はじめに


 私たちの未来をより良くするために、SDGsに多くの人を巻き込んで取り組みたい!SDGs(持続可能な開発目標)とは2030年の、私たちの未来をより良くするための目標(Goals)ということで、17の目標が設定されています。最初はあまりにも漠然としていて、しっくりこなかったのが正直な感想です。しかし、身近なことから始めることが大切と知り、私たちが研究している「ゴーヤ」を活用できないかと考えました。地域の課題を考え、ゴーヤの「グリーンカーテンコンテスト」「レシピコンテスト」を開催することを決めました。この2つのコンテストは多くの人がSDGsへ取り組む最初のステップになると思います。
 しかし、コンテストを開催するには資金が必要です。そこでクラウドファンディングという新しい方法にチャレンジすることにしました。これも、「待っているだけでは何も始まらない」「自分たちで道を切り開いていくこと」が大切だと思ったからです。クラウドファンディングは話題性もあり、多くの人たちにSDGsを知っていただくきっかけにもなると思いました。私たちの未来、持続可能な世界を創る第一歩にご支援をお願いします。


解決したい社会課題

群馬県民の野菜摂取量が少ない!
 群馬県が平成28年に実施した県民健康・栄養調査によると、県民の野菜摂取量の平均は、約275g。どの年代でも目標を下回っています。厚生労働省は350グラム以上を目標としています。
平成28年度県民健康・栄養調査の結果(群馬県Webページより)

日本有数の酷暑の街
 2020年の8月11日は観測史上第4位の39.9度を館林市で観測しました。同時に7月には降水量を233mmを記録し、酷暑や豪雨など極端な天候に悩まされています。
気象庁過去のデータ(気象庁Webページより)


ゴーヤの「グリーンカーテンコンテスト」「レシピコンテスト」を開催する。

グリーンカーテンコンテスト
ゴーヤによるグリーンカーテンを育成することで、温暖化を始めとする地球環境へ興味・関心を高めてもらう。生命を育む大切さ、難しさを学ぶことで、食品ロスにも目を向けて欲しい。個人、学校、企業、公共施設に参加の呼びかけを行い、ゴーヤカーテンを育成してもらう。

レシピコンテスト 
広くゴーヤのレシピを募集します。親しみやすいゴーヤ料理や美味しいゴーヤ料理・商品を広く紹介することで、消費拡大へつなげたい。また、カーテンコンテストで収穫したゴーヤを使用してもらうことも想定しており、収穫から調理までを一貫して体験し、さらに発表までを含めた食育活動に繋げたいと思っています。

 審査については主催者が指名する審査員により、審査を実施します。それぞれ最優秀賞1点、優秀賞4点、その他審査員特別賞を設置します。


SDGsとの関連性

持続可能な開発目標(SDGs)とは(国際連合広報センター)
農林水産省Webサイト

資金の使い道

ー目標金額の内訳、具体的な資金の使い道
設備費:約10万円(食品製造器具、広報用映像制作機器)
広報費:約10万円(チラシ・ポスター)
運営費:約25万円(コンテスト運営、リターン、通信費)
手数料:約5万円 (9%+税)

実施スケジュール

ープロジェクト自体の実施スケジュール
2021年
4月  コンテスト告知開始
5月  リターン:カーネーション発送
6月  リターン:夏野菜発送
8月末 レシピコンテスト締め切り
9月  レシピコンテスト優秀作品の動画制作
9月末 カーテンコンテスト締め切り
10月 コンテスト結果発表
11月 リターン:米、味噌発送
12月 リターン:冬野菜発送

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


リターン~大泉高校の魅力をお届け~

大泉高校で生徒が栽培・生産・製造した野菜、花、米、味噌をお届けします。


群馬県立大泉高等学校
 群馬県東毛地区にある農業高校です。明治45年に創立され、100年を超える伝統校です。地域社会で活躍する多くの先輩を輩出しています。平成28年、時代のニーズに対応して学科改編を行い、現在では、生物生産科、グリーンサイエンス科、食品科学科、普通科の4学科が設置されています。
群馬県立大泉高等学校Webページ

食品製造B研究部の活動
 食品産業界で活躍するプロフェッショナルになることを目標とし、レシピ開発、食育活動、原材料の栽培研究の3つを柱に活動を行っています。レシピ開発では特産品等の地域食材を活用し、食品の特性と加工方法の研究を行っています。各種レシピコンテストへの参加を通して加工技術向上に励んでいます。食育活動は地域課題(館林市の野菜摂取量群馬県最下位など)に目を向け、健全な食生活を実践できる力を育めるように、学校公式You Tubeや小中学校訪問指導などを計画しています。栽培研究では野菜の特性を理解し、食べやすい野菜を目指し、地域野菜を中心に、栽培技術の習得と栽培技術体系の確立や新たな栽培技術の普及を目指しています。
食品製造B研究部ゴーヤ班

活動実績
令和2年度
・JA邑楽館林や館林農業技術センターとの連携、栽培状況の把握
・ゴーヤを使用した料理を開発し、各種レシピコンテストへ参加
(実績:きのこ料理コンテスト(参加)、お弁当コンテスト(参加)、牛乳料理コンテスト(入賞)、デコ白玉コンテスト(予定))
・ゴーヤパウダーの官能調査(味覚調査)
・地域の菓子店へのレシピ提供(予定)
・ゴーヤカーテンコンテスト、ゴーヤレシピコンテストの企画
・ゴーヤ関連コンテストに活用する資金のためのクラウドファンディング実施
・ゴーヤの接ぎ木実験

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください