はじめに・ご挨拶

はじめまして、「hima:// KAWAGOEラスト画集制作プロジェクトチーム」の黒木麓です。

10代の頃himaと一緒にバンドを組み現在はソロミュージシャンとして活動中です。作詞作曲、ヴォーカルとギターを担当しています。今年1月にはhimaがジャケットを担当した1stEP「あらためまして」を発表しました。

僕とhimaとは13年の付き合いになります。出会ったばかりの頃まだ活動歴がなかった僕に対してhimaはかなり活発な人で、一緒にバンドを組み僕を外の世界へ連れ出してくれました。上京後はお互い自分の活動に専念しました。僕はミュージシャン、himaはイラストレーターなので活躍している世界は違うのですが僕らの会話は絶えることがなくいつも意見交換をしていました。本気で思ったことを言い合える仲なので毎日が刺激的でした。励まし合うこともあれば喧嘩になることもたくさんありました。そのバトルに近い日常は僕らを作家として成長させてくれました。夢を語り合ったのはいい思い出です。

僕は通販業務などでhimaの手伝いをすることもあったので誰よりもhimaの新しい作品を目にするのは早かったと思います。その度にhimaのアイディアには驚かされました。どの作品も生命力に満ちていました。作家としてはhimaの方が先輩で僕のレベルでは共同で制作をするのはまだ無理だと考えていた時期が長かったので先述のEPを一緒に作ったときはやっと念願が叶ったという気持ちでした。

僕とhimaは恋人同士でしたがそれ以前にいちばんの親友同士でした。どんな関係だったかを言葉で表すのは難しいですが、ただ言えることは僕はhimaが嬉しいと自分も嬉しかったしhimaが悲しいと自分も悲しかった。himaも同じように僕が喜ぶと自分のことのように一緒に喜んでくれました。そういう人と出会い毎日を一緒に過ごすことができたのは人生の中でこれ以上ない大きな宝物をもらったのだと思っています。himaはこれからもずっと僕のいちばんの親友です。


なんでクラウドファンディングをやろうと思ったのか

himaのことを紹介します。

-----

hima:// KAWAGOE(ヒマ カワゴエ)

平成元年8月7日、静岡県旧清水市うまれ東京都在住。

イラストレーター。何者にも冒されない強さを軸にテーマ性のある青少年のイラスト、絵画等を展開する。

その他にドメスティックプロダクトブランド性的殺意、トークライブなど、イラストレーション以外の方法での表現について常に研究し発表し、常にアップデートを繰り返している。

約1年間の闘病を経て復活。2018年某社クリエイション部門へ所属、同年9月に自主退所。

-----

以上がhimaのWebサイトにhima自身が載せていたプロフィールです。


himaは2020年8月12日、享年31歳で逝去しました。

himaは1週間後にきゅんくんとの2人展を控えていたので、その会期を使って「hima:// KAWAGOE LAST EXHIBITION」と題し、遺作などを展示しました。

僕は会期中に在廊し、himaのファンの皆さまとコミュニケーションを取りました。その中で、himaの過去作品をもう一度見たいというお声をいただくことがありました。さらにそれを察知してか、himaと仕事でもプライベートでも関わっていた5人が、「画集を作ろう」と声を掛けてくれました。

みんなが手伝ってくれるなら、himaの最後の画集を実現できるかもしれない。クラウドファンディングを使えば、ファンの皆さまにもちゃんと届けられるかもしれない。画集を作ることもクラウドファンディングすることもhimaのご家族は快く受け入れて下さり、「hima:// KAWAGOEラスト画集制作プロジェクトチーム」を結成しクラウドファンディングを始めることにしました。


このプロジェクトで実現したいこと

1. 画集
hima:// KAWAGOEのファンの皆さま、新たにhima:// KAWAGOEを知ってくださった皆さまに画集をお届けしたいです。

画集には、データが残っていた2007年頃から2020年までの作品を可能な限り掲載予定。画集のデザインは、himaと親交が深かったNEMOBRANDさんが、ボランティアで行ってくださっています。

※画集表紙デザイン

表紙には、hima:// KAWAGOEを象徴する図柄を、ホログラム箔押しで大きく配置。
箔押しに加えエンボス加工(エンボスでなく厚盛りニスになる可能性もあります)と、hima:// KAWAGOEが多用していた印刷手法を使っています。

2. アパレル
さらに、クラウドファンディングを進める過程で、himaが生前Tokyo Otaku Modeさんと制作していたアパレル商品、「ライクメディカルネックウォーマー」と「都会色迷彩羽織 精神防御特化1号 HAORI」もクラウドファンディングで受注できることになりました。

※「ライクメディカルネックウォーマー」は製品名であり医療効果や効能を謳う製品では御座いません。



※「ライクメディカルネックウォーマー」のデザイン
※「ライクメディカルネックウォーマー」は製品名であり医療効果や効能を謳う製品では御座いません。

※「都会色迷彩羽織 精神防御特化1号 HAORI」のデザイン

<ネックウォーマー>
全長---92cm
高さ---19.5cm
表側 綿 100%
裏側 綿 100%
中わた ポリエステル100%

<着物風羽織>
着丈---87cm
袖丈---47cm
肩幅---65cm
身幅---62cm
裾幅---67cm
表地 綿 50% ポリエステル 33% レーヨン 17%
裏地 ポリエステル 100%

こちらのアパレル商品については11/20から渋谷パルコで開催される「Tokyo Otaku Mode TOKYO 1周年記念イベント」にて展示販売されます。クラウドファンディングでの受注ではクラウドファンディング限定ステッカーが付きます。現地で実物を確認したい方は渋谷パルコへ赴くと良いかもしれません。渋谷パルコでは、クラウドファンディングの価格から送料を除いた価格で、ステッカー無しで販売されています。

Tokyo Otaku Mode TOKYO 1周年記念イベント
開催期間:2020年11月20日(金)〜12月18日(金)
開催場所:渋谷パルコ6F Tokyo Otaku Mode TOKYO内
営業時間:11時〜21時

3. ポストカード
hima://KAWAGOEの画集プロジェクトを盛り上げてできるだけ多くの方々に画集を届けたいということで、クラウドファンディング限定でhimaと生前交流のあったイラストレーターさん、作家さんがhima:// KAWAGOEをイメージしたポストカードを製作してくださることになりました。

全てのイラストレーターさん、作家さんがボランティアで参加してくださいます。

現在決定している参加イラストレーターさん、作家さん(あいうえお順)
・井上精太さん
・ウチボリシンペさん
・えきあさん
・大槻香奈さん
・ギブミ~トモタカさん
・きりさきさん
・SAWAI SHINGOさん
・スドウ創太さん
・田中かえさん
・トミムラコタさん
・TORIENAさん
・NEMOBRANDさん
・西尾雄太さん
・はくいきしろいさん
・BRIDGE SHIP HOUSEさん
・米山舞さん

4. ホテルキーホルダー
クラウドファンディング限定のグッズを作ろうということで、ホテルキーホルダーを作ることにしました。こちらのデザインは現在進めています。完成次第公開予定です。

5. ステッカー
ライクメディカルネックウォーマー、HAORI、画集の3つは、クラウドファンディング以外でも少量販売致します。クラウドファンディングでの特典として、クラウドファンディング限定のステッカーを用意します。hima:// KAWAGOEの作品をA4サイズのステッカーシートにする予定です。


プロジェクトチームのメンバー紹介

NEMOBRAND
イラストレーター / デザイナー
hima:// KAWAGOEとの関係: hima主催 合同誌「BASTARD POPUP」に参加。個展「KIMOCHI feel so good 完」制作補助。お互いのプロダクトや作品について相談・叱責したりなど、ライバル認定し合った仲。
https://twitter.com/NEMOBRAND

きゅんくん
ロボティクスファッションクリエイター / メカエンジニア
hima:// KAWAGOEとの関係: 2020年8月から2人展「NOWPLAYING」を一緒にやる予定だった。
https://twitter.com/kyun_kun


Masaki Saito
フロントエンドエンジニア / webデザイナー
hima:// KAWAGOEとの関係: 個展の雑務・制作補助等の裏方サポートを担当。
元絵描き。
https://twitter.com/5quare5

小林秀
株式会社ペイノア 代表取締役CEO / エンタテイメント・ビジネス・プロデューサー
hima:// KAWAGOEとの関係: 2018年よりhimaの実務マネージャーとして従事。
https://twitter.com/shu_rice

折茂彰弘
株式会社ペイノア CCO / クリエイティブディレクター
hima:// KAWAGOEとの関係: アイドルグループ「真っ白なキャンバス」のライブペインティング企画をきっかけに、マネジメントや広告案件のサポートをする仲に。
https://twitter.com/orimonchi


資金の使い道

皆様から支援いただいたお金は、ライクメディカルネックウォーマーとHAORIについてのお金は製作費としてTokyo Otaku Modeさんに。

残りは、以下のように使います。

・クラウドファンディングの手数料
・画集の印刷費用
・ポストカードの印刷費用
・ステッカーの印刷費用
・キーホルダーの製造費用
・それぞれのパッケージ費用
・梱包費用
・送料

「hima:// KAWAGOEラスト画集プロジェクトチーム」メンバーも、ポストカードのゲストイラストレーターさん作家さん方も、ボランティアで参加いただいています。

クラウドファンディングで受注するのは、1人でも多くの皆さまに画集を手に取ってもらえるようにするためです。

もしも利益が出た場合は、イラスト使用料としてhimaのご家族にと考えています。


リターンについて

下記のリターンをご用意します。

・ホテルキーホルダー:1500円
・ゲスト作家の作品とhima:// KAWAGOEの作品によるポストカードセット(20種予定):2500円
・画集(真空パッケージ):6000円
・画集セット(画集+ポストカードセット+ホテルキーホルダーの真空パッケージ):9000円
・ライクメディカルネックウォーマー:27400円
・HAORI:40600円

・画集セット+ライクメディカルネックウォーマー:35400円
・画集セット+HAORI:48600円
・コンプリートセット(画集セット+ライクメディカルネックウォーマー+HAORI):75000円

※全てのリターンプランにクラウドファンディング限定ステッカー(1枚)が付属します。
※同時購入の場合もステッカーは1枚です。
※全て送料込みの金額です。
※製造ロットの関係で後日余った画集を販売する可能性があります。その場合、ステッカーも真空パックもなしの画集のみを販売予定です。
※ポストカードの詳細はゲストイラストレーターさん作家さんの準備が整い次第、順次発表致します。
※ライクメディカルネックウォーマー、HAORIは渋谷パルコ現地でも販売されています。
※「ライクメディカルネックウォーマー」は製品名であり医療効果や効能を謳う製品では御座いません。


リターンのお届けに関して

リターンは、2021年3月ごろお届けできる予定です。

リターンの金額は送料込みです。


実施スケジュール

2020年11月20日(金) 11:00プロジェクトスタート

2020年12月28日(月) 23:59プロジェクト終了


最後に

このプロジェクトは、きっと残された者のためのものです。
ファンの皆さまに画集をお届けしたいのはもちろんですが、本当は私たち「hima:// KAWAGOEラスト画集制作プロジェクトチーム」のメンバーが一番、画集という形でまとまった作品たちを見たいのかもしれません。

きっと同じ気持ちであろうhimaのご家族にも、画集という形でhima:// KAWAGOEの功績をお渡しできるといいなと考えています。

みなさまに画集をお届けできる日を、楽しみにお待ちください。
よろしくお願いいたします。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください