hillockは、プロのメカデザイナーが仕事の道具として開発した移動式リストレストです。手首の痛みを予防するだけでなく、パソコン作業が楽になるリストレストです。



長時間のパソコン作業で手首に痛みを感じていませんか?

現代では、仕事だけでなくゲームやショッピングなど、毎日何時間もパソコンに向かう人が多くなっています。日々のマウスの操作では、手首を曲げて操作したり、手首を浮かせて操作することで関節に負担がかかり、違和感・疲労・痛みが発生する場合があります。時には手首だけでなく、ひじ痛を起こすことも少なくありません。


hillockは、「マウスを操作する手首の下を、自然にやさしく支え、手首の痛みが発生するリスクを低減」します。また、机との抵抗を減少させることで「まるで手首が浮いているような使い心地」を実現しました。 


多数の手首のサンプルデータと多くの試作から、自然な付け心地と快適な操作性のバランスをとった黄金値(中央部高さ16mm)を見いだしました。hillockは、細部まで作り込んだ流線的な形状で、手首に違和感なく自然にフィットします。他の移動式リストレストは、手首を押し付けるようにしないと移動しないものもありますが、hillockはいつもと同じ操作で、自然に手首についてくるように設計されています。



高級ゲーミングマウスにも採用されているフッ素樹脂基材の超低摩擦パットにより、他の樹脂では得る事の出来ない超低摩擦性能を実現しました。特に、一般的な事務用机やマット加工されたメラミン樹脂の天板、ゲーミング用のハードマウスパッドとの相性が良く、まるで手首が浮いているかのような使い心地です。マウスからキーボードへの手首の移動も驚くほどスムーズで、楽に動かすことが出来ます。



耐久性のあるエンジニアリングプラスチックでありながら、弾性構造により手首をやさしく支えます。腕時計のバンドなど肌と密着すると、意外と汗をかきやすい手首。hillockは通気性も良く、蒸れません。


従来のゲル素材やクッション素材のものと比べ、簡単に拭き取れるため衛生的です。


胸ポケットに入るほどコンパクトで、どこにでも持ち運べます。これからの働く場所を選ばないワークスタイルにぴったりです。


hillockの開発者であるデザイナー本人が、大手精密機器メーカの設計開発部門に在籍していた際に、CADなどのマウス操作による慢性的な手首の疲労(疲れ、痛み、腱鞘炎)に苦しみ、その対策として本製品のプロトタイプを作ったことがきっかけです。はじめは市販のリストレストやサポータを使っていましたが、使い心地が悪かったり、ぐらぐらしてしっかりと手首をサポートできなかったり、蒸れて汗じみが出来たり、満足できるものがありませんでした。
そこで自分が、本当に使える仕事道具として設計したものがhillcokの原型になりました。下記の写真は、数十回におよぶ試作のうち後期のものになります。初期は、重くごてごてしたデザインでダサく写真に撮るのが恥ずかしいものでした。
試作を繰り返す毎に形状が洗練され、最終的に現在の形に行きつきました。機能以外をそぎ落としたシンプルな形状で、選び抜かれた高性能な材料を過不足なく必要なだけ使っています。
手首に不安のある方、現状に満足できない方は、ぜひ使ってみて下さい。きっと素敵な体験になると思います。


リターンのご紹介
    • ・ リターン1.超超早割       【30%OFF】 hillock × 1  ¥2,950 → ¥2,065
    • ・ リターン2.超早割          【25%OFF】 hillock × 1  ¥2,950 → ¥2,213
    • ・ リターン3.CAMPFIRE割 【20%OFF】 hillock × 1  ¥2,950 → ¥2,360
      ・ リターン4.CAMPFIRE割 【33%OFF】 hillock × 2  ¥5,900 → ¥3,935
      ・ リターン5.CAMPFIRE割 【38%OFF】 hillock × 5 ¥14,700 → ¥9,114
      ・ リターン6.CAMPFIRE割 【49%OFF】 hillock × 8 ¥23,600 → ¥12,036

全て送料込の価格です

製品情報・仕様

品質にこだわった“日本製”。hillockは、品質を確保するため企画、開発、生産を一貫して日本国内で行っています。

  • サイズ:83.3mm x 65.6mm x 21.8mm (中央部の高さ16mm)
  • 重さ :約15g
  • 素材 :エンジニアリングプラスチック、フッ素樹脂基材超低摩擦シート

ご支援、ご購入をご検討の方は、下記URL先の詳細使用説明書も合わせてご確認下さい。
https://monoto-design.com/user-guide/

メディア掲載

ギズモード:https://www.gizmodo.jp/2020/10/hillock.html

Engadget 日本版:https://japanese.engadget.com/hillock-093500266.html


会社・チームの紹介

私たち、monoto design(モノトデザイン)は、形のあるモノと形のないコトの両面をデザインし、ユニークなアイディアで新たな価値と魅力を探求し社会に提供していきます。
モノづくりを通して就労問題や人材育成などにも取り組み、世の中をより良い方向に変えていく会社、それがmonoto designです。
https://monoto-design.com/


開発・スケジュール
  • ・2021年  1月12日 プロジェクト開始
  • ・2021年  1月12日~19日 東急レクリエーションが渋谷駅構内で運営する「PickUpランキン」ポップアップ展示
  • ・2021年  3月13日 プロジェクト終了
  • ・2021年  4月下旬までに支援者様へ発送します


Q&A

Q1.水で洗っても大丈夫ですか?
A1.除去シートや濡れた布巾でのふき取りを推奨しています。水洗いをしたい場合は、背面の超低摩擦パットを避けて洗ってください。尚、使用前にはよく乾燥させてからご使用ください。

Q2.右手でも、左手でも、使えますか?
A2.使えます。本製品は左右兼用になります。

Q3.超低摩擦パットは交換できますか?
A3.交換可能です。今後、弊社ホームページで販売予定です。

Q4.サイズ展開はありますか?
A4.現状は、汎用性の高い1モデルのみになります。今後、eスポーツ用などの専門用途に特化したモデルを開発予定です。

Q5.色はブラックのみですか?
A5.現状は、ブラックのみとなります。今後カラーバリエーションを増やし、ベーシックカラーと限定カラーを販売していく予定です。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

■ 特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名: monoto design 合同会社

◯ 事業者の所在地:〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番1号 水信ビル7階

◯ 事業者の連絡先:メール: info@monoto-design.com

※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり

◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり

◯ 代金の支払時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。All-in方式の場合は即時で決済されます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、Paypayは各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。

◯ 支払方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/Paypay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。

◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。

◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」からお問い合わせください。


※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください