皆様のお陰で、第一目標達成しました!!本当に本当に、ありがとうございます!!
これよりネクストチャレンジとして、400万円の達成を目指します!
達成したら、芝の下に敷く「アンダーパット」を入れ、さらにフカフカなグラウンドにすることができます!
引き続き、頑張って活動していきますので、皆様よろしくお願いいたします!!


初めまして、中山英樹と申します。幼稚園からサッカーを始め、小学校からはゴールキーパーとして大学を中退するまで活動。その後は指導者に転向しました。福岡市にて、ゴールキーパー専門のコーチングスクール※を運営中です。ゴールキーパーとして、プレイヤーとしては7年、コーチとしては20年を超え、今もなお活動しつづけています。


今回、そんな私から、サッカーを好きなあなたにどうしても伝えたいことがあります。

それは「このままでは日本サッカーは"世界一"になれない」だろうということ。

その原因として、ゴールキーパーをとりまく「育成環境の悪さ」があるということです。


 ※福岡ゴールキーパースクール校長、日本GKコーチアカデミー主宰



まず1つ目に、私の時代は「ゴールキーパーの専用コーチ」がいなかったので、独学で必死にゴールを守り続けてきました。

中・高時代は九州・全国レベルの大きな大会に出場する機会もありましたが、当時はインターネットも普及しておらず、限られた情報と知識から技術を習得するのが精一杯でした。

しかし本来、ゴールキーパーは「最後の砦」であり、重要で、とても特殊なポジションです。

より専門的なトレーニング、指導者が必要なはずなのに、なぜ居ないのか。
専門的な指導があれば、どんなに良いだろうか。

私はそんな想いをずっと抱えながら、練習や試合を続けてきました。

そしてその中で生まれた「指導への飢え」が、私が指導者に転向するキッカケとなったのです。

この「コーチがいない」という壁が、日本が世界一のゴールキーパーを育てられない1つ目の理由でした。

ですが、これは私自身コーチとしてゴールキーパーを育成しており(福岡ゴールキーパースクール)、日本初となる「オンラインGKスクール」(日本一ゴールキーパーを学べる学校)を開しました。


下記は、私のスクールで実際に行っている、ゴールキーパー専用のトレーニングの様子です。

現在は「キーパー専門のコーチを育成するアカデミー」(日本GKコーチアカデミー)も作り、徐々にキーパー専門のコーチは増えてきています。


しかし、そこに立ちふさがったのが「第二の壁」でした。

その壁とは、「グラウンドの環境の悪さ」でした。

指導者としてコーチングを20年以上行ってきた私は「ゴールキーパーにとって必要な知識」、すなわち技術や戦術、そして人間力を磨くべく活動をしてきました。

その中で一番感じたことは、練習や試合の際に、ゴールキーパーとして「痛みや怪我」のリスクを背負っている選手があまりにも多いということです。

なぜなら、日本のほとんどのゴールキーパーは「クレーグラウンド」と呼ばれる土のグラウンドでトレーニングをしているからです。

サッカーにおける「土」のグラウンドは、畑のような柔らかい「土」ではありません。大多数の人に踏み固められた大地は、もはや「板」や「床」のような固さなのです。

しかしゴールキーパーは、全選手で唯一「地面に向かって体を投げ出す」「倒れ込む」というプレイをしなければならないポジションです。着地の時に、姿勢が崩れることもしょっちゅうです。


キーパーの気持ちを体験したい人は、いますぐ「床に飛び込んで」倒れてみてください。とてもじゃないですが、怖くて動けない人が大半でしょう。

プロテクターをつけて練習している実際の風景

それが毎日毎日、何度も何度も繰り返されるとなったら、どうでしょう?

まだ体も未熟な子供たちが、そんな現状で、積極的に練習できるのでしょうか


はっきり言って「大人でも参ってしまうほど痛いし怖い」ですし、場合によっては痛みを通り越して怪我のリスクすら出てきます。実際、プロテクターがないと危険です。


本来、ゴールキーパーは最後の砦であり、コーチングをする事から“ピッチ上の監督のような存在”といった役割を持ちます。海外の一流クラスのサッカー強国ではとても重宝されていますし、かなりのリソースを割いて育てられています。

なぜかというと、試合の得点において「1点の価値が大きいサッカー」では、ゴールキーパーたった1人で結果を左右するからです。それだけ重要なポジションなのです。


しかしながら、日本では「グラウンドでの練習が痛すぎる」という理由でゴールキーパーは敬遠されがちです。

プロテクターなどの装備で解決することもできますが、完全に体を守るとしたら全身防具のようになります。体が重くなるし、夏になると熱中症にもなりやすい状況に陥ります。

また、現実的な話をすると、性能を求めたら金銭面でも楽ではありません。

私自身も選手の時は、ずっと土のグラウンドでトレーニングをしてきたので、そこで出てきた一番の問題は、やはり「強烈な痛み」でした。

「プロのように上手くなりたい!」と思って、同じように真似をしてみるものの「プロと違って地面は床のように固い土」。地面に体が打ち付けられるようで、大変な痛みを感じました。

多くの選手にとって「強いゴールキーパーになりたい」という高い熱意は、その痛みが原因で激減します。人によっては意欲がゼロになり、キーパーを辞めてしまいます。

ゴールキーパーの環境は、日本全国どこでもこんな感じです。
その原因は、「日本に、子供が使えるキーパー専用の芝生グラウンドがない」からです。


これが、日本がゴールキーパーの育成環境で「世界に大きく遅れをとっている」第二の理由なのです。

一体、どうすればいいのでしょう?


世界の一流国では、キーパーは専用のふかふかな芝生グラウンドで、思う存分練習するのが当たり前。

しかし日本では未だに固くて痛い、やる気をなくす土グラウンドが当たり前。


これを変えない限り、日本は世界一になるどころか、世界とますます差が開くばかりでしょう。

ゴールキーパーの練習環境に関してだけは、未だにサッカー後進国と言われてもやむをえない状況です。

土のグラウンドでの練習風景

ゴールキーパーの重要性の理解が、世界ではどんどん高まってるのに。このままでは、日本がその重要性に気づくころには、もう手遅れになっているかもしれません。

しかし、無いものは無いのです。

では、どうすればいいのか?

そうです。無いのなら、作ればいいのです。いえ、作るしかありません。誰かがです。

私は、これを解決するには、自身でグラウンド自体を作るしかないと考え……

そして、実行しました。


 

私はゴールキーパーがどんなにダイビングしても痛くないサッカーグラウンドを作るため、福岡市早良区の幼稚園跡地を、2200万円で購入し、日本で初めての「ゴールキーパー専用のサッカーグラウンド」を作ることにしました。



39歳の私にとって、非常に高い金額です。

しかしどうしても、子どもたちのために。そして日本サッカーの未来のために、やりたい!誰かが先陣を切らなければいけない!と考え、決死の覚悟で踏み切りました。

ですが、まだあくまで現時点では「土地を買っただけ」です。

このあと、芝生を敷く工程があり、工事を進めていきます。その先も可能な限り、より安全で、安心で、利便性の高いグラウンドを。

世界に通じるレベルのグラウンドを創りあげていくつもりです。

人工芝グラウンドでの試合風景

例えば、芝生をただ取り付けるだけではなく、ゴムチップを敷いて、よりクッション性を高めたいと考えています。

そのゴムチップも、より人体に害がなく、安全度が高いものを選ぶ必要があります。

そのように「人体に害のないフカフカの人工芝」を貼って、ゴールキーパーが快適に練習できる場所を作りたいのです!!

ですがそれには、残念ながら「より多くの資金」を必要とします。

私は例え一人で、どれだけ時間がかかろうともやり遂げる覚悟ですが。
周りのご支援があればあるほど1日でも早く理想のゴールキーパー専用のグラウンドを作ることができますし、ありがたいのも事実です。

ですのでこの度、クラウドファンディングを挑戦することにいたしました!

↓↓↓これが購入した実際の土地です。

ここにさらに、人体に害のない人工芝を貼り、ライトもつくり、駐車場と建物を建設し、ゴールキーパーが快適に練習できる場所を作りたいと考えています。


そして、いずれはこの場所が発端になって、日本中に他にもキーパー用の芝生グラウンドが建設され、増えていき、ここから日本を代表するキーパーが育っていけばと思っています。

 

なお、キーパー以外の方の利用も、もちろん考えています。

普通のサッカーの試合や練習に使ったり、情報発信の中心の場になったり。

サッカー以外でも、さまざまなスポーツ、地域のみなさんの憩いの場になればと思っています。

世界に通じるゴールキーパー育てる場所でありながら、福岡の皆さんに愛されるような、素晴らしいエリアにするべく、活動していきます!

キーパーバトル2020福岡を開催した時のコーチの集合写真


この話に興味があったり、少しでも応援するというお気持ちでしたら、ぜひこのあとの。

・資金の使いみち、実施スケジュール
・プロジェクトメンバーの紹介
・リターンの紹介

そしてなにより

「・最後に」

まで、ぜひお読みいただければと思います。

読んでいただくだけでも構いません。

そこで、今回の話を終えたいと思います。



工事は4月から順次行っていきます!!(新着情報にてリアルタイムでお届けします)

  • 1997年高校サッカー全国大会優勝
    福岡ゴールキーパースクール校長
    日本GKコーチアカデミー主宰
    東福岡高校サッカー部ゴールキーパーコーチ
  • サッカー日本代表 前川黛也選手から、熱い応援メッセージをいただきました!!

・HO SOCCERオリジナルマスク
・ゴールキーパースキル オリジナル動画 基礎編 5本
・erebosオリジナルサッカーボール
・キーパーバトル イベント招待券
・オリジナルTシャツ(サッカーゴールデザイン)
・グラウンドにあなたのお名前(個人名)を記載します!
・erebos ゴールキーパー用グローブ
・プロサッカー選手サイン入り GK用グローブ(erebos)
・GK用グローブ(ネーム加工あり、erebos)
・GKスクール校長 中山英樹のパーソナルレッスン
・企業名またはお名前(ネームバナー)をホームページに掲載
・グラウンドに企業名またはお名前(ネームバナー)を掲載


改めていいます。ゴールキーパーは「非常に」重要なのです。

キーパーは直接1点を左右する重大なポジションでありながら、フィールドを俯瞰し、指示出しもする第二の監督とも呼ばれる立場でもあります。


「優れたキーパーは、高いコストをかけてでも育成する価値がある」


これは世界の一流国では常識です。しかし、残念ながら日本では一般的どころかプロですら、まだそのような認識は広まっていません。

それでは一体いつになったら、日本のゴールキーパーは「土の床」で練習している環境から卒業できるのでしょう?

「優れたキーパーになろう!」とやる気に燃える子供達を、環境のせいで挫折させてしまうのは、本当に悔しいし、もったいないです。

だから、もっともっと世界最高レベルの環境を用意してあげたい。そして、これを成功例とし、全国にももっと広げていきたいのです。

 

日本が世界一になるためには
一流のキーパーが育つ環境を
用意しなくてはいけない。

 

このような先見の明を持っている人は、必ず在野にもたくさんいるはずだ、と私は思っています。

 

もしあなたがその一員であれば、そして、そんな思いを持ちながらも。

どうすれば協力できるかわからなかったということであれば。

今回のプロジェクトに、力を貸してはいただけませんでしょうか?

 

もし、ふかふか芝生のゴールキーパー専用グラウンドが完成すれば、今後何十年という単位で、日本サッカーのレベルアップに貢献してくれるでしょう。

もちろん、キーパーの練習以外でも。

試合に使ったり、サッカー以外のスポーツに使ったり。

地域の皆さんのイベントや憩いの場、あるいは情報発信の場として、最大限に活用していく予定です。

 

あなたの一手は、そのような未来への支援」ということになります。

私とともに、日本がいつか世界一の栄光を掴むことを望み、信じ、応援していただだける方。

ぜひとも、ご協力していただければ幸いです。

 

長い話を聞いていただき、ありがとうございました。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/05/20 12:19

    お世話になります。中山です。グランドファンディングリターンについてのお知らせです。本日、皆様から多くのリターンをいただいた・パーカー・Tシャツ・マスク・タオル上記の商品が到着しました。これより順番に、皆様へとご発送致しますのでリターン到着まで楽しみにお待ちください^_^グラウンドも少しずつでは...

  • 2021/04/19 13:26

    【 ※クラファン本日終了 ライブ配信22:00~】YouTube × Instagram × Facebook 全て配信します!!中山です。本日を持って、クラウドファンディングが終了となります。そこで、最後は皆さんと熱いゴールキーパートークがしたいと思いYouTube × Instagram ...

  • 2021/04/16 11:31

    カウントダウンイベント 終了まで残り3日!!中山です。皆さん、クラウドファンディング終了まで残りわずかとなりました!!現在の支援金額は【2,622,000円】まで来ています!!本当にご支援いただいた皆様ありがとうございます。しかし、以前からお話している通り次なる目標の4,000,000円までは...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください