未来のロアッソ熊本戦士 応援プロジェクト☆
≪ロアッソ熊本アカデミーとは≫


ロアッソ熊本は「県民に元気を」「子ども達に夢を」「熊本に活力を」というクラブ理念に基づき、地域に根ざした育成型クラブです。

現在、ユースチームは「高円宮杯U-18サッカーリーグプリンスリーグ九州」に参戦。
九州の強豪チームと切磋琢磨しながら、チーム・個人のレベルアップを図っています。

昨年はユースチームから3名トップチームに昇格!!

これから未来に向かって、進化し続けるクラブです。

≪2020シーズントップチームに昇格した3選手≫

樋口 叶

小島 圭巽

田尻 康晴

≪全国大会出場≫

チャンスが舞い込んだ!!

毎年9月に開催の全国大会。
コロナの影響を受け中止となっていましたが、12月に開催することが決定しました。

ここ4年間で3回出場となる全国大会!
九州の代表として、ハイレベルの舞台で、これまで積み上げてきた成果を出し、チーム一丸となって挑みます。

選手たち・クラブの成長の場となるようチャレンジしていきたい!!


第44回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会

【開催期間】2020/12/25(金)〜2020/12/30(水)

【開催場所】群馬県前橋市中心としたグラウンド

全国9地域の代表32チームが出場

本プロジェクトは、第44回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会終了後も支援金の受付を継続いたします。
集まったご支援金は、アカデミー活動費に充当させていただきますので、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 へ向けて

チームの意気込み


監督コメント


キャプテンコメント


キャプテン 谷山 湧人

≪苦しかった2020シーズン・・・≫

大好きなサッカーができない、、、

新型コロナウイルスの影響により、サッカーだけではなくスポーツ界全体での主要な大会、イベントの延期・中止となり、大きな影響を受けました。

選手達もサッカーができる環境を制限され、先の見えない日々が続き、目標に向かって進む事が困難な状況となりました。

チームでの活動ができない中、少しでもコンディションを落とさないよう、リモートでのトレーニングや近くの公園・グラウンドでの個人トレーニングを行い、できることを最大限努力し、活動再開を願うしかなかった、、、

・・・・・

7月には豪雨災害により、大きな打撃を受けた。

サッカーに集中できない日々。

9月に開幕したリーグ戦では、思うような結果が出せず、チームが1つになる難しさを痛感した。

それでも、選手たちは現実を受け止め前進した。


前向きに取り組む姿勢 


仲間と分かち合う喜び


サッカーができることへの感謝の気持ち


このような思いを噛み締めながら、大好きなサッカーへ向き合った。

今は通常の環境の中で活動ができていないが、自分たちの可能性を信じて進み続けている。


≪なぜ応援して欲しいか(クラウドファンディングをする理由)≫

遠征費用200万円・・・

自分たちの夢を実現し、仲間と乗り越え、希望を与えれる大会にしたい。

ただ、全国大会に出場するには、多額の費用がかかる・・・

クラブとして物販や募金活動のほかに何か行動を起こせないか。

「選手に少しでも万全の状態で試合に臨ませたい」

そんな思いから、本プロジェクトにも挑戦することに。


≪皆様のご支援が、どんなことにつながるのか?≫

「熊本の未来に」

 コロナや豪雨災害を乗り越え、サッカーを通して、選手たちが一丸となり、夢や希望に向かって突き進むことで、支援して頂いた方々に元気、勇気をお届けしたい。

また、このプロジェクトで育った選手達が、将来日本代表として活躍してほしい。

子どもたちの可能性を最大限活かしていきたい。

これからの「ロアッソ熊本」の未来へと繋ぎたい!

若きロアッソ熊本ユースならびにアカデミーの選手たちへエールを送ってください。

本プロジェクトへのご支援、ご協力の程よろしくお願いいたします。

---

本プロジェクトは、第44回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会終了後も支援金の受付を継続いたします。

集まったご支援金は、アカデミー活動費に充当させていただきますので、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※本ページ内で使用している写真、動画は(株)アスリートクラブ熊本が掲載権利を保有しております。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください