14年会社経営して感じた挫折

久本和明 36歳

久本和明と申します。1984年生まれ36歳。これまで、株式会社ワンピースという会社を14年経営をしてきました。社会全体の幸せを目指して、超ホワイト企業。ティール組織。女性の働きやすい会社。大人女性の幸せづくり。地域創生事業などなど、今までにない活動をしてきましたが、資本主義でできることの限界と資本主義の終焉を感じました。資本主義は常に資本と利益を追求し続ける仕組。これでは雇用の最大化もなかなかできず、合理性がなければ貧困の人に手をさしのべれず、合理性なければ永遠に解決しない問題が置き去りになると感じました。これからは、会社をみんなに委ねて、未来の子供たちも、地球全体も含めて未来永劫、豊かに共存できる社会づくりに専念したいと思っております。




交換単位はみんな平等な「時間」 
コロナで職を失ったかた、シングルマザーや、
生活困窮者のかたがたと共存&循環しあえる
みんなの時間銀行を全国に

失業率35%になったスペインでつくられた仕組。「時間銀行」これまでの労働や資本や雇用の関係をとっぱらいい、自分の強みや役に立てることを、他人の強みや役に立てることを、半直接的に交換することができます。交換単位はみんな平等な「時間」雇用にとらわれない活動で、たくさんの人がお金を稼がなくても生活できる仕組みをつくりあげております。

例えば、家事を手伝える人が時間貯金をして、ご飯をごちそうになる。子育てを助ける人が時間貯金をして、車での移動を助けてもらう。このような生活に密着した相互の助け合いができる仕組を日本中に普及させたいと思っております。

最終的にはお金を稼がなくても豊かに生活できる社会を目指したいと思っております。そのためには全国の各地域でのリアル普及活動と、オンラインのマッチングサイトの開発を目指したいと思っております。誰でも気軽に参加して、誰かを応援したり、助けてもらったりができるような仕組みを通じて、全国の失業率ゼロ。コロナで職を失ったかた、シングルマザーや、生活困窮者のかたがたと共存&循環しあえる社会をつくりたいと思っております。





「人と人との関係」というコモン(共有財)
人と人がつながることで
自分の凸(デコ)が他人の凹(ボコ)に。

「人々の毎日に幸せや喜びや感動の溢れる社会をつくる」を自分のコンセプト、そして会社のコンセプトとして考え続けました。14年日々自問自答しました。おそらく日本でもトップクラスに考えた人間だと思います。何が自分にできるのか考えつくした結果、資本主義の終焉と資本主義ができることの限界を感じました。

資本主義のロジックは資本と利益の最大化。資本主義は欲望社会でもあります。常に人間の欲望を利用し、利益を求め、憧れをつくり、希少価値をつくり、資源を奪い、誰かから、どこかから奪うを発生させてしまいます。資本主義のおかげで世界は物質的に幸せになりましたが、失ったものもたくさんあります。街が壊れていき、人と人との関係が断絶されていき、家族や友人までお金で壊れさえする。また、断絶されたがゆえに、すべてがお金や税金で解決せざるを得ない関係にまでなってしまいました。

そして悲しいことに、お金で解決し続ける社会とは、資本主義が目指す社会でもあります。つまり売上や利益をあげる源泉になるからです。私はそれを知ったとき、売上や利益を伸ばす行き過ぎた資本主義社会にうんざりしてしまいました。まるでロールプレイングゲームのような世界でもあります。皮肉にもビジネス界全体がそういうマインドに侵されてしまっているのです。

資本主義が奪ってしまったものを取り戻すためには、コモン(共有財)を市民のもとに取り戻す必要があります。我々がいま、唯一残ってる共有財といえば、公園や川や市政でしょうか。無料でみんなで使えるものを増やしていくことが、お金を稼がなくても生きていける社会づくりには必要です。まず手軽につくれるのが、「人と人との関係」です。人と人がつながることで、自分の凸(デコ)が他人の凹(ボコ)になります。車を持っている人が車を持っていない人を助け、家のスペースを持っている人が、持っていない人を助け、料理をつくるのが得意な人が、不得意な人を助けていく。地域で人と人の関係を修復していくことで、社会にいる人すべてが豊かに生きていける社会をつくりたいと思っております。




未来の子供たちのためにも
つくられたものすべて
非営利団体コモンズとして
無料で使える
みんなの共有財へ。

これまで、株式会社ワンピースという会社を14年間運営して、大人が輝く世界を。とコンセプトにオンライン通販ブランド「CAWAII」を運営して20万人のファンの皆さんと運営したり、200名近くのスタッフでつくった日本初のティール経営の実践も成功しました。私の強みは「0→1」であると思ってます。また自分の強みを社会に還元していこうと思っております。

ただ失敗も数多くしてきました。兵庫県加古川にて地域創生を目指した、コミュニティ支援事業を行っております。地域創生活動では、失敗続きでした。。それも資本主義とコミュニティの関係を深く理解できずやってしまっていたからだと思います。

コミュニティは基本的に、愛や資源の泉から「恩贈り」を連続的に発生させていくことで、信頼関係が結ばれた中で恩贈り無期限に発生することで半永久的に永続していく、社会の共有財産なんだと思いました。これを資本主義の世界でつくろうとしても無理なことに気づきました。

今回のプロジェクトの立上げは私中心で行いますが、ある程度の軌道にのった時点で、オープンかつ民主的な自治に切り替え、資本主義や独裁に屈しない仕組み、かつ未来永劫残っていく仕組みとして運用し、みんなで改善し続け、子供たちに残していきたいと思ってます。



応援金は大切に
時間銀行の地域テストと
無料のマッチンングサイト構築に
使います

応援いただいた資金は、すべて地域でのアナログな時間銀行のテスト運用活動と、全国で無料で手軽に使える、オンラインマッチングサイトの開発に充填させていただきます。また開発には半年から1年ほどかかります。その過程については、随時活動報告をさせていただきます!!



リターンは活動報告と
コミュニティ参加招待

恐縮ですがリターンは金額に違いなくすべて同じとさせていただきました。いただいた支援は恩贈りとして、未来のひとたちに還元できるよう大切に使わせていただきたいと思っております。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


<使用用途>

システム開発費:約1830万円

CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料:約170万円

必要費用合計 2000万円 (内。1000万円は自費及び他支援金で賄います。)


<スケジュール>

3年末 クラウドファンディング終了

4月上旬 リターン開始

10月上旬 HP開設

10月中旬 プレスリリース

11月上旬 全国でリリース



(最後に)
地球や自然全体への恩返しのためにも
資本主義の次の世界を
みんなでつくりあげませんか? 

最低限の生活への支援は、根本的には国や地方自治体にも当然、要求をしたり、支援を仰がないといけないと思っております。ただ、市民の力でもできることがまだまだあるんじゃないかと思ってます。いちおう日本は民主主義でありながら、民主主義的ではないこの国で、諦めず夢や応援や声をあげることを重ね合わせることで、見えない。できない。と思われた世界がつくれるんだということを証明したいと思っております。また、このままでは生活に困窮する人たちだけではなく、困ってない人ですらも生活できない地球にすらなります。地球や自然全体への恩返しのためにも、資本主義の次の世界をみんなでつくりあげませんか?ぜひ応援よろしくお願いします。


なにとぞ。応援よろしくお願いします!!!!!





このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください