●ご挨拶●

はじめまして、株式会社讃匠(さんしょう)の大場と申します。

当社では、「亀城庵(きじょうあん)」というブランドで「うどん」「ラーメン」「蕎麦」のような麺類を製造し全国に販売を行っています。美味しい商品の製造だけでなく、その先にあるお客様の美味しい笑顔と幸せを目指しており、「当社の商品・サービスを通じて世界の人々が、豊かさを感じ美味しい笑顔に包まれている」 これを使命としています。

当社のお客様の中でも「腸活」にご興味がある方は多く、化学調味料や合成保存料を使用していない当社のうどんで実現できれば世の中の為になる、との想いから、「腸活うどん」を開発しました。

改めて、腸活うどんの商品開発担当の大場と申します。


●このプロジェクトの前に、昨年6月に実施した医療従事者支援●

腸活うどんは、有難いことに多数のメディア様でご紹介頂き、プレゼント企画としてもお使い頂いております。その中で、ご職業をご記載頂いたものがあり、多数の医療従事者の方からのご応募があったことが分かりました。
また、応募はがきからのコメントとして、『腸活うどん』を必要として頂いていることが分かりました。

・夜勤で小腹が空いた時に食べたい
・夜勤続きで食生活が乱れがちなので「腸活うどん」で元気になりたい
・不規則な生活になっているので体調を整えたい
・大好きなうどんで腸活をしたい
・朝忙しい時に便利そう
・短時間で茹でられるのでお昼にぴったり
等々


そこで、コロナ禍の昨年6月に、日々私たちの命を守って頂いている医療従事者の方に、当社の商品がお力になれるのであれば、是非協力させて頂きたいという想いから、医療従事者の方に無償で商品をご提供することに決定いたしました。

6月8日にプレスリリースを配信し、ご支援を開始致しました。
プレスリリース1回目
しかしながら、2週間の期間でのご支援を想定しておりましたが、2日間で1000名様以上のご応募と想定以上の反応を頂き、当社の力及ばずですが、4日目の2054名様の段階で止む無く募集を停止致しました。
プレスリリース2回目


●医療従事者の方、一般の方からのお声

当社の「腸活うどん」が、医療従事者の皆様にお喜び頂けたこと、大変嬉しく思います。

特に、「腸活うどん」の商品特徴の【凍ったまま300mのお湯で2分半茹でるだけ、茹で湯がそのままお出汁になる】という点から、忙しい朝や夜勤の最中、お出汁も飲んで体が温まるということで大変喜ばれております。うどんなので消化によく、化学調味料や合成保存料を使用していません。

・コロナ患者を受け入れている病院に勤務しています。多忙なのでサッと作れる腸活うどん、助かりました。
・この度は、大変おいしいうどんを提供して頂き、誠に有難うございました。職場の看護師仲間と共にプレゼント企画に応募させて頂きました。コロナに勝てる様、頑張りたいと思います。
・朝の忙しい時間でも調理が楽でとても助かっています。また、朝から温かいうどんが食べられるので、腸や体全体が活発になる気がします。
等々

※アンケートはがきで医療従事者の方かどうかの判別がつかない為、写真には一般の方からのアンケートも混ざっております。


●メディア実績●

腸活うどんは、下記のメディア様でご紹介頂いております。
・千葉テレビ「シャキット!」様
・FM香川様
・日刊ゲンダイ様
・anan様
・女性セブン様
・女性自身様
等々
メディア実績

カリフォルニアくるみ協会様でもコラムとしてご紹介頂いております。
カリフォルニアくるみ協会様のコラム


●再び、医療従事者の方の声に応えたい!●

昨年の12月21日に日本医師会をはじめとした9つの医療団体から合同で「医療の緊急事態」が宣言されました。
実は、この宣言の前の12月半ば頃から、当社で再び医療従事者の方にご支援したく、本クラウドファンディングの企画を進めておりました。
・罹患数が増えて、ご対応して下さっている医療従事者に多大な負担がかかっています。
・さらに、家族や知人からは避けられています。
・新型コロナ関連以外の一般の診察が激減し病院の経営が悪化、給与やボーナスが減少という状態になっています。
・このような状況で、医療従事者の離職が増えています。

当社で再びご支援したい!
夜勤や不規則な生活が続く中、短時間で調理できる当社の「腸活うどん」で、ほっと一息つける時間を提供したい!

しかしながら、現在の当社には前回程の余力がなく、クラウドファンディングにて、皆様からのお力添えをお願いさせて頂きます。


●医療従事者の方への支援方法とリターンについて●

こちらの応募フォームから、医療従事者の方にご登録して頂きます。
・医療機関名
・発送先住所
・人数(1人12食を想定しております)
・ご支援者様へのコメント

ご支援者様には、いずれかの食数のリターンにご支援をお願い致します。(60食~1200食)
このうちの、12食をご支援者様にお送り致します。残りの食数をご応募頂いている医療機関に振り分けてお送りさせて頂きます。
※ご支援者様に感謝の気持ちとして自社サイト内でのお名前の公開だけのリターンも設定しております。

また、実際に医療機関への支援としまして、まずは、地域医療貢献の一環で平素より当社への出張インフルエンザ予防接種でもお世話になっており、コロナウイルスの患者さんと戦っておられる、「香川医療生活協同組合 高松平和病院」の夜勤の看護師様にご支援させて頂きます。その後は、募集している医療機関様に順次お送りしてまいります。

元々、『#おうちごはん』応援キャンペーンとして、全ての皆様への健康のサポート、おうちにいる時間が長くなり、3食きっちり作らなければいけなくなった主婦の方への調理負担軽減として、コロナ禍の間は「腸活うどん」をお手軽にご購入頂けるようにしておりました。
今回、当社ではご支援者様・医療機関への冷凍の送料を負担することが精一杯となります。

感謝の気持ちとして、ご支援頂いた方のお名前は、こちらの自社サイト内で公開させて頂きます。(非公開やニックネームでも、もちろん可能です。)

ご支援した医療機関のお名前や頂いたコメントは、活動報告にて定期的に報告致します。


●実施スケジュール●

本クラウドファンディング開催中に、随時医療機関への「腸活うどん」発送を進めていきます。期間中にお送りしきれなかった食数は、責任をもって期間終了後に全数お送り致します。
また、医療従事者の方からの募集に対して、支援が不足している場合、先着にてお送りさせて頂きます。


●「腸活うどん」について●

きもちのいい朝の時間。きもちのいいスタートを。
スッキリしない毎日を送っている方、「腸活」に興味のある方、
すでに「腸活」をされている方、実感されていますか?
今注目されている「腸活」。実は毎日続けることに意味があります。
亀城庵では、毎日続けやすいよう『簡単』・『お手軽さ』に注力し、
従来のうどんよりも、さっと茹でれて、しかも美味しい一品に仕上げました。
忙しい、朝に続け易い「新感覚うどん」を是非お試し下さい。

腸活うどんの販売ページ


最後に

昨年6月のご支援で、当社の「腸活うどん」が多くの方に求められていること、本当に医療従事者の方に喜んで頂けたことを大変嬉しく思っておりました。しかしながら、想定以上のご応募の為、2週間の募集のところを4日間で止む無く募集を停止してしまったことにつきまして、まだまだ求められている方がいらっしゃるのにお届けできなかったこと、申し訳なく思っておりました。

今回、皆様のお力をお借りすることで、私たちの命を守りながらも疲弊していらっしゃる医療従事者の方に再び、ほっと一息つけるお時間をご提供することができます。

本企画をご覧いただいている皆様も、コロナ禍で大変な状態かと思います。
私たちの想いにご共感頂きご支援頂けると大変ありがたいですが、無理のない範囲でお願いできればと思います。

想いは繋がると言いますが、私たちのご支援が医療従事者の方に届き、医療従事者の方の献身が患者さんへと届き、回復した患者さんがさらにご支援頂ければ、善い想いが巡ります。

当社の企画ではなくても様々な支援の方法があると思います。
皆さんがお互いに支援しあうことで、善い想いを巡らせていきませんか?


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/02/09 19:04

    皆様数多くの皆様に、当社の医療従事者支援のクラウドファンディングにご支援頂きましたこと、厚く御礼申し上げます。合計で1986食のご支援を頂きました。現在13の医療機関様に1410食をお送りしております。130以上の医療機関様からご応募を頂いており、全ての医療機関様に必要食数お送りできない為、現...

  • 2021/02/03 20:00

    皆様ご支援頂いただきありがとうございます!医療機関の方からメッセージが届いておりますのでお伝えさせていただきます。”医療従事者の為にご支援頂き有り難う御座います。皆様の暖かい気持ちに応えて負けずに毎日、働いて行く勇気にもなります。本当に有り難う御座います。 ””コロナが拡大する中、日々多忙にな...

  • 2021/02/02 20:30

    皆様ご支援頂いただきありがとうございます!医療機関の方からメッセージが届いておりますのでお伝えさせていただきます。”前回こちらの企画に救われたもののうちの一人です。感染指定病院にて働いており、日々うなだれて、倒れそうな時に、手軽に作れて温かくて消化に良いうどんに本当に助けられました。今回所属す...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください