はじめに・ご挨拶

株式会社美意識の取締役社長兼KAIZENBODY考案者の近藤恭代と申します。
2008年に会社を設立して美容をテーマに様々な活動をしてました、2011年頃からエステサロン経営者向けに「サロン経営セミナー」を開始したことがきっかけとなり現在の「KAIZENBODY」という形になりました。
「結果の出る女性専用オールハンドトリートメント」の技術研修と予約システムを組み合わせることで、女性の独立起業の実現や既存のエステサロンの売上アップが出来ています。

今回のコロナ禍では、登録のサロン様が売上の大きな落ち込みをすごく心配していましたが、8月以降には売上はコロナ前の水準に戻り、現状ではそれを上回る売上が出来ています。
お客様から見るとKAIZENBODYがなくてはならない存在なのだと多くのサロン様は自信を持ちました。

弊社の将来的な事業ミッションです!
「10年先でも飽きの来ない日本女性に合うオールハンドトリートメントKAIZENBODYを日本標準へ」

この10年改良改善を繰り返し作りこんできたKAIZENBODYの仕組みですが、現在登録のサロン様と女性顧客の皆様には本当に喜んでご利用いただいております。本気で日本全国に広めてゆきたいと思いますので是非ご賛同頂ければ幸いです。


KAIZENBODYのご紹介

KAIZENBODYとは・・・
「女性の身体の不調からおこる、身体のコリ・浮腫み・冷え・下半身太り等のボディラインの悩みを解決し美容の望みを叶えます。」
一番の強みであり特徴とは「全国共通の技術メニュー」と「全国共通の料金体系」でサービスを提供することです。
女性顧客に継続して満足してもらえるオールハンドトリートメントの提供とは簡単そうに見えて実はかなりハードルが高いのです。
一般的によく聞く意見は、『人によって技術が違う』『上手い下手の差が激しい』『料金がバラバラ』『継続して通いたいサロンに出会えない』などなどです。

KAIZENBODYでは、認定技術者であれば、誰が技術を行っても高品質な技術を提供することを大切にしています。その為に独自の研修制度を作り上げました、全身、小顔リフトアップ、バストアップ、お腹痩せ、お尻脚やせで構成して、同じ技術工程、手の使い方、圧の入れ方、身体のフォームまで学べる内容になっています。

KAIZENBODYとは
https://www.b-ishiki.com/about


2018年東京ビッグサイトで開催しましたイベント風景です。KAIZENBODYの技術デモンストレーションを公開しています。

■KAIZENBODYお客様アンケートを日々公開しています。
技術研修からサロンデビュー以降でもお客様の意見を頂くことで技術レベルがアップします。
https://www.b-ishiki.com/salon/inquiry


女性の独立起業をもっと身近な存在に

KAIZENBODYで多くの女性が独立して行きますが、独立する前とした後では事業者意識が芽生えて大きな違いがあると思います。人によっては本来持っている潜在能力が開花して、我々の想像以上に売上を作ったりお客様に厚い信頼を得る美容家に変身して行きます。

KAIZENBODYではやる気のある女性であれば美容のプロとして独立できる仕組みがあります、女性が独立起業することは一見難しいと考える方たくさんいると思いますがもっと、独立することが身近な存在で豊かなライフスタイルを手にできることを知って欲しいと思います。

■技術と予約システムで、自宅でサロン経営ができる内容をアニメーションで説明した動画です。
場所や時間に縛られないサロン経営ができますので、女性の様々な生活環境に合わせた働き方を実現しています。

KAIZENBODY研修受講して実技試験を合格した「技術者」はKAIZENBODYプラットフォームの仕組みを活用してサロン経営が行うことが出来ます。
女性顧客とはKAIZENBODY登録会員となります、2020年11月時点で約12,000名の会員数を保有しています。開業する技術者が増える毎に女性顧客も増える方程式となっています。


このプロジェクトで実現したいこと

KAIZENBODYオールハンドトリートメントは全くの未経験の女性でも独立開業するメリットはとてもたくさんあります。

■ 開業資金が低予算でスタートできる。

■ 10年、20年と継続できる技術メニューである。

■ 多くのサロン様は自宅の一室で開業している。

■ 広告に依存しないサロン経営が実現できる。

■ 完全予約制サロン経営のため時間の有効活用ができる。

■ お客様から憧れの存在としてサロン経営ができる。

■ 本部の徹底したサロン経営サポートが受けられる。

日本中にある多くのエステサロンは美容機器を使った施術が非常に多く、オールハンドを極めている店舗が非常に少ないことが現状です。いい技術を求めているお客様は多いのに、通い続けたい理想のサロンがないと言われるお客様が非常に多い。

全国にKAIZENBODY技術者が誕生することでエステ市場を活性化させることが出来ます。

「KAIZENBODYを日本標準にしたい!」

資金の使い道

『KAIZENBODY研修費用”推薦制度”の設置を行います。』

【1】研修コストの補填費用
研修費用がすぐに捻出できないけれどとても意欲的な女性はたくさんいますので
そのような方に「推薦制度」を設けて研修費用を免除します。
その際に発生する講師報酬その他費用に充当したいと思います。

【2】KAIZENBODY認定サロン広告宣伝費
インターネット広告を中心とした広告費用に充当します。
推薦制度をPRして独立起業を目指す女性を広く募集したいと思います。

<内訳>
・製作費:約100万円
・人件費:約400万円
・広報費:約330万円
・CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料:約170万円


リターンについて

①KAIZENBODY専用オイル「バオバブ&アルガン配合プレミアムボディ100ml×1本」
・・・支援金:5,000円(送料込)
②KAIZENBODY全身+オプション施術時間80分×1回券
・・・支援金:4,900円(送料込)
③KAIZENBODY全身+オプション施術時間80分×1回券+ボディオイル付き
・・・支援金:9,800円(送料込)
④KAIZENBODYフルコース施術時間140分×1回券
・・・支援金:9,400円(送料込)
⑤KAIZENBODY全身+オプション施術時間80分×3回券+ボディオイル付き
・・・支援金:19,700円(送料込)
⑥KAIZENBODY5回券×近藤恭代直接ダイエットカウンセリング
・・・支援金:100,000円(送料込)*限定10名*
⑦KAIZENBODY1日体験研修(7時間)
・・・支援金:9,800円(送料込)
⑧KAIZENBODY本講座+小顔リフトアップ講座
・・・支援金:498,000円(送料込)

上記リターンについては2021年1月15日以降から実施させて頂きます。

【エステのご予約こちら】
*毎月サロン開業される方がいますので是非こちらのページからチェックして下さい

→KAIZENBODY認定サロンこちら
https://www.b-ishiki.com/salonranking
→技術者一覧はこちら
https://www.b-ishiki.com/esthetician

KAIZENBODY本部お問い合わせ
電話番号:03-6412-7049
メールアドレス:kaizenbody@b-ishiki.com
<ご利用期間>
2021年1月15日〜2022年1月14日


最後に

最近のニュースで女性の自殺率が上昇していると報道がありました、本当に悲しい現実です!
KAIZENBODYの門を叩く女性の中には様々な問題を抱えて来られる方も少なくありません。腹をくくって美容の世界に足を踏み入れる女性に対して、絶対に成功させる為に時は厳しく指導することあります。
お客様に認められて売上ができた時は一緒になって「よかったね、おめでとう」という瞬間がいつも楽しくて私の励みとなっています。
一人でも多くの女性がKAIZENBODYと出会い、美容のプロとなってお客様に認められるることで、将来に夢を持ち、お金を稼ぐことでやりがいや自分を磨くことにつながることだと思います。

コロナ禍の日本社会では、ごく当たり前の働き方に夢を持てなくなっていることが残念でなりませんが、将来に向けてたくさんの達成したい目標がありますがその中でもこれだけは実現したいと思っていることは「KAIZENBODYで活躍する女性の平均年収500万円」にすることです。

KAIZENBODY認定サロンの女性たちが豊になることはサービスを受ける女性ユーザーの方もにも健康と美容を提供できると確信しています。将来的にこのKAIZENBODYを全国津々浦々で広まると本当に豊になれる女性が増えると思います。

最後まで読んで頂き有難うございます、今回のプロジェクトを支援して頂けることで、一人でも多くの独立起業を実現する女性に出会い育てたいと思いますのでご支援の程よろしくお願い致します。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けしてKAIZENBODYを良さを一人でも多く知ってもらいたいと思っています。
  • 2020/11/27 11:52

    この度は当プロジェクトにご興味、ご支援頂きましてありがとうございます!『多くの女性の人生を豊かにする』この活動を沢山の方に知ってもらえればと思います。当プロジェクトを更に盛り上げるために、支援者様のFacebook、Twitter、Instagram等のSNSで当プロジェクトをシェア頂けますと...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください