はじめに・ご挨拶

はじめまして

合同会社「夢」代表の樋吉賢二(ヒヨシ)と申します

この度,広島県の瀬戸内海沿いに位置する穏やかな街、呉市阿賀にて、長年の夢であった,セルフビルドしたログハウスカフェ「cafe Hygge(カフェ ヒュッゲ)」の開店が実現できる運びとなりました。

店名のHyggeとは、デンマーク語で「人と人とのふれあいから生まれる,温かな居心地のよい雰囲気」という意味です。店名のとおりフィンランドログハウスならではの木の温もりや,デンマーク製の薪ストーブから醸し出される温かな雰囲気を感じながら、心地よくゆったりとくつろいで頂けるお店づくりを目指しています。

お客様には,コロナ禍に対応するゆったりとしたスペースで,居心地よい空間と時間を提供いたします。







※イメージ写真のオーブン付き大型薪ストーブは購入予定のデンマークHETA製LOGIです

輸入元ファイヤーサイド (株)HPより



お店が作られた背景

ログハウスをセルフビルドすることは、若い頃からの夢でした。

学生時代に、父親の農機具小屋造りを手伝った経験がきっかけで無垢の木の家への憧れが募り、30代の頃に職場の有志でログハウスをセルフビルドする計画を立てた事もありますが、残念ながらその際は頓挫してしまいました。

今度こそ夢を叶えたいと思った私は、妻を説得し、定年退職をした今、やっと実現に漕ぎつけました。

開業のきっかけには、退職する年度の平成30年7月7日に西日本豪雨災害が呉市を襲ったことが転機となりました。
呉市では,土石流等により25名の方が犠牲となり,私が勤務する職場では,被災地からの被害報告や対応要望を受付し土砂撤去等をする現場の最前線で不眠不休の対応を行い、その後応急工事に取掛りましたが,平成31年3月復旧工事がようやく動き初めたところで定年退職となりました。
土石流発生により,河が全部土砂で埋まり周辺一帯の道路や家屋が1階が埋まる等,以前知っていた場所が一変した状況にどう対処して良いのか愕然とし,人間の弱さを改めて知らしめされました。
一方,災害による市内ほぼ全域での長期断水では,井戸水の融通や風呂屋さんの開放等を通じて近隣の助け合いを身で感じ,その後は全国から多くの災害ボランティアの方々が訪れ地道な応援に助けられ,人の絆の大切さを感じました。
起こった事実を受け止め、退職後の新しい人生を考えた時,地域や人との繋がりを深めることが出来る飲食店を開業すること決意し,気力体力がまだまだある今なら長年の夢であるログハウスのセルフビルドが出来ると計画を始めました。キッチンカーの復興応援ポスター

飲食店の経営については,現役時代に、仕事でキッチンカーの出店による公園の賑わい作りに携わった経験から、魅力を感じていました。
提供するメニューや自らのアイデアや工夫がお客様の反応として直に感じられ,キツイ仕事ながら、お客様からの感謝の言葉にやりがいを感じました。
また,キッチンカーのメンバーがクラウドファンディングを通じて得た資金で豪雨災害ボランティアの方々にかき氷等の無償提供をして下さり熱い想いを感じる中で飲食店の経営を目指しました。

シニアの私は,現在も続けている料理教室受講16年の経験を活かすことで,第二の人生を有意義にできると考え,飲食店の起業により,これまでの経験を基に地域や人との繋がりを大切にして私の心の財産にしていきたいと思っています。

お店では,コロナ禍に対応するため予約制によるオーブン付き薪ストーブ活用した料理教室や少人数でも可能な店舗貸し切りプランを試験的にご用意しましたので,木の温もりと温かな居心地のよい雰囲気の中で親しい人と安心してゆったりした時間をお過ごし下さい。 

店舗所在地は,小学校から大学まで近接してある文教的な地区の特性があり,地域の方を含め近隣の学校に通う生徒や学生さんにもログハウスの温もりや薪ストーブの楽しみ方を味わって頂けるように,コロナ終息後は,イベント やワークショップに利用して頂く計画も考えております。
子供たちが大人になった時に,ふと立ち寄って頂けるような思い出を作れる店として喜んで頂くことで,長く続けることができるお店とすることを目指しています。

私たちの商品・お店のこだわり

非日常的ですが,温かな居心地よい空間を街中近くにHyggeな時間を提供することです。

特長としましては,

1つ目(セルフビルのログハウス)

店舗は,代表社員自らほぼ一人で橋の架設から始め,店舗も基礎・屋根・設備を含め電気工事以外はセルフビルのログハウスであり,DIY好きやセルフビルドに興味のあるかた薪ストーブに興味のある方が興味を持って頂きオーナーの樋吉と会話を楽しんで頂けます。
退職までは,土木技師として測量設計や積算現場監督を行ってきましたが,工事の実務経験は無く,ましてや木造建築の知識は全く無い状況でしたが,インターネットで調べると全国ではログハウスをセルフビルドされている方も多く,詳しい情報に助けられました。
また,折々に交代でマラソン仲間や親族が手伝ってくれたことや,孫達を含め家族が応援に良く訪れてくれたことで,ここまで進むことが出来たと大変感謝しています。
一人でコツコツと概ね2年掛かりで工事していると途中で腰や肩を何度か痛め病院通いしたり,不注意で材料が倒れたり突風で屋根の養生シート吹き飛んだりヒヤリとした事もありましたが,通行する人や隣接する学校から,「何が出来るんね,頑張ってね!,完成を楽しみにしてるよ」等の温かい声掛けや差し入れを頂き,大変励みになりました。

■橋の建設
生コン車やクレーン車が入れるよう強度計算から始め図面作成し河川占用の許可申請も自ら行い,民地側の基礎工事と床版の支保型枠配筋工事を行いました。
道路側の基礎は公道上をバックホーを乗る資格が無いため,建設業を営んでいる学生時代からの友人に依頼しました。
彼には材料屋さんの紹介や道具の貸し出しなどで多く助けてもらいました。

■基礎工事
橋が出来たおかげで大きいバックホーと2tダンプも借りて作業もスムーズに。
コンクリート打設時等で人手がいる時は,友人等にも手伝ってもらいました。
小規模建物も建築確認の完了検査時に基礎寸法配筋写真は必要とのことで忘れず残しました。 

■ログ23段の木組み
友人等が交代で時々手伝いに来てくれたおかげで実日数は15日で済みましたが,その後の工程で随分日数が掛かってしまいました。
手にしている木栓は上下のログを連結するダボでこれを完成までには500本程打ち込みます。

■屋根の防水と板金作業
足場を組み換え安全帯の装備を準備しました。
素人が扱いやすい方形の建物で屋根も勾配が緩く一番簡単な屋根ですが最初や縁での作業は怖いです。

■床・天井・窓・内装工事
床と天井と窓枠には断熱材を入れ,トイレの仕切り壁には吸音材と遮音材を設置。
屋根・雨樋・設備関係等を含め材料を自分で調達することが多く同じ工事するならと妙にこだわった結果もあり,セルフビルしても費用が掛かってしまいました。

■上下水道・設備等工事
元水道等関連業者の友人等の手も借りて設備関係も実施,中古のレンジフード加工も屋根での板金経験を活かし何とかこなしました。
電気工事は資格も無く知識も全くないため電気工事屋さんにお願いしました。


2つ目(居心地よい空間)

店内には,今回のプロジェクトの目的にもしています薪ストーブを設置する事で,炎の温もりとログの木や薪ストーブが醸し出す温かな雰囲気により居心地よさをより豊かに感じて頂けます。クルクル回っているのがストーブファンです

大型薪ストーブには,オーブン機能を備えておりストーブの天板と合せて各種料理や湯沸かしが出来る他,薪割道具や放熱作用を利用したストーブファン等のディスプレイも楽しんで頂けます。

また,新型コロナウイルスの感染防止対策として,客席の間隔は広く取るように座席を配置します。安心して来店頂き,ゆったりとしたHyggeな時間を過ごして頂きたいと思っています。


カウンター天板は楠の一枚板を磨いて設置しました。遊びに来た孫達もお手伝い(お手伝いのつもり)


3つ目(キャンプをイメージする料理)

料理は,保温性の良い鋳物のスキレットを使い熱々を提供しアウトドアクッキングをイメージさせていることです。
ドライカレーは,呉中通商店街から堺川に通じる所にスーパーマーケットのイズミがあった時に入店していた矢富さんの看板メニューを直伝頂き,スキレット用にアレンジしたもので,調理に手間を掛けオリジナルガラムマサラが効いた絶品です。
また,現在流行中の贅沢キャンプ『グランピング』の様な肉や魚介類や野菜をグリル料理の提供も行ってまいります。
ハンドドリップコーヒーには,自家焙煎した産地指定の高級ストレートコーヒーを使用し,その他の飲み物にも,地元の柑橘や北欧をイメージしたベリーを利用した飲料等を提供し,目でも楽しめる物となっています。

■ランチ予定メニュー
■デザート予定メニュー■モーニング予定メニュー

■パーティー予定メニュー


資金の使い道

応援して頂いた費用を含めてCafe Hygge最大の特徴となるオーブン付き大型薪ストーブを設置します。 ご支援いただいた資金は,ヒュッゲの国デンマーク製の オーブン付き大型薪ストーブ80万円 の購入と煙突工事を含めた設置費用50万円に補充活用させて頂きます。
また,コロナ禍に対応するため予約制によるオーブン付き薪ストーブ活用した料理教室や少人数でも可能な店舗貸し切りプランを試験的に行い今後の店舗運営に活かします。

※写真は薪ストーブの販売店を訪れた時の写真です。

このストーブは背が高くガラス面が広くて湾曲しているため,燃焼炎が離れた席からでも眺められる素敵なストーブで一目ぼれしました。

また,付属するオーブン室を使った料理を楽しめるのも嬉しいですね!

クラウドファンディングにご協力頂いた方には各種の薪ストーブを利用頂けるプランをご用意いたしておりますので是非ご検討ください。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



応援して頂いた方に薪ストーブの楽しみをお伝え出来るお返しのプランをご用意しました。

■薪ストーブのオーブンを使ったピザ作り体験,デザートセット付。(写真はイメージです)


■ストーブ前の特別ソファー席の予約権付き食事券(写真はイメージです)


■薪ストーブを楽しめるお店の貸し切り付き食事券(写真はイメージです)

現在家庭ではオール電化により火を使う機会が非常に少なくなっています,火起こし体験や薪の遠赤外線による心から温まる効果を実感し,パーティーメニューをご賞味ください。


是非検討頂き,温かな居心地のよい雰囲気の中で親しい人とヒュッゲな時間をお過ごし下さい。

特典※プレオープン日(2021年4月中旬の予定)後の1ヶ月間は,支援者様のみを対象にした特別期間として、ゆったりと過ごして頂けるようにします。

遠方で来店が無理な方へのお返しにつきましては,産地指定の高級ストレートコーヒー(ブレンドで無く単一の品種産地)をご用意しております。
ストレートコーヒーは味や香りがはっきりしており、コーヒー豆の個性をダイレクトに味わうことができます。 特に香りを楽しみたいのであれば断然ストレートコーヒーがお薦めです。明るさや華やかさのある果実のような「わずかな甘味」を伴った「酸味」が近年注目されており,是非この機会にお試し下さい。
ご提供は,ビルカマウンテン,ブラジル・ブルボンコーヒー,モカ・イルガチェフェ を併せて提供予定しています。
■ビルカマウンテン
芳醇な香りと程よい酸味があり,バランスが取れており,まろやかながらコクがある味わい深さです。 この豆は、世界的に有名な長寿の村、エクアドルのビルカバンバ村で採れ,自然に恵まれた山岳地帯の谷の村で、現地では”聖なる谷”と言われている場所です。
■ブラジル・ブルボンコーヒー
供給が限定され希少品種のブルボン種を陰干しすることで甘みとコクを引き出した逸品です。
■モカ・イルガチェフェ
モカの最高級産地のイルガチェフェで収穫された豆で香り・風味が強く,モカ独特のフルーティーな香りと酸味の中に甘みが感じられる逸品です。

また,手間を掛けず飲めるドリップバックで提供いたしますので,ご自宅で簡単にヒュッゲな時間をお過ごすことが出来ます。


プロジェクトで実現したいこと

コロナ禍の中で人と人との繋が希薄になっているいまだからこそ、安心して親しい人とリラックスした心地よい時間を過ごして頂ける場が必要だと思います。

店舗名でもあるHygge(ヒュッゲ)は,デンマーク語で「人と人とのふれあいから生まれる,温かな居心地のよい雰囲気」という意味の言葉です。

店舗名に合うようにログハウスの雰囲気や薪ストーブの心地良さを十分に生かすため,お客様の回転効率が悪くなりご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが,親しい人とリラックスした心地よいヒュッゲな時間を過ごして頂けるように心掛けてまいります。
ご支援頂いた薪ストーブのオーブンを活用しコロナ禍に対応した少人数予約制による料理教室を開く他,少人数でも可能な店舗貸し切りプランを試験的に行い今後の店舗運営に活かします。
クラウドファンディング支援者様を対象としたプレオープン時の1ヶ月間は,予約制の試験導入等を行いお客様の利便性の向上を図ってまいります。

遠方で来店が無理な方へのリターン品には,産地指定の高級レギュラーコーヒーをご用意しておりますので,自宅でヒュッゲな時間をお過ごしください。


スケジュール

ログハウス完成:2021年3月中旬予定

ストーブ設置 :2021年3月下旬予定 

プレオープン日:2021年4月中旬を予定
        詳しい日程につきましては進捗状況報告と合せて後日、ご連絡させて頂きます。
プレオープン期間:プレオープン日後の1ヶ月間
        支援者様のみを対象にした特別期間として、ゆったりと過ごして頂けるようにします。
店舗オープン:プレオープン日の1ヶ月後を予定


最後に

最後までお読みくださり、誠にありがとうございます。

当店は,店主がほぼ一人で進入路の橋作りから始めログハウスの建築及び設備の設置まで行っておりますので,ログハウスのセルフビルドや薪ストーブにご興味のある方の他,DIY好きにの方にも興味を持って頂けるお店となっていますので,是非お立ちより頂きお話等が出来れば幸いです。
これから薪ストーブを使ったイベントもコロナ禍ではありますが工夫を凝らして行ってまいります。

どうか応援のほど、よろしくお願い申し上げます。


店舗の案内

住所:広島県呉市阿賀中央5丁目13番街区(建設中のため番地は未定)
   東広島呉道路の阿賀ICから南に200m

 安芸灘諸島に繋がるとびしま海道や音戸江田島のかきしま海道に通じる先小倉交差点に近くドライブがてらお寄りください

営業時間 :火~木10時~16時  金・土10時~20時(※16時以降は予約のみ) 

定休日:日・月曜日



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください