♦はじめまして。

私は、書家の土屋彰仁(つちや あきひと)と申します。

まずは閲覧頂きました事、心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

私は、神奈川県箱根町で生まれ育ち、現在は横浜市に居住しております。5歳の頃より筆を持ち始め、途中のブランクを除き、今年で25年目を迎えます。

私のコンセプトは「人の隣にあるもの」であり、書芸術を用いて人の支えとなる作品を製作しています。

大規模な個展開催を決意した経緯

コロナ感染者数が東京都で949名、神奈川県で480名。全国累計3849名。(2020年12月26日現在)

外出自粛により、普段の行動がとれずに不安ばかりを募らせる日々を送っている人々が増えている中で、私たちアーティストには何が出来るのか。日々、テレビやラジオ等で発表される感染者数に怯えながら、何もしないで過ごすのかと自問自答した答えとして、人の心に寄り添った作品をコンセプトとした私の作品を、広く皆様にご覧いただき、勇気や元気をお届けしたいと思いました。

そこで私は、2021年7月に横浜市内の規模のあるギャラリーで「言霊の纏(まとい)」と題しました書の個展を開催し、多くの人々の心に、たっぷりと沁みわたる栄養を感じ取っていただき、元気でワクワクするような感動を呼び起こし、人生の糧にして頂ける事を目的として、このプロジェクトを立ち上げました。

個展タイトル「言霊の纏」とは。

纏とは江戸時代、火事の際に消防員が火事場の目印として、また士気を鼓舞するものとして存在しておりました。
それに倣い、コロナで当たり前が当たり前で無くなり疲弊しているこの時代に、書を使って人々の心を高揚させたいという想いから、このタイトルを付けました。

この個展の特徴

大きく分けて3つあります。

一つは、ご来場いただきました皆様に「小さな驚き」をご提供する事。
書芸術は、2m近くある大きいサイズに、血のほとばしるような線を表現した荒々しい作品や優美で気品のある曲線美で構成された作品。また、渇筆(かっぴつ:カスレた線)を生かした、情緒的で心に沁み入る作品があります。それぞれの性格を持った作品たちと対峙することで今まで味わったことのない世界を体感頂き、ワクワクするような「小さな驚き」をご来場の皆様に味わって頂けたら幸いです。

二つ目は、私の存在を知って頂く事。
私は長年、ホテルマンとしてホスピタリティサービスを行って参りました。その中で相手の立場になって行動する事や、ニーズをいち早く察知し、先読みをする事など多くを学びました。相手が何を望み、私は何をすべきかを常に考えて実行することは、私の流儀の一つと言えます。これらの経験を書の活動と繋げることで、人の心に寄り添い、支える作品を誕生させることが出来ました。

三つ目は、作品との出会いの場のご提供です。
一つ一つの作品は唯一無二の存在です。心に沁み入る作品と出会い、対話し、そして気付きを得る。大きなギャラリーの中で、そんな素敵な循環が生まれることを望んでおります。

不死鳥 2019

♦これまでの活動

【奉仕活動】
・2013年8月 ミャンマーの孤児院に向けて、有志10名とともに5mの書画作品を共同制作し、NPO団体の御協力を賜り、現地に寄贈。

・2014年7月 東日本大震災復興支援の為、箱根町地元有志の親子20名とともに、書画を製作。NPO団体の御協力を賜り、福島県小名浜町の公民館に寄贈。

・2016年5月 熊本地震の復興支援活動として、川崎駅と鶴見駅前で3日間の路上実演活動実施。1枚¥500で好きな言葉を書く催しを行い、売上¥17,500を全額、熊本県に寄付。

【実績】
●個展
・2016年 音楽家とコラボレーションをした個展「音楽と書の共鳴」を鎌倉で開催。 
コラボレーションをしたバイオリンとコントラバス奏者のユニットのオリジナル曲を聴き、書表現をした作品を陳列の他、土屋独自の作品も出展。

▲最終日:11m書道パフォーマンス


・2020年 Web個展''Be Alive 2020'' supported by JCATを開催。  

                   

●出品
・2017年 第57回書燈社展入選(東京都美術館)
・2020年 Made in Japan in NewYork に出展。 (Noho Gallery)          
・2021年 JCAT Exhibition 2020 in Paris に出展予定。(Galerie Mona Lisa)                  ※新型コロナウィルス感染症流行により開催月未定。
・2020年 第2回タガワアートビエンナーレ入選(田川市美術館)

●イベント / パフォーマンス/作品制作                          
・2013年 都内某高級外資系ホテル クラブラウンジ主催イベントに参加。
      約40名の外国人宿泊客から願い事を伺い、それぞれの七夕短冊に揮毫           
・2013年 都内某高級外資系ホテル主催イベント6m×4mの大型書パフォーマンス。

・2018年 グループ展「贈る五感展」に招待出品。             

・2018年 グループ展「想 -Omou-」に招待出品。         

・2018年 都内某広告運用コンサルティング会社パーティにて書道パフォーマンス「新創」「挑拓」を揮毫。

     ならびに作品提供。ワークショップ「言霊書道」を開催。


・2019年 伊豆高原某高級旅館主催イベント看板の揮毫     

他、命名書などのご依頼多数。

【作品をご覧になられた皆様からのお言葉】

○以前、日蓮宗の御題目を書いた作品を拝見しました。優しさに包まれ救われる様な心地になり、まるで不動明王にお会いしたような安心感を得られました。                         大阪府 日蓮宗寺院御住職

○転職の際に作品を作って頂きました。あれから10年。デスクに置いた作品を見て、初心を忘れずにいられます。   東京都 43歳 男性 ITコンサルタント

○「翔」を色紙に、目の前で書いて頂きました。書く前と書いている最中のあの空気感と気、そして出来上がった作品には命が宿ったような存在感がありました。見るたびに元気と勇気をもらえます!    静岡県 25歳 女性 ピアニスト

○「不死鳥」を観て、諦めかけていた夢への情熱を思い出しました。流れに身を任せて、やりたい事をやらずして、見て見ぬふりをしていた自分。自分に正直に生きようと思える一作と出会えました。   神奈川県 41歳 男性 ホテル勤務

○凹んだときでも、土屋さんの作品を見ると元気と勇気をもらえます。作品を自分の机に飾って、これからも前を向いて頑張っていきます!!              34歳 女性 社会保険労務士

♦受賞歴

・神奈川新聞社賞               ・成田山全国競書大会 金賞 銀賞 銅賞 (部門別に3点出品)             ・伊勢神宮奉納書道展 五十鈴川賞

♦資金の使い道
FEI ART MUSEUM(横浜市)1週間レンタル料¥360,000
作品製作費用(大型・中型画仙紙、墨含む)¥200,000
額装軸装費用¥300,000
作品搬入出の人件費¥18,000
広告宣伝費¥30,000                        キャンプファイヤー手数料¥170,000

♦リターンについて
● 3,000円~ポストカード5枚(臥龍奮迅を一文字ずつ+自作詩ポストカード)

● 5,000円~ポストカード5枚+ご依頼によるミニ作品1点(メールでの内容打ち合わせ~納品まで)

● 10,000円~ポストカード5枚+A4サイズ額 ご依頼による作品1点(お電話もしくは、メールでの内容打ち合わせ~納品まで)

● 30,000円~ポストカード5枚+A3サイズ額 ご依頼による作品1点(お電話もしくは、メールでの内容打ち合わせ~納品まで)

● 50,000円~ポストカード5枚+63cm×88cm額 ご依頼による作品1点(お電話もしくは、メールでの内容打ち合わせ~納品まで)

● 100,000円~ポストカード5枚+半切額(床の間に飾ってある横長約170cmほど) ご依頼による作品1点(お電話もしくは、メールでの内容打ち合わせ~納品まで)

● 200,000円 ポストカード5枚+キャンバス作品「不死鳥」※1点ものです。

● 300,000円 ポストカード5枚+額作品「煌極」※1点ものです。

● 350,000円 ポストカード5枚+額作品「Revival」※1点ものです。

♦実施スケジュール
2021年 1月  クラウドファウンディング開始
2021年3月15日 クラウドファウンディング終了
2021年3月20日 作品製作開始
2021年4月15日 全作品を表装依頼
2021年5月1日 DM製作、Web広告製作
2021年 6月1日 キャプション、PR資料製作
2021年7月14日 作品搬入
2021年7月15-19日 個展会期:FEI ART MUSEUMにて開催。
2021年7月20日  作品撤収、終了

●この個展にかける想いと、ご支援の切なるお願い。

そもそも、書道の作品展に行っても書いてあるものが読めない。分からない。だから、行ってもつまらない…。そんな印象をお持ちの方がほとんどだと思います。それを払拭したいという事も、側面としてあります。

私が生み出す作品は、誰もが観ても容易に理解でき、湧き出るパワーとオーラを感じる。心に響く作品がほとんどです。日々、古典と対話し学び得たものをベースにし、そこに今までの経験やパッションを加えて誕生した作品が多いことが言えます。

しかし、そのパワーや想いを人に還元し、貢献しなければ私の生き方に嘘をつくことになってしまいます。私は人生の中でたくさんの方々から、厳しくも優しい、熱意のある言葉の数々をいくつも頂戴して参りました。この言葉達は、私の心に深く沁み込んでおり支えとなっています。それを私なりに解釈し、皆さんに書芸術として披露し感じて頂ける事で、勇気や元気が湧き、今を生きる皆様の人生にお役立て出来るのであれば、これほど嬉しいことはありません。

今回、個展を開催するにあたり資金調達が一番の課題であり、私一人ではどうすることも出来ません。時間を掛けてコツコツと貯金をすることや、勇気を出して多額のお金を借りようかとも考えましたが、コロナ禍の今にとって、考えてばかりでは遅すぎると頭を抱えました。「自分には今、何ができるのか?先延ばしか?それとも理想を語るのか?」と葛藤の日々がありましたが、「人はご縁無しでは、何もなし得ない」とお世話になっている方からの言葉を思い出し、クラウドファウンディングの門を叩きました。

死が間近にありながら生活する昨今、そして直接の会話制限や外出自粛が叫ばれている中で、絵画や書など、人々にそっと語りかけてくれる作品が多い芸術の力で、人の心に寄り添い、支えて行くことは、我々アーティストの使命だと思います。

それを机上の空論ではなく、できる限りの行動をすることが私の信念であり、自分への約束であります。

「やるなら、今しかねえ」

皆様、ご支援ご協力のほど何卒、なにとぞお願い申し上げます。

                                           書家/アーティスト 土屋 彰仁

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/01/20 13:09

    皆様、いつも温かいお言葉とご支援を賜わり誠に有難うございます。先日、プレスリリースをメディア各社に郵送致しましたが、昨日は横浜市役所と商工会議所にある記者クラブにプレスリリースを配布に伺い、またインターネットラジオ局神奈川県内各社にもお知らせさせて頂きました。併せて先程、Value press...

  • 2021/01/16 15:30

    皆様、いつも温かいお言葉やアドバイス、そして多大なるご支援を賜わり誠にありがとうございます。おかげ様で、現在多くのご支援を頂いており、増幅する情熱の中で、早くもクラウドファンディングを開始して1週間が経過しました。いつも、本当にありがとうございます。今月12日に申込書を提出、審査が通り、10年...

  • 2021/01/12 09:00

    本文に作品を購入、鑑賞頂きました皆様からのお言葉をいくつか掲載させて頂きました。本当に励みになる言葉ばかりを頂き、改めて「おかげ様」だと振り返ります。有難いです。各メディア各社へのプレスリリースを仕上げ、現在は宛名を筆耕中。明日から順次、発送して参ります!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください