●ご挨拶
こんにちは!はじめまして!
ワンスマガジン企画 クリエイティブディレクター をしております、根路銘 (ねろめ)ユイと申します。
達ワンスマガジンプロジェクトチームは、皆、沖縄で生まれ、沖縄で育ち、沖縄を愛する平均年齢23歳の若手チームですが、沖縄から新しいクリエイションを発信したいと言う思いから皆で一つになり、ファッションとビューティーイベントの開催やクリエィテイブマガジンを制作し発信しています。


下の動画は私達の想いを込めた、今回のプロジェクトイメージ動画です。

2018年から始まりましたイベントは「One.S collection」ワンスコレクションと言うファッション、ヘアメイクパフォーマンス、アート、音楽が融合したイベントです。その会場で来場者だけに配布していたのが「One.S magazine」になります。下記をクリックして2018年、2019年版をご覧下さいね!

⬇️クリック⬇️

ワンスマガジン Vol.1 2018

⬇️クリック⬇️

ワンスマガジンvol.2.2019


ワンスマガジン撮影風景⬇️


●このプロジェクトで実現したいこと

私達は沖縄で活動しておりますが、沖縄の伝統や芸術、歴史様々な事が混ざり合った「チャンプルー文化」を若い視点から見て感じ発信し、また新たな沖縄文化を生み出し、より多くの方々に知ってもらい「海やリゾート地」のイメージが強いこの沖縄でも、こうしたクリエィティブ活動をしているアーティストがいる事をもっと広げたいです。

毎年 「沖縄発信」にこだわり「沖縄」を題材に創作していますが、今回はマガジン=写真と言う事で、「朱」をテーマに「色・文化・時代・歴史・海・風」をどこか感じられるようにちりばめ、私達なりの視点から写真にし表現しています

また2020年は新型コロナウィルスによりイベント開催も断念せざる終えなくなりコレクションを発表する機会を失いましたが、クリエイティブマガジンは発行しコロナ禍でも、立ち止まらず進む姿勢が伝わると嬉しいです。

●プロジェクトをやろうと思った理由

ここ沖縄は本土から遠く離れた島なだけにファッションやビューティー、アートイベントはほとんど無いので、そうした事を経験、発信するには本土に行かないと出来ないと言う現実がありました。

沖縄には才能ある若手が沢山居ても中々発表する場すら無いのが現状でした。

クリエイションを発信する場があれば感性もモチベーションも高くなり個々のレベルも高くなるので、そのイベントを誰かがやるのを待つのではなく、自分達の手でクリエイションを発信し発表出来る場所が欲しくて立ち上げました。

またこのプロジェクトを続け、発信する事で将来こういった世界を目指す子供達が「沖縄にいても出来るんだ」と夢を持ってもらえたらかなり嬉しいです。

2020年は新型コロナウィルスで世界中が大変な中ではありますが、そんな今だからこそ前を向き進む事が大切だと信じ今回 私達も初めて「クラウドファンディング」と言う形を試みました。これを機にもっと沢山の方々に私達の活動を知ってもらい、また新たな魅力の沖縄を感じてもらえたら幸いです

これまでの活動
2018年から始まった私達の活動ですが「One.S collection」と言うファッション、アート、ビューティーのイベントを開催し来場者には「ワンスマガジン」と言うクリエィテイブマガジンを配ってきました。
毎年「沖縄発信」にこだわりイメージを膨らませて開催しています。

・2018年のテーマは「TIME」出演アーティストの「今」を表現し、約300人の方々の前でライブパフォーマンスが出来、私達の夢が少し叶った瞬間でもありました。

イベントのオープニングでは沖縄の伝統である「紅型」を用いたデザインの服をオリジナルで制作しファッションショーをしました。

このクォリティーには沖縄伝統の紅型作家さんも感動していました。



・2019年のテーマは「karma」カルマ人間ががしてきた「業」を題材に環境汚染問題を少しでもアピールしたく、プラスチックゴミ、漂流ゴミ、空き缶、ペットボトルなどを用いて服をつくり、ヘッドピースをつくり、ペットボトルで絵をかいたりして約600人の方々の前でライブパフォーマンスができました。



毎年 ワンスのステージは音楽家とのステージ上でのコラボレーションも挑戦しており2018年はシンガーソングライターと、2019年はバイオリニスト、ピアニストの方々とコラボしています。

●資金の使いみち

・ワンスマガジン制作費[印刷代 、服制作費、モデルギャランティーなど]

・ワンスコレクション2021制作費[会場費、モデル出演料、衣装代など]


実施スケジュール

今回のマガジンの制作は2021年1月現在でマガジン制作は最終段階に入っていまして、3月末には順次発送出来る事になっています。

●最後に
最後に私達ワンスクリエイティブチームの想いと、沖縄から世界発信出来るようなクリエイションが出来るように是非応援して頂きたいです。

ここ沖縄は本土からは遠く離れていますが「本土に行かなくても 出来るんだ」と皆で一丸となり頑張っています。このコロナ禍だからこそ、止まるのではなく少しでも前に進む気持ちを皆さまに伝わると幸いです

今回のプロジェクトは2019年に焼失した首里城を想い、イメージカラーである「朱」と「琉球」を意識して制作しています。

2021年秋にこのコロナ禍が終息していたら首里城への想いを込めたオンラインでも魅せれるイベントを県立美術館などで行いたいと強く願っています。

最後になりましたが、是非私達にお力添えを頂き、この「沖縄発信」が続けて行けるようにご支援をお願いいたします。


尚、本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/04/16 22:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/04/04 22:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/03/11 18:00

    皆さまこんにちはワンスマガジン プロジェクトチームです初めての挑戦!クラウドファンディングも残すところあと3週間になってきました支援者の皆様の有り難いメッセージに皆 感動しています心より感謝いたします!残りの期間 皆で全力で頑張りますマガジンも最終の仕上げに入り印刷に回すこととなっています今し...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください