2021年3月卒業式、子供たちへのプレゼント
お願いがあります。
お力を少し貸してください

~ちたもん柄本染め知多木綿ハンカチを贈ろう~
コロナ禍で頑張ってきた子供たちへ
心に残る思い出を、そして笑顔になれる思い出を!



ごあいさつ

ページをご覧いただきありがとうございます。「chicof.」代表の竹内亮です。「chicof.」はchitacotton for the future.「知多木綿を未来へとつなぐ」という意味で、知多木綿を普及していくことを目的とし設立した非営利団体です。過去には福祉施設や子供たちに向けた知多木綿の絞り染め体験などを実施してきました。会員は地元知多市に住みます染屋 酒井雅充(左)、織布工場 安藤嘉嗣(真ん中)、知多木綿ショップ 竹内亮(右)の3名で共同運営しています。

私たちは今年度卒業予定の知多市内小中学校の約1600名の生徒さんへ、知多木綿ハンカチを贈るためにこのプロジェクトを立ち上げました。しかしながら1600人を超える分となると私たちの団体だけでは難しく支援を募ることにしました。


まず、なぜ「卒業生たちへ記念品を贈りたいと思ったのか」

そのきっかけからお話させて下さい。




プロジェクトを立ち上げた背景

新型コロナウィルスは世界を一変させてしまい生活様式がシフトしました。これは我々大人だけではなく、子供たちの生活にも大きく変化をもたらせています。

・ある日突然、行けなくなってしまった学校

・楽しみにしていた友達との修学旅行

・これまでの練習の成果をみせるために必死に努力してきた各種大会

・暑い日も寒い日もひたむきに打ち込み汗を流した部活

・協力し合って作り上げる文化祭・体育祭・合唱祭

など、多くの学校行事が従来通りには実施できず変更または中止となってしまいました。


実は私にも同じ年頃の息子と娘がおり、子供たちのこの寂しい気持ちを感じていました。子供たちが家にいる時間も増え、どこか寂しそうな顔を見せることも何度かありました。きっと皆さまの身近にも同じ境遇の子どもたちがいたことだと思います。


子どもたちにとってみたら一生に一度しかない1年でした。誰のせいでもなく、大切な時間を奪われてしまった子供たち。私たちはそんな子供たちに、せめてほんの少しでも思い出をつくれないかと、自分たちの強みを生かして出来ることを考えました。


その結果、子ども達が卒業のとき、生まれた土地の文化を知り、考える機会にもなるよう 地元の伝統文化「知多木綿」を使用した記念品を贈りたいと思ったのが始まりでした。



記念品は、コロナ禍で手を洗う機会も増えており、日常的に使用してもらえるようハンカチ(40×40cm)にいたしました。そして、いつでもこのハンカチを見たときにふるさと知多市を思い出してもらえるように生まれ育ったまちの魅力をギュッと詰め込みました。


◆知多市の魅力が可愛くデザインされた「ちたもん」の柄


◆薄くてしなやかな使いやすい、ストライプ柄が珍しい知多木綿を使用します


◆本染めで糸の中まで染色するので繰り返し使えます


◆柄は卒業生用カラー3色とリターン用オリジナルカラー1色を用意しました

※卒業生へはこの3色のうちどれか1枚がプレゼントされます。

※カラーはイメージですので実物の色味とは異なります




そこで、皆様へお願いがあります。
金銭的な支援も必要ですが、結果としてこの贈り物を
私たちからだけではなく地域の人からの贈り物にしたいです
だから一緒に子供たちが笑顔になれる思い出を作りませんか
心に残る思い出を一緒に贈りませんか
私たちの気持ちが子供たちの青春の思い出へときっと残ります。


支援の仕方は4パターン

◆支援方法 その1 
「お礼のメール」
リターンはいらないが、ご支援いただけるという方はこちら。暖かいご支援ありがとうございます。


◆支援方法 その2
「ちたもんハンカチ 1枚」
1、リターン用オリジナルカラー ※卒業生へ贈る色とは別になります
2、お礼のお手紙


◆支援方法 その3
「ちたもんハンカチ 4枚セット」
1、卒業生用カラー 3色×各1枚
2、リターン用オリジナルカラー 1枚 (卒業生へ贈る色とは別になります)
3、お礼のお手紙


◆支援方法 その4
「ちたもんハンカチ 40枚セット」
※お友達と一緒に共同して支援する場合にお得なリターンです
1、卒業生用カラー 3色×各10枚
2、リターン用オリジナルカラー 10枚
(卒業生へ贈る色とは別になります)
3、お礼のお手紙



資金の使い道・実施スケジュール

集まった資金は記念品の製作代(生地・染色・縫製)に使用いたします。プロジェクトの終了は3月19日(金)の知多市小学校の卒業式に合わせました。本プロジェクトは目標金額に達成しなくても実行いたします。
・2月末知多市内各中学校へ寄贈予定
・3月上旬知多市内各小学校へ寄贈予定
・4月上旬リターン用順次発送開始



この活動に賛同いただいている応援隊の皆さま(順不同)

その他にも、多くの皆様から応援をいただいております。誠にありがとうございます。



メディア掲載情報
2021年1月23日 中日新聞 知多版


2021年1月27日 知多メディアス エリアニュース

動画はこちらをクリック


2021年2月9日 繊維ニュース


2021年2月25日 中日新聞 知多版


最後に

ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。繰り返しになりますが、皆様どうかお力をおかしください。皆さまからのご支援がコロナ禍で頑張ってきた、子供たちの思い出の一つとなります。
一緒に知多市の子供たちに笑顔を届けていきましょう

2021年1月 chicof. 代表 竹内 亮
安藤嘉詞
酒井雅充


知多木綿とは

知多木綿とは愛知県の知多地域で織られている木綿を総称して呼ぶ生地の名称です。歴史は古く、徳川家康が江戸に幕府を開いた慶長年間(1596~1615)に生白木綿の江戸送りが始まったと伝えられています。知多木綿はその頃より「白木綿」として高い評価を得てきました。白木綿とは縞や柄が織られていない生地のことで、生地を染色する二次加工をするための木綿として広く愛されていました。風合いそして品質を追求するために手間暇を惜しまない徹底した品質管理は江戸時代から今も変わっておりません。シンプルながら良質な素材に仕上げるためには生地に織難・織キズがないかを1枚1枚目で見て、手で触って確かめています。 現在知多木綿は、小巾木綿から広巾木綿と日本のみならず世界の衣料素材を支える一大織物産地として日本文化に欠かせない良質な木綿生地を織り続け伝統美を支えています。

  • 2021/03/08 13:31

    3月8日に市内10校の小学校へ知多木綿ハンカチを届けることができました。これで中学校と合わせて全部で1800枚弱のハンカチをすべて学校へと渡すことができました。改めて皆様のご支援ご協力に心より感謝いたします。皆さまへのお礼のハンカチはプロジェクトが終了するまで今しばらくお待ちください。

  • 2021/02/25 08:28

    2月25日に中日新聞知多版に掲載していただけました。子供たちの言葉がとても嬉しです(^^)

  • 2021/02/22 17:11

    皆さまからご支援いただきました知多木綿ハンカチを本日、知多市内の中学校5校へ先行して無事届けることができました。小学校へは3月上旬を予定しています。引き続きしっかりと進めてまいります。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください