目次
1.プロジェクトの経緯
2.夜間動物病院”麻布ペットクリニック”で実現する事
3.夜間動物病院を作る為の多くの課題
4.あと一歩のプロジェクトに支援を!
5.支援金の使い道
6.院長の想い:「全国から相談できる夜間救急で夜の不安を和らげたい」
7.現在の進捗状況

初めまして、麻布ペットと申します。
私たちは14年前にペットシッター業で開業をし、その後東京都港区と渋谷区で、ペットシッター・ペットホテル・トリミング・トレーニング・ペット介護・往診事業を行って来ました。
麻布ペットでは飼い主様とその大切な家族であるペットに寄り添い、飼い主様のご要望やお悩みをお伺いし、どうしたら解決できるか一緒に考え、家族の一員の気持ちでお世話させて頂くことを大切にしてきました。
その結果、今では多くの方に安心して頼っていただける場所になり、東京でNo.1のペットシッター会社として成長することができ、各方面でも高い評価を頂けるようになりました。


長年愛犬・愛猫さんに寄り添う過程で、ペットは高齢化し持病を抱える子も多くなりました。そういった子達の為に往診事業(お家への訪問診療)をスタートし、日中に体調を診てあげられる様になりました。一方で、高齢のペットと生活し、夜の不安を抱える飼い主様からは「往診だけでなく夜間にもペットを診てほしい」「家にいたまま相談をできないだろうか?」という要望を頂くことが増え、ペットの高齢化と夜間の体調の不安にも寄り添いたいと考える様になりました。

そんな中、新型コロナウイルスの感染拡大が起きました。旅行へお出かけの飼い主様からのご依頼がほとんどを占める当社のペットホテル・シッターの需要は激減し、売り上げは前年度比28%と大きく落ち込みました。コロナ後の外出が増える未来まで、ペットを安心して預けられる場所として麻布ペット守り抜きたい。しかし、経営を立て直すには新たな収益源が必要です。

飼い主様とペットの心情に寄り添い、経営を立て直す為の新しい事業
そう考え真っ先に想い浮かんだのが、高齢化するペットとそれを不安に思う飼い主様でした。

夜間の不安に寄り添える動物病院を立ち上げる。それを、どこからでも相談できて、急患以外も相談に来れる病院にする。」
こうして、往診事業のみを行っている “麻布ペットクリニック” を、救急外来オンライン相談夜間のかかりつけ医としての機能を持った夜間動物病院に生まれ変わらせるという新たな目標が生まれました。

麻布ペットクリニックでは今後以下の事業を行い、多くのペットと飼い主様へ昼夜の安心を提供して参ります。

※エキゾチック:犬猫を除く多くのペットを総称してエキゾチックアニマルと呼びます

しかしながら、夜間病院を立ち上げるのは簡単ではありません。
設備・人員・システムなど、様々な面での一新が必要になります。
幸いなことに病院の場所や人材の確保という最大の問題は解決しました。しかし、早く正確に結果を出せる医療機器や、多様な症例に対応する為の設備を揃える為にはいくらあっても足りないのが実情です。加えてコロナ禍での売り上げ減少から資金も限られてしまっています。


この想いを体現する夜間動物病院の実現の為、皆さんのご支援を頂けないでしょうか?


皆様からの支援金は以下の用途に大切に使わせて頂きます。

傾いた経営の立て直し、そして多くの動物を救うことで飼い主様に笑顔で帰ってもらう為に。

ご協力を重ねてお願い致します


はじめまして。

麻布ペットクリニック院長稲野辺悠(いなのべゆう)と申します。

私は北里大学卒業後4年間、夜間救急の動物病院にて犬、猫、ウサギやハムスター、鳥や爬虫類など3万頭以上の動物達の診察を行って参りました。

夜間救急に携わる中で、

「動物も人と同様に24時間いつ何時でも体調を崩す

「日中仕事から帰ってきたら体調を崩しているペットがあまりにも多い」

「いざ夜に診療をしている動物病院を探しても見つからず、不安で次の日の朝を待っている人が多い」

という事を肌で感じました。


人間の夜間病院と違い、動物の夜間病院の数はまだまだ少ないのが現状です。

夜に自分の家族同然のペットが体調を崩したら…

きっと不安で堪らないと思います。


そんな飼い主様の不安を夜間動物病院を新たに作る事で少しでも解消したい

全国どこでも夜間に相談できる救急獣医師がいる事で少しでも不安を和らげたい!

 

その実現の為に麻布ペットクリニックを開業する事と致しました。


港区近辺に住み、病院に来てもらえる方はもちろんの事、他県や遠方の方でも夜間に直接獣医師に相談できるシステムを考えております。

どんな些細なこともご相談ください。家族である飼い主様の視点に私も立ち、心情に寄り添った診療をさせて頂きます。


全てのペットと、彼らを愛する飼い主様に夜の安眠を提供する為、ご支援とご拡散をよろしくお願い致します。


● 救急症例への迅速な対応の為の改装案のとりまとめ

● 各種機材・薬剤の見積もり

● 電子カルテシステムの検討

● 救急に精通した獣医師・看護師チームの設立


麻布ペットクリニック概要

場所: 東京都港区麻布台3-3-14 麻布台ハウス1階

院長:稲野辺悠(救急獣医師)

夜間外来およびオンライン相談受付時刻:20:00~8:00(予定)

日中往診電話受付時間:9:00~18:00

  • 2021/01/18 15:25

    本日はクラウドファンディング開始10日経ち、達成率も20%を突破しました!CampFire上や各SNSでのコメント・メッセージを拝見させて頂き、多くの方が今まで夜間にペットの急変にあった事、その不安を感じている事を実感します。それら不安を解消できる病院にしていく為に、今後も務めさせて頂きます!...

  • 2021/01/09 23:42

    クラウドファンディング2日目にして達成率10%を突破しました!達成率もさることながら、CampFire上や各SNSでの応援メッセージ、拡散等のご協力に大変感激しております。皆様からの応援を見ると、病院の設立準備にもより一層の活力が漲ります。改めて、ご支援頂いた方々に厚くお礼申し上げます。今後も...

  • 2021/01/08 20:31

    まずは最初の一歩である5%(10万円)を突破しました!開始後9時間でのこれだけご支援いただけて非常にうれしく思っています。ご支援頂いたchihiro0926さんcocorurutaさんnonko0121さんRANUN36さんsatominakamuraさんvivinanaviviさんpuchi...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください