくありません。皆様のお力を少しでも貸していただけると幸いです。どうか、ご支援のご協力をよろしくお願いいたします。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/03/16 23:11

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/02/14 23:11

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/02/12 22:08

    みなさま、いつもぽっちゃんのことを見守ってくださり有難うございます。皆様のおかげで、目標達成いたしました!!長期間にわたり、応援していただき本当にありがとうございました。また改めて収支報告とお礼をさせてください取り急ぎ、目標達成のご報告をさせていただきました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください