はじめまして。三重県出身、ミキハウス所属のプロテニスプレーヤー、西岡良仁です。現在、東京オリンピックを目指し、日々練習に励んでいます。例年、私は海外遠征が多く日本にいることは少ないのですが、コロナ禍の影響により、日本で過ごす時間も多くなりました。今では、プロとして活動を続けられていますが、ここまで至るまでの厳しさを何度も身をもって体験してきました。

この経験を活かし、コロナ禍でもプロを夢見る多くの若い選手たちへの手助けに少しでもなれればと、今回のプロジェクトを発足いたしました。実現へ向け、皆さんからの応援をお願いいたします。

私には、東京オリンピックという個人的な目標の他に、「テニスをもっと日本に広めたい!」という、もうひとつの大きな目標があります。

これを叶えるために、日本から世界で戦える次世代の選手が出てきてほしいと願っています。その第一歩として立ち上げたこのプロジェクトで、大会を通して私が最も選手たちに伝えたいことは、プロになるまでの過程に必要なことです。その答えに至ったのは、私自身も当時、プロになるためにどうすれば良いかということが全く分からない状況だったことがきっかけでした。

私は両親や兄の影響で4歳でテニスを始め、幼いころには松岡修造さんが講師を務める「修造チャレンジ」にも参加させていただいたことが人生の最初の転機となりました。


そこで、プロになるための厳しさ、グランドスラムで勝つことの難しさ、そしてテニスの素晴らしさを初めて学び、幼心にも強いインパクトを受けました。この経験がきっかけで、本格的にプロへの道を意識するようになりました。盛田テニスファンド様のご支援で錦織圭選手も通ったアメリカのテニスアカデミーへの留学を経て、2012年の全米ジュニアではシングルスとダブルスでベスト4という結果を収めることができました。

世界を相手に成績を残すことができ、2014年(18歳時)に念願のプロ転向。


私がプロになれたのも、修造チャレンジとの出会いがあり、その先に大会があったからこそなんです。「大会があったから」。これだけ言えば、当たり前のことだと思われてしまいますが、テニス選手がプロになるには、大きな大会で活躍しスポンサー契約を掴まなければいけません。さらに言えば、若い頃にいかに世界レベルの大会で結果を残すことができるかということがプロへ進めるかどうかの大きな分岐点になります。


そこに至るまでに、私はアメリカのテニスアカデミーへ留学することができ、世界トップレベルの環境で若い頃に基礎を作り、成長できたことが、現在の自分へと繋がっていると今は強く思っています。

(提供:YONEX)

そんな自らの経験で言えるのは、プロになるためには、本人の努力と同じくらい環境が重要な要素だということです。ですが今、その大事な環境がコロナによって失われてしまっています。この状況を微力ながら独自大会という形で手助けしたい。未来の日本を背負う金の卵たちを放っておくことは、どうしてもできません!

私がプロになったのは18歳の時で、中学生の頃に、本格的に世界に目を向け始めました。国内では優勝もしていましたが、海外に行けば、自分よりも強い選手が大勢いました。その中に、同学年で何度対戦しても一度も勝てない相手がいたんです。そういう相手が自分にとっての目標になり、勝つことがプロへの大事なプロセスとなりました。そういった経験から、大会を通して、いかに目標となる存在やライバルに出会えるかというのも、レベルアップのために重要だと強く思っている部分です。

(提供:盛田テニスファンド)

また、試合中の気持ちの面でも、この頃にしかできない経験があると思っています。私は、技術はそれほど高くなく、気持ち先行で試合に挑んでいました。「この相手に勝ちたい!」と大会では気持ちが先行していましたが、今思えば、この泥臭い感情も自らを成長させてくれていました。

今の中学生の選手たちは、当時よりも技術は高いかもしれません。ただ、ジュニア時代は綺麗なテニスよりも、強い気持ちこそが成長するためには特に重要だということを、身をもって感じています。技術は自然と後からついてきます。そのような意識が芽生えさせるためにも、真剣勝負の戦いに注目できる大会を実現させたいと願っています。


【父・西岡範夫からのメッセージ】

テニス界の将来にとって、ジュニア選手の育成・強化はとても重要なことだと考えます。良仁が僅かながらでもその手助けが出来るのであれば、それは光栄なことだと思います。

(幼少期、練習に励んだ父との思い出の一枚)


今回の具体的なプロジェクト内容は、コロナ禍でテニスの大会に出場できなかった『無限の可能性を秘めた中学生の選手たち』を集めてテニス界を一緒に盛り上げて下さる皆様、応援していただく皆様とともに本気の大会を開催することです。

(提供:盛田テニスファンド)

手前味噌ながら、現役プロ選手としての自分が主催者となって大会を開くことで、これまでには無かった様々なつながりや大会を開くことの大変さを含め、彼らに伝えられることは多くあると思っています。

(提供:YONEX)


動き始めたからには、かつて松岡修造さんに出会った私のように、1人でも多くの選手が本格的にプロを目指すきっかけになるような未来へと繋がるための大会を目指します。そして、実現すれば、大会の様子は、私のYouTubeチャンネルにて生配信も行います。


この大会を見ていただくスポンサーの方々に選手を覚えてもらうことも大会開催の大きな目的のひとつです。また、選手にとっても一過性に終わらないよう、大会優勝者には先へと繋がるための海外遠征支援もしたいと思います。さらに「西岡賞」を設け、個人的に期待している選手もサポートします。


【大会概要】

大会名  Yoshi's CUP
大会主催 合同会社YNM
開催時期 2021年秋冬想定 2日間
※新型コロナウイルスや中学生の大会日程等の状況を鑑みて、開催時期を決定します。
開催場所 三重県内(予定)
コート  ハードコート(予定)
大会目的 
プロを目指す選手たちだけの大会で、実力を見せる場を提供。この大会を見たスポンサーに選手を覚えてもらい、選手たちはプロを目指すきっかけにしてほしい。
参加人数 8名
参加資格 プロを目指す中学生(男子)
選定方法 
大会成績等から、西岡選手主導のもと選定予定。
試合方式 
コート2面進行で、ラウンドロビン方式にて実施予定。
表 彰  1位:海外遠征費、西岡賞(予定)
視聴方法 
西岡選手のYouTubeチャンネルにて生配信。
支援頂いた資金に応じてCS放送などで、後日放送の可能性あり。


【資金の使い道】

今回クラウドファンディングでは、目標金額を500万円として、以下のために充てさせていただきます。

 ・大会運営費
 ・参加選手の移動宿泊費
 ・優勝者への海外遠征支援
 ・返礼品製作、郵送費
 ・クラウドファンディング手数料(17%)


---------------------------------------------------------------------
第一生命では、入力いただいた内容を以下の業務などに活用します。
● 関連会社・提携会社を含む各種商品・サービスの案内・提供
● 第一生命の業務に関する情報提供・運営管理
※ 各種商品・サービスの詳細は、こちらでご覧いただけます。

https://www.dai-ichi-life.co.jp/personal_date/index.html

---------------------------------------------------------------------


【リターンについて】

Designed by [UniBro’s] x[Campus R ing. ]

今回リターンのオリジナル商品は、西岡選手とジュニア時代から共に粉骨砕身してきたプロテニスプレーヤーでご自身のチャリティーブランドで子供達にテニスボールを届ける活動をされてる中村錬選手とのコラボデザインになっております。

(右:中村錬選手)


今回のプロジェクトで、テニス界で日本の将来を背負う選手が出て来てくれる期待に私自身が誰よりもワクワクしています。皆さんにも、伸び盛りのジュニア選手たちがここから成長し、世界へと羽ばたく姿を見届けていただくことができる唯一の機会でもあります。彼らから刺激をもらう私自身も、プロジェクトを担う看板として、より一層皆さんに活躍をお届けできるよう精進していきますので、実現へ向け、多くの皆さんからのご支援をお願いいたします!


  • 【プロフィール】


(提供:YONEX)


    • ●氏名 西岡良仁
    • ●所属 ミキハウス
    • ●生年月日 1995年9月27日
    • ●年齢 25歳
    • ●出身 三重県津市
    • ●趣味 漫画、ゲーム
    • ●成績 
    • 2014年 第17回アジア競技大会 金メダル
    • 2015年 グランドスラム本戦初勝利(全米オープン)
    • 2018年 深圳オープン優勝 ツアー初優勝
    • 2020年 ATPカップ日本代表 全豪オープン3回戦 など

    • オフィシャルサイト:


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、

計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください