週末、東京・渋谷のスタジアムで様々なバックグラウンドを持った人々がユニフォームを着て声を枯らしながら、同じフットボールクラブを応援する。

渋谷の街中にはクラブや選手のポスターがたくさん貼られ、ピッチ外では渋谷の様々な人や企業・組織を巻き込んだクラブのコンテンツがいたるところで楽しまれている。

渋谷の皆さんに、日本の皆さんに愛されたこのクラブがやがてJリーグを制し、世界の強豪クラブと戦い、渋谷から生まれた「世界で最もワクワクするフットボールクラブ」として日本のフットボール界の新しい未来を切り開いていく。

今はまだ遠い夢物語に見えるこんな世界を、私たちSHIBUYA CITY FCは、この渋谷の街から本気で叶えようとしています。

皆様、はじめまして。SHIBUYA CITY FC 代表取締役CEOの山内一樹です。

7シーズンに渡り「TOKYO CITY F.C.」として活動を行ってきましたが、2021シーズンよりクラブの名称を「SHIBUYA CITY FC」に変更することとなりました。

これまで様々な形でクラブに携わって下さった、ホームタウン渋谷のみなさま・創成期から支えてくれたパートナー企業のみなさま・夢へとともに歩んでくれているファンのみなさま・ゼロからクラブをつくってきた選手スタッフのみんな。

そういった全ての方々がこれまで注いでくれた情熱を大切にしながら、「渋谷から世界で最もワクワクするフットボールクラブをつくる」ストーリーをともに紡いでくために、このクラウドファンディングを実施することを決めました。

渋谷を愛するみなさま、サッカーを愛するみなさま、ぜひ渋谷と日本サッカーの新たな未来を切り拓くSHIBUYA CITY FCへの応援をよろしくお願いいたします。


SHIBUYA CITY FCは2020年11月11日にTOKYO CITY F.C.から名称変更することを発表しました。

これを機に、エンブレムとユニフォームを一新します。

2014年のTOKYO CITY F.C.設立当初から大事にしてきたクリエイティブの中でもエンブレムとユニフォームはクラブの顔とも呼べる最も重要なものです。SHIBUYA CITY FCは新しいエンブレム、ユニフォームと共に新しい一歩を踏み出します。

SHIBUYA CITY FCの新エンブレムは、渋谷の象徴であるスクランブル交差点をモチーフに、頭文字であるアルファベットの「S」を象ったエンブレム。
長さの違う3本の線は、多様に混じり合う渋谷の街を表現しています。フットボール好きの人以外の幅広い層に受け入れられよう、渋谷らしいスタイリッシュなデザインを志向しました。


2021シーズンは新たに「SoccerJunky」がユニフォームのサプライパートナーとなりました。

ユニフォームのデザインには様々なテキスタイルを配置し、渋谷という街の多様性と、ちがいをちからに変える未来への勢いを表現しました。メインの色は「何色にもなれる」という無限の可能性を表すクラブカラーのホワイトを採用


今回のクラウドファンディングは、新しくなるクラブを共に創ってくださる仲間を募集するための企画です。

共にビジョンに向かってくださるSHIBUYA CITY FCの大切な仲間として、ご支援いただいた方々には、新しいエンブレムを使った記念すべき初のグッズや新しいユニフォーム、様々な特典が受けられるパートナーメニューといったリターンをご用意しました。

SHIBUYA CITY FCはその前身となるTOKYO CITY F.C.から始まったクラブです。

2014年に、SNSを通じて出会ったメンバーで作ったクラブの仲間は年を重ねるごとに増えていき、クラブの規模も徐々に拡大。そして、2019年には法人化し渋谷からJリーグを目指すことを発表しました。

そして2020年、「渋谷から世界で最もワクワクするフットボールクラブをつくる」という新たなビジョンを発表しました。渋谷の街を中心に、365日、渋谷に関わる人々や企業・組織とコンテンツを共創する新しい形の都市型フットボールクラブを目指すSHIBUYA CITY FCの仲間にぜひ加わっていただけますと幸いです。


渋谷の街を中心に、365日、渋谷に関わる人々や企業・組織とコンテンツを共創する新しい形の都市型フットボールクラブになりたいと思っています。

もちろんクラブで最も重要なコンテンツは「フットボールの試合」ですが、試合だけではなく、街中で開催するストリートサッカー、ナイトクラブでのフットボールイベントなども、同じSHIBUYA CITY FCのコンテンツです。

サッカー選手を目指す子どもたちがコンテンツを通じて選手と夢の時間を過ごす。サラリーマンが仕事帰りのストレス解消に気軽にボールを蹴る。健常者、障がい者が隔たりなくプレーできるスポーツ大会に参加する。

例えていうなら、渋谷という街全体をスタジアムと捉えて活動したいと考えています。従来のように試合がある日だけ盛り上がるのではなく、365日、渋谷のいたるところでフットボールを通じたコンテンツが楽しめる。それがSHIBUYA CITY FCの目指す姿です。

「ちがいをちからに変える街」という渋谷区のメッセージにもあるように、渋谷で活動する多種多様な人々のエネルギー、カルチャーとビジネス、伝統と流行などが日々交わる渋谷というこの街で、新たな形の都市型フットボールクラブを創りたいと考えています。


フランスのパリ・サンジェルマン、ドイツのバイエルンミュンヘン、イギリスのアーセナルやチェルシー。世界のトップリーグにはその国の中心に歴史ある強豪フットボールクラブやホームスタジアムがあり、日々の生活の中にフットボールが根付くとともに、世界から愛されるカルチャーを作っています。

一方で2020年現在、東京の23区内にJリーグクラブは一つも存在しません。渋谷区に訪れる人の数は年間1,500万人に達します。1,500万人が訪れる日本の中心、渋谷にあるSHIBUYA CITY FCがいつかJリーグへと参入し渋谷近くのスタジアムで試合を見せることができたら...。



これまでの「強いクラブ」の定義は、競技力(試合に勝つこと)と収益力(勝つために稼ぐこと)の追求が主とされていました。SHIBUYA CITY FCはそれに変わる新たな価値観として、世の中に対してクラブがどのような価値を生み出せているかを測るソーシャルインパクトを追求することを掲げ、競技力・収益力を手段としたソーシャルインパクトの最大化を目指します。


日本のサッカーカテゴリーのピラミッドは図のような階層に分けられています。1年間所属カテゴリー内で戦い、昇格条件を満たしたクラブが翌年から1つ上のカテゴリーに昇格します。カテゴリーをスキップして昇格することはできません。

SHIBUYA CITY FCは2020シーズンに東京都リーグ2部を優勝し、2021シーズンから東京都リーグ1部に所属します。Jリーグ(J3)まで最短4年、J1まで最短6年と、長く険しい道のりを歩んでいくことになります。Jリーグに参入するまで長い年月がかかりますが、逆に言えば明日の勝利が確実にJリーグまで繋がっています。


SHIBUYA CITY FCの様々なアイテムをご用意しています。
全てのリターンにSHIBUYA CITY FCのメンバーシップ「MyCITY Free」が付属します。


公式メンバーシップ「MyCITY」

SHIBUYA CITY FCの様々な情報をメルマガでお届けします。全てのリターンに付属します。


ステッカー

SHIBUYA CITY FCのエンブレムをモチーフにしたステッカー。
ホワイトとブラックの2枚セット。御礼メール以外のリターンに付属します。


1.メンバーシップ「MyCITY」+御礼メール(2,000円)

SHIBUYA CITY FCから感謝の気持ちを込めた御礼メールをお送りします。


2.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+2021シーズン1stユニフォーム(18,000円)

SHIBUYA CITY FCの記念すべき初代ユニフォーム。
※サイズ展開:S~XL


3.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+2021シーズン1stユニフォーム ジュニアサイズ(12,000円)

SHIBUYA CITY FCの記念すべき初代ユニフォームのジュニアサイズ。
※サイズ展開:130または150


4.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+オリジナルスポーツウェア上下セット(12,000円)

あらゆるスポーツシーンで着用できるウェアを上下セットで。
※サイズ展開:S~XL


5.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+TOKYO CITY F.C. Mashup ユニフォーム(25,000円)

TOKYO CITY F.C.の2014-2020シーズンのユニフォームデザインを使ったMashupユニフォーム
※サイズ展開:S~XL


6.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+フェイスタオル(4,000円)

SHIBUYA CITY FCのエンブレムをモチーフにしたフェイスタオル。

7.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+Tシャツ ホワイト(7,000円)

エンブレムをリフレクター素材でプリントしたTシャツ。光をあてると反射し、また異なった雰囲気を見せる。


8.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+Tシャツ ブラック(7,000円)

エンブレムをリフレクター素材でプリントしたTシャツ。光をあてると反射し、また異なった雰囲気を見せる。


9.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+バッグ(6,000円)

エンブレムをモチーフにしたバッグ。Tシャツ同様、リフレクター素材でプリント、日中と暗闇で異なる雰囲気を楽しめる。


10.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+オックスフォードシャツ(14,000円)

エンブレムを刺繍で左胸にあしらった、オン/オフどちらのシーンでも着ることのできるオックスフォードシャツ。


11.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+グッズセット(40,000円)

SHIBUYA CITY FCの記念すべき初グッズを全てセットでお得に。セット限定でナイロンキャップも。
内容:タオル, Tシャツ(ホワイト/ブラック), オックスフォードシャツ, バッグ, グッズセット限定キャップ


12.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+オリジナルワイン「ISSHU」(5,000円)

SHIBUYA CITY FCに所属する阿部翔平選手とあさや葡萄酒のコラボワイン。
クラウドファンディング限定の阿部翔平選手直筆サイン入りボトルでご提供します。
※販売元のあさや葡萄酒より発送いたします


13.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+フットサル参加券50回分(75,000円)

参加費2,000円のフットサルコミュニティ(渋谷で月間約10回開催)への割引参加券。


14.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+個人スポンサー「TEAM CITY LIGHT」(50,000円)

クラブスから運営状況を共有するスポンサーコミュニティへの加入、公式サイトへの名称掲載 など
※詳細はリターンページ参照


15.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+個人スポンサー「TEAM CITY REGULAR」(100,000円)

TEAM CITY LIGHTメニューに加え2021シーズンユニフォーム提供、オリジナル名刺提供 など
※詳細はリターンページ参照


16.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+個人スポンサー「TEAM CITY GOLD」(300,000円)

TEAM CITY REGULARに加え、公式戦限定ツアーの実施、各種イベントの参加権 など
※詳細はリターンページ参照


17.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+法人パートナー「TEAM CITYスポンサー」(330,000円)

スポンサー紹介記事「SCRAMBLE TALK」、ロゴ・企業紹介を公式サイトにて掲載 など
※詳細はリターンページ参照


18.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+法人パートナー「オフィシャルパートナー」トレーニングウェア(背中)へのロゴ掲載(880,000円)

トレーニングウェアへの企業ロゴ掲載、公式サイトでの紹介 など
※詳細はリターンページ参照


(2021/2/18追加)
19.メンバーシップ「MyCITY」+ステッカー+法人スポンサー「TEAM CITY REGULAR」(110,000円)

TEAM CITY LIGHTメニューに加え2021シーズンユニフォーム提供 など
※詳細はリターンページ参照

※リターンの画像はイメージです。商品のさらなる品質向上のため一部仕様が変更になる場合がございます。


集まった資金はクラブのコンテンツづくりやTOPチームの強化費に活用させていただきます。


SHIBUYA CITY FCを応援してくださる方々がご参加いただける、渋谷をより魅力的な街にするためのコンテンツづくりに活用させていただきます。渋谷の様々な場所で実施するための費用や必要備品の制作・調達、行政や渋谷の企業・団体と連携したコンテンツづくりを進めます。


SHIBUYA CITY FCのTOPチームの強化費として、下記のような費用に活用させていただきます。

・選手人件費
・スタッフ人件費
・メディカル・トレーナー人件費
・グランド使用費
・チーム備品費
・移動・遠征費
・大会登録費・保険料 等


SHIBUYA CITY FCのTOPチームは1月中旬ごろの2021シーズン始動を予定しています。また渋谷での各種イベントやコンテンツ実施も1月より随時始まります。通常、リーグ戦は3月に開幕し、11月頃まで戦いは続きます。

今回、皆様にご支援いただいた後、リターンのお届けは3月以降、順次発送させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

本プロジェクトは博報堂と三井物産が渋谷で推進する生活者ドリブン・スマートシティ事業「goodpass」が今後正式開始予定の「good idea fund」の取り組みの1つとして実施されています。
参考サイト:shibuya good pass

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください