みなさま、はじめまして!

この度は私たちのプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。お年寄り向けの困りごと解決サービスを提案いたします、青山翔蓮と申します。

私は富山高等専門学校を卒業した後宇都宮大学に編入学し、宇都宮大学大学院に進学しました。現在在学中ですが、私自身の手で社会貢献をしたいと考え、起業することを決意しました。

総務省統計局によると、日本の総人口において65歳以上の高齢者が占める割合(2020年9月15日現在)は、28.7%であり過去最高となっています。高齢者の割合は、今後も増え続けていくことが予想できます。現在新型コロナウイルス感染症の影響で、不用意に外出することさえ難しくなってしまいました。

高齢者世帯の現状
近年、高齢者※1の単独世帯や子との非同居世帯が増加しています。国勢調査によると、単独世帯は13.4%、子との非同居世帯においては63.2%と、多くが高齢者のみの世帯であることがわかっています。この割合は、調査ごとに増加しており、今後も増え続けることが予想されます。

会話頻度と幸福度
会話頻度を調べると、毎日会話している55歳以上の方の割合は、92.1%と非常に高いことがわかりました。しかし、60歳以上で単独世帯の方の場合は75.8%であり、16.3%も低くなっています。こちらの調査によると、会話頻度が高いほど幸福度が高いことがわかっています。またこちらによると、会話頻度が低いほど日常生活に対する不安値が高いこともわかっています。

そこで私は、高齢者に幸せな生活をお届けするサービスをご提供したいと考えました。“お年寄りの生活がより豊かになってほしい”この思いに共感してくれた友人3人に手伝ってもらい、今回サービスを作り上げることを決めました。開発メンバーはそれぞれ離れた地域に住んでいるため、オンラインで週1回のミーティングを開いています。協力してくれている3名は3つ下の後輩であり、大学3年生です。大学の講義の合間に開発を進めてもらっています。

オンライン相談・代行サービス
ビデオ通話により、日常の困りごとを気軽に相談していただける場所を作ります。
水道が壊れた、電気がつかなくなったなどの場合も、私たちに相談していただければ、修理屋さんを手配いたします。詳細は以下をご覧ください。

生活プラットフォームの構築
お年寄りの生活のプラットフォームを構築します。
生活していく中で物が壊れる、足りなくなるといった困りごとは多々起きてきます。その中で、水道が壊れると水道屋、電気が止まると電気屋など、電話をする先がその都度変わるのが現状です。このサービスはあらゆる業種の方々と提携し、必要な業者の方を皆さまのお家に派遣します。また、洋服が買いたい、お弁当が食べたいといったにもご対応し、皆さまの生活になくてはならないプラットフォームとして成り立ちます。

家の中の困りごとを解決
“テレビがつかなくなった” “障子が破れた” “スマホの使い方がわからない”
みなさん、おじいちゃんやおばあちゃんからこんな相談を受けたことないでしょうか。私は祖父母の家へ行くと、相談を受けることがよくあります。いつからかFaxが送れなくなった、というような相談も受けます。これらはできるだけ早く解決したい問題ではありますが、相談できる相手が来ないと話せない、といった心理があるように考えています。そこで私たちは、そのような問題に対してすぐ解決するサービスを実現したいと考えています。

ひとり時間のおしゃべり相手に
お仕事やアルバイトをしていて、近所のおばあちゃんに話しかけられることありませんか?内閣府の調査によると、65歳以上のお年寄りで “若い世代との交流機会” に参加したい、できる限り参加したいと考えている方が59.9%の割合でいます。またブリティッシュコロンビア大学の先生によると、見知らぬ人と会話することで幸福度が上がることが知られています。私たちは、お年寄りの皆さんに少しでも幸せな時間を味わっていただきたいと考えています。そこで、いつでも話したい時間に、誰かとお話ができるサービスを提供したいと考えています。

スマートホームで豊かな暮らしを
近年、AmazonのEchoシリーズを始めとしたスマートスピーカーやスマートディスプレイが人気を集めています。これがあると照明の点灯や消灯、テレビやエアコン等の細かな操作、家の施錠まで声だけでできます。このような環境をお年寄りのお家に広めることで、より豊かな生活を送っていただきたい。これが私たちの願いです。

健康相談
現在、ドラッグストアさんとの連携について進めております。これが実現すれば、ちょっとした健康相談を気軽にオンラインですることができるようになります。電話では説明しづらいことも、ビデオ通話なら説明が簡単になります。

対象としている人物像
高齢者の中でも、足腰が痛い、できるだけ歩きたくないというような方向けのサービスです。このサービスにより、家の中で歩く作業が減り、また外出する時間も短縮することができます。



利用者の子世代の負担軽減
このサービスを利用しているということが分かれば、生存確認が可能になります。これにより、心配で毎日のように連絡してるご家庭の場合はその頻度を減少させることが可能です。また、急な連絡がよくあるご家庭の場合も、このサービスが代行することにより、その負担を軽減することができます。

ご近所付き合いが容易に
高齢者世帯に広がれば、そのご利用者同士の会話をすることができるようになります。そのため、井戸端会議の場となり得ると考えています。これにより、地域のネットワークがより強固になります。

私の祖母は、話し始めると止まる気配がないくらい元気で、活発に動き回っている人でした。しかし、数年前から膝の軟骨がすり減り、現在は両脚ともに人工関節となりました。達者な口は衰えませんが、今は家でゆっくりしている所をよく見ます。そんな祖母のために、家の中で不要な歩行をなくしてあげたい。家にいる時間を有意義に過ごしてほしい。このような思いからこのプロジェクトを発案しました。また、新型コロナウイルス感染症の影響で、より外出や人との接触が難しくなった今だからこそ、必要なサービスだと考えています。

IoTとは
現在、コロナ禍の影響もあり多くのご家庭においてIoTが身近になってきています。IoTとは、Internet of Thingsの略で、モノがインターネットを通じて通信することです。外出先での家電の操作や、ペットや植物の状態などもわかるようになります。IoT化が進むと生活水準が向上し、それまでとは比べ物にならないほど満足な生活を送ることが出来ます。

IoTでできること
前述のように、家電がインターネットにつながります。これにより、ボタンひとつ、声ひとつであらゆるものを操作できるようになります。これが実現すると日々の生活が楽になり、また自由に使える時間が生まれます。今よりも格段に豊かな生活を送ることができるようになります。

現実世界の行動をオンラインで
オンラインの生活は僕たちの中ではすでに身近になっていると思います。ネットショッピング、テレワーク、オンライン授業など、特に今年は増加したように考えています。5G通信の世界が広まれば、この傾向はより増加し15年後には生活スタンダードになっていると僕は考えています。これが高齢者の世帯にも浸透した世界を作ることが僕の目標です。そのためには今から少しずつ広めていく必要があると思っています。僕はこれを1歩先に石川県で構築し、広めていきたいと考えています。

AIに全てお任せはしない
ソフトバンクのPepperくんじゃだめなの?という声よくを頂戴します。僕は人とお話しすることの温かみが必要なのだと考えています。どんなにオンラインの世界が広まったとしても、人の温かみだけは忘れてはいけない。これが僕の信念です。そのため、顔を合わせてお話しや時には助け合いができるツールとしてこれは有用であると考えています。

ご支援いただいたお金は、開発費用や運用費に使わせていただきます。

ロゴ作成費:20000円

サービス運用費:120000円

ドメイン運用費:35000円

レンタル用スマートディスプレイ購入費:225000円

クラウドファンディング手数料:85000円

1000円:お礼メールを送りします。

3000円:当プロジェクトHPにお名前とロゴを掲載します。

5000円:当サービス開始時にご利用いただける1ヶ月無料券配布と、HPにお名前とロゴ (中)を掲載します。

10000円:当サービス開始時にご利用いただける2ヶ月無料券配布と、HPにお名前とロゴ (大)を掲載します。

30000円:当サービス開始時にご利用いただける2ヶ月無料券配布と、HPのフッター部分にお名前とロゴを掲載します。

2020年12月初旬〜2021年1月初旬 クラウドファンディング実施

2020年内に開発し、1月から被験者を募ってフィードバックをいただきたいと考えています。それをもとに修正を行い、4月よりサービス開始を予定しています。

これは僕にとって挑戦です。右も左もわからない中、経験を得たいと思いこのサービスを始めることを決めました。失敗する可能性も十分にありますが、その経験をするために、皆さんのお力添えをいただきたいと考えています。しかし、このサービスを実現できれば皆さんの生活がより豊かになると確信しています。コロナ禍により一変した今の生活の中で、この状況だからこそできることを提案し続けていきたいと考えています!

皆様にご支援いただけると幸いです。どうぞよろしくお願いします!

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください