阿倍野武道館・洪游會本部道場の中野文武です。
2021年で70周年を迎える町道場です。次の10年で重要文化財登録の可能性も見えてきました。その目標に向かって、今現在も尽力しております。
70年、「道」を教え続けてきた洪游會本部道場は、現在も多くの格闘家の卵を育てていますが、建物の老朽化、修繕、設備の改善などの必要に迫られています。

武道啓蒙と町道場の存在は、次世代へ継承する価値のある日本文化であると確信し、その発展のために情熱をもって取り組んでおります。

現存する国内有数の歴史ある町道場の存続に、皆様のご協力を何卒、よろしくお願いいたします。




子どもの頃の目標は、父の後を継いで道場と柔整術の継承。

親から文武両道の名前をいただくも、両立の難しさを痛感。幼少時は剣道、小学~高校、社会人では柔道(参段)そして、ライフワークである日本拳法(洪游會・五段)を修錬。

柔整養成校時代にプロスタイルレスリングJWAに打ち込み、自身の整骨院開業後にはSAWに入門し関節技を学ぶ。
その後、SAW全日本体重別重量級準優勝(SAW参段、サンボ弐段)。現在も治療の傍ら自身の稽古と後進の指導に励む。
職歴としては、接骨院・鍼灸院・整形外科での研修を経て、平成7年10月大阪市西成区天下茶屋にて独立開院。平成16年に現在の谷町9丁目へ移転。
開院当初より周囲の皆様のご協力もいただきながら、遠く北海道や九州の難治症状の方から、プロアスリートまで様々な方が来院する。
また、こだわりである「日本の医療業界発展」に微力ながら貢献する気持ちで、開院当初より数々の地域医療関連役職を兼務。来年、2021年1月には若輩ながら、大阪府知事感謝状表彰ならびに労働局長感謝状、大阪接骨整骨学会会長感謝状などを拝受する。
現在、日本拳法競技連盟理事、大阪府日本拳法連盟理事長など要職を兼任し、また、スポーツ救護や審判なども兼務する。

日本拳法五段、柔道参段、SAWサブミッションアーツレスリング参段、サンボ弐段、スポーツ柔術初段。


日本拳法の歴史を守るために、建屋を改装し、これから育つ生徒も守っていきたい。

この広い道場・・・・空調がゼロ
汗をかいた生徒がそのまま着替え、体調を崩しかねない状況
撮影スタッフも来てびっくり、凍えながら撮影しました。

更に、冬場よりも夏場の方が暑さで厳しい環境となる。
熱中症対策として空調を完備し、生徒、利用者様の安全に備えたいところ。
どうにかしたくて、業者に相談したところ、建物全体に手を加えなければならない、大掛かりな改装が入ってしまう。

更衣室はあるがロッカールームがなく道場の中にロッカーを設置している現状です。
ロッカールームを作るのはもちろん、女性向けの設備ももっと充実させたい。

70年、外気から守ってくれた壁面、寿命が近く新しい壁面へ生まれ変わらせたい。



 過去に様々な団体戦戦績や、優勝選手、プロ選手を輩出した洪游會本部道場は、近年、2018年にも全日本拳法総合選手権優勝選手を輩出し、同年、ジャパンオープン/防衛大臣杯も二連覇、2019年の全国都道府県団体大会でも優勝の中心を担いました。

 70周年を迎え、建物の老朽化、修繕、設備の改善などの必要に迫られている他、重要文化財登録の可能性も見えてきましたので、その目標に向かって、また、100年続く町道場を目指して、努めております。

 しかし、最近の台風、大雨などの災害、また、コロナ情勢による競技者の減少などもあり、乗り越えなければならない課題も多くございます。

 クラウドファウンディングを成功させて、歴史ある町道場を生まれ変わらせたいと存じます。


洪游會本部道場は日本拳法黎明期、<宗家>澤山宗海先生のもと、武道の名門・洪火会で鍛錬した武道家・中野満が初代会長として設立した道場で、日本拳法のみならず、柔道・剣道・居合抜刀術などの総合武道場として、70年の歴史を誇る道場です。
洪游(こうゆう)とは游学(ゆうがく)を意味し「広く学ぶ」ということです。
現在も洪游會 では、日本拳法を通して「道の教育」を学ぶ生徒がいます。
昭和26年に大阪・阿倍野の地に建造された本部道場は希少な木造り75畳敷きの歴史ある町道場として、しばしばメディアの取材をうけております。道場の建立以来掲げられている『自他共栄』の墨額は柔道創始者・嘉納治五郎先生直筆のものであり、また、会旗に使用されているヤタガラスの紋章は、日本拳法発祥の地の一つであり、戦前の柔道・剣道・空手などの日本有数の武道場組織であった「洪火會」の故・黒山高麿会長より継承したものです。本道場の設立に際しては、日本拳法の創始者であり、且つ、洪火會の柔道理事(大阪府柔道連盟)でもあった澤山宗家より、「戦後の日本武道家の拠り所」としての任を受け建設されました。現在は、公益財団法人・日本拳法会の本部及び事務局が、道場事務所棟二階に所在を構えておられます。
二代目会長の中野誠は長年に亘り、日本拳法の発展と組織の構築を牽引し、日本拳法会副会長として「全国連盟」の実現において中心的な役割を担い、その後も晩年まで相談役として、また、大阪府連盟の代表として様々な案件や大会に携わりました。洪游會本部の、発足以来ののべ道場生数は約8000人にのぼります。


活動報告にて、順を追って掲載いたします!!
お楽しみにお待ちください!

◆ 総合格闘技世界王者 中村優作選手
◆ ボクシング新人王 前田稔輝選手
◆ キックボクサー 人獣・中村寛選手
◆ 全日本総合選手権V2 前川晴人選手  ほか



資金の使い道

今回のご支援金は、施設の改修費に一部充当させていただきます。
阿倍野武道館・洪游會本部道場 の改装をし、安心・快適にご利用いただけるようにします。
今、道を学んでいる生徒が将来誇れる場を残し、次の世代の方々にも快適に利用していただき、格闘会の一端として、日本拳法を盛り上げていきます。


【リターンについて】

リターン決済時の、リターンの備考欄必須についての説明

備考欄必須の場合「芳名されるご氏名」又は「黒帯に刺繍されるご氏名」を必ず、ご記入ください。


1.① 70周年記念誌への御芳名記載、送付【3,000円】
備考欄にご氏名をご入力ください
※お名前掲載は支援者お一人様のみとなります
※ご記載に不備があった場合は、お申込者様名でお受付いたします。

2.①+洪游會会章『洪游會グッズ』+稽古体験権【5,000円】

※『洪游會グッズ』
キーホルダー/八咫烏バッヂ/ステッカー(ご支援の際にいずれか1点をお選びください)
※稽古体験権
有効期限:2021年6月1日~2021年12月末日迄


3.②+記念タオルOR記念シャツ(どちらか)【10,000円】
※記念シャツはS/M/L/LL/3Lの展開です(ご支援の際にいずれか1点をお選びください)
※画像はサンプルとなります。記念タオル、記念シャツ共に70th仕様でのお届けとなります。


4.③+特製パンチングミット【30,000円】/単品【25,000円】 
※ワンサイズのみとなります
※デザインが変更となる可能性がございます。


5.④+記念黒帯/刺繍入り【50,000円】/ 単品【30,000円】 
【刺繍内容】
・右「洪游會本部70th記念」
・左「支援者ご氏名」※御芳名用のご氏名と同一でお受付させていただきます
(サイズはリターン選択時にお選びください)


6.⑤+記念道着【100,000円】/単品【60,000円】 

7.⑥+記念グローブ【200,000円】/単品【120,000円】 
【サイズ】
8オンス成人用/6オンス少年用(サイズはリターン選択時にお選びください)
※通常の日本拳法のグローブとは違い、試合では使えません


8.⑦+記念防具一式【300,000円以上】/単品【150,000円】 
※ワンサイズとなります


阿倍野武道館 洪游會本部道場
〒545-0021
大阪府大阪市阿倍野区阪南町1丁目18−19


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


【ページ作成協力】
パーシヴァル


  • 2021/04/05 09:14

    ご支援いただいた皆様にあらためまして御礼申し上げます。コロナ情勢により、創立70周年記念式典などは延期しておりますが、今年の10月で70年目のスタートとなります。なお、70周年記念冊子を編集中です。返礼品は今しばらくお待ち下さいませ。阿倍野武道館洪游会本部道場中野文武

  • 2021/03/22 00:00

    ありがとうございます!皆様のお陰様をもちまして、洪游會本部道場の70周年記念と、設備投資、改修費など継承のためのクラウドファンディングが、目標達成して終了することができました!今後とも、日本拳法・武道の発展に寄与すべく、道場稽古に精進して参ります!中野文武

  • 2021/03/16 00:54

    日本拳法YouTube 痛風拳法チャンネルさんから、応援動画をいただきました!ありがとうございます!現在、目標の80%突破!!あと5日です!目標達成まで応援・シェアをお願いいたします。https://youtu.be/9lbiKCD2w3g

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください