Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

野球人気を復活させたい! 家庭への負担軽減からはじまる野球人口増加プロジェクト

キャンプファイヤー ふるさと納税のバッヂ

高い道具、長い練習時間、いらないお茶当番・・・野球人口激減の3大要素で今や消滅の危機。私たちNPO法人静岡ベースボールクラブは、一向に改善されない課題に経済的負担の軽減を中心に取り組み、ゲームチェンジャーとしてのクラブ構築と野球文化の大改革を実行します。※この事業は、静岡県静岡市の「ふるさと応援寄附金等によるNPO等 指定寄附事業(静岡市役所クラウドファンディング)」によるものです。

現在の支援総額
147,000円
支援者数
10人
募集終了まで残り
終了

現在29%/ 目標金額500,000円

29%
このプロジェクトはふるさと納税ポータルサイト「さとふる」に掲載されている、CAMPFIREがサポートしたプロジェクトです

※このプロジェクトの決済は、さとふるへ移動します。

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2021/02/26 23:59:00までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2020-12-04に募集を開始し、10人の支援により147,000円の資金を集め、2021-02-26に募集を終了しました

プロジェクト本文

実施理由/背景

「経済的負担、お茶当番、配車当番・・・。」子どもたちが野球を続けられない

皆さんは、野球を思い浮かべて、どんな印象がありますか?
野球は、他競技と比べ、使用する道具が高額であり、別途部費もかかるため、多額の資金が必要になります。
また、お茶当番や配車当番など、保護者の時間的負担もかなり大きくなってしまっています。
そのため、家庭の事情で野球を始めたくても始められなかったり、途中で断念しなくてはならない子どもたちが多くいるのが現状です。
また、昨今の少子化と相まって、部活の部員数が9人に届かず実戦形式の練習もできない中学校が増えています。
子どもたちにとって、野球を続けることが難しくなってしまっているのです。

プロジェクト内容説明

子どもたちが野球を続けられる環境づくり

そこで、私たち静岡ベースボールクラブは、保護者の負担を軽減するため、以下のことに取り組んでいます。

1 レッスン料を年間30,000円に設定し、保護者の経済的負担軽減を図る。
  (参考:一般的な硬式野球クラブチーム 年間約360,000円)
2 保護者によるお茶当番・配車当番等を廃止し負担を軽減する。

また、中学校の野球部に対しても以下の取り組みを行っています。

1 メンバー不足チームへ選手をレンタル
2 要望のある学校へ外部コーチとして参加

これらを通じて、子どもたちが家庭や学校の事情に関わらず、安心して野球を続けられる環境を整えます。

現代野球理論を軸とする、ケガを予防し成長期の体に負荷のかからない技術指導

詳しくは以下の動画をご覧ください。

クラブスローガン「習慣化している精神論に疑問を持て」
現代野球理論で技術中心の指導を行います。
指導内容:https://www.youtube.com/channel/UCCJHpkf43asLXlSCoNVaBvA

目指すところ

野球は続けにくいというイメージを払拭し、野球人口の激減に歯止めをかける!

少子化、共働き世帯、ひとり親世帯の増加等の理由により、野球を始める、続ける子どもが減少してしまっています。
また、未だに精神論を中心とした練習など、野球の現場にも課題があります。
このプロジェクトを通じて、家庭の事情に左右されずに野球を続けられる環境整備、ケガを予防し成長期の体に負荷のかからない技術指導を行い、若年層の野球離れに歯止めをかけたいと思っています。
そして、子どもたちの健全育成とともに、野球業界の盛り上げに貢献していきたいと考えています。

寄付の使い道

・メンバー不足チームへ選手のレンタル。
・保護者の野球に対する経済的時間的制約の負担軽減。
・現代野球理論を軸とする、ケガを予防し成長期の体に負荷のかからない技術指導や講習会の開催。
・要望を受けた中学校へ合同練習や練習試合を兼ねた外部コーチとしての参加。
・廃部となった中学校や野球部のない私立中学からの生徒の受け入れ。※小学生含む。
・高校野球を目指す中学三年生を対象とした硬式ボールでの指導。  上記にかかる人件費および諸経費。

自治体からのメッセージ

静岡市はこのプロジェクトを応援します!

市民ニーズが多様化・複雑化し、行政だけでは社会的課題に対してきめ細かく対応することが困難な状況にある中で、行政の支援が届かない分野で活動しているNPOなどの団体は、社会に欠かせない存在となっています。

このような行政の支援の行き届きにくい公益性の高い活動に取り組んでいる団体を対象として、ふるさと納税制度を利用した支援を行います。

部活動は、目標に向かって仲間と努力する大切さなど、人間形成のための魅力ある教育活動です。野球には道具などの費用負担が伴いますが、子どもたちには経済的な理由でやりたい活動を諦めてほしくありません。静岡ベースボールクラブは本市で実施する「静岡市部活動応援隊」としても活躍しており、家族の負担軽減に取り組んでいます。

静岡市は当プロジェクトを応援します。
皆様の温かいご支援をよろしくお願いします。

静岡市長  田辺 信宏

団体紹介

NPO法人静岡ベースボールクラブについて

・静岡県軟式野球連盟公認クラブチーム。
・「部活動応援隊/静岡市型部活動プロジェクト」に賛同。
・SNSによる活動内容の発信。(YouTube Facebook) 
・シルバー(60歳以上)チームとの交流戦。
・メンバー不足チームへ選手のレンタル。2018.12.9朝日新聞静岡面掲載。
・要望を受けた中学校へ合同練習や練習試合を兼ねた指導、講習会の開催。
2018.12.23静岡新聞朝刊掲載。
・お茶当番、配車当番の廃止。

事業スケジュール

2021年4月~2022年3月末:年度内に必要とされる人件費及び経費に充当

本来必要とされる、野球指導にかかる費用を充当し、家庭への経済的負担を軽減します。

【寄付に関する注意事項】
目標金額に到達しなかった場合の寄付金の返還はございません。
目標金額に到達しなかった場合、お預かりした寄付金は自治体内で使い道を検討し、自治体が取り組む各種の事業に活用させていただきます。
目標金額を超過した寄付金の取扱いについては、各自治体の判断となります。
また、クラウドファンディングの目標金額到達前に、自治体またはさとふるの判断により、寄付の受付を停止する場合があります。あらかじめご了承ください。
お礼品をお受け取りいただける金額以上の寄付であり、且つ、お受け取り辞退のご希望がない場合は、目標金額到達の如何を問わずお礼品をお受け取りいただけます。
サイト上で表示される寄付金額の数値は、入金が確認できた寄付金の合計となりますため、即時反映されるものではないことをご了承ください。
受付終了後に入金が確認できたものについては、受付終了後に数字を更新いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください

ふるさと納税を通じて地域に火を灯していきます

CAMPFIREは、「好きな地域を応援する」という
ふるさと納税の本質に立ち返ります。
事業の取組や背景、関わる職員たちの想いを形にし、集まった支援金の使いみち、まちのビジョンやミッションを
明確にして、地域の魅力や地場産業を掘り起こして健全なふるさと納税を再構築していきます。
ふるさとを応援したい、あなたの思いに応えるための
クラウドファンディングプラットフォームがここにあります。