感謝のご報告!
公開5日目、目標金額300万円達成しました!!!
たくさんのご支援ありがとうございました!!!
NEXTGOAL700万円を目指します!


感謝をしてもしきれないのですが、公開から5日、目標金額の300万円を達成致しました、、、!

皆様のご支援のお陰で、スタジオをオープンすることが確定となりました!

本当にありがとうございます!!!

そこで、これからスタジオで実際に学んでいく生徒達の受け入れをしていていきます!

(入塾相談随時受付中!お問い合わせ先 shokonishi.designlab@gmail.com)

ここからはネクストゴールを掲げさせて頂きます!目標金額700万円です!

本文にも記載しましたが、理想のスタジオを作る為の費用予算は1000万円ほどになってきます。

当初の目標金額300万円はスタジオの初期改装費用(水回り、空調、壁や床などの改装)となり、ファッション塾としての準備はまだまだこれからです。そこで、ネクストゴールを設定させて頂き、さらなる支援をお願いしたいです。この支援金は主に理想のファッション塾に必要となってくる機材や設備費用に回させて頂きたいと考えています。ミシン、アイロン、マネキンなどの基本的なファッションデザインに必要となってくる道具はもちろん、ファブリックプリンター、3Dプリンター、シルクスクリーン、レーザーカッター、ニッティングマシーン、イラストレーターやフォトショップ用のパソコン、オンライン授業を強化する為のモニターやカメラなど、日本初のファッションスタジオを目指すべく理想が広がるばかりです。僕がパーソンズで学ばせていただいた時には今あげたほぼ全てのものが完備されていました。その環境のお陰でクリエーションの幅は広がり、生徒達はデザイナーとして大きく成長します。デザインラボではこのような環境を生徒に提供することを目指し、さらなるご支援を皆様にお願いしたいです!


ネクストゴールに伴い、新しいリターンも用意させていただいたので、是非チェックしてみてください!

次なる目標に向けて精一杯頑張りますので、引き続き応援のほど何卒よろしくお願いします!


小西翔

以下プロジェクト本文になります。


ご挨拶


皆さん、初めまして。ニューヨークでファッションデザイナーをしている小西翔(こにししょう)です。僕は高知県高知市出身の現在29歳です。



東京モード学園ファッションデザイン学科高度専門士コースを卒業後、パリとニューヨークのファッション大学院へ通いました。

卒業後はニューヨークを拠点にファッションデザイン、アート活動を中心にサステナブル(持続可能性)研究に力を注ぎ、ファッション教育者として活動しています。ニューヨークのパーソンズ大学院では非常勤講師として、アート予備校ではポートフォリオ講師としてファッション教育に携わっています。



①プロジェクト概要


◼︎プロジェクト1-ファッション塾を開校したい


駒沢大学駅周辺の物件をリノベーションし、生徒がクリエイティブに制作できる環境を提供します!

「海外でファッションを学びたい」

「海外で活躍できるデザイナーになりたい」

いざ決心しても、海外のファッション学校へ行くためには進学したい学校に合わせた受験勉強をする必要があります。僕自身、留学して初めにぶつかった壁はファッション留学に必要な準備が足りていなかった事でした。


日本には僕が世界で経験してきたようなファッション教育がないことに気付き、グローバルに活躍していくのに必要な感性を取り入れたファッション塾を創りたいと思いました。



留学前に受験準備をする事ができれば、準備期間を日本で過ごせるので留学費用を削減する事ができます。



◼︎プロジェクト2-多目的なクリエイティブスペースとして活用していきます!



アーティストとのコラボレーションイベントなどを企画し、Lab生達に作品の発表の機会インスピレーションを与えていきます。人の流れを作ることにより作品創りに対するモチベーションを上げる事ができ、また、コミュニケーションが生まれる環境を提供する事により未来のコラボレーターとの出会いを促します。移動可能な壁を使い目的に合わせて日々スタジオを変化させます。


*現在のスタジオの状況

*改装後予定図


《スタジオ使用例》

・ギャラリー…路面に面しているウインドウショッピングができる作りを活かし、国内外からのアーティストの展示を企画します。

・ポップアップストア…ブランドのポップアップ会場として・生徒の作品販売、デビューの場として使用します。

・イベント用レンタルスペース…ファッションフォトシュートはもちろん、ユニークでクリエイティブなイベントに対応します。






◼︎プロジェクト3-ゴミをブランドに!リサイクルでスタジオを創っていきます



サステナブル(持続可能性)を研究している僕にとって"ゴミ"という概念はとても興味深い物で、いつもゴミに関心があります。今回日本に帰ってきて新しい気付きがあったのですが、ニューヨークではいらなくなった物(ゴミ)はいつでも路上に捨てられています。家電、家具はもちろん、クリスマスツリーなど様々です。そして、路上に捨てられた物は誰でも拾い、持ち帰る事ができます。僕もアート制作をする上でよく拾い集めました。これはアーティストにとって宝の山なのです!(もちろんゴミを破棄することは良くないですが…)ところが東京ではゴミの不法投棄で悩まされていたり、いらなくなった家具の廃棄に費用がかかったりとゴミで頭を悩ませている方がたくさんいる事に気付きました。そこでSho_Konishi_Design_Labスタジオではゴミを引き取り再利用していきます!いらなくなった物を回収し、デザインの力で価値を再生させ、再利用していくブランディングをしていきます!


スタジオ内で使用する家具や食器などもゴミから創り、使用、そしてオリジナル商品として販売していきます。

この理念の元、デザインの力を活かし環境問題に立ち向かいます!また、引き取った素材は生徒のマテリアルとして提供し、彼らの作品創りに活かしてもらったり、生徒のオリジナル作品販売や、アーティストコラボレーションによる制作も行います。将来的にはカスタムオーダーを引き受けられるようにしていきたいと思います。


◼︎不要になった服の回収BOXを設置します

僕がパリやニューヨークにいるときによく見かけた光景なのですが、不要になった衣類を路上にある回収BOXに入れている人の姿です。Labスタジオでは不要になった衣類の回収BOXを設け、再利用していきます!

服の構造を学ぶ教材として、デザイン実験の素材として、またアートに創り変えて展示会を行ったりなど、捨てられてしまった衣類の魂が浄化されるような企画をしていきます。



②プロジェクトまでの経緯

きっかけ


僕がファッション教育に興味を持ち始めたのは、自分が世界のファッション都市である、東京・ニューヨーク・パリで "ファッションデザイン" を学ぶ過程で、場所によって "ファッションデザイン"の教えが全く異なっていることに気付いたからです。例えば、日本の専門学校出身の僕にとって

ファッションデザイン=ドレスメイキング

ファッションデザイン学校=裁縫学校

という感覚でした。



しかし、パリではファッションとは歴史・伝統、そして文化でした。また、ニューヨークでファッションを学ぶという事は人間社会の在り方、それにおける摩擦、人間らしさを学ぶ事でした。"ファッション" とは何か?その答え探しをしたいなと思うようになりました。そんな日々の中で、留学をきっかけに世界中の素晴らしい教授と出会い、自分もこんな風に次世代に想いを託し、教育していく人になりたい」と強く思うようになりました。



3カ国、期間にして9年間の学びを経た自分だからこそ教えられることがあるという想いから、2017年にSho_Konishi_Design_Labを立ち上げ、ファッション教育者としてのキャリアをスタートさせました

Sho_Konishi_Design_Labホームページ


ファッション教育への想い

Sho_konish_Design_Labを立ち上げるにあたり、とても大切なもう一つの想いがありました。それが、「ファッション留学を夢見る若手のサポートがしたい」という気持ちです。僕自身、裕福な家庭で生まれ育ったわけではなく、留学をしたいという思いを両親に伝えたところ金銭的な面から何度も断られました。それでも夢を諦められなかった自分は奨学金に応募し、たくさんの方々に支えられながら現在に至ります。


◇東京モード学園では1年に1人の留学希望者に贈られる奨学金校費留学制度を頂き、ニューヨークのアート予備校へ行くきっかけをいただきました。


東京モード学園校費留学制度の詳細はこちら



◇パリの大学院では学校から奨学金を頂きました



◇2度目の大学院進学は1年に1人の日本人に贈られるTOMODACHI UNIQLOフェローシップを頂き、ニューヨークのパーソンズへ入学しました。

TOMODACHI UNIQLO フェローシップ詳細はこちら


また、留学中の学校生活の様子は、読売テレビで放送されているドキュメンタリー・バラエティ番組『グッと!地球便 〜海の向こうの大切な人へ〜』にて取材していただきました。

これらの経験から、僕にとって学ぶ事に対する価値観が変わりとても尊く、掛け替えのないものとなりました。学ばせていただいた自分のすべき恩返しを日々模索する上で、自分も留学を目指す次世代の手助けがしたいと思うようになりました。



③これまでの活動


Sho_Konish_Design_Labでは現在オンライン上で

・留学に必要なポートフォリオの創り方

・世界中のファッション大学への進学を視野に入れた進学サポート(翻訳、進路相談、奨学金情報の提供など)

・世界のファッションメゾンで働く為のポートフォリオ指導

・作品プレゼンテーション対策など

これらをサポートしています。この3年間でイギリス、フランス、アメリカ、ベルギーなど世界トップクラスのファッション学校へと生徒を輩出してきました。そのうちの数名は奨学金を獲得し、夢の留学を果たしています。


学生のボイス




資金の使い道


Sho_konish_Design_lab東京スタジオのオープンにあたり、内装の改装費、ファッション制作に必要な機材の購入など、開業資金として合計で1,000万円程が必要となる見通しです。

《主な工事費用》

工事・意匠工事・設備工事・造作家具工事・空調設備・制作機材・その他備品

などが設備投資面で必要になります。その一部をクラウドファンディングで集められたらと思っております。

どうかご支援していただけないでしょうか。

必ず支援して良かったと思っていただけるスタジオにしていきます!そこにかける情熱は誰にも負けません!




実施スケジュール

12月現在、物件、改装内容が決まりました。

12月終わりから工事がスタートし、2021年2月のオープンに向けて内装が進んでいく予定です。



⑤最後のご挨拶


田舎で生まれ育った僕にとって今現在、夢に向かいガムシャラに、そして世界を視野に入れた次世代のサポートをしているなんて、自分では想像もできませんでした。何となくファッションを始めた自分が、本当に沢山の方々から支援を受け、現在に至り…またしても支援をいただきたくクラウドファンディングに挑戦しているわけですが…今回は今までとは違い自分の生徒を想う気持ちが加わり、とても特別な気持ちです。今まで以上に必死です。と、いうと誤解があるかもしれませんが、今まで以上にこのプロジェクトを達成した時は嬉しいのかもしれません。個人からチームとして。この感情はとても特別な物になると確信しています。

正直なところ初めてのことなので不安なところだらけなのですが、このプロジェクトにかける想いは人生1です!いただいた支援金は大切に、1円、1円感謝の気持ちを持ち、丁寧に愛情持って使わせていただきます。

どうか、ご支援のほど心よりよろしくお願い致します。

小西翔





*本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


支援してくださった皆様本当にありがとうございました!

プロジェクト終了残りわずかとなりましたが、ネクストゴール達成に向け何卒よろしくお願い致します。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください