はじめに・ご挨拶

株式会社寺子屋ウェーブは、鳥取県境港市で妖怪饅頭を製造、販売している会社です。
水木しげるロード内に妖怪饅頭・妖怪がまぐち・妖怪のお箸屋さんの店舗を運営しております。

商品・お店が作られた背景

平成10年に水木しげるロードにお煎餅のお店を開店したのが弊社の始まりです。
水木しげるロードの目玉となるお土産品を作りたいと、水木しげる記念館前に妖怪饅頭の店舗を開店、水木しげるロードと共に弊社も成長してまいりました。

(旧妖怪饅頭本店)

弊社で製造販売している妖怪饅頭は、お客様に安心・安全においしいと思って食べていただけるよう、ISO22000を認定取得した境港市内にある工場で製造しております。妖怪饅頭は、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクター『鬼太郎』『目玉おやじ』『ねこ娘』『ねずみ男』の4種類がございます。妖怪饅頭というネーミングからは想像できないとってもかわいいおまんじゅうです。


また妖怪饅頭のパッケージを包装している妖怪新聞は、境港の情報満載の包装専用で作成している新聞となります。2021年春に17巻となりました。


プロジェクトで実現したいこと

新しい妖怪饅頭を作りたい!
皆さんに喜んでいただけるよう定番の商品だけでなく新規の味を商品化したい。
グルテンフリーやペットのための妖怪饅頭などいろいろアイデアは浮かびますが、商品化するまでには、試作品作成、食品ですので賞味期限設定のための検査(検査でNGとなった場合は原材料変更しての試作品作成)、パッケージのデザインから作成まで時間とお金が必要となります。

コロナ禍で何とか事業を継続して従業員を守っていくのがやっとで、新規商品開発が難しい現状となっております。

また、経年劣化してきているお饅頭の設備もメンテナンスしたいです。


資金の使い道・スケジュール

試作原材料費7万
試作検査費用3万
商品パッケージ作成費用40万(デザイン・印刷)
設備投資450万(設備メンテナンス、金型作成)


リターンのご紹介

水木しげるロードの店舗で販売している、
妖怪饅頭、妖怪がまぐち、妖怪のお箸のセットをお送りいたします。

また新規商品が賞味期限設定の検査が終了して、
販売可能な状態になりましたら新商品をお届けいたします。


店舗の情報

・妖怪饅頭総本店  鳥取県境港市本町9 
・妖怪饅頭二号店  鳥取県境港市松ヶ枝町48
・妖怪がまぐち   鳥取県境港市松ヶ枝町14
・妖怪のお箸屋さん遊膳 鳥取県境港市松ヶ枝町56

 各店営業時間 9:30~17:00
 年中無休(コロナのため、一部店舗が閉店している場合もございます。)

妖怪饅頭の店舗や
妖怪がまぐち、妖怪のお箸などの
取り扱いの商品は下記アドレスのホームページからご覧ください。
https://telacoyawave.com/



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください