わたしたちが現在運営しているコワーキングスペース7F・貸会議室6F・シェアオフィス6Fに加えて、新しくレンタル教室8Fをオープンします。埼玉でがんばる事業者の皆様を一層力強くサポートし、また、空間運営を通した創業支援の形をより多くの方に知っていただきたく、このプロジェクトを立ち上げました。

プロジェクト本文

はじめに

こんにちは。株式会社コミュニティコム代表の星野邦敏です。

埼玉県さいたま市の大宮駅近くにオフィスを構え、Webサービス運営やCMS構築などの業務と、コワーキングスペースをはじめとした空間の運営を行っています。

今回、新たにレンタル教室をオープンさせるため、また、より多くの方にわたしたちの空間を知ってもらうために、このプロジェクトを立ち上げました。

↑2012年12月に運営を始めたコワーキングスペース7F。毎日多くの方にお使いいただいています。

 

3つの空間を運営する今、感じている課題

わたしたちは現在、コワーキングスペース・貸会議室・シェアオフィスの3つの空間を運営していますが、自分たちが運営する空間や大宮周辺地域のビジネス環境について、以下のような課題を感じています。

 

・教室として使える場所がない!

「決まった曜日や時間に少人数のセミナーやレッスンを開講したい」というご要望をとても多くいただきますが、現状の弊社保有の会議室では受け入れることができませんでした。

“貸会議室”という形態で運営しているスペースは同様に定期利用が制限される場合が多く、わたしたちのスペースに限らず、大宮駅近辺でこういった定期開催の講座や教室を開催できる場所を探すのは、困難なことです。

また、“コワーキングスペース”も運営している私たちですが、オープンな空間であるため、有料のセミナーやレッスンを開くには難しいケースもありました。

公民館やコミュニティセンターなどの施設を使うこともできるかもしれませんが、営利目的での開催は難しく、事業としてスケールしていくことを目指している人には適しません。

自分で場所を借りるのはリスクも負担も大きい、かと言って自宅に招いてやるのは抵抗があるという方も多いかと思います。

そんな方々に向けて、教室に特化してご案内できる空間の必要性を感じていました。

 

・会議室が足りない!本当にクローズドで話せる空間がない!

おかげさまで多くの方に貸会議室をお使いいただいており、全部屋が埋まってしまう時間帯も少なくありません。

ご予約がいっぱいでお断りしたり、急遽打ち合わせをしたいという会員様にお部屋をご案内できなかったりすることもありました。

また、詳しくは後述しますが、貸会議室の壁は様々なシチュエーションでお使いいただけるように可動パーテーションになっているため、通常の壁に比べると周りの部屋の声が多少通りやすくなってしまいます。

実際に「周りの部屋の音が気になる」「自分たちの声が隣に響いてしまうのが気になる」といったご意見をいただくこともありました。

少人数でクローズドで話せる空間がないという問題は、わたしたちが運営するスペースに限った話ではなく、大宮駅周辺を見てもなかなか適した場所は見つかりません。

 

わたしたちの空間運営の現状

ここで、わたしたちが現在運営しているスペースとその現状をご紹介します。


・コワーキングスペース7F

https://office7f.com/

そもそもコワーキングスペースとは、オープンな作業スペースを共有しながら、それぞれが独立した仕事を行う空間のことです。

ただ黙々と作業するだけでなく、利用者同士でコミュニケーションが図れるという特徴があり、新たな仕事や活動が生まれていくこともあります。

もともとはアメリカから始まった空間利用方法の一つで、日本では2010年頃からでき始めました。

今では日本国内での数も増え、大企業が運営するケースも見られるようになりましたが、わたしたちはその黎明期であった2012年に、創業支援と地域活性化を軸に運営を始めています。

現在は約120人の月額会員様と、1日40人ほどのドロップイン利用(一時利用)者様にお使いいただいています。

↑受付にはスタッフが常駐しています。普段から利用者様ともコミュケーションを取り、アットホームな雰囲気を作っています。

 

・貸会議室6F

https://office6f.com/

一つ下の6Fが空いたのをきっかけに増床し、2016年3月にオープンしました。

全部で3部屋がありますが、壁が可動パーテーションになっているのが大きな特徴で、どれか2部屋をつなげたり、3部屋すべてをつなげたりすることもできます。

ご利用人数に合わせて部屋の広さを変えることで、定員は12名様から52名様(補助椅子の追加で最大62名様)まで、幅広く対応できます。

また、30分単位で無駄なくご予約いただけたり、プロジェクターなどの備品を追加料金なしでお使い頂けたり、シンプルかつリーズナブルな料金設定も特徴です。

↑明るく開放的な雰囲気もご好評をいただいています。

↑3部屋すべてをつなげたご利用も人気があります。

 

・シェアオフィス6F

https://office6f.jp/

貸会議室6Fと同じく、2016年3月にオープンしました。

1〜3名様向けの個室17部屋からなるシェアオフィスです。

コワーキングスペースで事業が軌道に乗り固定席が必要になった方や、もともと他の地域に本社があり埼玉支店を出店される方にもご利用いただいています。

フリーアドレスのコワーキングスペースを「起業のための小学校」と位置付けるならば、固定席のシェアオフィスは「起業のための中学校」と私たちは考えています。

↑木目調で落ち着いた雰囲気です。

 

以上の3つのスペースを、大宮駅徒歩1分のビルの6階と7階を使って運営しています。

営業時間はすべて7時〜23時で、ビル全館が閉まる正月三が日を除いて年中無休で営業しています。

様々な用途のスペースを同じビル内で複数運営することには、多くのメリットがあります。

 

例えば…

・起業したてはコワーキングスペースの会員になって作業をし、事業も軌道に乗ってきたのでシェアオフィスへ。通い慣れた場所で顔馴染みのスタッフもいるので安心!

・シェアオフィスの会員だけど、お昼はコワーキングスペースへ。電子レンジでごはんを温めて食べ、食後はソファで新聞を読んで気分転換。

・会議室で打ち合わせの前に、少し早くコワーキングスペースに来て作業。コピー・印刷もできるし、筆記用具やホチキス、ふせんも使えるので、資料作成もバッチリ!

・普段はシェアオフィスで仕事をしているけど、今日は貸会議室で大事な商談。キレイで駅からも徒歩1分、受付のスタッフが迎えてくれるから、来客対応もバッチリ。なんと会議室の利用は無料!(※利用時間には上限設定があります)

 

このように、コワーキングスペースのみを運営していたときよりも多くの方に幅広い用途でお使いいただけるようになりましたが、最初にお話ししたような課題感があります。

その課題を解消して複合施設としてますますの充実を図るため、かねてから更なる増床を目指しており、今回ひとつ上の8階が空いたのをきっかけにレンタル教室をオープンさせることを決めました。

具体的な運用といたしましては、7時〜23時の営業時間を4時間ずつの4コマに分けて1週間で28コマとし、毎週開催のレッスンやセミナーを開催したい方に月額30,000〜38,000円でお使いいただき、その予定のない時間帯は貸会議室としてお使いいただくという形を想定しています。

レンタル教室 - 貸会議室6F ( https://office6f.com/8f/ )

 

ご支援いただいた資金の使いみち

8Fは、6Fや7Fほどの広さはありませんが、もともと店舗向けの空間ではないため、運営を始めるにはさまざまな改修が必要となります。

↑事務所として使っていた前のテナントが退去したときの状態です。

 

具体的には、壁や床、天井の張り替えに始まり、机や備品類の調達、空調設備やネット環境の整備などのが必要です。

・壁や床、天井の張り替え、ロールカーテン設置、扉の付け替え、自動火災報知設備設置などの工事・・・約80万円

・電気設備や照明や換気扇の工事・・・約40万円

・空調設備の工事・・・約30万円

・インターネット回線やLAN構築と防犯カメラの工事・・・約30万円

・机と椅子の購入・・・約50万円

・モニターやホワイトボードなどの備品の購入・・・約20万円

以上、総額で約250万円の初期工事費用を見積もっています。

そこで、その費用の一部を募るために、また、これをきっかけにわたしたちのスペースのことをより多くの人たちに知っていただきたいという想いから、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

リターンについて

リターンは大きく分けて3種類ご用意しました。

(1)レンタル教室およびコワーキングスペース7F & 貸会議室6F & シェアオフィス6Fに関するリターン

私たちの空間をぜひ知っていただきたく、今回新しく作るレンタル教室&貸会議室の他に、既に運営しているコワーキングスペース7F & 貸会議室6F & シェアオフィス6Fをご利用いただけるリターンをご用意しました。また、1日店長体験や支援者様限定の8Fオープン記念パーティーもご用意しました。この機会にぜひお越しください!

(2)大宮を知っていただくリターン

私たちは、大宮経済新聞というYahoo!ニュースやdocomoニュースなどにもコンテンツ配信をしているインターネット媒体を運営しており、埼玉県さいたま市の大宮地域のニュースを発信しています。この機会にぜひ皆様にも大宮を知っていただきたく、大宮ツアーのリターンをご用意しました!

(3)Web制作とコワーキングスペースに関する講座や講演のリターン

オープンソースのCMS・Webサイト制作ツールである「WordPress」に関するリターンもご用意いたしました。WordPressは今でこそWeb制作者には有名なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)ですが、私たち株式会社コミュニティコムはWordPressが流行り出す前の2008年からコミュニティに関わっています。代表の星野をはじめとする弊社社員は、講演経験や書籍出版経験が多数ございます。(Amazon.co.jp: 星野 邦敏:作品一覧、著者略歴)「Webサイトを自分で作ってみたい」「WordPressの講座を開いて欲しい」という方におすすめです。また、コワーキングスペースに関する講演もご用意しました。いずれも星野が講師となります。支援者様とマンツーマンでも、支援者様が無料or有料のイベントとして主催いただいても構いません。ぜひご支援いただきつつ、この機会をお役立てください!

 

おわりに

今回新たにレンタル教室をオープンする大きなねらいは、わたしたちが空間運営を始めて以来掲げ続けてきた“創業支援”の側面をより強化することです。

わたしたちは、空間運営の切り口からビジネスシーンを盛り上げることで、“地域活性化”に貢献できると考えています。

埼玉は東京に近いため、埼玉で生まれ育ちながら東京での起業を選択する人も多いです。

こういった場を作ることで「埼玉で起業する」「埼玉に支店を持つ」「埼玉で雇用採用する」といった選択を後押しし、埼玉で事業が生まれるきっかけになれたらと思います。

 

8Fのオープンをはじめ、埼玉で事業を始めるならここに行けば間違いないと思ってもらえるような、多角的にビジネスシーンをサポートできる空間運営を目指します。

がんばる事業者の皆様を一層力強くサポートしていき、また、こういった創業支援の形をより多くの方に知っていただきたいです。

皆様のご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください