2021年 春

第17回京都さくらよさこい

~君とぼくとをつなぐ舞~

開催決定


 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。第17回京都さくらよさこい実行委員会です!

当プロジェクトを閲覧いただきありがとうございます!

以下、実行委員が祭りに懸ける思いと、クラウドファンディングで叶えたいことを綴りました。

写真でさくよさ当日の雰囲気を楽しみつつ、最後まで読んでいただけると幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●目次

・はじめに

・「京都さくらよさこい」とは

・よさこいの見どころ

・「さくよさ 」に懸ける思い

・クラウドファウンディングを通して叶えたいこと

・第17回京都さくらよさこい祭り開催概要

・新型コロナウイルス感染拡大予防対策について

・資金使用用途

・リターンについて

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【はじめに】

 ご覧いただきありがとうございます。

 京都さくらよさこい実行委員長 斉藤汐音です。多くの皆様の支えがあり、京都さくらよさこいは関西最大級のよさこい祭りへと成長し、第17回目を迎えることができました。ご支援、ご協力誠にありがとうございます。 



第17回京都さくらよさこい ~君とぼくとをつなぐ舞~ 

 第17回目となる今年は、コロナ禍でその大切さが痛感された人と人とのつながりを再確認できるようなお祭りとすべく、テーマを「君とぼくとをつなぐ舞」と題しました。17年の歴史を刻むこの京都さくらよさこいに関わって下さるすべての人が一丸となって、暗い始まりを迎えてしまった新時代令和を鮮やかに彩ることを願っています。 

 昨年度は新型コロナウイルスの影響で例年通りの開催ができませんでしたが、京都さくらよさこいの歴史を絶やすまいと、実行委員一同尽力して参りました。そして今年は、二年分の熱意をのせて京都さくらよさこいの更なる飛躍を目指して、オフライン・対面で開催することに決定いたしました。

 「第17回京都さくらよさこい」を無事開催するためには皆様のご協力が必要不可欠です。京都さくらよさこいに携わる皆様のご協力のもと、 皆様と一緒にお祭りを創り上げるべく、実行委員一同、精一杯頑張っていく次第であります。また、この第17回をきっかけに、京都さくらよさこいが 京都府の観光資源の一つとして地域に根差し、地域に愛される最高のお祭りとなるよう願っております。 

 つきましては、京都さくらよさこいの趣旨をご理解いただき、ご協力よろしくお願いいたします。

 鬱屈とした現状を乗り越え、皆で春の京都を彩りましょう! 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【「京都さくらよさこい」とは】

 京都さくらよさこいは、通称 「さくよさ」 と呼ばれています。

 2005年4月、「鴨川さくらまつり」の一企画として、京都を盛り上げたいという学生の思いから始まりました。第17回目を迎える今年に至るまで、全国から参加してくださるチームさん、観客の皆様、そして地域の方々に支えられ、京都の春を代表するよさこい祭りへと成長して参りました。

 第16回京都さくらよさこいは新型コロナウイルスの影響で開催することができませんでしたが、第15回京都さくらよさこいでは、平安神宮前の岡崎公園会場をメイン会場とし、その他に二条城・京都駅ビルなど京都の名所各所に7つのステージを設けました。当日には京都の桜が満開となり、京都さくらよさこいの名がぴったりとなりました。

 本祭には、約100チームにご参加いただき、延べ25万人の観客の皆様に楽しんでいただくことができました。


  

 そんな京都さくらよさこいを運営するのが、私たち実行委員会です。

 第17回京都さくらよさこい実行委員は18名で、営業部・制作部・企画部・広報部に分かれて日々準備を進めています。定期的な全体での会議に加え、部署ごとに分かれての活動も行っています。

 実は、私たち実行委員は京都大学・立命館大学・関西大学の学生で構成されています。それぞれが大きなイベントを成功させたい、京都を盛り上げたい、もっとよさこいを知ってもらい広げたいといった熱い思いを持ち、春に向けて活動しています。

 学生ならではの行動力とアイデアを活かした運営をできるところが、学生実行委員の強みです。

 

 

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【よさこいの見どころ】

 ところで、そもそも、皆さんは「よさこい」をご存知でしょうか? 

 よさこいは、鳴子を手に持ち、よさこい節をベースとした楽曲に合わせて踊るものです。最近では様々なスタイルのよさこいがあり、年齢を問わず、たくさんの方が楽しめます。これもよさこいか!というダンスのようなものもあり、いつもそのバリエーションの多さにワクワクさせられます。

 実際、さくよさに参加してくださっているチームさんを見ても、学生チームをはじめ、社会人チーム、ファミリーチームなど、よさこいが幅広い年代の方々に親しまれていることがわかります。

 そして、踊り子の皆さんに共通しているのは、写真を見てもおわかりいただける通り「笑顔」です。桜の元で終始笑顔で踊り続ける姿は、見ているだけで元気をもらえ、自分たちも踊り出したくなるほど素敵なものです。踊り子さんの表情にも注目ですね!


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【「さくよさ 」に懸ける思い】

 京都さくらよさこいが始まってから、今年で17年目となります。長い期間途切れることなくずっと続けられてきたお祭りだった分、昨年度、突如開催することができなくなったことは実行委員としてとても悔しいものでした。本実行委員会は年度毎にメンバーが変わるのですが、昨年度の先輩方のやりきれない思い、悔しい思いを背負って、第17回目のさくよさは今まで以上に最高のお祭りにしたいと実行委員共々活動に励んでおります。昨年度実施することができなかったからこそ、何とか良い形でさくよさを成功させたいと考えています。


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【クラウドファウンディングを通して叶えたいこと】

 本年度は新型コロナウイルスの影響もあり、企業様がスポンサーになっていただくことによる運営資金が十分に確保できていないという現状があります。例年通りには資金が集まらないということを身に染みて感じ、協賛の仕方を変えたり、内容を見直したりと試行錯誤しています。そんな中、このコロナ禍で注目されているクラウドファウンディングにもう一度挑戦してみたいという気持ちが実行委員内で一致しました。昨年度は失敗してしまったクラウドファウンディングですが、今年は昨年度の反省を活かし、成功させ、皆様にリターンを受け取っていただけるよう努めます。

 このクラウドファウンディングで集まった資金は、後の資金使用用途にて詳しく記載している通り、主に感染症対策の費用や当日の運営費として使用させていただき、踊り子の皆様や来客者様が安心してお越しいただけるお祭りを作ることを約束いたします。当日に行う感染症対策についても後ほど記させていただいておりますので、是非ご覧ください。


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【第17回京都さくらよさこい開催概要】

〇開催日時(予定)

 令和3年4月3日(土)11:00~19:00

       4日(日)11:00~20:00


〇会場

・岡崎会場

 (神宮道スペシャルステージ・ロームシアター京都ステージ)

・二条城会場(4月3日のみ)

・ゼスト御池会場(4月4日のみ)

・梅小路公園会場

 

〇主催

京都さくらよさこい実行委員会

 

〇共催

京都府 /京都市 /京都市教育委員会 / 京都市観光協会

 

〇開催場所    

岡崎公園(神宮道会場/ロームシアター京都会場)

二条城会場:京都市中京区二条通堀川西入二条城町541 (未定)

ゼスト御池会場

京都駅ビル内 室町小路広場会場:京都府京都市下京区東塩小路町烏丸通塩小路下る 

梅小路公園会場:京都市下京区観喜寺町56-3


※新型コロナウイルスの状況によって変更する可能性有

  

〇主催者     

京都さくらよさこい実行委員会

 

〇イベント内容  

名称:第17回京都さくらよさこい祭り

各会場において全国各地のよさこい団体にパフォーマンスをおこなってもらい、大賞チームを決め、表彰いたします。

公式HP:http://www.sakuyosa.com/

公式twitter: @sakuyosa

公式instagram:@sakuyosa

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【新型コロナウイルス感染症対策について】 

 京都さくらよさこいをオフラインで開催するに当たり、新型コロナウイルス感染症対策を実施するため現在以下のような取り組みを予定しています。


○踊り手に関する対策  

 ・当日、チーム代表者に参加者全員の名前・連絡先・体温・健康状態を記入したリストの提出を要請

 ・本祭前数週間分の検温記録の提出

 ・入場前の消毒の徹底 

 ・マスクまたはフェイスガードの着用(演舞中については検討中)  

 ・コロナ感染症対策ガイドラインの配布


○観客に関する対策  

・椅子を設置する会場 :ソーシャルディスタンスを確保した椅子の配置 

・椅子を設置しない会場:ソーシャルディスタンスを確保した観覧ポイントの設置 ・各所に手指消毒液を設置 


○スタッフ(ボランティアスタッフを含む)に関する対策  

・マスクの着用 

・手指消毒の徹底


※他のイベントの感染症対策も参考にし、より感染リスクが少なくなるよう最善を尽くします。上記の内容に加えて対策を行う可能性があります。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【資金使用用途】

プロジェクト手数料・当日運営費の資金・会場費・設営費・演出費・グッズ制作費・新型コロナウイルス感染対策費など

としてプロジェクトの資金を使わせていただきます。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【リターンについて】

【500円】缶バッジ

【1,000円】缶バッジ+サンクスメール

【3,000円】タオル 

【5,000円】 Tシャツ(クラファン限定品!表面は一般販売のものと同じですが、裏面に参加チーム様名一覧を加えております!)  

【8,000円】寄せ書き+缶バッジ 

【10,000円】Tシャツ+タオル+缶バッジ+サンクスメール 

【30,000円】Tシャツ+タオル+缶バッジ+寄せ書き+会場でお名前の読み上げ 

 

ご不明な点がございましたら、いつでもお問い合わせください!

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当プロジェクトで、学生実行委員会のアイデアを実現し、

第17回京都さくらよさこいを盛り上げていきたいと考えています!

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

みなさん1人1人のご支援が大きな力となります。

ご支援・ご協力、どうぞよろしくお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください