はじめに・ご挨拶



こんにちは!

劇団シアター・ウィークエンド 代表の松本喜臣です。

早稲田大学演劇科で演劇を学び、文学座俳優養成所を経て、数々の舞台を経験した後、地元の名古屋に戻り、劇団を結成して今年で47年になります。

地域の文化向上を願い、日々、精力的に活動しています。

池下に自前のスタジオを持ち、劇団の公演の他に、ストレス解消と若さを保つためのシニア中心演劇塾(夢現塾)、話し方&朗読教室などを開催しています。


「スタジオ・座・ウィークエンド」の概要


栄から約12分、名古屋駅から約17分。
地下鉄池下駅より徒歩5分とアクセスの良い場所にある「スタジオ・座・ウィークエンド」。

靴を脱いで入るスタイルで、小劇場として使用する場合は、客席は50〜80席程で満席になります。



発表の場、芝居や歌の稽古、舞踊、太極拳、会議など、さまざまな”空間”としてご利用頂けます。



照明、音響設備もあり、YouTubeの動画撮影にも最適です。


照明卓

    

プロジェクトをやろうと思った理由

劇団シアター・ウィークエンドは、年に3回、「スタジオ・座・ウィークエンド」で芝居を上演しています。

このスタジオの特徴は、何と言っても、お客様と役者の距離が近い、ということです。

お客様にとっては、役者の息づかいを感じることができ、また役者にとっては、高い集中力と質の高い演技力が求められます。

だからこそ、それらが一体となった時、本当にそのお芝居の世界にいるような気にさせられる、そんな素敵な空間です。

おかげさまで、いつもたくさんのお客様に観ていただき、応援していただいております。

しかし、2020年は、新型コロナウィルス感染症の拡大により、公演が全て中止となりました。



公演収入の一部をスタジオ維持に役立てていた私達にとっては、大変な痛手です。

このままではスタジオの家賃が払えないため、スタジオを手放すことも考えなくてはいけない状況です。


これまでの活動

1973年、地域の文化向上を願い、劇団シアター・ウィークエンドを結成。

1988年、劇団創立15周年を迎え、小劇場としては画期的な一カ月長期公演「漂浪」(東田麻希作、松本喜臣演出)を上演。

そして同年に、松本喜臣が「第10回都市文化奨励賞」を受賞。

1989年、文化庁芸術祭主催公演「地域劇団東京演劇祭」に参加。

1993年、20年間の活動が認められ名古屋市芸術賞奨励賞を受賞。


そして同年、「にっぽん音吉物語」(東田麻希作、松本喜臣演出)をシンガポールで上演。

(その後、今日までに、ロンドン公演、シアトル公演、ハワイ公演と数々の海外公演も実現。)



近年は、劇団のホームグラウンド「スタジオ・座・ウィークエンド」で年3回のスタジオ公演 + 東京の中野twlで年1回の東京公演を続けています。


2018年12月 スタジオ公演

2019年5月 スタジオ公演

2019年9月 スタジオ公演
2019年10月        東京公演

2019年12月 スタジオ公演

2019年12月 スタジオ公演 集合写真

2019年12月 スタジオ公演 舞台セット

今後の活動予定

今年は、コロナの影響で、スタジオ公演が全て中止となりました。

現在は、最新オリジナル作品「愛のカタチ」(富田裕子作、松本喜臣演出)の稽古に励んでいます。


左は作者、右は演出。
手に持っているのは、
「愛のカタチ」イメージ画。

2021年2月に「スタジオ・座・ウィークエンド」で無観客で上演し、3月に動画配信する予定です。


支援金の使い道
・当面のスタジオの維持費(家賃、水道光熱費など)

・スタジオのコロナ対策費用(消毒液など)

・2021年2月上演「愛のカタチ」の制作費


リターンについて

3,000円〜100,000円まで、6つのコースをご用意させていただきました。

ご支援いただいた方には、お礼のメールはもちろん、2021年3月に予定している劇団シアター・ウィークエンドの最新舞台「愛のカタチ」の動画招待券や、「スタジオ・座・ウィークエンド」のスタジオ1日利用券などをお送りします。


応援メッセージ

声優の小山茉美(こやままみ)です。

なかなか収束の見えないコロナ禍。私の生まれ育った劇団シアター・ウィークエンド存続のピンチです!!!
名古屋の文化を守るためにも、ぜひ、ぜひ、このファンディングでご支援を宜しくお願い致します。
あなたの暖かなお心をお待ちしています。

小山茉美 https://koyamamami.com/

劇団シアター・ウィークエンド第1期生
Drスランプ・アラレちゃん
ワンピース・ビッグマム
報道特集、ポツンと一軒家のナレーションなどでおなじみ


最後に

コロナが収まって、また生のお芝居をお届けできる日が来るまで、なんとか「スタジオ・座・ウィークエンド」を維持していきたい、そして、また皆さんと素敵な空間で感動を分かち合いたい、そんな思いから、今回、クラウドファンディングに投稿させていただきました。
劇団シアター・ウィークエンドのホームグラウンドである「スタジオ・座・ウィークエンド」の存続のために、どうかご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


※募集方式 

<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください