はじめに・ご挨拶

こんにちは!このラジオドラマpop thank culture you(以下、ptcy)の制作、脚本、そして主演の鈴木宏幸です。

この度は、本プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

このeスポーツラジオドラマは、私、鈴木宏幸と相方の吉高聡の二人の俳優の初プロデュース作品です。


このプロジェクトで実現したいこと

正直申し上げると、脚本を作り始めた今年二月、僕らは全くeスポーツの事を知りませんでした。最近、eスポーツってよく聞くし、eスポーツの話にしたらおもしろいんじゃない?と思い付きでスタートしました。

とはいえ全く知らない状態で、話を作っていくことはできません。物語を書きつつ本を読み、ブログを読み、youtubeを見て少しずつeスポーツのことを学んできました。そしてまた、本作の元になったゲーム 「league of legends」をプレイしながら(そしてボロボロに負けながら)少しずつ物語を編んできました。

現在2020年11月、企画をスタートしてからすでに10か月経っています。たくさんのたくさんのeスポーツの情報に触れ、僕らはeスポーツが日本で間違いなく伸び続けていくと確信しています。そして、本作品がこれから成長を続けていく日本eスポーツ界を文化面で支えるものとなることを願っています。また、それだけの熱量を持った物語であると自負しています。

本プロジェクトはこのptcyという物語が、将来にわたって「eスポーツといったらこの話だよね」と語られる作品になるために皆様にご支援をお願いするものです。

一つの世界を支える大きなプロジェクトの第一歩です。

長文になりますが最後までお読みいただけると幸いです。

日本のeスポーツを取り巻く環境

いきなり少し硬い話になりますが、eスポーツの現状をお伝えします。

まず、eスポーツとは“electronic sports(エレクトロニックスポーツ)”の略称で、PC用ゲームや家庭用ゲーム機を用いた「コンピュータゲーム」の対戦を、スポーツとして捉えた競技です。

そもそもスポーツではないだろう、という意見が結構言われているのですが、sportsという語源を調べると、「運動」という意味以外に「娯楽」という意味もあるので、e-sportsというのは正しい使い方となります。ちなみにプロのプレイを見てみると、娯楽という感はほとんどなく「e-battle」の方がしっくりきます。

eスポーツの市場は世界全体では2018年に約1700億円、2022年には約2500億円へと拡大すると見込まれるなか、日本市場の2017年は約5億円。2018年は急拡大をみせるものの、まだ市場は小さく約48億円。まだまだ日本では発展途上の感が否めません。

しかしながら、2019年には高校生eスポーツ甲子園という大会が開かれ、第一回大会の高校の応募総数はなんと1,475校。第一回にも関わらず1,000校以上が応募したというすさまじいことになっております。また、高校内にeスポーツ部を作る学校も増えてきており、今年4月にはeスポーツ部にチームドクターを用意した高校も誕生しました。以上の事から、今後10代、20代を中心に市場が伸びていくことが考えられます。

ちなみに、現在eスポーツで強豪と呼ばれる国は韓国やアメリカなんですが、10年前の韓国が今の日本と同じような状況だったとのことです。


eスポーツの種類

eスポーツにはいくつか種類があります。

格闘ゲーム、パズルゲーム、カードゲーム、スポーツゲーム、シューティングゲーム(FPS、TPS)そしてmoba(モバ)などがあります。このmobaはマルチオンラインバトルアリーナの略称なのですが、どういうものかというと、3vs3や5vs5などチームに分かれて、仲間とコミュニケーションを取りつつ、敵の本拠地の破壊を目指すゲームです。マウスやキーボードを駆使した緻密なアクション性と、戦術の両方が必要なジャンルです。

全世界で最もプレイされているeスポーツゲームが、このmobaというジャンルの「league of legends」というゲームで、この設定を基に本作「pop thank culture you」が生まれました。


疑問点

さて、今のゲーム説明を聞いてもご存知ない方にとっては「なんじゃそら」となったと思います。

実際、今回のeスポーツラジオドラマのクラウドファンディングですが、一番疑問に思われるところがここだと思います。


「eスポーツってゲームでしょ?どんなものかもわからないのに本当に音声だけで楽しいの?」


甘酸っぱい青春ものだったり、探偵もの、SF…であれば、リスナーの皆さんの想像力で楽しめるのはもうご存知だと思います。

しかし、やったこともないゲームの話を、音声だけで本当に楽しめるのか?



断言します。

大丈夫です!!!



なぜなら、ゲームの観戦者(ラジオドラマなので聴戦者?)の楽しみ方の一つとして、勝ったか負けたかプレイの結果が気になるというのもありますが、それ以上に、そのプレイヤーたちがプレイ中に心がどう動くのか、どれだけ本気になっているかを感じることにもあるからです。

例としてはyoutubeのゲーム実況が分かりやすいと思います。

上手い人のプレイを見て楽しむものもあれば、全然プレイが上手くなくても、語り口で興奮しているのが伝わって楽しくなるものもありますよね。

つまり、私たちが普段ドラマや映画で、主人公の行動にハラハラドキドキするのと全く同じなんです。

このpop thank culture youという作品も同じです。

舞台はeスポーツで、映像もありませんが、話のメインはそれに人生を懸ける人々の心理模様です。言ってしまえばスポ根の物語です。

今までの人生で何でもいい、何かに熱くなったことがある人であれば誰でも共感できる内容です。

ただ、この物語は他のスポ根作品と少し違います。

実はこの作品は皆さんの夢を後押しするような内容ではないんです。

詳しくは後で説明いたします。


僕らが目指していること

さて、今回のラジオドラマ制作。実ははあくまで出発点に過ぎません。

この制作が終わったら、この作品を漫画化、アニメ化、そして最終的には長編の映画にしていきます。

eスポーツを題材にしたラジオドラマは今までになく、ここに日本初のeスポーツラジオドラマが誕生します。

また、映画に関してもドキュメンタリー作品1つを除くと、eスポーツの映画は日本にまだありません(2020/12月現在)。

今がチャンス!!

この作品が、ラジオドラマや映画などいろいろなメディアに広まっていくことによって、

「ptcy知ってる?」

「あ、映画見た!」

「私は漫画で読んだ!」

「俺はアニメで!」

といった会話が日本中で起きる未来を想像してワクワクしています。

僕ら二人はコロナの感染が拡大する前の今年2月から、部屋に閉じこもって粛々と脚本を書き続けました。何度もオンラインでやり取りを繰り返し、時に全くアイディアが出てこず机の前で頭を抱えながら、時に会心のアイディアを相方にボツにされながら書き続け、とても熱く面白いスポ根の物語に仕上がりました!

物語の内容には本当に自信があります。熱くなれる作品です。

ここまで努力するのか、人間はどこまでやれるのか、といった話です。


たくさんの人に色々なメディアでこの物語に触れて欲しい!!


このラジオドラマは出発点に過ぎないと言いましたが、とてもとても大きな第一歩です。

というか、ラジオドラマが成功しないと金銭的にも世間の認知的にも次のメディア展開はできません。

ここで終わってしまいます。


僕らは元々俳優なので、どうやって制作をすればいいのか全くわからないままこのプロジェクトを始め、ここまで約10か月、右往左往し続け、壁にぶつかりつづけてきました。

そしてようやく!!

役に命を吹き込んでくれる声優さん、

収録編集で任せっきりになるミキサーさん、

このページの顔となるイラストを描いてくれたイラストレーターさん、

そしてテーマ曲を作ってくださった作曲家さん

を見つけることができました!

人は揃った!あとは収録するだけだ!!


……ですが、まだこの物語を作品にするための制作費が足りません。


お願いします!!

あなたも日本初のeスポーツラジオドラマ制作の仲間になってください!

そして最終的な映画化までたどり着かせてください!


物語あらすじ

3vs3のeスポーツゲーム"pop thank culture you"。通称ptcy。

30代のプレイヤー、ヒロとトシはプロゲーマーになることを目標に長年同じチームで

やってきたが、彼らに突出した才能は無くなかなか勝ち進めない。

リーダーのヒロは、その才能の無さをカバーするように、自らの身体を壊してまでも毎

日練習に時間を費やす。

周囲からはそれだけ一生懸命になれるなら本当に好きなんだねと思われている。

しかしヒロは、「自分は本当にゲームをすることが好きなのか。本当に好きなら、この練習も苦ではないのではないのか」という不安に常に追い立てられている。

すでにゲームをすることに楽しさなどほとんど感じない。


「プロになる人は好きで楽しんでやってなきゃいけない?なんだそりゃ。どう考えても辛いことの方が圧倒的に多いだろ」


ヒロの葛藤と周囲の理解との乖離。

思い通りにいかない日々にいらつくヒロ。

イライラを振り払うように彼は練習量を増やし続ける。


この話は、夢を持っている人の背中を後押しする物語ではありません。

その程度の努力じゃ足んねえよとどやしつける物語です。

ハッとさせます。是非ラジオを聞いてみてください。


まずはラジオドラマの雰囲気を掴めるようテスト版を作成いたしました。

ご視聴ください。

https://youtu.be/d2_dA2f_5yg

※本編は一部声優さんが変更になります。


主要登場人物

ヒロ(32)

e-sportsプレイヤー。チームメガロマニアのリーダー。ptcyでプロゲーマーになることを目指している。

非凡な才能はないが、勝つことへの執念はすさまじく、勝つためには身体の限界を超えてでも努力し続ける。気難しく頑固。他人に厳しく自分にも厳しい。

トシ(34)

e-sportsプレイヤー。チームメガロマニアのメンバー。ヒロの相棒。基本的に温厚で、ヒロの代わりに周囲の人と協調していくタイプ。同棲している彼女がいる。夢と生活の優先順位について迷っている。


ヒメ(23)

アイドル。"pop thank girls"というユニットでptcyの主題歌を歌っている。また同名でptcyのプレイヤーもやっている。外面はいいが、実際は気が強く攻撃的。後にメガロマニアに加入。根は不器用な努力家。



メインキャスト紹介

紅一点のヒメ役を演じていただける声優さんを探しに探した結果、ついに決まりました!!

神田朱未さんです!

声の感じがヒメのイメージに合っていたので脚本を送らせていただいたところ、すぐに話が面白い!とお返事いただき、この作品にご参加いただけることになりました。

神田さんは以下のような作品に出演されています。

主な過去出演作品

・魔法先生ネギま!(神楽坂明日菜)

・CLANNAD(藤林椋)

・ペルソナ4(堂島菜々子)


ちなみに、本プロジェクトのリターンには神田さんのサインやビデオレターなどもあります!


eスポーツキャスター

本作のゲームの実況役は、実際にeスポーツの大会で実況をされているプロのゲームキャスター岸大河さんに受けていただきました!元トッププレイヤーで、現在はテレビや配信等で大活躍の岸大河さん!これで実際の試合のような迫力と臨場感のある対決が楽しめます!


eスポーツ監修

本作品のゲーム部分に関して、eスポーツ『League of Legends』の情報サイトを運営しているLoL忍者さんに監修していただきました。おかげで戦術部分や、ゲーム内の単語などあやふやな部分が減り大きく改善できたと感じています。ありがとうございました。


放送媒体

現在複数のラジオ局と交渉しております。

出来るだけたくさんのラジオ局で放送したいと思っています!

決まり次第、順次このページと僕のtwitter(https://twitter.com/hir_o_o_o_o_)に情報を上げていきます。情報をいち早く受け取れるようにフォローしておいてくださいね。

また、ラジオ局がカバーしていない地域の方にも聞けるように、ラジオ放送終了後にネットで無料で聞けるradiko(http://radiko.jp/)やpodcastでも放送する予定です。

ですので、インターネットにつながる環境さえあればどこでもptcyをお楽しみいただけます。


最後に

ここまで長文をお読みいただきありがとうございました。

このプロジェクトをご支援くださる方用に厳選したリターンを用意させていただきました。どれもこのクラウドファンディング以外では手に入らないものです。

ただ、最後にリターンの紹介の前にもう一つだけ伝えさせてください。


日本にはまだ文化の面でeスポーツを支えるものがありません。

今までにもeスポーツの漫画や、ドキュメンタリー映画などはありましたが、eスポーツと言ったらこれ!と人々の間で呼ばれるものはまだ出てきていません。

スラムダンクが登場し、バスケ人口が一気に増えました。

けいおん!の影響で、音楽を始める人も激増したそうです。

何かの爆発的な成長には文化の支えが必要です。

このpop thank culture youが日本のeスポーツ文化の背骨になりたい。

そう思っています。


あなたもこの作品を作る仲間になってください。

どうぞご支援よろしくお願いいたします。


ptcy製作委員会代表 鈴木宏幸


リターンについて

厳選したリターンを取り揃えました。

どれもこのクラウドファンディング以外では手に入らない商品です。

例えば、今後テーマ曲CDの販売を行うことがあるとしても、神田朱未さんのサイン入りのものは、このクラウドファンディングでご購入いただいた方のみになります。


全リターン共通

【2020/12/11から全てのリターンに本編第1話のストーリーを収録した
ボイスドラマCDを追加することが決定致しました!!すでにご購入いただいている方にももちろん発送いたします!】


アニメ化、映画化された際にエンドロールにスペシャルサンクスとしてあなたのお名前を載せることができます。ご希望であれば購入時の備考欄にクレジット希望と記載してください。公序良俗に反しなければ本名でもニックネーム(短め)でも構いません。記載がない場合は希望しないものと考えます。

アニメ化、映画化まで行けなかった場合はごめんなさい。

本当は、このラジオドラマでお名前が掲載出来たら良かったんですが、ラジオドラマにはそもそもエンドロールが無い…!!

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※すべてのリターンについて商用の二次利用は禁止とさせていただきます。ご自身でお楽しみください。


リターン1

いつでも楽しめるリターン!!

神田朱未さんがテーマ曲を歌う!サイン付きオリジナルCD テーマ曲 戦闘曲 サントラの3曲入り

+本編第1話のストーリーを収録したボイスドラマCD

+収録オフショット1枚+直筆メッセージ1通+クレジットに記名 

不要なリターンがありましたら、〇〇は不要と備考欄にご記載ください。

例)直筆メッセージは不要

5,000円


リターン2

探求心旺盛な人用リターン!!

全脚本データ(70000文字以上)

+本編第1話のストーリーを収録したボイスドラマCD

+主役3人のボイスメッセージ+収録オフショット1枚+直筆メッセージ1通+クレジットに記名

不要なリターンがありましたら、〇〇は不要と備考欄にご記載ください。

例)直筆メッセージは不要

7,000円

※データでのお渡しになります。


リターン3

作品の世界をもっと深く楽しみたい人用リターン!!

本編の外伝を収録したオリジナルボイスドラマCD(主役3人とは別の人物にスポットを当てた物語です)

+本編第1話のストーリーを収録したボイスドラマCD

+主役3人のボイスメッセージ+収録オフショット1枚+直筆メッセージ1通+クレジットに記名 

不要なリターンがありましたら、〇〇は不要と備考欄にご記載ください。

例)直筆メッセージは不要

9,800円


リターン4

お得な上記3つセット込み込みリターン!!

内訳

神田さんサイン付きオリジナルCD

+全脚本データ(70000文字以上)

+外伝収録のオリジナルボイスドラマCD

+本編第1話のストーリーを収録したボイスドラマCD  

+主役3人ボイスメッセージ+収録オフショット3枚+直筆メッセージ3通+クレジットに記名

不要なリターンがありましたら、〇〇は不要と備考欄にご記載ください。

例)外伝ボイスドラマCDは不要

21,800円⇒19,800円


リターン5

ptcyを力の限り応援してくれる方用リターン!内容てんこ盛り!

出演声優とオンラインで人狼ゲーム参加権!一緒にオンラインで人狼ゲームを楽しめます。2/7日曜日に開催します。時間やオンラインの媒体は追って連絡いたします。(主演:鈴木宏幸、監督:吉高聡は必ず参加します。他キャスト未定)

キャスト多数のサイン付き脚本(実際に現場で使用してるのと同じ紙のもの)

+上記3つセット(サイン付きオリジナルCD、全脚本データ、外伝収録のオリジナルボイスドラマCD)

+本編第1話のストーリーを収録したボイスドラマCD

+3人ボイスメッセージ+オフショット3枚+直筆メッセージ3通+クレジットに記名

不要なリターンがありましたら、〇〇は不要と備考欄にご記載ください。

例)人狼ゲーム参加権は不要

50,000円(10名限定)

リターン6 企業様用

本ラジオドラマの前後どちらかに御社のCMを15秒間放送いたします。全12回

+今後の計画を進展があるたびに開示いたします。

ご希望により以下のものもお付けします。

オリジナルCD、全脚本データ、外伝オリジナルボイスドラマCD、本編1話収録ボイスドラマCD

500,000円(1社限定)


サイン付き直筆メッセージは、ご希望の声優さんを下記キャスト一覧からお選びいただけます。すべてのキャストでなくてすみません。リターン購入ボタンを押した後の備考欄に、ご希望の声優さん1名のお名前をご記載ください。

3つセットをお申し込みの方は、3名のお名前をご記載ください。

記載がない場合はランダムになります。

できるだけご希望のものをお渡ししたいので必ず忘れずにお願いいたします。


リターン選択用キャスト一覧

鈴木宏幸

丸山智行

神田朱未

天深暖彩

奥村優汰郎

高倉裕貴

丸山弘貴

湊彩

村多美咲

山内晃央

おまけ 制作・監督・脚本

吉高聡(←リターン選択可)


リターンの使い道

キャスト・スタッフ費 70万円

スタジオレンタル代 20万円

事務経費 10万円

リターン作成費、発送費 10万円

予備費 5万円

クラウドファンディング手数料 17%

超えたご支援金は、漫画化・アニメ化制作への予算に使用します。


実施スケジュール

12月 クラウドファンディング開始

   作品収録

1月~ 編集

   クラウドファンディング終了

2月~ 各ラジオ局にて放送予定

   順次リターン発送予定


最後の最後に

eスポーツ作品「pop thank culture you」第一弾のラジオドラマ。

どれもこのクラウドファンディングを行う12月と1月しか手に入らないリターンです。

この作品を日本のeスポーツ文化の背骨にさせてください。

ご支援よろしくお願いいたします。

  • 2020/12/28 11:29

    pop thank culture you二日目収録終了!!初日より大変だったけど楽しい現場でしたわい。あと一日だ!12/29!!仕事納め!左から#赤メガネ#黒野陽太#丸山弘貴#村多美咲#金髪少女#神田朱未#高倉裕貴#丸山智行 

  • 2020/12/25 21:29

    昨日収録初日終わりました!終始和やかな現場で良かったわぁ。残すはあと2日!写真は昨日一緒に頑張った声優さんたち左から#湊彩#高倉裕貴#奥村優汰郎#丸山弘貴#天深暖彩#山内晃央

  • 2020/12/11 02:10

    12/11より全てのリターンに、本編第1話を収録したボイスドラマCDを プラスしました!!それ以前にご購入いただいた方にも全員にボイスドラマCDを発送いたします!2021年2月からリターンの発送を致しますので、ラジオ放送より早い段階でptcyが聴けます!しかも、ずっと手元に置いておけるからいつ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください