プロジェクト発案に至るまで

はじめまして、「THE GREAT BURGER」オーナーシェフの車田篤です。そして、お店に足を運んでくださる皆様、いつも本当にありがとうございます。

東京・原宿にあるダイナー「THE GREAT BURGER」は、リアルなアメリカ西海岸の空気感を体現しながら、料理も内装もスタッフの腕も魂も、細部までこだわって2007年から13年間走り続けてきました。何よりも1日600人以上来てくださるお客様の笑顔、そしてここを中心に繋がる人の輪に、僕たちは常々励まされました。

ところが、想像もしていなかった今年のコロナ禍の影響で、「THE GREAT BURGER」はいま存続の危機に面しています。外出自粛によってお客様の数は半数以下に激減。軒を連ねていた2つの系列店GOOD TOWNDOUGHNUTSとThe Little BAKERY Tokyo は、閉店し一つの場所に集約移転せざるを得なくなりました。

『もしも、「THE GREAT BURGER」がなくなったら…?』 そんなこと考えたくないですが、考えざるをえないこの局面をどうにか乗り越えたいと、毎日祈る思いで過ごしています。なぜなら、「THE GREAT BURGER」には、まだまだやらなければいけない使命があるのです。このクラウドファンディングにどうかご賛同いただきたく、その使命についてお話させていただきます。



極粗挽きパティの肉汁とフワフワのバンズ、新鮮な野菜の旨味が口の中で混ざり合う「THE GREAT BUGER」のハンバーガー。一般的な飲食店と比べると原価率は高いですが、クオリティへの自信は曲げられません!

「THE GREAT BURGER」は、バンズがとにかく美味しいと沢山の人に言われます。僕自身が半年ほどかけ寝る間を惜しみ開発した天然酵母使用のスペシャルなブラウンバンズ。このバンズを軸に全ての味を組み立てています。なのでここでしか食べることが出来ないバーガーに仕上がるのです。これが「THE GREAT BURGER」の特徴であり、たくさんの人が食べに来てくれる理由の大きな1つだと思います。

僕は子供の頃、毎日の食事やパン、洋菓子や和菓子のおやつに至るまですべて、母親が手づくりしたものを食べていました。大人になるにつれ、その美味しさと手間が、どれだけありがたいものだったかを実感します。だからこそ、多くの人にその価値を伝えていきたい。本当に美味しいものを食べて得られる幸せを、一人でも多くの人にシェアしていきたいと思っています。

選びきれないほどのメニューをどの時間帯でも揃えているので、「毎回違うものを食べれるから、毎回新鮮!」とお客様に言っていただいたことも。


トイレ横に置かれたレトロな公衆電話は単なるオブジェではなく、電話線がつながれた本物の電話。受話器を耳にあてると、「ツーツー」と聴こえるのはもちろん、実際に電話をかけることもできます。

1977年生まれの僕は、『E.T.』や『BACK TO THE FUTURE』といった、幼少期に観た1980年代のハリウッド映画に大きな影響を受け、アメリカ西海岸カルチャーに焦がれてきました。ここ10年くらいは1年の1/3ほどをアメリカで過ごしその日常から膨大な量のインプット繰り返してきました。「THE GREAT BURGER」は、その想いを内装や細部にまで表現し全体の空気感としてています。一歩足を踏み入れると旅先のレストランにいる感覚になるように。リアルな空気感を無意識でも感じられる世界観であるように。ハンバーガーを食べてもらうだけじゃなく、非日常の体験ができる空間を、手間と時間をかけて創り上げてきました。

非日常の体験は、日常の日々のルーティンにちょっとした活力を与えるビタミン剤となるはずです。リフレッシュしたり、発見の楽しみを得たり。「ここに来たらなんか元気になった!」と言われ続けてもらえるよう、この空間、この場所を今後も守り抜きたいと思っています。


コロナ禍になる前は、平日でもたくさんの方がお店の前に並んで待っていてくれました。嫌な顔ひとつせず、席について笑顔で過ごされる光景を見るのが好きでした。

“とにかく、こだわる”ことを続けてきましたが、お店を最終的に完成させるのは「人」だと強く思います。ここの価値観や世界観に共感してくれる方々がいるからこそ、「THE GREAT BURGER」は、『誰かのためにあるお店』だという存在意義を見出せています。口コミやSNSでこの店をお友達に教えてくれる方、何度も通ってくれる方、初対面や異業種でありながらこの場で意気投合された方々。そんな温もりのある人の輪が、僕たちにとっては最大の財産です。きっと、これから足を運んでいただけるお客様とも、その輪が水面のように広がっていけると確信しています。

それぞれ夢や情熱を抱えながら、懸命に働いてくれるスタッフたち。エネルギッシュな彼らから、僕自身が毎日パワーをもらっています。

それから。「THE GREAT BURGER」、そして系列店に携わるすべてのスタッフを守りたいという思いがあります。“どうやったらお店はよりベターになっていけるか?”と、日夜、一緒に頭と腕をフル回転させて頑張ってきた仲間、コロナ禍という苦境に立たされ、それでもボランティアで店に出てくれた仲間、全国発送をスタートさせるために、商品管理や発送業務に尽力してくれた仲間。そして、彼らの大切な家族を守りたいと切に思います。

最後に、店を営む一人のオーナーシェフとして、料理人や飲食店の出店を目指す人たちの夢を、これからもサポートしたいと考えています。

僕は6年間程様々な飲食店のアルバイトを経てから、24歳で「THE GREAT BURGER」の前身となる店を持ちました。料理も経営も試行錯誤しましたが、学べる場、そして挑戦できる場があったからこそ、今に至るまでの糧を得られたのだと思います。

そんな自身の過去も踏まえ、「THE GREAT BURGER」はこれまで、経験を問わず個人のやる気を重視してスタッフの採用と育成に取り組んできました。今では「THE GREAT BURGER」を卒業したメンバーたちが、独自のお店を営んでいます。彼らの活躍が僕のエネルギー源にもなっています。

お客様も、スタッフも。共感という名のもとでここに集まる人たちが、日本のフードカルチャーをこれからも盛り上げていけるように。「THE GREAT BURGER」は、夢をもち、挑戦できる場としてあり続けたいと願っています。



現在、「THE GREAT BURGER」の維持のため、資金が急速に無くなっていきます。第三波とも呼ばれる今、まだまだご来店される方は少なく、黒字回復の兆しが見えないのが状況です。

既に、隣接していた姉妹店「The Little BAKERY Tokyo」と「GOOD TOWN DOGHUNUTS」は、それぞれ路面店としての経営が困難となり、2店を集約し1つのお店として2021年1月に移転オープンする舵を取りました。融資、助成金関連は可能な限り申請済みですが、この移転費用を全て賄うことも出来ません。

そのため、この度クラウドファンディングを通し、皆様に頼らせて頂くことにしました。

この場所が生み出す食・体験・人の繋がりの価値を守るため、どうか「THE GREAT BURGER」が存続できるよう、皆様の力を貸してください。

無事厳しい局面を乗り越えられたあかつきには、僕、車田篤の頭の中をさらにカタチにして、人々にもっと喜んでもらえる「THE GREAT BURGER」に成し遂げていくことを誓います。



昨年からのコロナ危機により、他の多くのお店や企業も同様だと思いますが毎月赤字が続いています。もちろん各種助成金や給付金も全て申請していますが、どんどん手元資金は消えていきます。金融機関や国から融資を受ける事も出来ましたが、もちろん返済しなくてはいけません。なのでいろいろな策を考え日々試しています。このような状況を踏まえ、この先のさらなる経営ひっ迫を回避するため、1,000万円をクラウドファンディングの目標金額とさせて頂きました。

今回皆様から支援して頂いた資金は、当面のスタッフの給料に当てさせて頂きたいと思います。お店にとって、皆様を迎え入れるにあたって一番大切なのはスタッフたちだと思っています。大切な仲間であり僕にとってはたくさんの子供たちのような存在です。守るべき50人近くのスタッフとそれぞれの家族。皆様の支えで少しでも笑顔が増えていけばいいなと思います。

皆様のご支援を受け、全スタッフ一丸となり努力をし必ず復活します。そして近い将来フードカルチャーの貢献に努めるべく、たくさんの人がワクワクし喜んでもらえる事を常に考え、それらをカタチにしていきます。



今回のリターンは、幅広い層がワクワクした体験を得られるよう、「THE GREAT BURGER」ならびに僕自身が提供できる最大限のお返しを、バラエティ豊かに揃えました。僕たちを支えていただく一方で、この厳しいコロナ禍の状況においても、お一人ずつが少しでも元気になっていただけたら嬉しいです。
“チョークグラフィックアーティスト" の第一人者であるCHALK BOY
友人でもある彼は自ら何か出来る事はないかと連絡をくれました。
今回のクラウドファウンディング用に特別に描き下ろしてくれたデザインのグッズもご用意しています!


篤さんが「店名、ザ・グレートバーガーにしようと思うんだよね。」洋書を持ちニヤリと笑いながら話してくれたのが14年ほど前。こんなに凄い店になるとは想像もつかなかったが、周りからの「やめた方が良いんじゃない、、」といった空気を押しのけ、情熱を全て注ぎ込んだ店は瞬く間にバーガー界では誰しもが知るお店になった。カフェブームが少し落ち着き、ほぼ一冊THE GREAT BURGER特集のようなハンバーガーの雑誌が発売されてからは『バーガー屋さんを開きたい!』『THE GREAT BURGERのようなお店が出したい!』と思った世の若者はめちゃくちゃ多い。実際に、夢を持つ最初の一歩がTHE GREAT BURGERでしたという人を何人も見てきた。

自分がお店を卒業してからは、色々と海外に連れていってもらったりした。沢山のお手本や見本を示してくれて、その度に自分のアイデアや幅を広げてもらった恩人。自分は篤さんから勇気と夢を見せることの大切さを学んだ。

篤さんが最初にお店を出してからもうすぐ20年近く経つ。原宿という街で本当にたくさんの夢と希望を与えてくれた人だと思う。なんでも1人で出来ちゃうが故にあまり人に頼るのが苦手なところもあるかもしれない。篤さんなら大丈夫。そう思われてしまうことも少なくない。けど、今回ばかりは違う。
頼ってもらおう。
自分たちが支えよう!
こんなにも多くの希望と勇気をくれたお店を無くすわけにはいかないから。


私はハンバーガーが大好きで、日本中全国から、世界中のハンバーガーを食べ歩きして多い時は1年で500個くらい気がついたら15年近くになります。長年ハンバーガーに携わる私にとってTHE GREAT BURGERを始めとする系列店は本当に特別な存在です。

日本のまだまだ短いグルメバーガーの歴史の中で13年間も東京のど真ん中に在り続ける凄さ、老舗と言われる中で懐かしさではなく、常に新鮮なのは、いつも一歩先を行くリアルなアメリカンカルチャーで時代を牽引してくれているからだと思います。

アメリカと日本の架け橋となり、全てにおいて妥協しないリアルな世界観は、コロナ禍で海外旅行ができない今だからこそ絶対に失ってはいけない場所だと思います。

今まで長年に渡り、数えきれないたくさんの笑顔と思い出を作ってきた空間、世界一美味しいと思えるたくさんのメニューの数々、これからもたくさんの人に元気を与える場であってほしい。どうか応援よろしくお願いします。


僕が篤さんと会ったのは、約15年前。
当時、自分でカフェをやりたいという夢があり、代官山のカフェで働いていました。独立したらハンバーガーを出したいから、美味しい店を調べていたところeaseというカフェがとんでもなく美味しいらしいと聞いて、食べに行きました。そのeaseこそが、後のザ・グレート・バーガーです。
その時食べたハンバーガーがとんでもなく美味しくて。その場で働きたいと言ったのを今でも覚えています。その流れで自分の姉も誘って、一緒に二人で働き始めました。実は今も姉は働いています。

篤さんは、とにかく情熱がすごい。でもそれ以上に、メニュー開発から店舗デザイン、お店の経営に関わるすべてのことを1人でやってしまう。その凄さがわかったのは、自分が経営者になってからでした。当時何もわからない自分に飲食のいろはや、飲食の素晴らしさ、この仕事の”夢”を教えてくれました。

現在、ミシュランガイド東京2020、2021と連続で掲載いただいている「sio」ですが、実はお店を開業するにあたり、店舗デザインや開業に向けてのアドバイスをしてくれたのは篤さんでした。卒業しても変わらず、いつでも相談に乗ってくれる家族というか兄貴であり、尊敬する経営者でもあります。

そんな篤さんのお店「ザ・グレート・バーガー」が、現在世の中で猛威をふるっているコロナにおいてピンチを迎えていると聞き、さんざんお世話になった自分なんで、真っ先に応援させていただくことを決めました。

こんなにも情熱があり、原宿という地に「食」で貢献してきたお店がピンチなのであればなんとか応援していたい。これからもまだまだたくさんの人を幸せにしてもらいたい。
だからこそ、僕も含めて、みんなで応援していきたい。
今こそ、自分を育ててくれた「食場」を支えたい。応援したい。続けてもらいたい。
そんなわけで全力でサポートしていきたい。今の自分があるのは篤さんのおかげです。
あのハンバーガーを食べて元気をもらった人、幸せになった人。たくさんいると思うんです。
今度はこちらが応援しませんか?一緒に出来ることから始めませんか?
ぜひみんなの力を貸してください。


日本のハンバーガーカルチャーを牽引してきたと言っても過言ではない、飲食業界の大先輩である、あつしさん。恐れ多くなってしまう肩書とは裏腹に、実際の人柄は、本当に人が好きで、面倒見のいい優しい兄貴。困ったことがあるといつでも親身に相談に乗って、これまで何度も惜しみなく培ってきたノウハウを分けてくださいました。

THE GREAT BURGER開業から13年経った今でも、常にアンテナをはり、新しいアイディアを面白がり、アップデートし続ける、その底無しのパワーは、私たちにとっても、まだまだ越えられない高き目標。そして、あつしさんという人自身が、日本の飲食業界になくなってはならない大きな財産です。

止まることを知らない、いつでもエネルギーに満ち溢れたあつしさんが、この先10年後も、その先も、新しいカルチャーを産み続けていけるように。みんなで力を合わせてTHE GREAT BURGERを応援しましょう。



長くなりましたが最後に。僕自身19年程前に飲食業で独立し自分のやりたいコトをカタチにするために走り続けてきました。その中で飲食業を超えた様々な繋がりを得て、多くの人と出会い支えられ沢山の幸せを頂きました。僕はこの飲食業という仕事に計り知れないポテンシャルと魅力を感じています。大袈裟ではなく多くの人を笑顔にできる力がある。幸せにする力がある。と思っています。その幸せな笑顔を見ることが僕の最大の幸せであり、自分の存在に意義を見出せる瞬間でもあります。それをこれからも続けていきたい、僕の持っている何かで誰かを笑顔に出来たら、一人でも多くの人をワクワクさせられたらと思っています。ぜひ皆さんの力を貸して下さい。よろしくお願いします。

年に一度、全店舗のスタッフ合同で行われる忘年会。今年も来年もまたその次も、ずっとこの笑顔が続きますように。


THE GREAT BURGER
東京・原宿にある南カリフォルニアを感じられるダイナーです。『非日常を僕たちの日常へ』 という想いをカタチにしていきたい。 そしてただ食事をする場としてではなく人と人とが出会い繋がっていき、様々な人たちが交流する場としても存在していくことを目指しています。
東京都渋谷区神宮前6-12-5 1F
http://www.the-great-burger.com


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください