はじめまして。フィギュアスケーター、16歳の河辺愛菜です。
同じ名古屋出身の浅田真央さんに憧れて、6歳から本格的にスケートを始め、両親の支えもあって、競技を続けてきました。

中学1年生の終わりには、宮原知子さんや紀平梨花さんといった日本を代表するトップ選手を数多く育ててきた濱田美栄コーチに競技を教わるため、地元名古屋を母と弟とともに離れ、京都を拠点に日々練習に励んでいます。

2019年の全日本ジュニア選手権では、練習してきたトリプルアクセルを試合で初めて決めることができ、優勝することができました。
そしてユース五輪では日本代表として戦うことの喜びを感じ、世界で戦いたいという想いがより強くなりました。今は浅田真央さんや紀平梨花さんの代名詞でもあるトリプルアクセルを安定して跳べること、4回転ジャンプ、表現力を磨くことを目標に、練習に取り組んでいます。
今シーズンからは、シニアの舞台での戦いが始まりました。まだまだ課題がたくさんありますが、これから世界で戦えるスケーターになれるよう、さらにスケートを頑張っていきたいです。

世界のトップで戦うためには、道具も大きな要素の一つです。特に、スケート靴は選手にとって「命」と言っていいほど大事なものです。靴の形や革の硬さ、エッジの位置などのわずかな違いがジャンプに大きな影響を与えます。



このスケート靴が私にとっては大きなハードルなんです。皆さんにもイメージがあるかもしれませんが、フィギュアスケートという競技は、ものすごく費用がかかるスポーツです。
今私は、アカデミーの練習生として木下グループさんにレッスン料などの費用をサポートいただいているおかげでスケートに打ち込むことができていますが、一般的には、世界のトップを目指すスケーターは、レッスン料や遠征費、衣装、振付、道具など、年間およそ1000万円かかると言われています。

特にスケート靴は、こだわればこだわるほど費用がかかります。そして、私にとっては、そのスケート靴こそが、ここ一番での大技・トリプルアクセル成功の重要なカギを握っているんです。

実は今、私は左右違うモデルのスケート靴を履いています。

見た目は変わってしまいますが、いろいろな靴を試し、トリプルアクセルが最も跳びやすいものを選んだ結果、違うモデルの靴を履くことに落ち着きました。1つは8万円、もう片方は10万円。これに加えてブレードを付けるためプラス各9万円が追加でかかっています。



この2つの靴はオーダーメイドではありません。どちらも既製品です。海外のメーカーでオーダーメイドとなれば、採寸のためだけにヨーロッパへ行くなど、とんでもなく大きい資金が必要になってきます。「最大限のパフォーマンスができるものを!」と精一杯追求した結果、辿り着いたのが、左右バラバラの靴になりました。

そんな風に試行錯誤で今使っている私のスケート靴には、不安な部分も少なくありません。今の私にとっては全力のパフォーマンスが出せる一番良い靴になっていますが、当たり前ですが、スケート靴には寿命があり、いつ壊れるかもわかりません。

このまま左右違うモデルを履いていると他の選手と比べて2倍の靴代がかかってしまうだけでなく、次にそれぞれの靴を買い替えた時に、同じ感覚で滑れるものに出会えるとは限りません。

スケート靴は既製品でも基本的に手作りのため、商品によってそれぞれ形や硬さなどのわずかな違いが出るので、同じサイズでも実際に履いてみると足に合わず、感覚が違ってしまうこともあります。

特にトリプルアクセルは、助走の向きや跳ぶ方向、タイミングなど、着氷までとても気を遣うジャンプで、靴の感覚も重要になってきます。そして、左右で違う2つの靴を合わせて18万+ブレード代9万円。合わない靴が届いてしまっても、簡単に買い換えられる値段でもありません。

美しさを求められる競技でもあるので、左右同じ靴の方が見た目としてもいいとも思っています。

でも、オーダーメイドには渡航費や靴自体の費用など、たくさんの資金がかかります。世界のトップを目指すには、妥協できない道具でもあります。

皆さんのご支援があってこそ、私にとっての『究極のスケート靴』は完成します。


【資金の使い道】

今回クラウドファンディングでは、目標金額を200万円として、以下のために充てさせていただきます。

   ・世界で挑戦できるスケート靴を見つける
 ・22年冬季五輪へ向けての活動資金
 ・返礼品製作、郵送費
 ・クラウドファンディング手数料(10%)

---------------------------------------------------------------------

第一生命では、入力いただいた内容を以下の業務などに活用します。
● 関連会社・提携会社を含む各種商品・サービスの案内・提供
● 第一生命の業務に関する情報提供・運営管理
※ 各種商品・サービスの詳細は、こちらでご覧いただけます。

https://www.dai-ichi-life.co.jp/personal_date/index.html

----------------------------------------------------------------------


【リターンについて】

今回のクラウドファンディングで、究極の靴を手にすることができたら、みなさんの想いをスケート靴に背負って、世界の舞台でともに戦いたいと思っています。そしてご支援いただいた皆さんに感謝と感動を表現したいと思います!そのために、ひとりでも多くの方のご支援をお願いします!


プロフィール

●名前 河辺愛菜
●生年月日 2004年10月31日
●年齢 16歳
●所属 木下アカデミー
●出身 名古屋市
●趣味 読書、犬と遊ぶこと
●高校 京都両洋高校1年
●成績 
2019年 JGPレークプラシッド 5位
2019年 JGPクロアチア 4位
2019年 全日本ジュニア選手権 優勝
2020年 ユースオリンピック 4位
2020年 全国中学校スケート大会 優勝
2020年 近畿選手権大会 2位  
2020年 NHK杯 6位
2020年 全日本選手権 6位  


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください