この舞台は救えなかったたくさんの命から生まれたお話です。 世の中には生きていることを知られることなく、 初めからいなかったかのように消えていく命がたくさんあります。 私たちはこの作品を通して、こういった「声なき声」を取り上げ、皆さんに耳を傾けてもらい、知ってもらいたいと心から思っています。

プロジェクト本文

 

はじめまして。

劇団Sol.星の花」は『震災で消えた小さな命展』代表の"うさ"が脚本と演出を務める演劇集団です。

「劇団Sol.星の花」で伝えたいことは『大切にすること』です。

命を大切にする、物を大切にする、気持ちを大切にする…

私たちの身の回りには大切にすべきものがたくさんあります。

しかし、現実はどうでしょう。

今の世の中、見渡してみても大切にされているものを見つけることがなかなかできません。

私たち一人一人が、様々なものを、当たり前に大切にすることができるようになったら、きっと、もっともっと、優しい世の中になっていくことと思います。

私たち「劇団Sol.星の花」は、お芝居を通して、そんな『大切にする気持ち』を多くの人に届けていきたいと思います。

 

《嵐の中、倒れている君を見つけた。だから、 僕は君を運んで来たんだ。

外では助けを求める声が、風になって吹いている。

誰にも届くことのない声たちは、 やがて嵐になって永遠に吹き続けるんだ。》

 

今回の舞台は、 救えなかったたくさんの命たちから生まれたお話です。

世の中には、生きていることを知られることなく、 初めからいなかったかのように消えていく命がたくさんあります。

私たちはこの作品を通して、こういった「声なき声」を取り上げ、 皆さんに耳を傾けてもらい、 知ってもらいたいと心から思っています。

そして、本当に優しい世の中につながっていってほしいと、 心から願っています。

 

今年7月10日〜12日に京都での再演が決定しました!

2017年6月に東京で初演したこの舞台は、全国からたくさんの方々が観に来てくださいました。

その中で京都から観劇に来られた方が、「この作品をもっと多くの人に知って欲しい!」と声を上げてくださいました。そして、これまで京都で私たちの活動を応援してくださる有志の方々とともに京都公演実行委員会を発足させ、京都で公演できることになりました。

今回は京都府と京都市、京都市教育委員会よりご後援をいただきました。他、たくさんの方々からご協力いただいています。

 

現在週に5日、1日平均10時間以上の稽古をしています。

今回公演する劇場「京都府民ホール ALTI」の舞台はとても広く、同じ広さが確保できる稽古場をお借りすると1日約15,000円ほどかかります。

キャストをはじめ、スタッフがボランティアで活動している中で、できる限り経費を抑えるために、公共の施設などをいくつも組み合わせて稽古場所を確保しているのですが、予想以上に経費がかかっています。

また劇場費や機材費、より多くの方に来ていただくための宣伝チラシ等の経費も合わせると、当初の予算では足りない状況です。

今回、市内の小中学校、高校のために招待席も設けます。たくさんの方により良い舞台をご覧いただくためには、どの経費も今以上に削ることはできませんでした。 

どうか、この舞台を完成させるために皆様のお力をお貸しいただけませんか。

どうぞよろしくお願い致します。

 

日時:2018年7月10〜12日(全5回公演)

(1)7月10日 19:00〜

(2)7月11日 14:00〜

(3)7月11日 19:00〜

(4)7月12日 14:00〜

(5)7月12日 19:00〜

会場:京都府民ホール ALTI

住所:京都市上京区烏丸通一条下ル龍前町590-1

チケット:前売り2,000円 当日2,500円 ※日時指定・全席自由席

 

チケットお申し込み先

◉オンラインチケット購入

e+(イープラス)

Mailでのご購入方法

Mail:sol.ticket@be-a.jp

 

お問い合わせ

劇団Sol.星の花 京都公演実行委員会

Mail:aya@be-a.jp

Tell:080-9170-3172(岡田)

 

2016年4月 「ロロとレレのほしのはな」神奈川

2017年6月 「Voice in the Wind」東京

2017年9月 「朗読劇」京都

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください